相棒 mtg。 【MTG】禁止改定と相棒ルールの変更が発効!そもそもMTGの禁止改定とは?【雑記】|かーむブログ

【相棒/Companion】マジック:ザ ギャザリング 3.0の世界へようこそ!【ザーダ”Vs.”ジャイルーダ】

相棒 mtg

2020年4月17日に発売したマジック・ザ:ギャザリングのエキスパンション 「イコリア:巨獣の棲処」 このセットから新しいカード効果のメカニズムが採用されています。 「変容」と 「相棒」です。 発表された時は個人的に色々と複雑な感じやなーと思って見てました。 特に 「相棒」は面白い効果だけど、そんなにゲームに影響を与えるほどではないのかな? むしろドラマの相棒かな?シーズンなんぼやねん? くらいの感じで楽観視してたくらいです。 しかし! 発売された当日から、この「相棒」という効果がヤバすぎると話題に! 特にレガシー環境が大変なことになっていました。 とても目立って悪さしているのは 「深海の破滅、ジャイルーダ」 深海どころかフォーマット破滅させてます。 今回はどんな感じで悪さしているのか調べてみた内容をまとめます。 「深海の破滅、ジャイルーダ」の相棒条件が、「デッキ」の中のカードのマナコストが偶数しかない場合という比較的達成しやすいことがポイントです。 相棒というメカニズムは相棒カードは「常に手札にある」ような状況を作ります。 なので最初の7枚+1枚という状況で、戦いを始められることが大きなメリットです。 そしてジャイルーダの能力が、メリットばかりの壊れ性能なのが問題になっています。 ・お互いのライブラリーの上から4枚を墓地へ これに関してはお互いなためメリットだけではありません。 ・その4枚(お互いなので8枚)の中から偶数マナコストのクリーチャーを1体自分の場に召喚できる これが非常に強力です。 ここで、クリーチャーのコピー効果を持つ偶数マナコストのクリーチャーカードを引けば、さらに「ジャイルーダ」の効果を使うことができます。 レジェンドルールにより、元のジャイルーダは墓地に送られますが、コピージャイルーダで召喚連鎖が可能になるのです。 ちなみに「騙り者、逆嶋」は「騙り者、逆嶋」という名前で能力だけコピーするので、元のジャイルーダは墓地送りにならないのもポイントです。 1ターンにジャイルーダが2体場に残る状態が可能! マジックオンライン(MO)ではこの「虚空の力線」が効くバグが発生しているために2020年4月19日時点で「ジャイルーダ及びガイガン」が一時的に使用禁止措置になりました。 レガシー以外の環境でもジャイルーダの脅威 「深海の破滅、ジャイルーダ」を出してしまえば、ほぼ勝ちに繋がるのでレガシー以外でも大変なことになってました。 マナ加速クリーチャーを使えば4ターンくらいでジャイルーダを召喚できます。 スタンダードでは ・灯の分身 ・深海住まいのタッサ などでコピーや効果の使いまわしが可能になります。 さらに同じイコリアのモスラ「光明の繁殖蛾」も強力なカードとして採用されます。 何らかの要因で死亡したジャイルーダやコピーカードは、モスラのおかげて飛行を持って戻ってきます。 そしてまたジャイルーダの効果も発動・・・。 スタンダードで使用可能なコピーや効果の使いまわしができるカードがあるということは、全フォーマットが「ジャイルーダ」の脅威に晒されているということになります。

