年賀状 会社 宛名。 年賀状を会社宛で?書き方のマナーには注意!

会社へ年賀状を出す時の宛名は御中でいい?それとも御一同様?

年賀状 会社 宛名

年賀状の宛名のフォントにおすすめは? 年賀状の宛名に使うフォントですが 「どのフォントがおすすめ」というわけではなく送る相手によって適切か不適切かを考えて使うのが好ましいですね。 日本語のフォントで年賀状の宛名に使われるものは大きく分けて次の3つに分類できます。 明朝体• ゴシック体• 筆書体(毛筆書体) です。 それぞれの フォント特有の「印象やイメージ」がありますのでわかりやすくご説明いたします。 実際にいろんなフォントで「引山草太」という架空の人の名前を書いてみましたのでパッと見た印象を体感してみてください。 年賀状の宛名フォントの定番 明朝体 「横の線が細く縦の線が太い」という特徴の 明朝体です。 Windowsのパソコンに標準でインストールされているのでなじみがありますね。 年賀状の宛名用のフォントとしては定番です。 明朝体は「誠実さ」や「上品」「高級感」といったイメージがある字体なので 会社関係のビジネス年賀状の宛名としておすすめです。 ある意味、一番無難で間違いのないフォントですね。 ただ、「ビジネス向き=事務的」な感じでやや固い印象もありますね。 カジュアルな年賀状の宛名フォント ゴシック体 「縦横の線が同じ太さ」の ゴシック体です。 見た通り「力強い」「元気な」「親近感」「カジュアル」といったイメージの字体なので 目上の方やビジネスの年賀状には不向きです。 ゴシック体はどちらかというと力強く「男性的」なイメージがありますが「丸ゴシック体」になると急に優しい女性的な印象になります。 ゴシック体は視認性の良い読みやすい字体なので配達員の方に優しい字ですね。 親しい間柄の友人に出すには「ゴシック体」「丸ゴシック体」はおすすめです。 スポンサーリンク 年賀状の宛名フォントに毛筆体は適切か否か? 毛筆書体で宛名を書くと一気に品格が上がって、立派な年賀状になったような気がしますね。 毛筆書体とは明朝体やゴシック体のように規則的な書体ではなく味わい深いフォントですが文字の原型を崩し過ぎている書体もあるので宛名用の書体としては使いにくいまたは使えないフォントもあります。 ここでは代表的な毛筆書体の特徴を引き続き「引山草太」という架空の名前でご紹介します。 年賀状の宛名フォントに行書体は使える? 毛筆書体の中ではポピュラーな 行書体は筆を滑らすように続け書きをする書体です。 漢字によっては「引」のようにつながって読みにくくなってしまう文字もあります。 「達筆でいい感じ」と思うか「読みにくい字だなぁ」と感じるかは好みの問題ですね。 また、宛名は正確に配達してもらうことも大切な目的なので読みやすいにこしたことはありませんね。 年賀状の宛名フォントに読みやすい 楷書体 楷書体は行書体と違って一画ずつしっかり止めてメリハリのある字なので誰にとっても読みやすいフォントです。 目上の方やビジネス年賀状の宛名にも使えるのでおすすめの書体です。 年賀状の宛名フォントに読みやすい 教科書体 教科書体は名前の通り教科書に用いるために作られた楷書体によく似たフォントです。 「草」の字を見るとよくわかりますが楷書体よりも忠実に漢字を正しく表しています。 年賀状の宛名には問題なく使えるフォントですが整い過ぎて硬い印象があるので、好みが分かれるところですね。 年賀状の宛名フォントに使えない 江戸文字勘亭流 歌舞伎の看板でおなじみの迫力のある筆文字のフォント「 江戸文字勘亭流」です。 このフォントは裏面のデザインに使うのには味わいがあっていいのですが、 正確に住所を伝える宛名には使わないほうが良い書体です。 大きな文字なら何とか読めても、住所の小さな文字は判別が困難になるでしょうね。

次の

【簡単図解】年賀状の宛名をエクセルとWordで作成する方法は?

