ホメオパシー と は。 ホメオパシーについてです、真剣に悩んでいます…何か術は無いのでしょうか?僕に...

日本ホメオパシーセンター本部|自然療法ホメオパシーによる心と体の健康相談

ホメオパシー と は

システムの都合上、通常通りご注文ができてしまいますので、ご注意のほどよろしくお願いいたします。 海外発送ご希望のお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞご理解賜りますようお願い申し上げます。 ご希望のお客様は、必ず をご確認の上、ご注文ください。 レメディ商品一覧• 特注レメディ• キット内レメディ• 36基本キット• 36キッズキット• YOBOキット• バースキット• バイタルエレメントキット• その他砂糖玉レメディ• サポートシリーズ• TS(ティッシュソルト)• Kシリーズ• 液体レメディ• サポートチンクチャー• マザーチンクチャー• ジェモセラピー(GM)• フラワーエッセンス• ホメオパシージャパン社製• ベイリー社製• Bach(バッチ)• レメディ入り商品• クリーム・ジェル• レメディ関連商品• 季節から選ぶ• 利用シーンから選ぶ• ワンちゃんネコちゃん• レメディコムセレクト 自然派商品• 浄水器・活水器• ブランドから選ぶ• Bach バッチ フラワーレメディ• 常時在庫品は 12時迄の ご注文で 即日出荷 常時在庫品は即日、 特注レメディ・適用書レメディは 翌営業日に出荷いたします• 送料は全国一律 ネコポスなら¥220 宅配便700円、ネコポス220円で 全国へお届けします• ご注文おまとめで 送料無料! ご注文金額が 5,400円以上でネコポス無料 10,800円以上で配送料無料• 選べる5つの お支払方法 カードもOK! クレジットカード・代金引換 銀行振込・郵便振替 コンビニ決済を選択可能です• ホームページはもちろん、 お電話・FAX・メールでもご注文を承ります! メール・FAXは1営業日以内にご返信いたします。 お電話でのご注文・お問い合わせ 03-5831-8533 10:00〜17:00 土日祝休• FAXでのご注文・お問い合わせ 03-5831-8532• メールでのご注文・お問い合わせ.

次の

片桐航 東京 ホメオパス(日本ホメオパシーセンター杉並方南町)

