蒼井翔太 嫌い。 蒼井翔太の問題発言って?ライブの実力に本名や彼女情報も紹介

蒼井翔太のすっぴん画像とは?身長体重や性格悪い噂も気になる!

蒼井翔太 嫌い

蒼井クラスタです。 私は先日のうたプリのライブに二日間参加させて頂きましたが、本人曰く最近は可愛いと言われるのが苦手のようです。 以前行われたシングルのリリースイベントでも全然かっこいいと言われず不満げな顔をされていたのが印象的でしたね。 結構長い期間彼を見ていますが、わざと可愛いと言われるようにしているときと、素の姿は結構違います。 昔から母親に可愛がられて育ったのでそのような態度が体に身についてしまったのだと思います。 わざとやっているときは少し声のトーンが上がり、目が少し見開いていますよ。 そして滑舌ですが、やはり目立ちますね。 個人で聞く分には全く問題ないと個人的に思っているのですが、やはりキャラクターが会話してると他の声優さんとの比較がどうしてもされてしまうように思います。 ファンマナーですが、他の声優さんと比べると全体的にやはり悪いです。 可愛い子を怖い顔で守ってる女の子、みたいな。 本人も全然厳しく言わないので、やってる自分がわからない子もいるかもしれませんね。 別に私はどうにかして好きになる必要はないと思います。 彼の態度や演技、ファンマナーが気に入らないのであれば、せめて歌だけ聞いて応援すればいいと思いますよ。 ファンのマナーはひどい人はひどいですね。 他の声優さんのライブとかと比べると驚くことがあります。 プリライや彼のライブやイベントに行くとわかりますが、10代~20代前半のファンが多いからでしょうか。 若すぎてマナーを知らないのか??って思うことがあります。 うたプリだと周囲の人は美風クラスタとは取引したくないという方も多いです。 何かしらのトラブルに巻き込まれたことがあったり、最低限のマナーがないということからです(たまたま美風クラスタだっただけだとは思いますし、私の知人のクラスタさんはとてもいい人もいます)。 私は30~40代のある声優さんたちが特に好きなのですが、彼らと比べたら滑舌の悪さはあると思います。 私は大して気にはしていません。 声優としてではなく、歌が好きなので。 年上から見たらかわいいです。 わざとだとしても、芸能界でも作ったキャラの人はいますから、いちいち気にはしないです。 他の方が書かれていますが、歌を好きになったらいいと思いますよ。 私は前回のライブを軽い気持ちで言ったのですが、機材トラブルでアカペラで歌っているのを聞いて、好きになりました。

次の

蒼井翔太の性格や自宅の住所は?中学や高校学歴も

蒼井翔太 嫌い

プロフィール まずは、簡単なプロフィール紹介から。 本名 柳川 翔太 生年月日 1987年8月11日 出身 福井県 血液型 B型 身長 174cm 学歴 北信越高等学校(卒業したかは不明) 声変わり時期を迎えても、ほとんど変化がなかったという蒼井さん。 当時は、自分のハイトーンボイスが嫌いで、それが元でいじめられたこともあったそうです。 しかし中学生の時に友達と行ったカラオケで、倖田來未さんの「So Into You」を歌ったところ大絶賛だったそう。 それから自分の声に対する意識が変わり、歌うことも好きになったんだとか。 今でこそ「声優 蒼井翔太」と紹介されることも多い蒼井さんですが、 当初は歌手としてデビューしていました。 歌手活動をしている中で、男性が女性のキャラを演じることもある「声優」という世界には興味を持っており、当時所属していた事務所に何度か打診をしたものの認められなかったんだとか。 3年活動をして、やはり声優をやってみたいと事務所の契約満了を待って退社、フリーになります。 そこで知り合った小池雅也さんから、現在所属している事務所の社長を紹介してもらい入社。 以降は、歌手のみならず声優としても大活躍中なんです。 蒼井さんの彼女事情 イケメン声優さんとなると、気になるのは恋人の存在ですね。 探してみましたが、どれも 信憑性の薄い噂ばかりで核心を突くものはありませんでした。 代わりに見つかったのが、蒼井さんの「女子度」の高さです。 スキンケアはもちろん、 人前に出るときには必ずメイクを欠かさないという蒼井さん。 甘いものが好きで、 週に1回はスタバのフラペチーノを飲んでいる。 4本以上足のある生物が嫌い。 大きい犬は苦手。 インスタには男性との写真が沢山。 (どれもお似合い) などなど、かなり女子度の高いことがわかりました。 そんなところも、ファンの方たちからすると「かわいい」のだそうで、もはや性別を超えた存在といってもイイのではないでしょうか。 そしてなんと、舞台では マーメイド役も演じていらっしゃいます。 アニメにアテレコする声優と違い、姿を見せて演技をするのが舞台の醍醐味です。 そこで男性である蒼井さんが、とても美しいマーメイド姿で舞台上を動き歌うという、ファンにはたまらない出来事だったでしょう。 中性的な魅力でアニメのキャラもご自身も輝かせてしまう「蒼井翔太」さんが、次はどんな声を聞かせてくれるのか楽しみですね。 スポンサードリンク.

