ラーメン みそら。 北のらーめん 美空

「らーめん三空(みそら)@安曇野市堀金」kote

ラーメン みそら

「二代目 麺処くるり」 今回やってきたのは、岡山県にある「 二代目 麺処 くるり」というお店です。 岡山駅から徒歩約40分弱(車で約10分程度)にあるこの店はアクセスはそれほど良くはありませんが、 駅からバスやタクシーを使ってでも食べに行きたい行列のできるラーメンで最近有名になってきています。 有名である理由 都内では「幻」とも言える味噌ラーメン 2015年まで東京・市ヶ谷に本店を構えていた「麺処 くるり」の常連客だった店長が、初代「麺処 くるり」の店長に弟子入りして、地元岡山に屋号を受け継ぐ形として開店したのが「 二代目 麺処くるり」だそうです。 (「麺処 くるり」は全国チェーン店ではなく、都内でも3店舗しかありませんでした。 ) 味噌ラーメンや食後に出されるジャスミンティーも初代の店舗と同じように味を再現しており、市ヶ谷本店を最後に都内から消えてしまった「麺処 くるり」のラーメンは味噌ラーメン好きな方の中では「幻のラーメン」といわれるほど味が絶品なのです。 現在市ヶ谷本店にあった「くるり」は「 大塚屋」に名前を変えて再出発しています。 あの大物YouTuberの舌をうならせた味! 「麺処 くるり」のラーメンは大物YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)さんやSEIKIN(セイキン)さんも通い詰めるほど絶賛する美味しさなのです。 この2人が来店したことで行列に拍車がかかったといっても過言ではないかもしれませんね(笑) 実際に来店するも・・・ 実は過去に1回だけ開店15分前に来店したのですが、この時点で長蛇の列! 順番が回ってくるどころかすでに営業終了の看板があったので並ぶのは断念しました。 そこで日を改めて開店1時間前に来店すると、すでに人は並んでいましたが長蛇の列ではない模様。 確実に食べたい場合は 最低でも 開店の1時間前には並んでおいた方がよさげな感じです。 そして開店30分後に入店し、食券を購入。 券売機では以下のメニューから注文したいラーメンを選びます。 ラーメンを注文して別のものを追加注文する場合は続けて食券を購入します。 味玉みそらぁめん(980円 税込 ) 今回注文したのは味玉みそらぁめんです。 みそらぁめんであるがゆえに麺は太麺になっており、そこに炙りチャーシュー・半熟玉子・白髪ねぎがのっています。 スープには白みそが使われており、そこに背脂を加えて少しどろどろに仕上げています。 そのスープが太麺とよく絡むので、コクのあるスープと同時にもちもちの太麺を楽しむことができます。 テーブルには、味変用のスパイスが設けられています。 カレー粉・黒胡椒・花椒の3種類あるのでお好みでラーメンを楽しめます。 (そのままでも美味しいですが) 食後にはジャスミンティーをいただけます。 ほのかなジャスミンの香りが漂い、口直しにぴったりです。 来店時の注意点 人気行列ラーメン店であるがゆえに、来店時の注意点もいくつかあります。 行列をなめてはいけない 今回の一番の注意点です。 行列のできるラーメン店ということもあり、開店1時間前から行列ができ始めます。 早い人で2時間程度待って食べたいという人も。 というのも元々店の中は8席のカウンター席となっており食券を出してからラーメンを作るため、ラーメンがテーブルに出されてから食べて店を出るまでかなり時間がかかります。 また人気のラーメン店であることも相まって行列ができやすい状況にあります。 具材の仕入れ状況によっては数に限りがあり1時間前になると店員さんが人数を数えにやってきます。 そしてだいたい開店20~15分前になると営業終了の看板が立つので、並んででも確実に食べたい場合は 開店1時間前(余裕があれば2時間前)に並んだ方がいいです。 店員さん曰く、「1時間ほど並んで待つのは当たり前」だそう。 注意書きをチェック! 入口には上記の注意書きが貼ってあります。 一つずつ見ていきましょう。 揃っていない状態で並んだら、最後尾に並ぶように促されます。 というのもテーブルと椅子の座高が高く、小学生未満の子供が使用できる子供椅子が完備されていないため、入店自体が難しいようです。 ここでいう「他の客に迷惑をかけないと判断できるもの」は以下のものになります。 時間によっては長蛇の列が駐車場にまで及び車が停められないことがありますので、近くのコインパーキングなども活用するのも手です。 利用する方にも迷惑をかけないよう、全く関係のない駐車場に無断で駐車するのはやめましょう。 開店時間をチェック! 基本は昼と夜の営業ですが、仕入れ状況によっては昼が休み、夜が休みあるいは終日休みということもありますので 定休日にも目を向けておく必要があります。 ホームページがないため、最新の情報はSNS(TwitterもしくはInstagram)でチェックしましょう。 2020年5月14日追記:不定休とありますが、毎週水曜日を定休日として営業しています。 なお店側の都合により臨時休業になることもあります。 まとめ 今回は岡山にある「二代目 麺処 くるり」を紹介しました。 「麺処くるり」は東京にはもうありませんが、二代目として岡山で楽しむことができます。 それゆえ遠方からはるばるこの店にやってくる人もいるほどの絶大な人気を誇っています。 おさらいになりますが確実にラーメンを食べたい方は以下の3つを頭に入れておきましょう。 【店舗情報】 「二代目 麺処 くるり」.

