スーパーバイク。 【スーパーソコ】電動バイク5モデルの取り扱い開始! 現在予約受付中

スーパーバイク選手権(SBK)とは ~MotoGPとの違い~

スーパーバイク

ランキングは毎週金曜日に更新されます。 年式や仕様等が異なる車両の評価となる場合がございますので、ご注意ください。 エンジンの出力特性を3つのパターンから選択できるSUZUKI Drive Mode Selector S-DMS を装備。 コンセプトを具現化するために、マフラーのみならずエンジン内部の部品を 見直すことにより軽量化と中低速のパワー特性アップを獲得。 ライダーとマシンがインタラクティブな関係を維持することがエキサイトメントに繋がる。 レースにおける戦闘力を、意のままにコントロールするための扱いやすさに変換したマシンがYZF-R1である。 また、オーリンズ社とカワサキが共同開発した電子制御ステアリングダンパーを新たに搭載しています。 エンジンはコーナリングでの理想的な扱いやすさを実現するため、コーナー進入時から立ち上がりでの全開までの過度特性に細心の注意を払い開発。 0標準装備。 さらに、吸気と排気機構の配置を最適化させ、1. 3kg軽量化された新しい排気機構を装備することで、コントロール性の向上と、高い発進加速性を実現しました。 世界500台限定生産の証として、トリプルクランプ上部にシリアルナンバープレートを装着しました。 プレートにはNinja ZX-10RRのロゴとシリアルナンバーが刻まれ、高級感を高めています。

