あずま 袋縫い 方。 とっても簡単!あづま袋(吾妻袋)の作り方

あづま袋の作り方【ベーシックバージョン】

あずま 袋縫い 方

Contents• 基本のあづま袋の作り方 長方形の布1枚でできる簡単なあづま袋の作り方です。 布…1枚 サイズはお好みで。 縫い代を含まない タテと横の対比が1:3になるように計測します。 How to make 今回作るのは弁当箱を入れるのにちょうどいいサイズのあづま袋です。 お弁当箱は18cm長さです。 布を3等分します。 正方形を3つ並べた形です。 1つの大きさを22cmにしました。 これに必ず縫い代を設けてください。 この画像で言うと、両脇は三つ折りにするので各2cmの縫い代、上下にそれぞれ1cmの縫い代が必要です。 長方形の布なので特に型紙はありません。 布に直接線を引いて裁断します。 縫い代込で裁断してくださいね。 長いほうの両脇 図でいう上下)をロックミシン、またはジグザグミシンをします。 両脇を三つ折りにして直線ミシンをかけます。 布を縫い合わせていきます。 ピンクの線が縫った箇所です。 図で説明するとこうです。 重ね合わせるところがすぐにわかるようにチャコペンシルか鉛筆などで印をつけておくといいですね。 開いてみます。 あづま袋の形になりました。 たったこれだけです。 最後に仕上げをしましょう。 口の部分をステッチして整えていきます。 三つ折りにしてないほうを矢印のように倒します。 ステッチしていきます。 もう片側も同じようにステッチします。 あづま袋のできあがりです。 包んでみたところ。 これでもいいのですが… せっかくならジャストサイズに仕上げてみましょう。 応用:マチをつくる 底の部分にマチを作ります。 できあがったあづま袋を裏返します。 結ぶ部分を両方内側に倒すと画像のような形になります。 両端の角を5cm図り直線で結んだところをミシンします。 カットしてジグザグミシンをかけるか、ロックミシンでカットしながら縫います。 マチができました。 マチをつくるとふっくらとしてモノを入れやすくなります。 失敗例 久しぶりにあづま袋を作ってみるために古いレシピを取り出してみました。 あたらめてみてみると、タテと横の対比が1:3ということは書いてあるのですが、縫い代のことは書いてないレシピが多く、そのまま作ってみると、あれれれ? ズレてます。 そりゃ、両脇の部分の縫い代の分短くなってるのですから正三角形になるわけないですよね…。 最初レシピには縫い代の記載がとくになかったのでそのまま縫ってしまい失敗作。 ワイシャツやシーツは断捨離せずにとっておき試作品をつくるときに使ってます。 縫い代は必ず取って作るようにしましょう。 またサイトで検索すると作り方がたくさんあり、だいたい30cm位が多いようです。 30cmのサイズはお弁当袋にはちょっと大きめです。 お弁当袋として作るなら手持ちのお弁当箱の長さに4cmほど大きくしたサイズでよろしいかと…。 これも好みなどもあり一概には言えませんので、参考までに。 手縫いでもOK もちろん手縫いでもできます。 ミシンを出すのが面倒というときは手縫いでちゃちゃっと縫いましょう。 その場合、強度を保つために返し縫いか半返し縫いで縫えばいいですね。 端の始末はそのまま切りっぱなしでも手縫いのいい味が出ますよ。

次の

あづま袋(あずま袋)とは?手ぬぐいで簡単な作り方や縫い方は?