ホメオパシー と は

ホメオパシー(同種療法)とは、「心身に症状を引き起こすことができるものは、同じようなの心身の症状を取り去るものとなる」という同種の法則をベースにした、ドイツが発祥国の自然療法です。 たとえば、日本では昔から、かぜを引いて喉が痛いときに、ショウガ湯を飲みます。 これは、ショウガ湯を飲むと喉がヒリヒリしますから、かぜを引いて喉がヒリヒリするときに飲むと、喉のヒリヒリを取り去ってくれるという、同種の法則に基づいているのです。 世界的に民間療法の多くは同種の法則に基づいていることが多いです。 「心身に症状を引き起こすことができるもの」の代表は毒です。 トリカブトに代表されるように、昔からよく効く薬の多くは同時に毒ともなるものですが、同種の法則を考えると当然とも言えます。 いくら同種療法とはいえ、ショウガ湯による喉のヒリヒリ程度ならいいですが、ヒ素をとって焼け爛れるような痛みが生じるようでは、大変なことです。 ドイツ人医師サミュエル・ハーネマンは、毒性の強いものでも毒性を完全になくし、治癒効果だけを残す希釈振盪法(きしゃくしんとうほう)を発見し、安全で効果的なホメオパシー療法を1796年に確立しました。 日本では、英国でホメオパス(ホメオパシー療法家)の資格を取得し、クリニックを開業し活動していたCHhom由井寅子学長によって、1996年から本格的に導入、一般人へのホメオパシーによるセルフケアの普及とプロのホメオパス養成に力を注ぎ、その両面から急速に普及し、現在に至っています。 由井学長は、ホメオパスとしての25年以上の経験に加え、ハーネマンの原典に基づく研究活動により、複雑化した現代人の難病を治癒に導くための ZENホメオパシー(体・心・魂を三位一体で治療する方法)を確立しました。 ZENホメオパシーは世界的にも高く評価されており、最先端のホメオパシーと言えます。 これが同種の法則です。 先ほど言った通り、日本では昔から、かぜをひいて喉が痛いときにショウガ湯を飲みます。 ショウガ湯を飲むと喉がひりひりと熱くなります。 この「ひりひり」とした「熱さ」が、喉の「熱っぽく」「ひりひり」した症状を取り去ってくれる。 これが、同種の法則です。 発熱時にさらに熱が上がるように布団をかけたり、卵酒を飲むのも同じです。 ドイツでは熱い風呂に入ったりします。 症状が長引くのは、自然治癒力がうまく働いていないからだと考えます。 熱なら熱の症状を増幅させることで、体が病気の状態であることを正しく認識し、自然治癒力のスイッチが入ることで、症状がスムーズに沈静化する作用があるとの理解です。 ねぎを喉に巻いたり、やけどのひりひりにムカデを漬けた酒を塗ったりするなど、「同種療法」そのものは、古来から経験的に知られ、利用されていたのです。 たとえばヒ素をそのままとったら死んでしまいます。 そこでヒ素を天文学的に薄めます。 原物質が1分子も存在しないレベルまで希釈します。 ただ希釈するだけでは効果もなくなってしまいます。 ハーネマンは、希釈するたびに振盪することで、効果がなくならないことを発見したのです。 故ジャック・ベンベニスト博士や、ノーベル生理医学賞受賞者のリュック・モンタニエ博士の研究から、原物質をアルコール水溶液で希釈した液を振盪することで物質情報がアルコール水溶液に保存されることが証明されています。 こうしてハーネマンは、希釈と振盪を組み合わせることで、物質の毒性を完全になくし、自然治癒力だけを引き出すレメディーと呼ばれるものの開発に成功したのです。 ちなみにヒ素のレメディーは、アーセニカムといい、ホメオパシーではよく使われるレメディの一つです。 焼け爛れるような痛みや、死の恐怖におびえている人に合い、それらの症状を取り去ってくれます。 『ZENホメオパシーは、ハーネマンの教えをベースに、複雑化した現代人の病気を治癒に結びつける体・心・魂の三位一体を治療するアプローチ 方法)です』By 由井 寅子 ホメオパシーによって潰瘍性大腸炎(指定難病)が治癒し、救われた私は、英国でホメオパシーを学び、ホメオパス(ホメオパシー療法家)として開業しました。 その後、日本にホメオパシーを普及するため帰国し、20年以上が経過しました。 ZENホメオパシーが誕生した背景には、今の日本人の状態があります。 英国と日本で、これまで多くのクライアントさんを診てきて私が感じた事は、日本人は英国人より治癒が難しく、簡単なケースや慢性病の初期症状であればホメオパシーだけでうまくいきますが、難病や進行した慢性病の患者さんが治癒しないケースが多い事を実感しました。 また、病気が治癒しても、数年後には再発して、症状が悪化して戻ってくるケースが少なからずありました。 この原因を探求したところ、日本人は英国人と比べ、多くの人々が信仰心を失っており、道徳に縛られ、感情を抑圧し、自己否定が強く、 医原病(医療が原因の病気)・食原病(食事が原因の病気)・環境病(環境からくる病気)からの毒物(薬・農薬・化学物質)に曝され、魂・心・体がボロボロになっている事がわかりました。 また、ホメオパシーで治癒できない原因はそれだけではなく、現在、世界中で行われているホメオパシーの多くは、ハーネマンの教えをベースにしていないことがわかりました。 そこで、ハーネマンが残した万葉ドイツ語で書かれた膨大な文献を翻訳する作業から始め、私の臨床を通して、ハーネマンが何を目的とし、何を言わんとしていたかが少しずつ分かってきました。 ホメオパシーだけでなく人を統合的に治す 「ハイルクンスト(真の治療家)」であれ! ホメオパシーの創始者ハーネマンは、病気はホメオパシーだけではなく、 生き方・考え方(間違った信念)・生活様式・食事などの多角的方面からのアプローチがあって初めて治ると考えていました。 ハーネマンは、『ホメオパシーだけで治療するホメオパスではなく、 人を統合的に治す「ハイルクンスト(真の治療家)」であれ!』と言っています。 重い心身の病気を治癒するには「信仰心」と「インナーチャイルド癒し」が必要 インナーチャイルドは、抑圧され未解決となっている感情(心の慢性病)のことです。 強い思いである感情(心の急性病)を抑圧すると、潜在意識に沈み、未解決な感情(心の慢性病)として、存在し続けることになります。 また、ハーネマンは「信仰心や哲学、自制心に欠け、心の苦しみと怒りのもとにいる患者にはホメオパシーが効かない」「思い込み(信念)によって自然治癒力が乱れて生じた極めて重い病気は、心に語りかける言葉のレメディーによって除去しなければ回復はできない」と伝えていると報告されています。 ここで言う「哲学」とは、ホメオパシー哲学、同種の法則、同種の原理です。 昔、体験した嫌な体験を抑圧したまま、今のあなたがいます。 そして抑圧した感情を触発する、同じような苦しい事件が繰り返されます。 運命は同種の法則に基づいており、あなたの中にインナーチャイルド(未解決な感情)があるという事を知らせるために同種の出来事が生じるのです。 また、「信仰心」とは、自分より偉大なものがいて、生かされている理を知り、謙虚に感謝をもって生きる心です。 人は、神さま(大自然)に生かされ、先祖・仏さまに生かされ、世の人々に生かされています。 ご神仏さま、ご先祖さま、世の人々、森羅万象に感謝できる心、それが信仰心であり、人が健康に生きる上でもっとも大切なものであります。 そもそも人間は体・心・魂の三位一体の存在であり、病気も、体・心・魂のそれぞれに存在します。 体の病気だからといって体だけを治療しても駄目です。 体が病気になったのは、心と魂の病気の結果であることが多いからです。 ZENホメオパシーとは、ハーネマンの教えをベースとし、体・心・魂を三位一体で治療するホメオパシーの三次元治療に、食の改善・インナーチャイルド癒し・信仰心の向上を取り入れ、統合的に体・心・魂を治療するアプローチです。

