こいけ屋 ラーメン。 『リニューアルオープン リニューアルした中華そば』by 墨族エメラルダス : 仙臺 自家製麺 こいけ屋

ラーメン屋はなぜ儲かる?「売上・利益率・経費」を成功してる私が暴露

こいけ屋 ラーメン

祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 〜999円 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「こいけ屋」近くの施設情報.

次の

【新店情報】仙臺自家製麺こいけ屋|6月9日にリニューアルオープン!

こいけ屋 ラーメン

祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 〜999円 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「こいけ屋」近くの施設情報.

次の

福井市にあるゴリララーメン行ってみた!無言で食べなきゃいけない大盛りラーメン屋!

こいけ屋 ラーメン

バカでかい寸胴と• 借金(開業資金約650万)と• ラーメン屋を開業したという経験だけ なんですが??? 最後に述べた、 ラーメン屋を開業そして失敗したという【経験】がなければ、 そもそも、 この『しくじり!!元 ラーメン屋店長が語る…ラーメン屋だけは絶対に開業するな』のサイトは完成しなかったし、 フジテレビ「聞いてた話と違います」にも出演しなかったし、 その後、この「 ラーメン屋開業サイト」が爆発的人気サイトになることもなかったし、 そこから、 YouTubeに動画を投稿することもなかった。 (高校2年〜3年の土曜日のみ) 夕方の17時〜夜中の12時閉店まで、 お客さんの列が途絶えることはなかった。 毎晩豚骨ラーメン 220杯〜240杯が、約7時間で完売した。 売り上げは、1日だいたい30万近くあったと思う。 その他にも、ビール・餃子・キムチ・焼きおにぎり・トッピングが飛ぶように売れた。 僕たちは、16時半に出勤し、2階の物置小屋みたいなとこで着替えた。 もちろん、更衣室なんて洒落たものは、ラーメン屋にはない。 その場で、上着を脱ぎ、一応洗濯のしてある、店のユニフォームに袖を通した。 一応洗濯してあると書いたが、匂いだけは染み付いていて、羽織っただけで、 プ〜んと、豚骨とニンニクの何とも言えない匂いが漂った。 その豚骨とニンニクの匂いが、一日の始まりを告げる。 1階のお店に降りていく。 開店は17時だから、まだ仕込み中だ。 まず、店主に挨拶する。 「おー」とだけ答える。 後はほとんど会話はしない。 たまに、機嫌がいい時だけ、学校の話なんかを聞いてくる。 そして、 地獄の「まかない」が運ばれてくる。 豚骨ラーメンと焼きおにぎりだ 「えっ?」っと思う人もいるかもしれない。 お客さんはみな、お金をだして食べているのに、 タダで、毎週食べられるなんて、そんな幸せなことないだろうと。 それは、違う。 僕も、お金を出して、自分のペースで食べられるなら、1週間に一度の好きなラーメンは耐えられる。 その証拠に、夜の8時、9時になると小腹がすいて、社員の兄ちゃんに頼み、 バックヤードに隠れ、自分好みのトッピングのらーめんを食べ、 あれだけまかないで嫌がっていた「焼きおにぎり」も、余るとお土産に持って帰って、 家で食っていた。 酷い時だと、バイト帰りにも違うラーメン屋に行き、ラーメンを食って帰っていたほどだ。 現にお客さんの中には、毎週、週に2〜3回通ってくる人もいた。 だが、それとこれとは別だ。 これから、約7時間休憩なしで立ちっぱなしのらーめん作りをこなさなければならないので、 その前に「腹ごしらえしとけよ!」という意味なんだが、 僕が働いていたのは、土曜日で、いつも学校から帰って13時くらいに昼食をとっていた。 だから、約3時間後に、豚骨ラーメンと焼きおにぎりを出されても、食う気がしない。 店主の目の前で、まかないを残すわけにもいかず、ただ黙って無心に無理やり豚骨ラーメンを胃の中に流し込んだ。 これは余談だが、次の日必ず腹痛が起き「真っ黒いう〇ち」が出た。 真っ黒いう〇ちが、果たして体にいいのか?悪いのか? 九州楼の看板には「医食同源」と書いてあったので、 果たしてこの「黒いう〇ち」が健康的にいいのか?悪いのか? 店主に聞くわけにはいかなかった。 仕事内容は、ほぼ皿洗い(丼ぶり、その店はすり鉢風を使っていた) そりゃー、毎回220杯〜240杯の丼ぶりを洗うんだから、すごい量だ。 常に洗っていないと、とてもじゃないが、追いつけない。 店内はめちゃくちゃ狭かった。 カウンターだけで10席、 従業員は、社員と、僕らバイト2名 すれ違う隙間もないほど、ぎゅうぎゅう詰めの所で働いていた。 ラーメンの注文が入れば、 丼ぶりに、「油」、「塩小さじ1杯」、「化学調味料小さじ1杯」、 「醤油ダレ」をレードル擦り切れ1杯を入れる作業 麺を茹でるのは、社員がやっていた。 ラーメン屋の店主は見た目とても恐そうな人で、柔道か空手をやっていて、生徒募集の張り紙がしてあった。 確か、人差し指がなかったのを覚えている。 ラーメン屋店主の愛車は、BMW,息子は持っていないTVゲームはないほどの金持ちだった。 僕たち高校生へのバイトの時給は当時としては破格の1200円、年末は1300円くれた。 なんせ、金払いはいい店主だった。 若干景気が上向いてるとはいえ、日本の先行きは相変わらず明るくない。 サラリーマンは、同僚とのサバイバル戦争やリストラへの不安でいっぱいだ。 こんな時代だからこそ、 ラーメン店開業を目指してみてはどうだろう。 「脱サラ開業で年収3000万」 まぁ、ぶっちゃけて言いますと、 この【 ラーメン屋開業失敗サイト】を制作して広告収入が出るまで、2〜3年かかりました。 だけど、ここまでくれば、あとは安定した状態から右肩上がりに上がっていってくれるだけです。 最初この【ラーメン屋開業失敗談サイト】を作っている時いろいろ言われました。 「こんな自分がラーメン屋失敗したサイトなんて作る意味なんてあるの?」• 「普通、閉店したラーメン屋のことなんて恥ずかしくて隠したいんじゃないの?」 なんて、言われたこともあります。 そんな時に、「フジテレビ」から、メールがきまして、 「ラーメン屋を開業・閉店・失敗した人を探してます。 よかったら番組にでて失敗談を語ってくれませんか?」 僕は、 チャンスが来たと思いました。 だって、世の中に 【ラーメン屋開業の成功体験を語る】店主やオーナーはいても、 ラーメン屋開業失敗・閉店させたことを語る人は少ないですからね。 そして、その時に「この ラーメン屋開業失敗経験」は売れると感じました。 おかげさまで、「ラーメン屋の開業コンサルタント」も順調にいっています。 「フジテレビ」に出演させていただいてからというもの、 この【 ラーメン屋開業失敗談サイトの閲覧数が伸びていきました】 その中の、【ラーメン屋のチャーハンの作り方】というページが【グーグルで8位】くらいになりました。 1日の閲覧数は300くらいだったと思います。 そのにチャーハンを作っている動画(YouTube)を載せました。 すぐに爆発的な伸びになりました。 最高収入は1か月20万円です。 最後に・・・・ ラーメン屋を含め飲食業も今は、.

次の