辛い カレー を 甘く する に は。 激辛カレーの辛さを中和するには・・

カレーの辛口を甘くする方法?辛さを子供用に和らげる調味料

辛い カレー を 甘く する に は

辛いカレーを甘くする方法9選! 1. 牛乳 カレーをまろやかにする定番といえば、 牛乳は欠かせません。 これは牛乳に含まれる 「カゼイン」が、香辛料の辛味を感じにくくするからです。 入れる牛乳の量は4人前に対して200cc程度を目安に、少しずつ加えて調整すると薄まりすぎを防げます。 もしもコクが足りなくなったらバターを10g入れると、更に辛味が抑えられますよ。 クリームコーン・コーンポタージュ カレーの具に粒コーンを入れると、甘くておいしいですよね。 このコーンをミキサーにかけた 「クリームコーン」も、カレーが甘くなるんですよ。 もしミキサーや缶のクリームコーンがないときは、 コーンポタージュの素でも代用できます。 クリームコーンを入れる量は、4人前に対して大さじ2程度がちょうど良い分量です。 ヨーグルト 酸味はカレーの辛味を抑えるのに、ピッタリの調味料です。 特に ヨーグルトはインドカレーでも良く使われている調味料で、辛味を抑えてコクをプラスしてくれます。 使うヨーグルトの量は、大さじ2杯程度を目安に、少しずつ加えて味を確認しましょう。 入れすぎると酸味が強くなりますし、色も白っぽくなるので注意してくださいね! 4. 卵 卵はカレーのトッピングにぴったりな上に、辛さをマイルドにしてくれます。 生卵の黄身をルーに乗せて、そのまま混ぜて食べると子供が喜びそうですね。 半熟卵や温泉卵でもいいですし、黄身が柔らかめの目玉焼きは見栄えも良くなりますよ。 ケチャップ・トマトピューレ ケチャップはカレーの隠し味の定番ですが、辛味を抑えてくれる調味料でもあります。 使うケチャップの量は隠し味の時と同じく、小さじ1~2を加えて調整しましょう。 ただし入れ過ぎると酸味が強くなり、ケチャップ味のカレーになるので気をつけてくださいね。 またケチャップではなく 「トマトピューレ」を使うと、より濃厚なトマトの味がプラスされます。 こちらも辛味を抑えるのにぴったりなので、食べる人の好みに合わせて使い分けましょう。 マヨネーズ 何でも マヨネーズをかけると「マヨラー」だと言われますが、実はカレーとマヨネーズはよく合うんです。 マヨネーズには卵とお酢が含まれるので、酸味とまろやかさが辛味を抑えてくれるんですね。 入れるマヨネーズの量はお好みで、お好み焼きにかけるように表面に細くかけてもおしゃれですね。 ただし入れ過ぎると油っこくなるので、入れ過ぎには要注意です。 すりおろし玉ねぎ 飴色の炒め玉ねぎは、カレーに甘さとコクをプラスしてくれます。 しかし作るのに根気と時間がかかるので、普段のカレーだとなかなか使えないかもしれません。 そんな時は 「すりおろし玉ねぎ」をカレーに加えると、飴色玉ねぎのような甘さになるんですよ。 すりおろす時は根の部分からすりおろすと、涙が出にくくなりますよ! 8. イチゴジャム インドカレーでは、マンゴーなどの果物を煮詰めた 「チャツネ」を隠し味に良く使います。 チャツネはスーパーで買うことができますが、家にある イチゴジャムでも代用ができます。 入れるイチゴジャムの量は小さじ1杯程度。 ルーを入れたあとに加えることでカレーにとろみと甘味が生まれます。 はちみつや砂糖でも甘味が出ますが、こちらは果物の旨味も加わるのでおすすめですよ。 練乳 いちごにかけると甘くて美味しい 練乳は、ジャムと同様にカレーの隠し味にピッタリです。 練乳は牛乳に砂糖を加えて煮詰めたもので、牛乳の旨味がぎゅっと詰まっています。 練乳は意外と余りやすいので、カレーを作るときにぜひ活用してくださいね。 みんなでカレーをおいしく! 【関連記事】• カレーは大人も子供もみんなが大好きなメニューですが、辛さの好みが違うこともよくあります。 子供には刺激の少ないカレーを食べさせたいですし、大人でも優しい味のカレーが食べたい時もありますよね。 そんな時は調味料を加えて、甘いカレーにしましょう!入れ過ぎると調味料の味が強く出てしまうので、加えるときは少しずつがおいしくなるコツです。 辛すぎるカレーになってしまったら、一手間加えて甘くおいしいカレーに変身させてみませんか?.