次の

「SS(スーパースポーツ)バイクの魅力」人気のおすすめ5選

スーパーバイク

1.over1000cc 排気量別で並べた時に、最も大型のクラスは1000cc超えのものになる。 このクラスのスポーツタイプは純粋なスーパースポーツというよりも、長距離のツーリングに対応させているスポーツツアラーという位置づけのものが多い。 1-1.HONDA 1-1-1.Gold Wing 価格:273万2400円 ホンダを代表するメガツアラー。 2018年に17年ぶりとなるフルモデルチェンジを受け、話題となっているモデルである。 排気量は1833cc、車両重量も365kgというスペックで、二輪というより軽自動車ではないかというサイズ感である。 よりツアラー向けにアレンジされているGold Wing Tourというモデルもある。 1-1-2.CTX1300 価格:189万円 縦置きのV4エンジンが特徴的なツアラー。 Bluetoothオーディオシステムやパニアケースなど、ツーリング向けの装備が充実しているモデルである。 以外にスクリーンが短いのが特徴的である。 1-1-3.VFR1200F 価格:162万円 VFRシリーズのフラッグシップモデルでフルカウル仕様である。 2012年のモデルチェンジでトラクションコントロールが採用されている。 現在は生産が終了されているので、在庫車両、中古車両のみの販売である。 1-2.KAWASAKI 1-2-1.Ninja ZX-14R High Grade 価格:186万8400円 メガスポーツの定番ともいえる人気モデルのひとつがZX-14R。 スタンダードなZX-14RとHigh Grade仕様のものがある。 最大の違いはフロントブレーキとリアサスペンション。 よりコントロール性に優れるタイプのものが使用されている。 1-3.SUZUKI 1-3-1.隼 価格:160万9200円 言わずと知れたスズキの定番メガスポーツ。 時速300kmという壁を超えた二輪としてギネスブックにも乗った車両である。 現行の2代目が発売されたのは2008年(日本国内では2014年)なので、近年は毎年フルモデルチェンジの噂が出るが2018年にも発売されなかった。 スズキの社長は次期隼に関して開発しているとのコメントを数年前に発表しているので、来年こそは3代目が出ないかと待ち望まれている人気モデルである。 1-3-2.BANDIT1250F ABS 価格:115万5600円 ビッグスポーツとして国内外で根強い人気となっているバンディット1250。 Fモデルはフルカウル装備のツアラー向けスポーツ。 ハーフカウルのSタイプもある。 1-4.YAMAHA 1-4-1.FJR1300 AS 価格:183万6000円 ヤマハのツポーツツアラー最高峰モデル。 また、LEDコーナリングランプも採用されている点が特徴的。 1-5.BMW 1-5-1.BMW R1200RS 価格:197万5000円 BMWが出しているスポーツツアラーモデル。 ハーフカイルだがデザインはスポーツチック。 それでいてスタイリングは無理がなく長距離のツーリングでも楽しめる。 オプションでパニアケースも装着できる。 4PSというスペックのモンスターバイク。 レーシングモデルであり、2気筒エンジンの最高峰ともいえるモデルである。 レッドホイールとチタン製エキゾーストがトレードマークである。 1299パニガーレをブラッシュアップし、性能や操作性がさらに高まったモデルとしている。 レース界のノウハウが惜しみなくロードモデルとして落とし込まれている。 上位モデルであるPANIGALE V4 S、サーキット向けスペシャルモデルのPANIGALE V4 SPECIALもラインナップにある。 アプリリアらしいV型の4気筒エンジンが採用されている。 カラー液晶パネルが採用されており、電子制御系統も充実している。 ハーフカウルでネイキッドに近いデザインであるが、サーキットでのパフォーマンスも犠牲にしてはいない。 2.1000cc 1000ccは大型スーパースポーツとして最もメジャーでモデル数も多いクラス。 フラッグシップモデルも多いため人気の高いクラスである。 2017年にフルモデルチェンジを迎え、200kgを切っているというクラス最軽量の車両重量と最先端の電子制御技術を導入したモデル。 SPのほうはスタンダードモデルをベースに一人乗り仕様化。 チタン製燃料タンクなどの部品でさらに軽量化が図られている。 日本では35台限定で生産されたSP2というモデルも存在している。 2-1-2.VFR800F 価格:138万2400円 800ccクラスの伝統モデルが、2017年にマイナーチェンジ。 マフラーなどがコンパクトとなっており、フレームカラーも変わっている。 2-2.KAWASAKI 2-2-1.Ninja 1000 価格:127万4400円 2017年にデザインがよりシャープなラインにチェンジした。 純粋なスーパースポーツとしてのNinjaとしてはトップモデルともいえる1000ccのNinjaである。 2-2-2.Ninja ZX-10R 価格:220万8600円 バランスフリーフロントフォークを採用して運動性能を大きく向上させたスーパースポーツ。 見た目に似合わずNinja1000より軽量である。 ZX-10Rには電子制御サスペンションが採用されたSEモデルが存在している。 国内モデルはないため基本的には逆輸入車となる。 また、レース専用仕様のNinja ZX-10RRも存在する。 2-2-3.Ninja H2 価格:302万4000円 特筆した個性を放つカワサキのスーパーモデル。 二輪として初めてスーパーチャージャーが装着されたモデルで、純粋に加速性能のみを追求したバイクともいえる。 扱うのはかなり困難という噂だが、他のモデルにはない走りを実現している。 アッパーカウル部分にカーボンが使用された限定モデルNinja H2 Carbonやサーキット専用モデルのNinja H2Rもある。 H2Rはなんと最大310PSというスペック。 価格は594万円である。 