次の

MTG相棒探求記:実用性はさておき「相棒」を同時に限界まで積みまくりたい話

相棒 mtg

各ゲーム中に1度だけ、あなたはソーサリーを唱えられるとき(あなたのメイン・フェイズの間でスタックが空であるとき) に3マナを支払うことでサイドボードからあなたの相棒をあなたの手札に加えることができる。 これは特別な処理であり、起動型能力ではない。 結果、プラス3マナでしたね。 まあまあの良調整なのではと思いましたが、相棒によってはしんどいですね。 特に ルールスや オボシュのような素早く攻め切りたい相棒はきつくなりました。 これから相棒を活用するデッキは 厳しい制約がつくことになりそうです。 一応、解説すると3マナ払う処理は 特別な処理ということで、 カード名を指名して封じるようなカードでも止めることはできません。 ただし、手札に加えた後のキャストを制限するカードにはもちろん引っかかります。 ひとまず速報としてここで更新します。 相棒については・・・別記事にしようと思っている次第です。 ちなみに投資的な予想はありませんので、ご了承ください。 個人的にはとても残念な改定でした。 まず、笑ったのは 裏切りの工作員の禁止理由ですね。 笑 以下、公式の原文まま引用。 次に、最近 銅纏いののけ者、ルーカや 軍団のまとめ役、ウィノータで 裏切りの工作員を直接戦場に出すアーキタイプが増えてきています。 これらのカードのデザイン意図には強力な高マナ・コストのクリーチャーを展開する創造的な方法を提供することも含まれていますが、これらを使って序盤に 裏切りの工作員を出すことは相手ににしていて 極めて腹立たしく巻き返すのが困難になり得ることが分かりました。 ただただ、好き。 極めて腹立たしく。 笑 これからのスタンダードになりそう。 そー言えば、「みんなが嫌いと言ったから」っていう理由で禁止になった人いたよね。 笑 それに近いかな。 創案の火は少し残念。 相手ターンでの行動が制限されるのは相当なデメリットのはずですが、 スタンダードだと影響が少なく、仕方ないかなと思います。 というかね・・・ 3テフェ、お前が悪い。 今日は少しこの 時を解す者、テフェリーについて話します。 マジックで嫌いなカードランキング。 3位 神々の憤怒 2位 罠の橋 ・ ・ ・ 1位 時を解す者、テフェリー こいつはただただ嫌い。 というか好きな人いるのかな? 様々な使い道がありますが、今回関連しているところでいうと、 創案の火の弱点を埋められるのが凶悪ですね。 なので、個人的には テフェリーの方を禁止にして欲しかった。 何故、嫌いかとかというと以前も書いた気がしますが、 マジックの魅力がなくなるからです。 私は元々、遊戯王プレイヤーでした。 最近は手札から発動できる効果が増えたものの、 遊戯王の弱点は 相手ターンでの行動に制限があり、 干渉できないことでした。 ルールをご存じの方は分かると思いますが、 相手ターンに動けるのは手札誘発以外だと 場に伏せたカードのみで、 伏せたカード分しか干渉できません。 相手が どれくらい干渉してくるのかが分かってしまうのです。 しかも、その場に伏せたカードをまとめて対処するカードがいくつもあります。 (マジックで言い換えると「相手はインスタント、瞬速持ちを全て捨てる」と同義です。 ) その点、マジックは相手ターンでも 手札からインスタントタイミングで干渉することができます。 また、ほとんどの起動効果が相手ターンでも起動できますよね。 これが とにかく面白い。 遊戯王が悪いと言っているわけではありません。 カードゲームは相手より得をすれば勝てるゲームです。 相手の行動に対応することで、相手よりも得をし、 出し抜き、有利になる行動を手札から とれる。 また、手札から とられることがあるのはマジック最大の魅力であり、 奥深さだと思います。 3テフェはそれを封じるわけです。 今まで語ってきた魅力が失われることになります。 個人的にはスタンダードをほとんどやらない一つの理由でもあり、 使うことはないと決めている1枚です。 禁止にするなら今回の改定しかなかった気がするんだけどなー。 残念です。 まあ、ローテーションまでスタンダードをやることはなさそうです・・・。 気を取り直して、楽しく投資活動に勤しみます。 まとめ 本日は禁止改定のお話でした。 少しでも参考になればうれしいです。 コメントでご意見などぜひとも。 なんせアカデミーを名乗ってますもので、 知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。 メールアドレスなしでもコメントできるようになりました。 このブログも立ち上げたばかりなので、 記事の形式やサイトの見易さなどにもご意見なども頂けると嬉しいです。 それでは、今日もマジックで稼いでいきましょう。 MTGアカデミーのジンでした。

