これ で 経費 は 落ち ませ ん 動画。 これは経費で落ちません!/第10話/見逃し無料動画|どうしますか、森若さんの巻

【逃げる男の巻】第3話・NHKドラマ「これは経費で落ちません! 」を見逃し動画無料フル視聴しよう

これ で 経費 は 落ち ませ ん 動画

もくじ• 「これは経費で落ちません! 」のネタバレ・あらすじまとめ 石鹸(せっけん)メーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子・森若沙名子は、貸借対照表のごとく、「何事にもイーブンに生きる」をモットーに、回ってくる領収書や請求書をチェックする。 それぞれの伝票には、金額や最低限の事由しか書かれていない。 だが、よくよく精査すると、そこにはこの経費に関わった人々の怪しい事実や、はたまた悩める人生まで見えてくるー。 本当は「余計なものは追いたくない」、だけど「公私混同は見過ごせない」森若沙名子が、ヒラの経理女子として、大きな不正事件とまではいかないものの、様々な小ズルい者たちにどうアプローチし、いかにイーブンな関係にするのか?恋に奥手な経理女子と彼女が見つけるワケありの人間模様をコミカルに描く、新時代ならではのオフィスドラマ! 「これは経費で落ちません! 」出演者・キャスト• 森若沙名子 - 多部未華子• 佐々木真夕 - 伊藤沙莉• 田倉勇太郎 - 平山浩行• 新発田英輝 - 吹越満• 麻吹美華 - 江口のりこ• 山田太陽 - 重岡大毅• 山崎柊一 - 桐山漣• 中島希梨香 - 松井愛莉• 吉村晃広 - 角田晃広• 鎌本義和 - 髙橋洋• 高岡奈央子 - 渥美友里恵• 下村純子 - 大川原咲• 馬垣和雄 - 岡崎体育• 新島宗一郎 - モロ師岡• 横山窓花 - 伊藤麻実子• 石川有希 - 秋里由佳• 吉田緑 - 井上あすか• 上野圭子 - 西山なずな• 平松由香利 - 平岩紙• 皆瀬織子 - 片瀬那奈• 室田千晶 - 真魚• 野瀬泰 - 阿部翔平• 鏡美月(研究開発室) - 韓英恵• 熊井良人(製造部〈静岡工場〉) - 山中崇• 有本マリナ(秘書課) - ベッキー 「これは経費で落ちません! 」の主題歌・挿入歌 「これは経費で落ちません! 」の原作 「これは経費で落ちません! 」の再放送情報 現在のところ、再放送の予定はありません。 「これは経費で落ちません! 」の公式情報.

次の

「これは経費で落ちません!」見逃し動画無料フル視聴~ドラマ配信はコチラ

これ で 経費 は 落ち ませ ん 動画

215• 173• 561• 561• 107• 100• 114• 105• 202• 162•

次の

〔放送中のドラマ〕『これは経費で落ちません』 無料動画配信はNetflix?Hulu?