2-2-4.Ninja H2 SX SE 価格:237万6000円 2018年に新たにデビューしたスポーツツアラーモデル。 Ninja H2をベースにしつつもスーパーチャージャーの特性をより扱いやすく新設計。 燃費性能も大幅に改善している。 シンプルなH2 SXと上位グレードのH2 SX SEがあるが、SEにはLEDコーナリングライト、ハイスクリーン、グリップヒーター、フルカラー液晶メーターなどが装備されている。 オプションで専用のワンタッチパニアケースを付けることもでき、長距離クルージングも可能となっている。 2-3.SUZUKI 2-3-1.GSX-R1000R ABS 価格:204万1200円 2017年に国内仕様として導入されたスズキのフラッグシップモデル。 エンジンは新設計されショートストロークの水冷直4エンジン。 高圧縮化でさらにパワーを引き出し、扱いやすさも両立している優良モデルである。 なお、シリーズベーシックモデルのGSX-R1000というのが原型となっている。 2-3-2.GSX-S 1000F ABS 価格:118万5840円 GSX-R1000のエンジンをストリート向けにチューニングし、シャープなスロットルレスポンスを実現したモデル。 スポーティーな走りを感じられるモデルとなっている。 2-4.YAMAHA 2-4-1.YZF-R1 価格:226万8000円 ヤマハののスーパースポーツフラッグシップモデル。 MotoGPマシンのYZR-M1で使用されているのと同様のCP4というエンジンが使用されている。 市販の二輪車で世界初となる6軸制御センサーIMUを搭載し電子制御により快適にコントロール制を実現している。 サーキットモデルのYZF-R1Mも存在する。 2-5.BMW 2-5-1.BMW HP4 RACE 価格:1000万円 BMWがこだわり抜いてつくったレース専用車両。 世界初のフルカーボンフレームとフルカーボンホイールを搭載するモデルで、車両重量はなんと146kgしかない。 1000ccながらも重量的にはまるで125ccかのようなスペックである。 世界で750台限定の完全受注生産となっており、金額も一般ユーザーには現実的ではない値である。 2-5-2.BMW S1000RR 価格:227万2000円 典型的なスーパーバイクという風格のS1000RR。 レースでも一般公道でも使用できるように設計されている。 左右非対称のヘッドライトが特徴的である。 ミッションインポッシブル ローグネイションで使用されているバイクはこのモデルがベース。 排気量は955ccだが、2気筒エンジンを採用しているモデルである。 サーキットでも一般道路でも快適なパフォーマンスを発揮する。 サスペンションやバッテリーが強化された959 PANIGALE CORSEもある。 エンジンはドゥカティらしさを放つ937ccの2気筒エンジンを採用。 やはりサスペンション周りや機能が強化されたSUPERSPORT Sタイプもある。 栄光のレース経験から生まれた技術を量産車両へと落とし込んだハイエンドモデルである。 65度V型4気筒エンジンを搭載している点が一番の特徴。 電装回りもクルーズコントロールやフルカラー液晶ディスプレイなど先端技術が織り込まれている。 3.750cc 400cc超え750ccまでのクラス。 リッターバイクは取り回しや扱いが難しいので、出力は欲しいが扱いやすさも妥協したくないというライダーに向いているサイズとなっている。 3-1.HONDA 3-1-1.CBR650F 価格:103万1400円 2017年に吸排気系をリデザインして最高出力と最大トルクが向上したミドルクラススポーツ。 4000回転以下でも十分走行できる柔軟性を兼ね備えたスポーツである。 3-1-2.CBR600RR 価格:112万9680円 すでに生産は終了しているが、ミドルクラスのCBR代表として人気を集めていたモデル。 国内仕様では最大出力が絞られていた。 3-2.KAWASAKI 3-2-1.Ninja650 価格:80万7840円 2017年にフルモデルチェンジを迎えたミドルクラスのNinja。 Ninja1000もそうだったがデザインがシャープになっている。 エンジンは水冷並列2気筒でパワフルなトルクを引き出せるモデル。 エキパイが短く、マフラーがアンダー部分に収まる形になっている。 3-2-2.Ninja ZX-6R 価格:92万4480円 ZX-6RはZX-10Rと違いレース専用モデルとなっている。 国内のST600クラスに出場するライダー向けの受注生産ベースモデルとなっている。 3-3.SUZUKI 3-3-1.GSX-R750 価格:154万4400円 GSXの750クラスモデル。 車体のベースは600クラスで軽量なもの。 750ccのエンジンを組み合わせることでパワフルな特性を引き出せるようになっている。 3-4.YAMAHA 3-4-1.YZF-R6 価格:156万6000円 2017年に9年ぶりのフルモデルチェンジを迎えた600ccのYZF-R。 デザインも現行のYZF-R1に似せて作られている。 タンクはアルミ製で軽量化が図られ、電子制御が満載のモデルとなっている。 4.400cc 400ccクラスは普通二輪免許で乗れる最大サイズ。 自動車教習所のバイクも通常このクラスを使用しており、基本ともいえるSpecとなっている。 一部マニアックなモデルでは300cc代のバイクも存在している。 4-1.HONDA 4-1-1.CBR400R 価格:69万9840円 ホンダを代表するスーパースポーツCBRの400ccクラス。 399ccの並列2気筒エンジンにフルカウルを装着したモデルである。 デザインはフラッグシップであるCBR1000RRを継承し、鋭くシャープなもの。 カウル前方にいくつかあるダクトで導風経路をつくることで、操作性と快適性を向上させている。 4-2.KAWASAKI 4-2-1.Ninja400 価格:69万9840円 2018年にフルモデルチェンジされたNinja400。 注目すべき変化点は車両重量。 