次の

【和訳】相棒はファイレクシアマナ以来の不健全をMTGにもたらした:引き出しの裏

相棒 mtg

(このカードがあなたの選んだ相棒であるなら、あなたは1回のみゲームの外部からこれを唱えてもよい。 ) あなたがマナ能力でない能力を起動するためのコストは 2 少なくなる。 この効果は、そのコストに含まれるマナの点数を1点未満に減らせない。 1 , T :クリーチャー1体を対象とする。 このターン、それではブロックできない。 を開始する前に、ゲームの外部からが所有していてあなたのが[条件]を満たしている相棒能力を持つ1枚をしてもよい。 そうしたなら、各ゲーム中に1度だけ、あなたはをられるとき(あなたがを持ち、自分のの中で、が空であるとき) に 3 をことで、ゲームの外部からあなたの相棒をあなたのことができる。 これはであり、ではない。 相棒能力が開始時のデッキを参照している場合、それはのカードをすべて脇に置いた後のデッキを参照する。 では、を脇に置くよりも前のデッキを参照する。 相棒を持つカードを手札に加えたなら、それはそのゲームが終わるまでゲームの内部に残る。 [] 解説 の怪物たちと精神的な絆を結んだ人間、にプレイヤーがなることを表した。 デッキ構築に制限をもたらすことで、ゲーム外から相棒のクリーチャーを 3 を支払い手札に加えることができる。 イコリア:巨獣の棲処では2の10種類ののが収録されている。 発売後に 大幅なルール変更が行われたため、カードに印刷されているは現在のルールと一致していない点に注意。 、も参照。 相棒を持つカードはいずれも特殊な仕様のが用いられており、のボックス部分を囲う装飾の上部がのを模したものとなっている()。 [] あなたがクリーチャーを相棒としたい場合、その相棒能力のデッキ構築の制限を守ったうえで、ゲームの外部に相棒となるカードを用意する。 公認イベントでプレイする際には、これはにあるという意味である。 では、それは単にあなたが所有していて開始時のデッキに入っていないカードという意味である。 あなたの開始時のが相棒能力の条件を満たしているなら、デッキをにする前に、あなたはゲームの外部からカードを1枚してあなたの相棒にすることができる。 2枚以上公開することはできない。 ゲームが始まっても、それはゲームの外部にあり公開されたままである。 ゲームの外部で相棒を公開したなら、それがそこにあり続けているかぎり、あなたはソーサリーを唱えられるとき()に 3 を支払うことで手札に加えることができる。 これはである。 そうしたなら、それはゲーム内に入り、そのゲームであなたが使っている他のカードと同じように振る舞う。 たとえば、それがされたりしたなら、それはあなたのに置かれ、ゲーム内にとどまる。 相棒が持つ他の能力は、そのクリーチャーが戦場にあるときにのみ適用される。 相棒がゲームの外部にある間は効果がない。 でも、あなたは相棒を1枚持つことができる。 統率者も含めたあなたのデッキは、相棒の条件を満たしていなければならない。 あなたの相棒は、あなたのデッキのカード100枚のうちの1枚ではない。 相棒があなたの統率者のと合致していないなら、あなたは相棒を手札に加えることができない()。 相棒能力を使わずに普通にデッキに採用してもよい。 この場合は当然相棒によるデッキ構築制限は適用されない。 相棒とは別にデッキに同じカードを入れてもよい。 ただし、だけは自身の制限により相棒と併用することはできない。 相棒能力の条件はあなたの開始時のデッキにのみ適用される。 サイドボードには適用されない。 ゲーム中になどで制限を破るようなカードを持ってくることは適正である。 としては相棒にするには不適正でも、サイドボーディングの結果適正になるのならあなたはそのゲームの開始時にクリーチャーを相棒にしてもよい。 3 を支払い相棒を手札に加えることはである。 は用いず、ただちに手札に加わる。 ではないため、などで妨害することもできない。 