これ で 経費 は 落ち ませ ん 動画

石鹸 せっけん メーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子・森若沙名子は、貸借対照表のごとく、「何事にもイーブンに生きる」をモットーに、回ってくる領収書や請求書をチェックする。 それぞれの伝票には、金額や最低限の事由しか書かれていない。 本当は「余計なものは追いたくない」、だけど「公私混同は見過ごせない」森若沙名子が、ヒラの経理女子として、大きな不正事件とまではいかないものの、様々な小ズルい者たちにどうアプローチし、いかにイーブンな関係にするのか?恋に奥手な経理女子と彼女が見つけるワケありの人間模様をコミカルに描く、新時代ならではのオフィスドラマ! 主演は人気、実力とも兼ね備えた多部未華子。 奥手なヒロインにアタックする相手役は、ジャニーズWESTの重岡大毅。 そのほか、経理部の後輩役に伊藤沙莉、先輩に平山浩行、部長役に吹越満など、個性あふれるキャストがドラマを彩ります!! 【第1話・ネタバレ解説】天天という会社で働いている経理部の森若さんが主人公のお話。 彼女は計算に強く、細かいこともきちんとしないと気が済まない主義である。 会社の経費で提出される領収書や請求書をくまなくチェックし、少しでも変だと思えば本当に経費なのかそれともそうでないのか真実を追求せずにはいられない。 会社の営業部とは常にバトルを繰り広げている。 仕事ができると評判の営業部の男性が経費として遊園地やたこ焼き代と書かれた領収書を経理部に提出する。 本当に経費なのかそれともプライベートのデート費を会社に請求しているのか疑問に思う。 そこで真相をしるために現場を調査することになる。 仕事相手の女性は有名人で、彼女とその娘といるところを雑誌にとられ、不倫という報道がされる。 会社は彼を森若さんを呼び出し、森若さんは経費で落ちると答える。 (女性40代) 【第2話・ネタバレ解説】広報部の織子はのお金の使い方が最近荒いことに気が付く。 そこで経理部はcm撮影現場に侵入。 そこで不必要なカメラを織子が経費で購入したことが分かった。 その後、女子会で織子の夫が近所のレンタルビデオ店でアルバイトする売れない監督だと分かる。 森若は気になりだし、織子の夫の撮影現場に行くと、織子によって会社の経費で購入した、さまざまの機材使われていた。 このことを上司に報告するが、不正の証拠がないで終わってしまった。 社員募集のインタビューで森若は「会社のために自分のお金を使うことも、自分のために会社ののお金を使うこともいけない」。 「広報部は誰でもできる訳ではない。 仕事のために必要な経費もあるのは承知だから無駄なく会社のお金を使ってほしい」と力強く伝えた。 会社帰宅時に森若は山田と会い、山田とついに食事に行くことになった。 (女性30代) 【第3話・ネタバレ解説】太陽の食事の誘いを渋々OKした森若だか、森若が希望したのは何と居酒屋。 太陽が行こうと言ったフレンチとは真逆のガヤガヤしたところでゆっくり話ができる雰囲気ではなかったが、太陽はなんとか話をしようと試みる。 しかし森若は事務的な返ししかせず、話はまったく盛り上がらないのだった。 おまけに店には2人が働いている会社の人たちがやってきて「2人は付き合っていたのか?」と言われてしまい、太陽はますます話しづらくなる。 一方森若はやってきた女子社員の愚痴を聞いていて、まったく太陽の言ってることが耳に入らないのだった。 話題は会社に問題のある社員が異動してきてどうしたらいいかということ。 成り行きで会社の人たちをみんな居酒屋へ呼んで、森若は解決策が見つかる前に先に帰ってしまうのだった。 (女性30代) 【第4話・ネタバレ解説】総務部の平松が、新規の会社のコ-ヒ-サ-バ-の倫理書を、森若に提出する。 総務部の女性横山たちはコ-ヒ-サ-バ-に反対であった。 偶然、平松の電話で、借金や三並の名前を聞く。 平松がコ-ヒ-サ-バ-の取引会社と背任行為となり、森若は経理部の人たちに相談する。 平松は働くための生き方セミナ-に森若を誘う。 このセミナ-の講師は三並と名乗り、森若は母が検査でひっかかっていたこともあり、洗脳されていくようだった。 第二部のセミナ-は個人カウンセリングとなり、三並に会員を進められ費用は500,00円は自分のための投資だと言われる。 