次の

ラーメン みそら

ラーメン みそら

ら〜めん しののめ屋@秋田県能代市落合 この日は能代での食べ歩きで、以前から気になっていたこちらへようやく初訪問。 実は前に一度、訪問をした事がありましたが、定休日を調べずに水曜日に行ってしまった為、あえなく撃沈してしまいました。 メニューは「合わせみそら〜めん」「みそら〜めん」「しおら〜めん」「しょうゆら〜めん」の4本柱+トッピングものがあり、更に野菜たっぷりタンメン、タンタン麺、鬼煮干ら〜めんがあるなかなか豊富なラインナップ。 今回は味噌の看板メニューである「合わせら〜めん」に人気の「チャーバターごはん」をオーダーしてみました! ら〜めん しののめ屋のローカルルールなど店の特徴 「菜麺亭」が2014年11月25日に閉店して「ら〜めん しののめ屋」として2014年12月11日にリニューアルオープン。 店内に入って正面にある券売機で食券を購入。 食券は自分でカウンター高台にあるトレーに入れるシステム 新コロナウイルスの影響? 漫画が設置されてます。 連食者&お子様連れには嬉しい「合わせみそら〜めん 小盛 650円」「みそら〜めん 小盛 640円」「しおら〜めん 小盛 630円」「しょうゆら〜めん 小盛 620円」があります。 小上がりテーブルがあるのでお子様連れでも安心。 ら〜めん しののめ屋のメニューなど ら〜めん しののめ屋の合わせ味噌らーめん&チャーバターごはん 合わせみそらーめん 小盛 650円 チャーバターごはん 260円 合わせみそらーめんのスープは豚骨、鶏ガラなどの動物系主体+椎茸などの乾物系+野菜と思われますが、そこに赤味噌と白味噌を合わせたタレを加えた店の看板メニューである一品。 バターを加えたようなまろやかさが何とも心地よく、その中で爽快な香味が映えるネギが程よい味のアクセントに。 能代は味噌ラーメン推し店が結構ありますが、看板メニューなのも納得の味わいです! 麺は中細ストレート麺で程よいコシがありツル・プリな食感。 しかしながら食べてみると、醤油バター味が染み染みになったご飯になっていて実にクセになる美味しさ。

次の

【クックドア】麺家みそら(鳥取県)

ラーメン みそら

西福原1丁目交差点を境港方面へ進み次の信号を右折します。 1キロ位進むと西福原6丁目に入ります。 そうすると左手に見えてきますラーメン店です。 駐車場は店舗前に完備です。 店内に入ると木を基調としたおしゃれな店内になっています。 このお店の売りの一つでもあるアゴ出汁ラーメンのアゴとは飛魚の事で山陰地方ではアゴと呼び、昔から良い出汁が出る事で様々な料理に使われています。 非常にあっさりしながら風味も良く最高の出汁と白湯スープを混ぜ合わせるのですから不味い訳がありません。 白濁色のラーメンにチャーシューがのり、縮れ麺がスープと絡みがっつりでは無い上品なラーメンの印象を受けました。 香りも良くずっと食べていられる様なラーメンです。 他にも塩、醤油ラーメン、魚介つけ麺等色々あります。 おしゃれな店内で、上品なラーメン、店内のお客さんに女性客の方も多く居られましたが頷けます。 店員さんも丁寧におすすめメニューの説明もして頂けるので初めていく方も安心して行けますよ。 ここは鳥取県米子市にるラーメン屋さんの麺家みそらです。 場所は国道431号線を米子から境市方面に向かい、米子市立福米西小学校がある大きな交差点を左に曲がります。 そのまま進むと二つめの交差点を過ぎたすぐ右手に見えてくるお店です。 ここ麺家みそらは元他の飲食店だった建物をリノベーションして利用している為、ラーメン屋さんの建物とは少し違い、とてもおしゃれな作りになっています。 和と洋合わせたような新しいお店になっています。 ここの麺家みそらの看板メニューはあごだし白湯ラーメンです。 魚介スープの白湯ラーメンはあっさりしながらも、しっかりコクのあるラーメンです。 お値段は780円です。 米子市内では牛骨のラーメン屋さんが多い中、魚介のラーメン屋さんは珍しいですよ。 ここのお店は、あごだし白湯ラーメンでも3種類ありました。 普通のあごだし白湯ラーメンとこってりのあごだし白白湯ラーメン、まみれといった更にこってりのあごだし白湯がありました。 それぞれこってりにするほどお値段は多少高くなります。 それでも1番高いまみれあごだし白湯ラーメンが980円ですのでそんなに変わりはありません。 他のラーメンでは、塩ラーメンの700円。 醤油ラーメンの700円。 チャーシュー麺の1380円があります。 チャーシュー麺については、想像以上のチャーシューがラーメンの上に乗っていて、びっくりしました。 ラーメンの器からはみ出るほどのチャーシューは迫力満点です。 ご飯ものでは、ミニ焼き豚丼380円、ご飯150円があります。 他に人気な商品は魚介つけ麺です。 太い麺に魚介のつけだれを付けて食べる魚介つけ麺は絶品です。 並の大きさが850円で大盛りが950円になっています。 魚介辛つけ麺もあります。 こちらは少しピリ辛のつけ麺になっています。 並は880円で大盛りが980円になっています。 鳥取県米子市に来た際には是非ここの麺家みそらを利用してみてください。 麺家みそら 〒683-0805 鳥取県米子市西福原6丁目3-50 営業時間 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「麺家みそら」近くの施設情報.

次の