成功 を おさめる 漢字。 扶養範囲内におさめるで この場合のおさめるの漢字を教えてください。

【収める・納める・治める・修める】【収まる・納まる・治まる・修まる】違い

成功 を おさめる 漢字

Sponsored Links これは目安です 「収める」と「納める」と「治める」と「修める」の使い方の例をご紹介しましたが、厳密にこうでなけらばならない、というものではありません。 解釈の仕方により、いろんな意味にとれる、というものもありますし、文脈によっても変わってくることがあるからです。 たとえば、 「丸くおさまる」といった場合、 「収まる」の意味にある、 『解決する』、という意味にとれたり、 「治まる」の意味である、 『問題のない状態にする』という意味にとれることもあります。 また、「腹 はら の虫がおさまる」といった場合には、 『解決する』の「収まる」とすることができますし、 『問題のない状態にする』の「治まる」とすることもできますし、 『終わりにする』の「納まる」にすることもできる、というわけなのです。 Sponsored Links 熟語を手掛かりに 「収める」と「納める」と「治める」と「修める」の使い分けに迷ったら、熟語を思い出してみるといいかもしれません。 「収める」の意味は、『一か所にまとめ入れる』『手に入れる』『解決する』『良い結果を得る』という意味でしたね。 「収」を使った熟語には、• 収束 しゅうそく• 収拾 しゅうしゅう• 収集 しゅうしゅう• 収録 しゅうろく などがあります。 「納める」の意味は、『きちんとあるべきところに入れる』『終わりにする』 という意味でしたね。 「納」を使った熟語には、• 納入 のうにゅう• 納付 のうふ• 納税 のうぜい• 奉納 ほうのぅ などがあります。 「治める」には、『問題のない状態にする 』『統治する 』という意味があります。 「治」を使った熟語には、• 政治 せいじ• 治安 ちあん• 治療 ちりょう などがあります。 「修める」の意味は、『身につける 』という意味で、 「修」を使った熟語には、• 修学 しゅうがく• 修業 しゅぎょう• 修士 しゅうし• 修飾 しゅうしょく などがあります。 熟語を先に思い出すことで、使い分けしやすいこともあるでしょう。

次の

「収める」「納める」「治める」「修める」の違い!丸くおさめるは?

成功 を おさめる 漢字

熟語: 政治、統治、治水、治安、平治、治療、治癒 「治」の反対語は「乱」となりますね。 まとめ 「収まる」と「納まる」は、かなり似通っています。 「収納」という熟語があるほどですから、どっちを使ってもいい、という人もいます。 ただ、 「収」は個人的な動きです。 さらに出し入れもかなり自由ですよね。 「納」は、相手との契約や上下関係に基づいて、物や金品が動くさまを示しているようです。 だからいったん納めると、返してもらうのも手順がいろいろ面倒くさくなりますね。 このポイントをおさえると、迷わないかもしれません。 「治まる」は、物事を平常に戻すこと。 政治から個人の身体まで、「正常を維持する状態」です。 「治にいて乱を忘れず」という慣用句は、その意味を良く表しています。

次の

納める・治める・修める・収めるの意味の違いとは?

成功 を おさめる 漢字

今回は「おさめる」と読む4つの同訓異字について説明します。 4つの 「おさめる」は共通の意味を持って使われる場合もありますが、それぞれ微妙な使い方の差のある場合があります。 今回は4つの言葉の使い分けについて学びましょう。 「納める」の意味 最初に「納める」の意味を説明します。 「納める」とは「限度内で済ませる。 受け取り手のもとに渡す。 物事を整った状態にする」という意味があります。 熟語で表すと 「納入・納付」で置き換えられます。 「治める」の意味 次に「治める」とは、 「物事を安定した状態にする。 乱れを鎮める、落ち着かせる」とあります。 こちらも熟語で表すと「統治・安定」などと同様の意味があり、 政治・歴史などの場面で使用されることの多い言葉です。 「修める」の意味 3番目に「修める」の意味を説明します。 「修める」とは、「学問・技芸などを身につける。 行いを正しく整える」との意味があります。 「行いを正しく整える」という意味で使われることは少なく、ほとんどの場合、 「学問・技芸を身につける」という意味で用いられている言葉です。 「収める」の意味 最後に 「収める」とは、「道具に記録し保存する。 成果をあげる」とあります。 「収拾・収容」に近い言葉だと言えるでしょう。 また「納める」と同じような意味合いもありますので、 「納める」「収める」は近い意味を持つ言葉と言って良いでしょう。 スポンサーリンク この場合はどの「おさめる」?具体的な使用例を紹介! ・先輩と二人で、得意先に商品を「おさめる」 ・お互いにわだかまりは消して、腹に「おさめる」 この場合は「納める」が正解です。 1つ目の例文では「納入」に置き換えられますので比較的わかりやすいと思います。 2つ目の例文では「戦いをおさめる」という意味で用いられています。 普段使う機会の少ない言葉ですが、この場合は「納める」が正しい使い方になります。 ・フランス革命後、ナポレオンが国を「おさめる」 ・世界中で多くの人が紛争を「おさめる」努力をしている この場合は 「治める」が正解です。 1つ目の例文では「統治」、2つ目の例文では「安定」といった意味で「おさめる」という言葉が使われていますので、「治める」が正しい使い方になります。 ・今年最後の舞台で、彼女は見事に舞い「おさめる」 ・大学では法律を学び「おさめる」のが希望です この場合は 「修める」が正しい使い方になります。 どちらも学問や技芸を身につけるという意味の例文ですので、その場合は 「修める」を使用しましょう。 ・姉の結婚式の様子をカメラに「おさめる」 ・地道な宣伝活動が効果を「おさめる」 1つ目の例文では「記録する」という意味で使われ、2つ目の例文では「成果をあげる」という意味でそれぞれ「おさめる」が用いられています。 この場合「収める」が正しい使い方になります。 納める・治める・修める・収めるの言葉の意味の違いとは?まとめ 今回ご紹介した4つの「おさめる」の意味の違いはご理解いただけたでしょうか。 どの言葉もそれぞれに違った意味がありましたが、「納める」「収める」のように同じ意味合いを持つ言葉もあることがわかりました。 わかりづらい場合は、置き換えられた熟語を思い出してみると良いかもしれません。

次の