次の

辛いカレーを甘くまろやかにするおすすめ隠し味10選 食材や分量をご紹介

辛い カレー を 甘く する に は

うどん 2玉• めんつゆ 3倍濃縮 100ml• 水 650ml• ほんだし 大匙1• ネギ 適量• 油揚げ 適量• 片栗粉 大匙2• 水 大匙2• しょっぱいカレーにめんつゆ、ほんだし、水を加えて火にかけます。 カレーがふつふつと煮えてきたら火を止めて水溶きかたくり粉を加えます。 うどん玉を入れて3分程茹でたら、刻んだネギと油揚げを入れて出来上がりです。 簡単なのにお店で食べるようなカレーうどん 二人分 のリメイクレシピです。 しょぱいと思ったらもう少し水を足して調整して下さい。 うどんの代わりに蕎麦やご飯を入れても美味しいです。 しょっぱいカレー おたま1杯• ジャガイモ 中4個• かぼちゃ 100g• 小麦粉 大匙1• 卵 1個• パン粉 適量• 揚げ油• ケチャップ 大匙2• ウスターソース 大匙2• しょっぱいカレー 大匙1• 皮を剥いたジャガイモとかぼちゃを一口大の大きさに切って600wの電子レンジで4分加熱します。 温かいうちに1を潰してしょっぱいカレーをおたま1杯分入れて混ぜ合わせます。 2を6等分して丸めて小麦粉を混ぜた溶き卵に1個ずつ潜らせていきます。 パン粉を入れたビニール袋に3を入れて振り回し、パン粉が万遍なく付くようにします。 フライパンに1cm程の油を敷いて焼き色が付くまで転がしながら揚げ焼にします。 ケチャップ、ウスターソース、しょっぱいカレー大匙1を混ぜ合わせたソースを添えて出来上がりです。 カレーはジャガイモやかぼちゃとの相性が良く、コロッケにリメイクすればしょっぱさは全く気にならなくなります。 しょっぱいカレーを加える量は好みによって加減して下さい。

次の

カレーの辛口を甘くする方法!まろやかにする材料は?子供が喜ぶカレー作りの工夫は?