以前のモデルは211kgだったのに対して、2018モデルは167kgと大幅に軽量化されている。 400ccクラスとしては驚異的な軽さである。 Ninja400はスーパースポーツチックなデザインながらも、街乗りや低速でも非常に扱いやすく、普段使いも良く考えられたモデルである。 4-3.YAMAHA 4-3-1.YZF-R3 ABS 価格:64万2600円 ヤマハの中型は少し趣向が異なり320ccのモデルとなる。 このモデルは250ccクラスとして人気のYZF-R25をベースに水冷並列2気筒エンジンの排気量を320ccまでアップさせたものという位置づけである。 排気量の拡大で、6PSプラスとなっており、250ccでは物足りないというユーザーに向けたモデルである。 5.250cc 250ccは軽二輪に分類されるクラス。 車検の必要がないため、車両を積極的にカスタマイズしたいというライダーから根強い人気を集めている。 5-1.HONDA 5-1-1.CBR250RR 価格:75万6000円 2017年にデビューしたクラス最強モデル。 ホンダが最先端技術を惜しみなく投入した250ccクラスではかなりハイスペックなモデルである。 エンジン性能もクラストップの38PSを出力し、走行シーンに合わせてパワー特性を変えられる3種類のライディングモードを搭載、タイヤにはラジアルタイヤを使用という異例の作品。 ただし、その分価格は高く、CBR400Rよりも高額になっている。 ちなみに、250ccクラスのオンロードレースで上位を占めるのはほぼこのモデル。 サーキット走行をする場合にはおすすめである。 5-1-2.CBR250R 価格:49万8960円 2014年にモデルチェンジしており、エンジンは高回転でよりリニアな特性になっている。 特徴的なのは単気筒エンジンが採用されている点で、現在は生産終了となっているが根強い人気がある。 5-2.KAWASAKI 5-2-1.Ninja250 価格:62万9640円 2018年にフルモデルチェンジした新型のNinja250. 見た目のデザインはNinja400とほぼ同一である。 400cc同様こちらも軽量化が図られている。 エンジン特性も旧型からかなり変わっており、より高回転向け、スーパースポーツチックな特性となっている。 街乗りからサーキット走行まで幅広くこなすことができ、初心者でも安心の扱いやすさがある。 5-2-2.Ninja250SL 価格:45万9000円 Ninja250のライトウェイトシリーズ。 シリーズ中で最もスリムなデザインとなっている。 エンジンはKLX250ベースの水冷単気筒タイプ。 街乗りからスポーツライディングまで対応でき、より気軽に乗れるモデルともいえる。 5-3.SUZUKI 5-3-1.GSX250R 価格:52万7040円 「アーバンストリート」というコンセプトでカッコよさにとことんこだわったGSX250R。 誰もが一目見て「乗ってみたい」と思えるフォルムを目指している。 走りの面では日々のシーンで楽しめるように、実用域での楽しさと走りやすさを追求したものとなっている。 5-3-2.GSR250F 価格:51万4080円 ツーリングに最適な快適性と扱いやすさ、コストパフォーマンスで人気のGSR250をベースにフルカウル仕様にしたモデルがGSR250F。 高速走行時でも防風性能の高いフルカウルをプラスすることでよりツアラー的な性能を出している。 生産はすでに終了し、在庫のみの取り扱いとなる。 5-4.YAMAHA 5-4-1.YZF-R25 価格:56万7000円 YZF-Rシリーズの250ccとして2014年末にデビューしたモデル。 デザインはYZF-R1を継承するスタイリッシュでレーシーなもの。 「毎日使えるスーパーバイク」というのをコンセプトとし、扱いやすい優等生といった走りを実現している。 6.125cc 125ccでスーパースポーツは決して多くなく、メジャーでもない。 ビギナーでも楽しめるスーパースポーツ入門者向けという意味合いの強いクラスである。 6-1.SUZUKI 6-1-1.GSX-R125 ABS 価格:38万6640円 30年を超えるGSX-Rシリーズの125ccモデル。 フルカウル仕様のボディは空気抵抗を低減。 見た目でわかるようにホイールは非常に細い10本の支柱で構成されるアルミホイール。 かなり軽量化がされている。 扱いやすく価格も安いため入門者や若者にも向いているモデル。 6-2.YAMAHA 6-2-1.YZF-R125 価格:? ヨーロッパ向けに販売されているYZF-Rの125ccモデル。 エンジンは専用設計の水冷単気筒タイプ。 小柄ながらも、スーパースポーツらしいレーシーなスタイリングとなっている。 日本には未導入のモデルとなっている。 単気筒エンジン搭載の小型モデルだが、アルミ製フレーム、倒立フロントフォークなどを採用しクラスを超えたスペックとなっている。 側面から見るとタンク下部分が空いているのが特徴的なデザインである。 また、50ccクラスのRS4 50もある。 7.まとめ 国内メーカーを中心にスポーツタイプのバイクをまとめたが、一部のモデルはすでに生産終了となっているため、欲しい場合は中古市場がメインとなる。 それぞれメーカーごとに特色や傾向があるため、実際に購入するという場合は可能な限り試乗してみたほうが良い。 例えばホンダのCBR-Rシリーズはまたがってみるとかなりレーシーなスタイリングとなっており、長時間のツーリングは厳しそうな前傾姿勢である。 それに対してカワサキのNinjaの中型以下のモデルの場合、普段使いでも十分耐えられる姿勢だったりする。 こうした違いはなかなか画像だけでは感じられないものである。 スーパースポーツに限らず、各モデル数年ごとにモデルチェンジを迎え、最新技術が導入される。 近年のトレンドはLEDライトや電子制御サス、液晶メーターといった電気系技術。 LEDの技術はデザインの自由度の幅を広げるため、近年のスポーツはよりシャープでスタイリッシュなデザインとなってきている(これは四輪でも同様)。 その辺も踏まえて、より充実したバイクライフを送ってもらいたい。

