お 変わり ありません でしょ うか。 「お変わりありませんか」の意味と敬語表現・使い方と例文

市販のLEDペンダントライトは電源端子が露出しているタイプの古い配線器具に対応していますか? 古い賃貸アパートに住んでいます。四畳半の部屋の電気の傘(ペンダントライトというのでしょ

お 変わり ありません でしょ うか

「ありますでしょうか」は、正しい表現? 「ありますでしょうか」は二重敬語で間違い 「あるのか」という疑問文を敬語にすると「ありますか」もしく「あるでしょうか」となります。 どちらも丁寧語で、「ありますでしょうか」は、2つの丁寧語を使っている二重敬語です。 丁寧語は1つの文に1つだけが原則で、二重敬語は間違った敬語の表現とされています。 「お時間ありますでしょうか」も、二重敬語ですので、使わないように注意しましょう。 正しくは「お時間ありますか」もしくは「お時間あるでしょうか」です。 この「お手元にありますでしょうか」も、二重敬語ですので注意しましょう。 正しくは「お手元にありますか」もしくは「お手元にあるでしょうか」になります。 「ありましたでしょうか」も二重敬語で間違い 「ありますでしょうか」を過去形にした「ありましたでしょうか」という表現が使われることがあります。 過去形にしても二重敬語であることに変わりはありませんので、間違った表現です。 正しくは「ありましたか」になります。 注意しましょう。 「ありますでしょうか」を正しく言い換えると? 「ありますでしょうか」は「ありますか」 「ありますでしょうか」を正しく言い換えると、「ありますか」もしくは「あるでしょうか」になります。 繰り返しになりますが、「あります」と「でしょう」は、それぞれ丁寧語ですので、どちらか1つを使いましょう。 「ありますか」よりも、もう少し丁寧な印象を与えたいときは、「ございますか」を使います。 一般的に、尊敬語や謙譲語ではなく丁寧語で使われることが多い表現です。 「ありますでしょうか」の尊敬語は「おありですか」 使われることは少ないですが、「ありますか」などのあるかどうかを確認する表現は、尊敬語にもできます。 丁寧語ではなく、尊敬語にするときには「お」をつけて「おありですか」となります。 「おありでしょうか」は、丁寧すぎる 尊敬語と丁寧語であれば、同じ文に1つずつ使うことはできますので、「おありでしょうか」という表現は間違ってはいません。 しかし、尊敬語が入っているのに、わざわざ丁寧語をつけるというのは、丁寧過ぎる印象を受けます。 不自然に感じる人もいますので、使わないほうがよいでしょう。 「でしょう」が必要ない二重敬語と言い換え 「ありますでしょうか」を「ありますか」に直すことと同じように、「でしょう」をとることで正しい表現になる二重敬語はいくつかあります。 ここでは、「ありますでしょうか」に似ていてよく利用されている二重敬語と、正しい表現を紹介します。 「いらっしゃいますでしょうか」は「いらっしゃいますか」 電話をかけたときに使われることが多いのが「〇〇さんはいらっしゃいますでしょうか?」という表現です。 使われることが多く、すでに一般的な表現なので間違いではないという意見もあります。 しかし、文法的には「いらっしゃいます」と「でしょう」の2つの丁寧語がはいっていますので二重敬語です。 「おりますでしょうか」は「いらっしゃいますか」 「おりますでしょうか」は、電話をかけたときに「〇〇さんはおりますでしょうか?」と使われたり、「みなさんそろっておりますでしょうか?」と使われることがあります。 これも「おります」と「でしょう」の二重敬語です。 「おりますか」と直すことができますが、「いらっしゃいますか」の方が丁寧な印象になり、使われることが多くなります。 「ございませんでしょうか」は「ございますか」 「ございます」は「あります」と同じく「ある」の丁寧語です。 「ございませんでしょうか」「ございますでしょうか」「ございましたでしょうか」は、すべて二重敬語で、「でしょう」をとることで正しく言い換えることができます。 「ございませんか」と「ございますか」は、基本的に意味が同じです。 「ございませんでしょうか」を「ございませんか」と直しても問題ありませんが、少し理解しにくく感じる人もいます。 「ございますか」と伝えた方が伝わりやすいこともありますので、確認してから直してみましょう。 まとめ 「ありますでしょうか」は、間違った表現ではありますが、アルバイトのマニュアルに書かれていることもあるほど、よく使われている表現です。 聞いたときに違和感がない人もいますので、意識して直す必要があります。 自分に違和感がなくても、他人からは悪い印象を持たれていることもありますので、本記事を参考に日々の言葉遣いを見直してみましょう。