年賀状 会社 宛名

年賀状の宛名って、いちいち全部手書きするのは大変ですよね? そんな方にオススメしたいのが、エクセルとワードを使った「年賀状の宛名作成方法」を解説していきたいと思います。 図解で解説していきますので、パソコンが苦手な方もきっとできると思いますよ! まずはWordでベースファイルを作りましょう! エクセルで宛名一覧を作成するには、Wordと連動させる必要があります。 まずは、Wordを開いて宛名ファイルのベースを作成しましょう。 Wordで宛名一覧を作成する方法 まずはWordソフトを起動した状態にします。 「差し込み文書」タブの「はがき・印刷」をクリックし、「宛名印刷」を選択します。 はがき宛名面作成画面が表示されます。 「次へ」をクリック。 宛名の縦書き・横書きを選択後、「次へ」をクリック。 宛名のフォントを選択します。 ここでは、一般的な「HG行書体」を選びました。 差出人情報を入力します。 必要な方は、会社名や部署まで入力しましょう。 住所録ファイルを、「Microsoft Excel」に指定します。 宛名の初期設定は以上で完了です。 図のような状態で、「OK」をクリック。 このような感じで、差出人情報のプレビューが確認できます。 エクセルファイルに宛名一覧を記入 先ほど保存したエクセルファイルを開きます。 エクセルを開くと、宛名の項目がおかれてます。 氏名・郵便番号・住所欄を記入していきます。 Wordで宛名の確認&印刷 再度、先ほど編集したWordファイルを開きます。 以下のようなメッセージの際は、「はい」をクリック。 エクセルで入力した宛名一覧が反映されているのが分かります。 「すべて印刷」をすると、エクセルに書いた宛名すべてを印刷することが可能です。 印刷の際は、レコード指定で印刷することも可能。 あとは印刷枚数分、はがきをプリンターにセットしましょう。 以上で、エクセルとWordを使った年賀状の宛名印刷の方法でした。 意外と簡単だったのではないでしょうか?? もし分からない方は、お問い合わせなどからご相談していただければと思います。 宛名一覧は、送る人が多いと作成はかなり大変ですが、一度作ってしまえば来年も使えるので頑張って作成してしまうことをお勧めします。 忙しい時期、自動化できるところは積極的に採用して、余裕のある年末を過ごしましょうね!•

次の

年賀状の宛名、正しい書き方を知っている? マナーや注意点を解説│年賀状研究所

年賀状 会社 宛名

年賀状の宛名のフォントでビジネスにおすすめなのは? 年賀状の宛名を印字する場合、最もビジネス向けのフォントは明朝体です。 どんなソフトにも必ず入っている定番のフォントでもあります。 とても読みやすく、キッチリした印象が特徴で、ビジネスの文書のやり取りなどでもよく使われています。 上司や会社関係の方宛てはもちろん、お客様に年賀状を出す場合などにもおすすめのフォントです。 上の画像の文字は、WordのMS P明朝体です。 よくフォントの名前の初めに「MS」などのアルファベットがついている事が多いですが、これはメーカーを表す記号で「MS」の場合は単にマイクロソフトの事です。 Pはプロポーショナルの意味で、文字の幅が自然に見えるように調整して表示されるものです。 Pがついていないものは、全部の文字が同じ幅で表示されます。 宛名印刷では、プロポーショナルのフォントを使われている方が、自然に見えると思います。 また、メーカーによって同じ明朝体でも形や線の太さが変わってきたりするので、そこは好みで良いでしょう。 同じメーカーでも数種類の明朝体があったりもしますよ。 年賀状の書体で一般的なのは? 明朝体以外に、ビジネス年賀状で使える一般的な書体と言えば ・楷書体 ・行書体 この2つですね。 明朝体に劣らず、見やすく読みやすい書体ですね。 ビジネス関係の人でも、少しくだけた仲の人からは、明朝体よりもこちらの楷書体の文字の宛名の方が個人的には嬉しいです。 明朝体は、ビジネスのシーンでよく使われる文字でもあるので、普段親しい方から使われると堅苦しいような事務的のような印象を受ける事もあります。 そういう意味では楷書体は、少し柔らかい雰囲気になりますし、マイナスな印象もない文字なので、年賀状の宛名の書体としてとても無難な書体ですね。 明朝体と比べると、字体が少し崩れています。 やはり、筆書体だと年賀状のおめでたい雰囲気も出ていいですよね。 また、配達員さんが読みにくいようなフォントももちろんNGです。 年賀状とはいえ、仕事関係の方に送るのであまり変わった文字を使うのは避けましょう。 また、ビジネスのシーンでもよく使われるゴシック体も、ビジネス年賀状の宛名のフォントとしてはおすすめしません。 規則正しく読みやすいので、ビジネス文書などでもよく使われる文字ではありますが、年賀状の宛名にしては、少しカジュアルな雰囲気が出てしまいます。 丸ゴシックは特に避けましょう。 どうしてもおすすめした以外の文字を使いたい場合は、相手が読みやすい文字か?受け取った時に、違和感を持たれない文字か?など相手の立場に立って考えてみて下さいね。 まとめ 今回は、上司やビジネス関係の人に送る年賀状の宛名のフォントについてご紹介しました。 お仕事関係といっても、関係性は色々だと思いますので、それに合わせたフォント選びをするといいですね。 明朝体か楷書体を使えば、とりあえず間違いはないですので、迷ったときはどちらかにしておくといいですよ。

次の