次の

黄砂のアレルギー:私のホメオパシー活用事例&体験談④

ホメオパシー と は

ホメオパシーについてです、真剣に悩んでいます…何か術は無いのでしょうか? 僕には、2歳の子供と22歳の妻がいました、 初めは結婚生活も順調で楽しく同棲していたのですが、子供を身ごもったあたりから、僕が知らない間に妻はホメオパシー療法と言うものに足を踏み入れてたらしく、 次第に 僕には良く解らない事を言いだしました 「ホメオパシーをやれば安産で子供が産める」 「ホメオパシーで陣痛をこさせる」と言っていました、その時は、妻の初めての出産と自分の仕事で忙しく、「なるほど、そんな出産方法もあるんだ」 と思った程度だったのですが、次第に僕にも進めて来るようになりました そのあたりまでは 精神的な薬みたいなもの?気を楽にしてくれる感じの療法?なのかと思っていました。 しかし、子供が6ヶ月になった頃、ほっぺたを虫に刺されてかなり化膿してしまい、「病院につれて行こうか」と僕が問いかけた時に、妻は異常なまでに嫌がり、ホメオパシーがあるから大丈夫!と 言い切りました、その一件から、家族の関係が徐々に悪くなって行き、妻の主張も強くなり「病院には行かせない」「予防接種はうけない」「軟膏塗ったてが嫌」「電子レンジは体に悪いから使わない」そう言った話題でケンカを多々するようになり。 帰っても妻、子供と接触がほとんどなくなり。 それらが理由で結局離婚するまで追い込まれてしまいました。 僕はホメオパシーの事はかなり調べました、レメディの事も。 ですがどうしても理解できません!妻はホメオパシーと電子レンジの事以外は素直で子供思いの良い妻でした、同棲し初めの頃は電子レンジも使っていました。 また家族3人で暮らせるように戻りたいです。 どうしたら妻のホメオパシーの考えを少しでも緩める事が出来るでしょうか?同じ悩みがある方、ホメオパシーの知識がある方、お知恵を貸してください! 長文ですみません。 貴方には少々大げさに思われるかもしれませんが、当方は貴方のお子様の命の心配をしております。 ホメオパシーはニセ科学に基づいた、カルト宗教的といっても過言ではない、ニセ医療だからです。 病院に行けば確実に治癒する傷病が、ホメオパシーを頼った影響で重篤化することが、現実に繰り返されています。 詳細についてはここでは書ききれないので、 こちらのサイトを参考にしていただきたいです。 家庭を取り戻すには、元奥様をホメオパシーの魔の手から取り戻すことが肝要ですが、生憎当方はカルト宗教に嵌った人間を取り戻す手段を心得ていないので・・・、申し訳ありません。 虐待の事実(ホメオパシーの強要は虐待も同然です!)を立証できれば、お子様は取り戻せるかもしれませんが・・・。 そのうえで質問したいのですが、上記のサイトでもコメントがあったのですが、元奥様のご両親様の協力は得られますでしょうか。 そこに一縷の望みはあると思います。 質問者様は既にホメオパシーのことをお調べになっているようですね。 奥様のことを理解しようとされているのはとても良いことだと思います。 しかし、近年でいうと日本にホメオパシーが本格的に入ってきてまだ約10年しか経っていないので、ネットの情報やホメオパシーの一つの団体の話だけでは不十分な点も否めません。 過激なホメオパシーの団体の主張に疑問を持った時には、他のホメオパシーの団体のお話を聞いてみたり、質問者様の状況を相談してみるのも良いと思います。 質問者様は、今は離婚されて大変な状況におかれていると思いますが、これを解決できたら、奥様ともっと分かり合える可能性もあると思います。 奥様もホメオパシーに興味があるとのことですので、やはりまずは共通の話題で歩み寄るのが良いのかなと思いました。 うまくいくように影ながら応援しています。 私も、以前は一つのホメオパシーの団体のセミナーを聞きに行っていましたが、そこでは疑問に思ったことについて質問してもろくに答えてくれなかったので、他のホメオパシー団体にお世話になるようになりました。 私がお世話になった団体のホームページを貼っておきます。 質問者様のお気持ちお察しします。 