辛い カレー を 甘く する に は

カレーを甘くする13の方法 それでは、早速紹介していきます。 今回は、 辛口カレーも甘くする13の方法について紹介していきます。 カレー作りって、難しいですよね。 ルーの種類をいつもと変えてみたり、隠し味をいくつか入れてみただけで、普段とは全然違う味のカレーに仕上がってしまいます。 味が変わっても美味しければいいのですが、 問題は辛さです。 私も何度か経験したのですが、 ルーを2種類混ぜた時、中辛同士を混ぜたのに完成品はなぜか驚くほどに辛く仕上がってしまう組み合わせがあるんです・・・ いくら美味しくても、辛すぎては食べることはかないません。 特に、 小さなお子さんがいるご家庭や、高齢者の方に食べてもらう際には辛さは極力避けたいというのが本音です。 毎週スタッフ含め10数人の食べる量を計算しながらレシピを考えています。 料理はだいぶ得意になりましたが、それでも 毎週高齢者の方の好みに合わせて大量の料理を作るのがかなり至難の業です。 そんな私たちにとって、 カレーはまさに救世主なんです。 美味しい、簡単、安上がり! どれをとっても、これほど介護士にとってうれしい料理は存在しないとつくづく私は感じています。 というわけで、なんだかんだで毎月カレーを作っている私ですが、 隠し味やルーの関係で、時折想像よりもはるかに辛口なカレーが出来てしまうこともあるんです。 それを、いかに美味しさそのままに、甘くて食べやすくするか・・・何度も試行錯誤を繰り返しました。 これから紹介するのは、そんな 私が実際に試し味を見て厳選した、高齢者の方にも大人気なカレーを甘くするために最適な13の方法です! 高齢者の方にも大好評なカレーですので、味も辛さも自信があります! こちらは、カレーの定番の隠し味と言えるのではないでしょうか。 玉ねぎは火が通ると甘くなる性質を持つ野菜です。 なまでは辛さが目立ちますが、火を通すと辛み成分は抜けてしまうので、玉ねぎの純粋な甘さだけがカレーにプラスされるというわけです。 もともと、カレーと言えば玉ねぎはつきものです。 ですので、味は何の不安もありません。 玉ねぎをすり下ろす一手間こそ必要ですが、 野菜もたくさん食べれて、しかも辛さを抑えられる。 オマケに、 味もよくなるといいことづくめの方法です。 はちみちを入れることにより、甘みが大幅にプラスされます。 さらに、はちみつを入れて煮詰めることでカレーに新しいコクとうまみがプラスされます。 辛さを抑えるうえでもってこいの食材のなのですが、一つ注意点も・・・ それは、 味の調整です。 はちみつの甘みは大変強く、少量でもかなりの効果を発揮してくれます。 こちらは、甘みこそ増しはしませんが、辛さを和らげる効果は十分に期待できますので、辛いのが苦手な大人の方や高齢者の方にふるまう際の隠し味にオススメです。 ただし、 ヨーグルトは入れ過ぎてしまうと酸味が出過ぎてしまいます。 私が一番入れ過ぎた際には、漬物のように酸っぱい味に仕上がりました・・・ こちらもしっかり味を見つつ、少量ずつ入れて味を調えていく必要があります。 リンゴ すりおろしたリンゴも、カレーにさわやかな甘みをプラスしてくれます。 また、カレーの風味もよくなり一段と美味しい仕上がりになります。 コツは、すりおろした後すぐに入れてしまう事です。 時間が経つとリンゴの風味が消し飛んでしまい、折角の味も半減してしまいます。 玉ねぎもそうですが、すりおろしたあとはすぐにカレーに入れてしまいましょう。 こちらは、 すりおろすのではなく潰すだけでいいですので、手間はリンゴよりかかりません。 バナナの場合はまたリンゴとは違う独特のコクが追加され、なんとなく南国チックな味に仕上がります。 普通の味に飽きてしまった人にオススメの一品です。 チョコレート チョコレートはカレーの隠し味の定番の一つです。 ただし、 ここで注意したいのはチョコレートの種類です。 ブラックチョコレートを入れてしまいますと、カレーのコクは出ますが甘みはほとんど出ません。 すると、お手軽にコクと甘みの両方がカレーにプラスすることができます。 ケチャップ カレーにケチャップ、これはあまり知らない方も多いかもしれませんね。 ですが、レストランなどでも用いられている有名な隠し味の一つなんです。 ケチャップを入れることで• 酸味 という、味を良くするための3つの要素が加わります。 ですが、 ココアとなるとなかなか試した経験がない方も多いのではないでしょうか。 実は、ココアを入れてもカレーは美味しくなります。 粉末ココアをお湯で作り、カレーに入れるだけ。 これだけで、まろやかな甘みがプラスされます。 知っての通り、ココアはかなり甘い飲み物です。 くれぐれも入れ過ぎには注意して、少量ずつ注いでいってくださいね。 カルピス カルピスはお子さんがいるご家庭の場合、冷蔵庫に入っていることも多いのではないでしょうか。 このカルピス、カレーの隠し味にしてみてください。 すっきりとした甘みとカルピス独特のコク、更に酸味がカレーに追加され、中々ない味に仕上がります。 勿論、味が良いのは私がすでに実証済みですのでご安心を! 一番いいのはカルピス原液ですが、なければ通常のカルピスでも十分です。 少し入れては味を見て・・・を繰り返し、甘みと酸味のバランスを調整しながら作っていってくださいね。 コーンスープ 変わったところで、 コーンスープもカレーを甘くするために一役買ってくれます。 コーンの甘みが凝縮されたスープは、優しい甘さをカレーに追加してくれます。 また、 コーンスープのずっしりとしたコクとうまみも健在です。 練乳 練乳と言えば、いちごにかけて食べるもの以外にあまり印象にないかと思います。 ですが、 カレーにおいてもその活躍の場が存在していたのです。 練乳の甘さが、カレーの辛さを抑えるとともにまろやかな甘みを付与してくれます。 入れ過ぎるとしつこくなってしまいますので、少量ずついれてコクと甘さを調節してもらえたらなと思います。 牛乳 少し辛くなってしまったカレーは、牛乳で伸ばしてしまうのも手です。 ちなみに牛乳は、美味しい牛乳であればあるほど、カレーの風味が引き立ちます。 薄まってしまった分、コクを補ってくれます。 トッピング各種 カレーと言えば、トッピングも楽しみの一つですよね。 辛さを抑え、甘さをプラスするトッピングとしては• カットコーン(コーン缶)• 生卵の黄身• チーズ• コーンスープ• イチゴジャム があります。 どれも 辛さをマイルドにすると同時に、カレーに新たな味をプラスしてくれる名脇役ともいえる食材ばかりです。 出す直前になって、 「辛すぎて食べれないかも・・・」 と気づいたときには、これらトッピングでかなり甘くすることが可能ですので、是非お試しを。 特にイチゴジャムは即効性もありオススメですが、 入れ過ぎるとカレーの味事態を壊しかねません。 皿に取り、少量ずつカレーに混ぜていくのがおすすめです。 また、子供には大好きなコーンをたくさんかけてあげましょう。 たったこれだけで、甘くて食べやすいカレーに大変身です。 カレーの甘さは優しさだ いかがだったでしょうか? 今回は カレーを甘くする方法、ということで カレーを甘くするための13の方法についてお伝えしてきました。 見ていただいた通り、カレーに入れる食材をほんの少し増やすだけで、かなり甘さをプラスし辛さを和らげることが可能です。 また、トッピングでも辛さを調節できるので、仮に間違って辛めのカレーを作ってしまった場合でも、そこまで気にする必要はありません。 カレーの甘さは、優しさです。 子供たちに• 辛いのが苦手な方に• 高齢者の方たちに 美味しく食べてもらいたい。 そのような思いが、甘くておいしいカレーを作り上げるのです。

次の