あずま 袋縫い 方

手ぬぐいの表側を上にして横長に広げる• 左端の折り重ねたところを一旦開く。 右端の折った部分をマチ針で留め、下の部分(下図赤線)を縫い代8mmくらいで縫う 縫えた状態• 先程縫った右端の重なり部分の上部左角を、右下に向かって三角形に折る(下図参照)• その上に、左端を折り重ねる 折り重ねた状態• 折り重ねた上部(下図赤線)を、縫い代8mmくらいで縫う• 右角は、右端を三角に折り込んでいる部分(下図参照)と重なりますが、三角に折り込まれている布は縫い込まないようにする• ミシンで縫う際は、三角に織り込まれている布を広げるようにして、縫い込まないように気を付ける 縫えた状態• 左端の折り重ねた部分を開いて戻し、左端の角と右端の三角に織り込んだ角(下図赤い星マーク)部分をつまんで広げる 広げるとこのような状態に• 改めてひっくり返して、中表の状態にする• 左右の持ち手部分の布がズレないように、ピッタリと重なり合うように折る• 持ち手部分の布が重なるように折れたら、ズレないように中央部分をマチ針で留めておく(下図参照)• 袋状になった内側に手を入れ、底部分の角を開くように広げる• 角を引っ張るようにして、三角形にする• 三角形の頂点から5cmくらいのところを縫う(下図赤線部分) 縫えた状態 この部分を縫うことで「マチ」ができる• 反対側の底部分の角も同じように縫う。 持ち手部分を上に持ち上げると、下図赤線部分が縫ってある状態になる このような感じ• ひっくり返して外表にしたら、「マチ付きあずま袋」の完成 持ち手部分を結ぶと、このような感じ これからのシーズン、浴衣の装いに合わせて持つと、とてもかわいいですよ。 また、お弁当箱袋として使ってもいいですね。 とにかく簡単!あっという間に作れます。 持ち歩く際は特に、しっかりと固結びしておきましょう。 そのため、少し歪みが生じますが、あずま袋として使用する上での支障はありません.

次の

幼稚園児用のお弁当袋の作り方!簡単に可愛く作る方法。

あずま 袋縫い 方

好みのサイズや大きさでささっと作れる「あずま袋」。 形も想像が付くし、なんとなく簡単そうだってことは知ってるけれど、いざ作ろうと思うと、(あれっ、どこをどう縫えばいいんだっけ??)となりませんか? 今回は、水彩の優しいタッチのテキスタイルとを使いましたよ。 透き通る白さや繊細な薄さ、散りばめられたカラフルなモチーフやそのサイズ感など、このテキスタイルは小物作りにとっても向いていると思います。 (以前ご紹介したぬいしろの始末の方法で処理してみました。 ) 短い辺(タテ)は三つ折りで縫います。 このときにアレンジとしてポンポンリボンを挟み込んでみましたよ。 リボンを挟むときは向きに注意してくださいね。 また、ずれそうならば仮縫いをしてもよいでしょう。 反対からもぱたんと折りたたんで、今度は上の辺を縫い合わせます。 ここがポイント! このとき、下の布を縫ってしまうと袋状になりません。 必ず縫わないようにぺろん、とめくっておきますよ。 3.ぬいしろを割る 2箇所の直線縫いのぬいしろをアイロンで割ります。 そのまま持ち手部分にも押さえのステッチをかけましょう。 (今回はポンポンリボンを挟み込んだため、交わるところでステッチをとめました) 5.袋の形になるように立たせる 両方の持ち手の端っこを持つと、自然と立つはずです。 よいしょ! 立ちましたね。 ここまできたらもうどうみてあずま袋ですよね。 あずま袋が完成! あとは表側にひっくり返せば、あずま袋の完成です! あっという間に作れました〜。 スウィートな印象のテキスタイルなので、さらに可愛い要素を足してみたくて今回ポンポンリボンをつけてみましたが、もちろんすっきりシンプルに仕上げるのも良いと思います。 手縫いでも十分作れますし、ワンポイントにステッチをしてみたり、リバーシブルにしたり、アレンジも自由にできます。 長ほそーい布1枚あれば簡単に作れちゃうあずま袋。 お弁当を包んだり、エコバッグにしたり、小さく作ってバッグの中の小物をまとめたり。 なんにでも使えて便利ですよ。 ご参考までに。 おまけショット あずま袋、下から見ると・・・。

次の