直角 定規。 丸ノコガイド定規の選び方

直角定規

直角 定規

丸ノコ用の定規は〔丸ノコ 定規〕や〔丸ノコ ガイド〕という商品名で販売されています。 定規の種類には〔エルアングル〕以外に〔フリーアングル〕や〔Tスライド〕など様々なタイプがあるので、用途にあった定規(ガイド)を選びましょう。 丸ノコ 定規で評判の高いメーカーは〔シンワ測定〕や〔タジマ〕なので、精度を高めたい場合は、2社の新しい製品をおすすめします。 使い方 一般的な丸ノコ用の定規(ガイド)は丸ノコのベースを定規に沿わせながら材料を切断します。 真っ直ぐに切断することができるのでガイド無しで材料を切断するより、キックバックの発生率が低くなりますが、キックバックは様々な要因で発生するので、丸ノコの後ろには手や体をもっていかないようにしましょう。 歪み・隙間・ガタつき 木工品などを作る場合、材料を寸法通りに真っ直ぐに切断しなければ、完成品がゆがんだり隙間ができたりします。 部材によりますが、1mmでもずれてしまえば歪みやガタつきが発生します。 定規を使って切断すると材料を直角に切断できるので、完成品も美しい仕上がりになります。 キックバックの要因 また、丸のこで幅広い材料を切断すると、上の動画のように墨 印 から曲がって進めてしまうと刃が材料に挟まってしまい、キックバックが起きる可能性があります。 鋸刃が材料に挟まってしまうと、丸ノコが後ろに走ってくるので大変危険です。 丸ノコを定規を材料にあてて切断することにより、進行方向が曲がることなく真っ直ぐに切断できるので、キックバックが発生する1つの要因を消すことができます。 三角定規|軽量・コンパクトだから釘袋に入る! 三角定規のタイプには、材料と一緒に握りながら固定することができます。 墨線も引ける海外製(Swanson、Stanley、Irwin、Empire)のものが多く、サイズはほとんどが30cm以下とコンパクトなタイプになっているので、幅の狭い材料を切断する作業に向いています。 (ヤフオクでよく販売されています。 ) 樹脂(プラスチック)製のものは、劣化してくると歪んだりするので、精度が落ちる場合があります。 コンパクトな定規なので場所をとらず、腰袋などにも入れることができます。 最近、タジマが軽量 マグネシウム で、丸のこピッチ目盛り付きのを販売しました。 平行定規・Tスライド 平行スライドはT型の定規になっており、丸ノコのベースに取り付けて、突き当て部を材料の側面に沿わせることにより、材料の側面と平行に材料が切断出来るものです。 この定規は主に材料を縦方向に挽き割る際に使用されます。 丸ノコのベース部分には長穴があいているので、Tスライドの竿を長穴にさしこみ固定することができます。 丸ノコに付属されているものや無名のものはブレやすいものがあるので、精度を高めたい場合は、シンワやタジマの新しい製品を使用したほうがよいと思います。 長い材料を切断できる利点だけでなく、切断幅を固定することができるので、わざわざ墨 印 をつけなくても、同じ幅の材料をたくさん加工できる利点もあります。 Tスライドには竿が2本ついているタイプもあり上下左右のブレを軽減することができます。 丸ノコのベース部分には長穴が1つしかついていない機種もあるので取り付けられない場合もあります。 長い材料もワンタッチで固定、測れる機能も搭載 例えば長さが1m以上もある合板などを上で紹介した手に持つタイプの丸ノコ定規で切断した場合、定規の長さが短いので一発で切断することができません。 なので、長物の材料を真っ直ぐに切断する場合は、丸ノコ定規の代わりに真っ直ぐな長い板を材料に固定して切断しなければいけません。 しかし、この定規代わりにする板を固定するにはクランプで両サイドを固定しなければいけないので手間がかかります。 この長いストレートタイプの定規は長いもので2m近くあるので、6尺 1820mm 近い合板なども一発で切断することができます。 また、シンワ測定が販売している定規には、材料を押さえるクランプが備わっているので、手間をかけることなくワンタッチで材料に固定することができます。 シンワ測定が『 』タジマ『 』というい製品名で販売しています。 上の動画では、カッターを使用していますが、どちらのメーカーも電気丸ノコにも対応しています。