次の

お変わりございませんかの例文13選!敬語表現・手紙等での返事の書き方も

お 変わり ありません でしょ うか

「お変わりありませんか」の使い方と例文 メール・手紙 暫く連絡をとっていなかった相手に久しぶりに メールや手紙で連絡をとるという場合にも「お変わりありませんか」と使用することができます。 相手が健康で元気に過ごしていることが確実であるならば、「お元気ですか」とストレートに聞いても問題ありませんが、そうではない場合は「お変わりありませんか」と相手の様子を聞いてみるほうが良いと言えるでしょう。 例えば、 「 ご無沙汰しております。 昨年は披露宴に足をお運びいただきありがとうございました。 その後お変わりありませんか」 「 ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか」 というように使用します。 その他にも、「 皆様お変わりなくお過ごしでしょうか」というような言い回しをすることも可能です。 年賀状 普段、 遠くに住んでいてなかなか会えない人や、滅多に連絡をとらない相手に一年に一度、年賀状を送るという場面は非常に多くありますよね。 「お変わりありませんか」は、こういった場合の「 年賀状での挨拶」にも使用できる言葉です。 例えば、 「 新年あけましておめでとうございます。 日頃はご無沙汰ばかりで申し訳ございません。 ご家族の皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか」 「 新年あけましておめでとうございます。 お元気でお過ごしのことと存じますが、お変わりありませんか」 「 よき新春をお迎えのことと存じます。 皆様お変わりないですか」 というように使用します。 「お変わりありませんか」に続ける文章 自分の状況を伝える 「お変わりありませんか」は、相手の状況を伺うフレーズです。 相手の状況を伺った後には、、 こちらの状況を伝えるような文章を添えると、相手にも自分たちが元気に過ごしていることを伝えることができます。 例えば、 「 私は最近趣味でジョギングを始め、日々体力づくりに勤しんでおります」 「 息子も早もので5歳となり、七五三を無事に終えることができました」 というように、元気で過ごしている様子を具体的に書いて伝えてもいいでしょう。 あまり親しくないというような間柄である場合は、「私共は家族皆、元気に過ごしております」というようにサラッとした報告で十分です。 「おかげさまで、元気にすごしております」というような言い回しを使用すると丁寧です。 ご無沙汰していることをお詫びする 「お変わりありませんか」と相手の状況を伺ったあとは、 ご無沙汰してしまったことをお詫びする一文を入れるといいでしょう。 「 心ならずもご無沙汰をしてしまい大変申し訳ございません」 「 長らくご無沙汰いたしまして大変申し訳ございません」 というように一言添えるとしばらく連絡をとれなかった事に対する申し訳ない気持ちを相手に伝えることができます。 厳密に決まっているわけではありませんが、連絡をとってない期間がだいたい2〜3月続いている場合にはお詫びの言葉を述べたほうが印象がいいと言えます。 逆に、 1ヶ月以内に会ったり連絡をしている場合には不自然ですので注意しましょう。 また、「元気でやっております」という一言とともに、 自分の近況を楽しく述べることで、自分の元気であるという事情を伝えることができるだけでなく、会話を広げることもできます。 「お変わりありませんか」の続ける文章で説明した内容と重複してしまいますが、最近始めた趣味の話や、家族の話などを伝えると良いでしょう。 ビジネスなら「お陰様で元気に過ごしております」「お心遣いありがとうございます」 ビジネスシーンで「お変わりありませんか」と言われた場合は、業務的な連絡である場合も多いので、 つらつらと自分の近況を述べてしまうと相手を困らせてしまう可能性が高いです。 ビジネスシーンでは、「 お陰様で元気に過ごしております」など簡単にさらりと自分の近況を伝え、さらに「 お心遣いありがとうございます」といったように、気にかけてくれたことに対するお礼を述べると印象がいいでしょう。 とくにビジネスメールでは、相手に時間を取らせないためにも、すぐに内容を理解してもらえるような書き方をすることが重要であるため、 無駄な話を省きあっさりとしているほうが好ましいといえます。

