ライキン 戦闘。 ライズオブキングダム(ライキン)の副将(副官)の効果とは?

【ライズオブキングダム】リセマラ手順について!通常のリセマラはできない?【ライキン】

ライキン 戦闘

地味には失礼だよレンちゃん…… リセマラは不要だが不可能ではない! ガチャシステム自体はあるものの、 アプリをアンインストールしてもデータが残るタイプなので実質リセマラ不可能……だと思っていましたが、 ちょっと特殊な形でリセマラは可能です。 それでも、個人的にはリセマラ不要だと思います。 リセマラでは 「黄金の宝箱」という、 3日に1回無料で開けられるレアガチャのようなものが1回開けられるだけ(中身は4個)なんですよ。 排出確率もかなり厳しめで、 最高レアであるレジェンド指揮官が直接入手できる確率は0. 586%しかありません。 その下の エピック指揮官は1. 994%と、レジェンドに比べればかなり獲得しやすいですが……それでもまぁまぁ厳しめ。 実質単発4回ガチャですが、それでもリセマラをしたい方のために手順を紹介します!• アプリをインストール• 所属国を選択• チュートリアルを進める• 自由に動けるようになったら酒場で黄金の宝箱を開ける• 結果に満足できなければ「キャラクター管理」から新たなキャラクターを作成する 以上がリセマラ手順となっています。 ちょっと特殊と言った理由は 「1つの王国(サーバー)につきキャラクターは2つまで」だから! サーバー数の数は1000を軽く超えているので、とことんリセマラしようと思えばできるのですが…… サーバーの数字が小さいほど先行しているサーバーという点に注意。 NEWマークがついているサーバーだけリセマラをするのが良いかもしれませんね。 リセマラ1回にかかる時間自体は3分程度でかなり短め。 ガチャにはレジェンド彫像なども含まれていますが、彫像は指揮官キャラの欠片のようなものなのでリセマラでは狙わなくていいでしょう。 狙うは0. 586%のレジェンド指揮官! そっか、皆もうとっくに強くなってる王国で始めることになっちゃうのかぁ。 あんまりリセマラはしない方がいいのかも…… 所属国について ライキンでは、まず自分がどの国に所属するかを決めるんですが……国によって バフ・指揮官・固有部隊などに違いがあります。 11個ある所属国の中で個人的なオススメは、 ドイツと中国! それぞれの軽い特徴は下記の通りです。 ドイツ:騎兵部隊の攻撃力5%上昇・部隊訓練速度5%上昇・行動力回復速度10%上昇で、行動が多くできるので攻撃的な国が好みの方にオススメ• 中国:全部隊防御力3%上昇・行動力回復速度5%上昇・建設速度5%上昇で、序盤の建設速度を短く抑えられる点が良い。 行動力回復速度と防御上昇も安定感があり、指揮官が強い 日本に住んでるから日本!みたいな決め方でも特に問題はありません、私は日本にしました。 選ばなかった国の指揮官も、いずれは獲得できるでしょう。 固有部隊は、序盤では特に気にする要素ではないようです。 かなり費用はかかりますが、後で所属国を変更できるのでそこまで思い悩まなくてもいいと思いますよ! あの国だから弱い、みたいなことはないと思うけれど……まぁ変更も可能なわけだし、プレイスタイルによって国を選べばいいと思うわ。 最後に 以上、 リセマラについてでした! サーバーごとの制限もありますし、リセマラをするにしてもそこそこにしておきましょう。 序盤攻略記事や 本音レビュー記事も作成するので、もしよければご覧ください。 戦略シミュレーションに慣れている方なら、かなり楽しめるゲームですよ。 まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてくださいね! 新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