デッキ構築の制限がきちんと守られているかは、対戦相手に明示する必要はない。 通常対戦する際にのデッキが同じで組まれているか、を守っているか確かめることがないことと同じである。 もちろんゲーム中で制限と合致しないデッキだと判明した場合、故意か否かに関わらずルール違反であるのでその場でを呼ぶべきである。 ゲーム中に相棒を唱えてデッキに加えた場合、2ゲーム目以降も相棒にしたいなら再びサイドボードに戻す必要がある。 戻し忘れに注意。 2人以上のが相棒を公開する場合は、まず開始プレイヤーが公開し、その後他のプレイヤーが順に公開する。 あるプレイヤーが相棒を公開しないことを選んだ後では、そのプレイヤーは選択を取り消すことはできない。 これはリリースノートでの記述でありでは特に規定されていない。 に従えばこの通りだが、総合ルールでは相棒を公開する()のはを決める()より前のため、1ゲーム目でどちらが先に相棒を公開するかは未定義となっている。 [] 旧ルール では6月1日付、とでは6月4日付で、相棒のが現在のものへと変更された。 変更前のルールは以下の通り「」可能になるものだったが、「 3 を支払い手札に加える」に変更された。 [] 定義(変更前のルール) を開始する前に、ゲームの外部からが所有していてあなたのが[条件]を満たしている相棒能力を持つ1枚をしてもよい。 そうしたなら、そのゲームの間1回、あなたはそのカードをゲームの外部からできる。 相棒能力が開始時のデッキを参照している場合、それはサイドボードのカードをすべて脇に置いた後のデッキを参照する。 では、を脇に置くよりも前のデッキを参照する。 相棒を持つカードをプレイしたなら、それはそのゲームが終わるまでゲームの内部に残る。 [] その他• 相棒とする条件は様々なものが試されたが「検証可能なもの」「でも成立可能なもの」が最終的な目標となった。 ゲーム開始時から公開されているため、1目の時点で相手のデッキが推察可能。 だがそれを逆手にとったなるデッキも存在した。 登場と同時にあらゆるでサイクルがほぼ満遍なく使用された。 特にの広いフォーマットでは構築の制限が相対的に緩くなり、既存のデッキにそのまま加えて大幅に強化することも可能であったため、逆に相棒を使わないデッキは変更前のルールにおいては「実質的にが1枚少ないため不利」という事態になり、従来ののバランスを塗り替えてしまった。 5月18日付でではと、では夢の巣のルールスがに制定された。 これは、日本などの地域から見ると発売からわずか30日、北米などの地域から見ればなんと3日という記録的なスピードである(発売日に関する詳細はを参照)。 は相棒デッキによるの支配率と同じゲームプレイの繰り返しを監視し、長期的な健全性の問題の兆候が見られた場合は相棒のメカニズムの変更も考えられると言及していたが 、その後実際にルールが変更された。 調整のためのルール変更は極めて異例である。 [] 脚注• マジック日本公式サイト 2020年5月25日• 引用:総合ルール 20200417. その他のルール• 相棒/Companion• 相棒は、で機能するである。 ゲームを開始する前に、から自分が所有していて自分のが条件を満たしている 相棒 を持つ1枚をしてもよい 参照。 そうしたなら、そのゲームの間1回、はそのをからできる。 相棒 がを参照している、それは・をすべていた後のを参照する。 では、をくよりも前である。 相棒を持つをしたなら、それはそのゲームが終わるまでゲームの内部に残る。 引用:総合ルール 20200417. ゲームの考え方• ゲームの始め方• ゲームを始めるとき、それぞれのは自分のをし、が不規則な順序になるようにする。 その後、のをしたりカットしたりしてもよい。 のは以後そののとなる。 が、自分が所有していて 相棒 を持つをからしたい、をいた後ですることができる。 こうしてできるのは1枚だけであり、がそのの 相棒 の条件を満たしているだけである 〔 相棒〕参照。

次の