次の

【悲報】ポプテピピック最終回、蒼井翔太のせいで大荒れ

蒼井翔太 嫌い

中世的なキャラクターと歌声でアニソンシンガーとして一躍有名になった蒼井翔太。 現在、声優としても活躍している彼は、「性同一性障害」に悩まされているようで。 そんな蒼井翔太に対して、嫌いと思う人も少なくないようだが、その歌声や魅力にはまる人も多いのです。 今回は、そんな蒼井翔太の魅力や詳細について多いに語らせていただきます。 」「柳ヶ木 昇」として活動していた時期もありました。 子供の頃、 いじめられっ子だったのですが、 カラオケで倖田來未の曲を歌ったところ、絶賛されたことをきっかけに歌の道を志すようになるのです。 しかし、実は蒼井翔太は、男性にもかかわらず、高音な自分の声が大嫌いだったそう。 でも、高校一年生の時、そんな自分を変えたいと思いたち、思い切って行動にでます。 だけど、受けようとしていたカラオケオーディションを受けようとしていたのだが、夏祭り会場で行われるものだったため、雨で中止に。 全国大会に進出するのですが、 事務所に声をかけられ、そのまま芸能界デビューを果たします。 のちに蒼井翔太は、「あのカラオケ大会のオーディションが豪雨で中止じゃなかったら今の僕はなかった」と発言していました。 始めは、「SHOWTA. 」という芸名で 「願い星」というシングルを引っさげてキングレコードからデビューを果たします。 しかし、実は、アニソンシンガーとして活動したかった蒼井翔太の希望をまるで叶えてくれなかった事務所に対し、不満を抱くのです。 そして、柳ヶ木 昇としてフリーで活動をすることになります。 この頃、 「アニソンシンガーと声優の二足のわらじを履いて活動がしたい」と決意します。 フリーで活動していた際に、ひょんなことから知り合いに、現在の所属事務所の社長を紹介してもらい、蒼井翔太として活動をすることに。 現在の事務所の社長は、声優として活動することをおすすめしてくれ、勉強を始めます。 2011年に、『Black Robinia』というゲームの声優をつとめ、デビュー。 また、平行してアニソンシンガーとしての活動も精力的に行っており、結果として 夢が叶った形になります。 2016年3月には、歌手として念願である日本武道館でのライブを成功させ、歌手としても広く名を知らしめました。 ただ、自分から始めた二足のわらじを履いた活動ですが、 「俺は歌手だから」と発言し、炎上したこともあったとか。 でも、実は、それは 一部分だけを切り取られただけであり、ちゃんと声優と歌手と両方に対して強い思いを持っているようです。 しかし、本人が、「蒼井翔太は芸名だけど、「翔太」は本名です。 」ラジオで発言したことがあり、その説は崩れました。 よって本名は謎なのですが、「翔太」であることが判明しました。 蒼井翔太は、性同一性障害で嫌われている? 引用元: 蒼井翔太には、「性同一性障害ではないか」という疑惑が持ち上がっているのです。 ちなみに「性同一性障害」とは、「男性なのに、自分を女性だと思い込んでいる」症状(逆もあります)のことで性別の不一致により、混乱してしまうこともある障害のことです。 結論からいうと、蒼井翔太が性同一性障害であるかはわかっておりません。 きっとこれは本人が カミングアウトしない限りはわからないことだからです。 ただ、あまりに女性的な部分が強すぎる上にこのような疑惑が持ち上がっているよう。 ・メイクがなにより大好きで人前に出る時は必ずメイクをする ・スイーツが大好きすぎる ・趣味が美容 ・女装へきがある ・男性と手をつないで歩いていたことがある など、これらは一部なのですが、充分「女性っぽい」ですよね。 w また、性同一性障害をカミングアウトした中村中と非常に仲良しであるということからも疑惑が持たれているのです。 ですが、 「女性とおつきあいしたことありますから」とやんわり否定するような発言も残していたことがあり、やはり不明かと・・・。 でも、あくまでも個人的な見解としては、違うような気もします。 だって女性っぽい男性って、別に性同一性障害でなくてもたくさんいるじゃないですか。 おそらく、中性的で、歌も高音ボイスが特徴だったりするので、余計そのように言われてしまっているのではないかと・・・。 また、蒼井翔太のそんな女性的なところを「キモい」などと嫌う人も多いようで。 スポンサーリンク 蒼井翔太の過激なファンに衝撃!事務所に押しかけて・・・ 引用元: 蒼井翔太は、熱狂的ファンが多いとも聞きます。 それだけ熱いファンがいることは、それほどまでに熱く愛されている証拠ですから良いとは思うのですが、あまりに熱狂すぎてタレントに迷惑かけるのはいかがなものかと・・・。 そんな中、熱狂的すぎて問題になったファンがひとり。 その方は、日頃から蒼井翔太のSNSにメッセージを送っていた方で、「自分が作った曲を聴いてほしい」と事務所に押しかけたのです。 事務所は、「 アーティストの方にお会いすることはできない」と断るのだが、 何度も押しかけたとのこと。 色紙とマジックまで持って 本人に会いに行こうとしてたのです。 本人としては、「電話でアポイントをしっかりとってから行ったからなんの問題もない」とのことですが、事務所的には、アポイントをとったとはみなされず。 この迷惑なファンの強い思いこみとひどい行為に、怒ったほかのファンが、その人のツイッターを大炎上させ、騒ぎになります。 そんな、好きなタレントに会いたいなんて誰しもが思うことです。 でも、大変自己中心的な行為だし、 「曲を聴いてほしい」というのは、ただの口実で、蒼井翔太にただ、会いたいだけだったんだと思います。 本当にファンならルールを守って誠心誠意、応援してほしいです。 それがファンとしてのつとめだと思いますので。 スポンサーリンク 蒼井翔太のこれからについて 引用元: このような熱狂的なファンがいる一方で、彼を嫌いな人が多いのも事実です。 たしかに、人物的に好き嫌いが激しそうな感じはします。 でも、好きな人だけ応援すればそれが一番だと思いますし、着実に 声優として、アニソンシンガーとして実績は残しているようですから、自分を貫いてこれからも頑張ってほしいななんて思います。

次の