次の

「SS(スーパースポーツ)バイクの魅力」人気のおすすめ5選

スーパーバイク

ランキングは毎週金曜日に更新されます。 年式や仕様等が異なる車両の評価となる場合がございますので、ご注意ください。 エンジンの出力特性を3つのパターンから選択できるSUZUKI Drive Mode Selector S-DMS を装備。 コンセプトを具現化するために、マフラーのみならずエンジン内部の部品を 見直すことにより軽量化と中低速のパワー特性アップを獲得。 ライダーとマシンがインタラクティブな関係を維持することがエキサイトメントに繋がる。 レースにおける戦闘力を、意のままにコントロールするための扱いやすさに変換したマシンがYZF-R1である。 また、オーリンズ社とカワサキが共同開発した電子制御ステアリングダンパーを新たに搭載しています。 エンジンはコーナリングでの理想的な扱いやすさを実現するため、コーナー進入時から立ち上がりでの全開までの過度特性に細心の注意を払い開発。 0標準装備。 さらに、吸気と排気機構の配置を最適化させ、1. 3kg軽量化された新しい排気機構を装備することで、コントロール性の向上と、高い発進加速性を実現しました。 世界500台限定生産の証として、トリプルクランプ上部にシリアルナンバープレートを装着しました。 プレートにはNinja ZX-10RRのロゴとシリアルナンバーが刻まれ、高級感を高めています。

次の