森若は費用の内訳の明細を求め、しっかりとした口調で断った。 三並の会社の売り上げ高に違和感を感じ、決算書の相違を問い詰めた。 会社のコ-ヒ-サ-バ-は取入れは、三並以外の会社となる。 (女性50代) 【第5話・ネタバレ解説】経理部の田倉勇太郎と、静岡工場へ単身赴任している熊井は、高校時代のラグビー部で一緒だった。 田倉は普段プライベートをあまり明かさないため、中島希梨香は興奮気味に反応する。 森若は、熊井の経費申請の仕方に不信感を抱く。 熊井の申請について遡って調べると、ずっと田倉が受け付けて担当していた。 森若は、自転車操業状態になっていることに目をつける。 田倉に、熊井への不審点をダイレクトに伝える森若だった。 田倉は、高校時代に言葉を掛けてくれた熊井に救われた、と話す。 経費の不審点も、見て見ぬ振りしたようなのだ。 森若は、直球で田倉へと、事実を突き付けたのだ。 結果、熊井は自主退職して、去っていくことになった。 森若は、自分が正しいことををしたにも関わらず、後悔するような気持ちにもなり、一人公園で泣いてしまう。 (女性40代) 【第6話・ネタバレ解説】欠員募集をしていた経理部に強烈なインパクトを放つ麻吹美華がやってくる。 自己紹介の時点でかなり強烈なキャラクターだった麻吹だったが、帰国子女で一見有能そうである。 帰国子女らしく英語を会話に交えて連発する麻吹だったが、どういうわけかこれまで職を転々としていた。 新人ということで森若が面倒を見ることになるが、麻吹の強烈さにさすがの森若も押され気味だった。 しかもちょっとしたミスも許さない完璧主義者で、「これは経費で落ちません!」を決め台詞に融通の利かないようなキャラクターだった森若を軽く超えた人物だった。 経理部の社員たちは麻吹に困り果て、ストレスも溜めていてひそかに彼女のことを「タイガー」と呼ぶのだった。 (女性30代) 【第7話・ネタバレ解説】仙台工場の留田が授賞式に来ることになり、20年連続受賞で伝説の石鹸マイスタ-と呼ばれている。 経理部に留田と藤見が現れ、領収書を渡し経費を申請に来る。 仙台工場の工場長が経理部に来て、一緒に来た藤見は3か月前に社員になったことがわかる。 桃石鹸の品質が落ちていることに疑惑を持つ経理部、森若が工場長の後を着けることになり、工場長が桃石鹸の品質検査をしていることを知る。 3か月前から廃棄が増えてたのは、藤見が来てからであったことがわかる。 石鹸は完成まで3か月かかり、半年前から3か月前の間に作られていたことで、森若は気になりだす。 森若は留田が病院に行っていることを突き止め、留田は石鹸の声が聞こえなくなったと、森若に事情を話し出す。 老化であることを認識した留田は、後継者を見つけ出し藤見に全てを教えていた。 (女性50代) 【第8話・ネタバレ解説】彼氏の山田太陽と可愛い女性・樹菜が抱き合っているのを見た森若はモヤモヤしながらも、自分は太陽にしてもらってばっかりで何もお返しできていないから、怒る権利などないと自分の心を押さえ込んでいた。 そんな中、専務取締役として円城格馬が経理部にやってくる。 彼は社長の息子なのだ!緊張感が増す経理部の従業員たちの前にたち、挨拶を交わすや否やノベルティーバッグを見て、「これにかかる費用や会社に対しての貢献効果を指し示す資料を出して欲しい」と言うのだ!驚く経理部だったが、ただ一人田倉だけは格馬の意に応じ、資料を作るというのだった。 一方でキャンペーンガールとして応募しに、樹菜が会社にやって来た!山田太陽の元を訪れて、審査場所まで案内をして欲しいと言うのだ。 (女性40代) 【第9話・ネタバレ解説】森若は太陽と花火を見に行くが、スマホが水浸し、雨が降る、太陽と一緒に思わず朝まで寝てしまうアクシデントが起き、風邪で熱を出し休むと太陽が弟のふりをして電話をする。 会社では上半期の売り上げデータ-の情報漏洩があり、昨日の夜、森若のパスワ-ドで開かれたことがわかり、会社では森若が犯人の噂が広がる。 専務はこれを機に、経理部にアウトソーシングを進めようと考え、田倉と太陽は香港の企業に出向命令が告げられる。 真有らは、システムの経由は社長室の有本であると掴むが、その日の夜は有本にアリバイがあったが、毎週水曜日に、有本が早退していることに気づき、部長たちと有本の空接待の証拠を掴もうとする。 企業誘致の人たちの接待とわかるが、真有は会社の買収の話だと気づいてしまう。 (女性50代).

次の