これは、悪質なホメオパシー団体が引き起こす典型的な事例です。 質問者様が「仕事が忙しくて奥様を放置したこと」や「お互いに歩み寄れなかったこと」が直接の原因ではないと想像します。 ホメオパシーの思想は健康被害や経済的被害を招くだけでなく、今回のケースのように家族や友人関係を崩壊させることがあります。 母親が子どもに予防接種や通常医療を受けさせなければ、父親をはじめ家族が心配したり、夫婦で衝突が起こっても当然だと思います。 予防接種や通常医療を受けることはごく当たり前のことです。 ホメオパシーが予防接種や通常医療を拒否する根拠にはなりません。 しかし、ホメオパシー団体の誤った考えを信じてしまった母親は周囲に反対されればされるほど、予防接種を拒否することがわが子への愛情だと思い込んでしまいます。 「私しかこの子を守ってやれないのだ」などと思い込んでいるのではないでしょうか。 気持ちは分かりますが、ホメオパシー団体のせいで手段が完全に間違っています。 予防接種や通常医療を拒否させるホメオパシー団体は『カルト団体』だと認識することが必要です。 カルトだとの指摘はこのブログにまとめられています。 それゆえ、質問者様の努力や夫婦間だけの話し合いで解決できるような問題ではなく、カルト団体から家族を取り戻す覚悟が必要です。 しかし脱会させることは非常に困難だと思われます。 仮に奥様をホメオパシーのマインドコントロールから取り戻せても無傷では生還できないでしょう。 奥様にとってホメオパシーは単なる療法でなく、人生や生き方そのものとして受け入れているのですから、ホメオパシー団体から解放されるときには自己否定を伴う壮絶な心の作業が必要になるのではないでしょうか。 もうすでに離婚されているとのことですので、どのような解決方法をお望みなのかは分かりませんが、今もお子様が予防接種や通常医療を受けられい状態であるならば、お子様を守るために親権を取り戻すための法的手段を検討されてはいかがでしょうか? ホメオパシーが悪い のでもなく、あなたが悪い のでもなく お互いに歩み寄れなかった夫婦関係に原因があるのではないでしょうか。。。 例え、アヤシイ療法だとしても、お互いがお互いを理解しようとする気持ち、歩み寄ろうとする気持ち、があれば、ここまで深刻な問題にはならなかったのではないでしょうか ホメオパシーを全否定されるかたもいらっしゃいますが、イギリスでは国立?王立?の病院があるようですし、フランス人の友人も、こどものころから普通に使ってたと言っていました。 日本でいう漢方のようなものみたいですよ。 かなり調べた とのことですが、ホメオパシーにしても、予防接種にしても、調べれば調べるほど、矛盾した部分がでてきますよね。 私は、ホメオパシーも、現代医学も、漢方でも、食養生でも、どれもリスクがあると思いますし、どれもいいものだと思います 元奥様は、ホメオパシーを理解してくれなかったあなたが許せなくて離婚されたのではなく 奥様に寄り添ってくれないあなたに疲れて離婚を決意されたのかも。。。 今回、ホメオパシーの件はなんとかできたとしても、また、気持ちのすれ違いは起きるように思います。。 この問題はホメオパシーに原因があるのではなく、あなたの生き方に責任があります。 ここではホメオパシーは科学ではなく、新興宗教となっています。 妻は誰にもすがることができないから、新興宗教にすがりついているのです。 そしてそうなった理由は、妻の孤独感を放置したあなたにあります。 > 自分の仕事で忙しく これが理由のすべてです。 あなたが奥さんを放置したから、奥さんは誰にも頼れない状況で救いの手を失い、新興宗教にすがりついたのです。 あなたがいつも妻のことを気にかけて、優しくしていたら、そうはならなかったでしょう。 仕事が忙しいというのが理由なら、仕事と結婚しなさい。 奥さんが大切ならば、何よりも奥さんを大切にしなさい。 それが奥さんに伝わったとき、奥さんはあなたにすがりつきます。 逆に、ホメオパシーを攻撃すれば攻撃するほど、奥さんは自分を攻撃されたと感じて、心を閉ざすでしょう。

次の