次の

超精密直角基準器

直角 定規

Sponsord Link DIYをする上で丸ノコの存在は欠かせません。 そして直角に切ることは最も重要な作業の一つです。 直角に切るにはやはりエルアングルのような丸ノコ定規は絶対欲しくなりますが、値段を見てみると最低6,000円以上するし高いものは1万円を超え結構高いですよね。 じゃ自分でエルアングルのような丸ノコガイド定規を作れたら一番良いです。 「エルアングルのような精度の高い丸ノコガイド定規が作れるの?」 という声も聞こえそうですが、作り方の要所だけ知っておけば簡単に自作することが可能です。 しかも 1個あたり500円ぐらいで作れるのでぜひ真似してみてくださいね。 今回も作り方の動画は最後に貼っておきますので、記事で予習し動画で再確認して挑戦してみてください。 メール会員登録をした会員さんでこの「記事を見て作ったよ」という方は感想やレビューと一緒に写メしていただけると掲載いたします。 もくじ• 過去4回の「丸ノコを使いこなす」という動画を順に見ていただくと作業もスムーズになるので復習を兼ねて見ておいてくださいね。 4つ目は応用編になるのでとりあえず3までは見ておくと良いですよ。 というのもまっすぐ切ることができないと作れないので必ずベニヤで作った直進用の丸ノコガイドを作っておきましょう。 もし無くてもホームセンターでカットしてもらうことで対応できます。 あとは必要な材料も買っておいてくださいね。 材料と必要な工具も記載しておきます。 ・ご自身の普段使っている丸ノコ(この丸ノコ専用のガイド定規になります) ・直進挽き用ベニヤガイド(ホームセンターのカットでもOK) ・厚み5. しかも2個作ることで費用も半分に抑えることができます。 長さの違うものを作っておくのも良いですね。 もしなければシナベニヤを購入するときにホームセンターでカットしてもらっても良いですね。 以前紹介した直進挽き用の丸ノコガイドを使って落としてください。 ここで注意することはこの40ミリの材が定規部分になりますので40ミリの幅はアバウトでもOKですが重要なのは 「直線が真っ直ぐになっているかどうか」です。 そうしたら330ミリ程度の材が残ります。 この材から欲しい長さを決め(今回は650ミリ)両サイドから650ミリのところにマーキングし斜めの線をひいておきます。 自分の欲しいサイズに作れるので2枚同じ長さでは無く、2種類作っても良いです。 ここの線を丸ノコでカットしていくのでまたベニヤのガイドでカットしてください。 精度は必要ありません。 斜めに切る理由は材が長く使えるというメリットがあります。 ここまでのカットをホームセンターでやってもらっても良いです。 次にご自身の丸ノコのベースから刃までの距離を測っておきます。 私の丸ノコは100ミリだったので少し余分をみて103ミリとしておきます。 カットしたシナベニヤの長辺の端から103ミリのところにマーキングしておきます。 ここに最初にカットした40ミリの材を置きますが長さを650ミリより100ミリ程度長くしてカットしておきます。 40ミリの材の下の部分を100ミリほど出して木工用ボンドを付けます。 下穴を開けトラスタッピングビスで3箇所ほど固定します。 ここで必ずまっすぐになるようにしてください。 次に丸ノコで余分な部分(今回は3ミリ)をカットします。 直角を出す当て木部分を作っていきますので40ミリの材の長さを330ミリにカットしておきます。 取り付ける場所は下から40ミリの場所に付けますがサシガネでしっかり90度を出しておき墨線をひいておきます。 その前にのぞき穴を作っておきますのでちょっと大きなドリルビットで穴を開けておきます。 大きさは18~35ミリ程度あれば良いですがビットがなければ10ミリぐらいの穴をいくつか開けても良いですね。 のぞき穴を作ったら直角の当て木(40ミリの材)をトラスタッピングで固定します。 このとき微調整ができるようにボンドで固定してはいけません。 2点仮止めしたら実際に材を切って直角を出してください。 のぞき穴でも確認しておきます。 もしズレていたら当て木になる40ミリの材の固定ビスを1本だけ残しておき1本は馬鹿穴にして微調整します。 直角が出たら中間にも数箇所下穴とトラスタッピングビスで固定します。 今度は取手を作っていくのでこの直角定規を使って端材をカットしておきます。 仮に丸ノコを置いてみてモーターに当たらないか確認して長さなどお好みで決めてくださいね。 今回は270ミリと40ミリ2個で取手を作りました。 多少面を取っておくと持ちやすくなります。 ただここまでやらなくても端材をくっつけておくだけで良いですよ。 細い材のカットは安定が悪いですがこの作っている途中の丸ノコガイド定規で切ることが可能です。 高さが合うように切った材を下に敷いておくと良いです。 取手の作り方は270ミリに40ミリの材を乗せボンドで固定し乾いてから40ミリ(突き抜けない長さ)のスリムネジで止めます。 下穴と皿を取ってからビス止めします。 取手が出来たらガイドに取り付けます。 ここでもボンドを付けて10分ほど放置させ反対からスリムネジで固定します。 このとき皿を取ってビスが出ないように注意してくださいね。 これで完成です。 完成したらまた試し切りをしてみましょう! バッチリカネが出ましたよ。

