山里 亮太 結婚。 山里亮太 町山智浩に結婚を報告する

山里亮太 町山智浩に結婚を報告する

山里 亮太 結婚

南海キャンディーズの山里亮太が、5日に放送されたTBSラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』 毎週水曜25:00~27:00 で、女優の蒼井優との結婚をリスナーに生報告した。 その放送回が、radikoで驚異のシェア率を獲得した。 山里亮太 -TBSラジオ提供 番組冒頭、「私、山里亮太42歳、女優の蒼井優さんと結婚しました! 」との第一声で番組がスタート。 中盤では、山里と蒼井のキューピットでもある南海キャンディーズのしずちゃんが泥酔状態で登場して話題に。 さらには歌手のaikoも出演し、結婚を祝福した。 そして番組エンディングでは、番組リスナーから届いたメッセージを紹介し、山里が思わず号泣した。 5日の放送は、radikoでの関東1都6県・19局中のユニークユーザー数において、番組平均で73. また、Twitterでも番組のハッシュタグがトレンド1位を獲得し、さらには同時間帯に山里や番組に関連するワードが複数トレンド入りした。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

“頭脳派芸人”山里亮太、結婚会見に号泣する女性ファンを獲得し、今後はCM仕事も激増か

山里 亮太 結婚

お笑いコンビ・の(42)と女優・(33)が5日、都内のホテルで結婚会見を行った。 緊張した面持ちを浮かべながらも、夫婦漫才さながらのかけあいで会場を沸かせた。 結婚を決めた理由について、蒼井が首をひねっていると、山里が「首ひねっちゃダメよ」とにっこり。 蒼井が改めて「一緒にいてしんどいくらい笑わせてくれる。 あと、人に対しての感動することと許せないこととのラインが一緒。 あと、金銭感覚が似ていることと、あと冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める」と説明すると、山里が再び「今の出し方で冷蔵庫だったら、もう出きった感じだよ」と嘆き。 蒼井が「あと、やさしいです」と続けると、山里は「ざっくりです」と笑わせた。 関係者によると、交際期間は2ヶ月で、3日に都内の区役所に婚姻届を提出。 きょう5日には、双方の所属事務所を通じて結婚を発表し、山里が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーは、「お笑いコンビ 南海キャンディーズの山里亮太と女優 蒼井優さんが、入籍致しましたので、みなさまにご報告させていただきます。 尚、蒼井優さんは、現在、妊娠されておりません」との文面をつづっていた。 結婚前提の交際だったそうだが、蒼井が「(交際を申し込まれた)その日中にそういうことを考えていますと言っていただいたんですけど、私なんて答えたっけ」とポカンとした表情。 山里が「あのーまさかだけど、オレじゃなかった」と笑いながら呼びかけると、蒼井は「こんなに多くの方に囲まれて取材初めてで頭が真っ白なので…」と反省しきり。 山里は「付き合った時に『正直、結婚を念頭に置いています』と伝えたら『私も』と言ってくれました。 4月の頭の頃ですね」とやさしくフォローした。 結婚指輪について、蒼井が「お断りしました」と話すと、会場がざわつき、山里がすかさず「指輪をですよ」とすぐさま訂正。 お互いの呼び名について、山里が「私はもう、生意気にも『優』と呼んでおります」と話すと、会見場から「えー」の声が。 一方の蒼井が「『亮太』と呼んでいます」と明かし、会場から「わー」と歓声が上がると、山里は「なんですか、この差は」と鋭くツッコミを入れた。 その後も、蒼井が緊張で言葉を紡げずにいると、山里がさりげなくささやき。 「久しぶりの船場吉兆が出ちゃいましたね」とキレキレのワードを放っていた。 会見の司会は、山里の後輩芸人であるGAGの宮戸洋行が担当。

次の

結婚一個月!蒼井優爆與諧星老公分居

山里 亮太 結婚

2019年6月5日、都内ホテルにて結婚報告の記者会見を開いた山里亮太と蒼井優。 山里の相方の山崎静代も駆けつけた。 (写真:つのだよしお/アフロ) 「フェイクニュースだろ?」と、こんなにも誰もが疑ったニュースは昨今なかなかなかったのではないだろうか。 6月5日、お笑い芸人の山ちゃんこと 山里亮太(南海キャンディーズ)と女優の 蒼井優の結婚報道が日本全土を駆け巡り、誰もがそのニュースをすんなりとは飲み込めず、「大がかりなドッキリ企画?」と疑ってしまう事態に。 それもそのはず。 「テレビとラジオで16本ものレギュラーを抱え、ゲストに呼ばれても必ず結果を出すことで知られている山ちゃん。 今もバラエティのキャスティング会議では必ず名前が挙がるひとりですが、まず現時点で高収入であることは間違いない。 それに加えて身長は178cmと高身長で、学歴も関西大学法学部出身と関西圏ではなかなかのもの。 しかし、山ちゃんはそれでは芸人としては売れないと思い、それをひた隠しにしてきました。 ずっとビジネスブスを演じてきた自分が、トップ女優と幸せになる……。 山ちゃんはもともと本当に計算高いというか、緻密な計算と、それを実行に移すしたたかな行動力で芸能界を生き抜いてきた芸人。 すごいのは、現在の山ちゃんの活躍が、ほぼその年表の通りだっていうこと。 つまり、何者でもなかったデビュー当時から今の活躍が見えていたわけで……こんな末恐ろしい芸人はなかなかいないと思いますよ。 ただ、トップ女優と結婚するとは、さすがに計算外だったと思いますが(笑)」(前出の放送作家).

次の