次の

【ライキン】政庁レベルの上げ方攻略【ライズオブキングダム】

ライキン 戦闘

地味には失礼だよレンちゃん…… リセマラは不要だが不可能ではない! ガチャシステム自体はあるものの、 アプリをアンインストールしてもデータが残るタイプなので実質リセマラ不可能……だと思っていましたが、 ちょっと特殊な形でリセマラは可能です。 それでも、個人的にはリセマラ不要だと思います。 リセマラでは 「黄金の宝箱」という、 3日に1回無料で開けられるレアガチャのようなものが1回開けられるだけ(中身は4個)なんですよ。 排出確率もかなり厳しめで、 最高レアであるレジェンド指揮官が直接入手できる確率は0. 586%しかありません。 その下の エピック指揮官は1. 994%と、レジェンドに比べればかなり獲得しやすいですが……それでもまぁまぁ厳しめ。 実質単発4回ガチャですが、それでもリセマラをしたい方のために手順を紹介します!• アプリをインストール• 所属国を選択• チュートリアルを進める• 自由に動けるようになったら酒場で黄金の宝箱を開ける• 結果に満足できなければ「キャラクター管理」から新たなキャラクターを作成する 以上がリセマラ手順となっています。 ちょっと特殊と言った理由は 「1つの王国(サーバー)につきキャラクターは2つまで」だから! サーバー数の数は1000を軽く超えているので、とことんリセマラしようと思えばできるのですが…… サーバーの数字が小さいほど先行しているサーバーという点に注意。 NEWマークがついているサーバーだけリセマラをするのが良いかもしれませんね。 リセマラ1回にかかる時間自体は3分程度でかなり短め。 ガチャにはレジェンド彫像なども含まれていますが、彫像は指揮官キャラの欠片のようなものなのでリセマラでは狙わなくていいでしょう。 狙うは0. 586%のレジェンド指揮官! そっか、皆もうとっくに強くなってる王国で始めることになっちゃうのかぁ。 あんまりリセマラはしない方がいいのかも…… 所属国について ライキンでは、まず自分がどの国に所属するかを決めるんですが……国によって バフ・指揮官・固有部隊などに違いがあります。 11個ある所属国の中で個人的なオススメは、 ドイツと中国! それぞれの軽い特徴は下記の通りです。 ドイツ:騎兵部隊の攻撃力5%上昇・部隊訓練速度5%上昇・行動力回復速度10%上昇で、行動が多くできるので攻撃的な国が好みの方にオススメ• 中国:全部隊防御力3%上昇・行動力回復速度5%上昇・建設速度5%上昇で、序盤の建設速度を短く抑えられる点が良い。 行動力回復速度と防御上昇も安定感があり、指揮官が強い 日本に住んでるから日本!みたいな決め方でも特に問題はありません、私は日本にしました。 選ばなかった国の指揮官も、いずれは獲得できるでしょう。 固有部隊は、序盤では特に気にする要素ではないようです。 かなり費用はかかりますが、後で所属国を変更できるのでそこまで思い悩まなくてもいいと思いますよ! あの国だから弱い、みたいなことはないと思うけれど……まぁ変更も可能なわけだし、プレイスタイルによって国を選べばいいと思うわ。 最後に 以上、 リセマラについてでした! サーバーごとの制限もありますし、リセマラをするにしてもそこそこにしておきましょう。 序盤攻略記事や 本音レビュー記事も作成するので、もしよければご覧ください。 戦略シミュレーションに慣れている方なら、かなり楽しめるゲームですよ。 まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてくださいね! 新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

次の

【ROK】ライキン最強の総督完全攻略ガイド

ライキン 戦闘

あわせて読みたい 各兵種の特徴 歩兵は騎兵に強く、騎兵は弓兵に強く、弓兵は歩兵に強いという3すくみとなっています。 フィールドでの移動も速いため戦争で活躍。 壁役として非常に優秀で、戦時には歩兵でタゲを取ってから、騎兵で攻撃を仕掛けると良い。 (騎兵は弓兵に強い) サーバー開始の90日前後にYSGが登場してからが本番。 ざっくりですが、こんなイメージを持って指揮官についても考えて頂ければ理解しやすいと思います! それではランキング発表してきます! エピック指揮官ランキング 【第1位】ジャンヌダルク 最強バッファー 周囲の味方へ付与するバフが非常に強力です。 1,000台サーバーの黄昏の峡谷においても使用率はエピックNo. 1でした。 参考までに覚醒スキルを載せておきます。 組み合わせ• リチャード1世• カールマルテル• YSG• エセルフレッド• ジャンヌダルク• 乙支文徳 組み合わせ:リチャード1世、カールマルテル、YSG、エセルフレッド、ジャンヌダルク、乙支文徳等々 【第3位】べリサリウス、ペラーヨ、バイバルス、アルミニウス、楠正成、乙支文徳、スぺキオ、オスマン そのほかのエピック指揮官は正直差が付けづらいため、上記の指揮官を自分の用途に合わせて育てていけば大丈夫です。 例えば、 弓兵指揮官が欲しい場合はアルミニウスや楠正成を育てればよいですし、オシリスなどで活躍したい方はべリサリウスを育てて行軍速度重視で育てれば問題ないです。 エピックは早い段階で覚醒していけるので、のびのび育てていきましょう。 番外編 ロッハやブーディカは経験値上昇スキルがあり、討伐スキルの行動力消費を抑える天賦を獲得するまで育てておいた方が良いです。 ロッハやブーディカを主将にした場合に行動力の消費が抑えられるのと、野蛮人やガーディアン撃破時の経験値が上がります。 楠木正成は後々登場するYSGと組み合わせるため、ベリサリウスはタイルキルやオシリスで幅広く活躍できるためです。 もしよければレジェンド指揮官のランキング、組み合わせについても下記の記事でご覧ください!.

次の