次の

寸法を取るために必要な道具の紹介。

直角 定規

日本工業規格 JIS B 7526-1995 直角定規 Squares 1. 適用範囲 この規格は,図1,図2,図3及び図4に示すような構造の鋼製直角定規(以下,直角定規 という。 )について規定する。 備考1. この規格の引用規格を,次に示す。 JIS B 7503 ダイヤルゲージ JIS B 7506 ブロックゲージ JIS B 7513 精密定盤 JIS B 7514 直定規 JIS G 4303 ステンレス鋼棒 JIS G 4304 熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯 JIS G 4305 冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯 JIS G 4401 炭素工具鋼鋼材 2. 主要部の名称 直角定規の主要部の名称は,図1,図2,図3及び図4による。 備考 表の値は,次の式で求めたものである。 ただし,Lは呼び寸法 mm を表す。 真直度及び平行度 5. 1 真直度 直角定規の使用面の真直度の許容値は,表3による。 表3 単位 洀洀 使用面の全長 真直度の許容値 刃形直角定規 I形直角定規 平形直角定規 台付直角定規 mm 1級 2級 1級 2級 100以下 1. 5 1. 5 3. 5 8 15 100を超え 200以下 2. 0 2. 0 4. 5 10 20 200を超え 300以下 2. 5 2. 5 5. 0 6. 5 7. ただし,Lは使用面の全長 mm を表す。 2 L 平形直角定規 台付直角定規 1級 5 L 2級 10 L 5. 2 平行度 外側使用面と内側使用面との平行度の許容値は,表3の数値の2倍とする。 剛性 図7のように短片を固定し,長片の先端に2. 7 B 7526-1995 図7 7. 表面粗さ 使用面の表面粗さは,表4による。 8S I形直角定規 1級 100, 150, 200, 300, 500 2級 100, 150, 200, 300 500 1. 6S 平形直角定規 台付直角定規 1級 75, 100, 150, 200, 300, 500 2級 75, 100, 150, 200, 300 1級 750, 1000, 3. 2S 2級 500, 750, 1000 8. 形状,寸法及び構造 8. 1 形状 直角定規の形状は,図1,図2,図3及び図4による。 内側使用面の互いに交わる部分には, 適当な形状の逃げを設けることが望ましい。 また,刃形直角定規の刃形りょうは,軽く丸みを付けるか,又は面取りを行う。 2 寸法 直角定規の寸法は,表5,表6,表7及び表8による。 表5 刃形直角定規 単位mm 呼び寸法 100 150 200 300 長片の全長 100 150 200 300 底面の全長 70 100 130 200 長片及 び短片 幅 25 30 35 40 厚さ 6 8 10 15 8 B 7526-1995 表6 I形直角定規 単位mm 呼び寸法 100 150 200 300 500 長片の全長 100 150 200 300 500 底面の全長 70 100 130 200 300 長片及 び短片 幅 25 30 35 40 55 厚さ 6 8 10 15 20 表7 平形直角定規 単位mm 呼び寸法 75 100 150 200 300 500 750 1000 長片の全長 75 100 150 200 300 500 750 1000 底面の全長 50 70 100 130 200 300 400 550 長片及 び短片 幅 18 20 25 25 30 40 50 60 厚さ 3 4 5 6 6 8 10 12 表8 台付直角定規 単位mm 呼び寸法 75 100 150 200 300 500 750 1000 長片の全長 75 100 150 200 300 500 750 1000 底面の全長 50 70 100 130 200 300 400 550 短片の全長 48 67 97 126 196 295 393 540 長片 幅 16 20 24 29 35 46 58 65 厚さ 2 2. 5 3 3. 5 4 5 7 10 短片 幅 15 18 22 26 32 45 63 80 厚さ 13 15 18 22 27 35 50 65 8. 3 構造 直角定規の側面は,任意に肉抜きをしてもよい。 また,台付直角定規の短片と長片は,衝撃に耐えるように堅固に取り付ける。 材料及び硬さ 直角定規の材料及び使用面の硬さは,表9による。 表9 分類 材料 使用面の硬さ 焼入したもの 焼入しないもの 鋼 JIS G 4401のSK5又はこれと同等以上の品質のもの HV450以上 (HS60以上) HV170 HS25 〜 HV235 HS35 ステンレス鋼 JIS G 4303のSUS420J2 JIS G 4304のSUS403 JIS G 4305のSUS403 又はこれらと同等以上の品質のもの HV360以上 (HS50以上) なお,これらの材料は,狂いの生じないように適当な熱処理を行うものとする。 測定方法 10. 1 測定範囲 直角定規の直角度,真直度及び平行度の測定は,測定される面の長さの方向の両端を, 表10に示すaの寸法だけ除外した範囲について行う。 9 B 7526-1995 表10 単位mm 呼び寸法 a(除外寸法) 75 約2 100 150 約5 200 300 500 約10 750 1 000 10. 2 測定用具の精度 測定用具の精度は,次のとおりとする。 1 基準直角定規には,通常,円筒直角定規,角形直角定規,I形直角定規が使用される。 刃形直角定規 及びI形直角定規の検査に用いる基準直角定規は,直角からの狂いが正確に分かったもの,平形直角 定規及び台付直角定規の検査に使用する基準直角定規は,原則として被測定直角定規の直角からの狂 いの51以下のものとする。 2 定盤は,JIS B 7513の1級による。 ただし,刃形直角定規又はI形直角定規を測定する場合は,平面 度が正確に分かったもので補正できるものとする。 3 ブロックゲージは,JIS B 7506の2級による。 4 ダイヤルゲージは,JIS B 7503による。 5 オートコリメータは,1秒まで正しく測定できるものとする。 3 外側使用面の直角からの狂い 外側使用面の直角からの狂いの測定は,原則として次のいずれかの 方法による。 定盤上の寸法の等しい2個のブロック ゲージB・B'の上に被測定直角定規を置く。 接触部において目の反対側に置い た光源からの光が見えなくなれば,この直角定規は正しく直角である。 a 短片を下にした場合 直角からの狂い=(ブロックゲージの寸法の差) 底面の全長 長片の全長 b 長片を下にした場合 直角からの狂い=(ブロックゲージの寸法の差) 10 B 7526-1995 図8 2 基準直角定規とダイヤルゲージによる方法 図9に示すように,スタンドにダイヤルゲージを取り付 け,定盤上で基準直角定規にストッパを軽く当てたときのダイヤルゲージの読みと,同じ方法で被測 定直角定規に当てたときのダイヤルゲージの読みとの差をとる。 この方法は,ダイヤルゲージの測定力による被測定直角定規の変形を考慮に入れなければならない から,その変形量が直角からの狂いの許容値に対して十分小さい場合にだけ適用することが望ましい。 図9 備考 図に示すaは,表10による。 3 直角定規検査器による方法 図10にその一例を示す。 この検査器は,支持点A,B及びマイクロメー タのスピンドルの先端の3点で支持される台に,互いに平行で,しかもABにも平行な直径の等しい 2個のローラを取り付け,マイクロメータによってA,Bを軸として傾斜できるようにしたものであ る。 これを定盤上に置き,被測定直角定規の長片を図10に示すように軽くローラに当て,その接触点 でのすきまが上下両点で等しくなるまでマイクロメータを調整する。 次に直角定規検査器はそのまま にし,被測定直角定規とブロックゲージをローラの反対側に移して前と同じようにローラに当て,も し,すきまが両接触点で等しければ,この直角定規は正しく直角である。 もし,この場合すきまが等 しくなければ,等しくなるまで再びマイクロメータを調整すると,直角からの狂いは次の式によって 算出される。 l 長片の全長 ) 差の イクロメータの読みの 直角からの狙い=(マ 2 1 11 B 7526-1995 図10 備考 図に示すaは,表10による。 4 オートコリメータによる方法 図11に示すように,被測定直角定規の側面を定盤上に置き,長片の使 用面を定盤に固定された直径の等しい2個のローラに当て,短片の使用面にローラ付反射鏡台の2個 のローラを当てたときのオートコリメータの読みを とする。 次に,被測定直角定規をローラの反 対側に移して同様の測定を行い,その読みを とすれば,直角からの狂いは次の式によって算出さ れる。 L m 2 000 1 5 1 2 〜 = 直角からの狙い ただし,Lは長片の全長をmm単位で表したものである。 図11 備考 図に示すaは,表10による。 4 内側使用面の直角からの狂い 内側使用面の直角からの狂いは,外側使用面の直角からの狂い,使 用面の平行度及び使用面の真直度から算出する。 5 使用面の真直度及び使用面の平行度 直角定規の使用面の真直度及び使用面の平行度の測定は,JIS B 7514の7. 1(使用面の真直度)及び7. 2(高さ不同)の測定方法による。 12 B 7526-1995 10. 6 剛性 図12のように短片を鉛直で固定し,長片の先端にダイヤルゲージの測定子を当て,長片の先 端に荷重をかけないときのダイヤルゲージの読みと,荷重2. 測定に当たっては,ダイヤルゲージの戻り誤差が入らないように注意しなければならない。 図12 11. 検査 直角定規の検査は,直角からの狂い,真直度,平行度,剛性,表面粗さ,形状,寸法,構造, 材料及び硬さについて行い,4. 及び9. の規定に適合しなければならない。 なお,測定は,温度変化のない状態で行う。 表示 直角定規には,製造業者名又はその略号,製造番号,製造年,呼び寸法及び等級を明示する。

次の