次の

お変わりありませんかの意味と使い方は?敬語や類語と手紙での返事も

お 変わり ありません でしょ うか

社会人になると、正確な言葉遣いや敬語が求められるようになります。 時には、目上の人や取引相手などと接する機会もあり、そのような場合には特に正しい言葉遣いや敬語を使わなければなりません。 言葉遣いや敬語が誤っていると、重要な取引相手に呆れられてしまったり、失礼な印象を与えてしまったりする可能性もあるでしょう。 特に、社会人ならおさえておきたい敬語やフレーズもあります。 それらは、ビジネスシーンでも頻繁に使用されたり聞いたりする言葉となっています。 その中でも、挨拶などによく使われるフレーズの1つとして、「お変わりありませんか」というフレーズがあります。 今回は、「お変わりありませんか」というフレーズをテーマにして、正しい意味や使い方をご紹介していきます。 「お変わりありませんか」の意味・敬語表現 まずは、「お変わりありませんか」という言葉の意味や敬語表現、基本的な使い方についてご紹介していきます。 「お変わりありませんか」という言葉は、ビジネスシーンでも使われる機会が多く、正しく使用できれば大変便利なフレーズであるとも言えます。 この機会にぜひ、「お変わりありませんか」の正しい意味や使い方をマスターしておきましょう。 「お変わりありませんか」の意味 まずは、「お変わりありませんか」の意味についてご紹介していきます。 「お変わりありませんか」に含まれている「変わり」という言葉には、以下のような意味があります。 物事の状態が移り変わること。 上記は、「goo辞書」に掲載されている意味ですが、その中でも、1つ目と2つ目の意味が当てはまると言えます。 物事が変わっていくことに対して、相手の状況や近況を尋ねる意味で使われている「変わり」であると予想できます。 上記のような意味で使われている「変わり」に、「お」を付けることで丁寧な印象となります。 更に、「ありませんか」と疑問形にすることで、相手の身に何か変わったことや変化がないか、丁寧に尋ねることができるのです。 「お変わりありませんか」の敬語表現 「お変わりありませんか」の使い方【1】:話題の提供 上記で、「お変わりありませんか」というフレーズは、大変便利なフレーズであるとご紹介しましたが、実際に何か話題を挙げたい時などに使うことで、相手からさまざまな話題や会話のネタを引き出すことができるフレーズとなっています。 体調など、話題を限定せずに使用すれば、相手は最近起こった出来事や良かったこと、失敗したことなどについて話すでしょう。 そのような返答をきっかけにすれば、会話が弾みやすくなると予想できます。 「お変わりありませんか」の使い方【2】:気遣い 「お変わりありませんか」というフレーズは、「その後、お身体お変わりありませんか」などと言葉を付け加えることで、相手を気遣うフレーズにもなります。 久しぶりに会った相手などに上記のように問い掛けることで、相手の体調や健康を気遣っていることが伝わるでしょう。 とはいえ、体調に対してナーバスになっている人や、健康問題で明らかに悩んでいる人に対しては、あまりしつこく尋ねないようにするなど、配慮する必要があります。 明らかに気にしていたり、体調や健康のことで落ち込んでいたりする相手に対しては、体調や健康の話題について触れないようにした方が良い場合もあるのです。 手紙やメールで「お変わりありませんか」を使う場合 「お変わりありませんか」は、会話でもよく使われる表現ですが、手紙やメールといった文章でも、使うことができる表現の1つです。 「お変わりありませんか」を手紙やメールで使う場合は、会話の場合と同様に、やはり久しぶりに連絡を取る相手や、最近会っていなかった相手に送る場合に使用します。 また、会話で使用する場合は「お変わりありませんか」と使っても問題ありませんが、手紙やメールの場合は語尾などを変えた方が自然であったり、より丁寧な印象を与えることができたりします。 具体的には、「お変わりなくお過ごしでしょうか」「お変わりございませんか」といった表現が挙げられます。 手紙やメールを送る相手との関係性によっては、「お元気でしょうか」といった、ややフランクな表現でも構いません。 相手との間柄や関係性によって、「お変わりありませんか」というフレーズを変化させて使うことをおすすめします。 目上の人に対して「お変わりありませんか」を使う場合 「お変わりありませんか」という表現は、ビジネスシーンで使用しても特に違和感のないフレーズだと言えます。 しかし、目上の人や上司などに対して使う場合は、より丁寧な印象を与えることができる言い回しに変えた方が良いでしょう。 「お変わりありませんか」というフレーズの、より丁寧な言い回しとしては、「お変わりございませんか」「お変わりございませんでしょうか」といった言い回しが挙げられます。 「ありません」の部分を「ございません」と表現することで、より丁寧な言い回しになるのです。 また、後述でご紹介する類義語・同義語のような表現に言い換えることで、より丁寧な印象を与えることができる可能性もあります。 「お変わりありませんか」の類義語・同義語 何度かご紹介しているように、「お変わりありませんか」は、久しぶりに会う人との挨拶に使える場合もあれば、会話や話題のきかっけに使用できる場合もある、大変便利な表現です。 その為、使い方や使うタイミングをマスターすると、ついつい多用してしまいがちです。 しかし、「お変わりありませんか」というフレーズばかり使用してしまうと、文章や会話がマンネリしてしまう可能性もあります。 そこで、「お変わりありませんか」と近い意味を持つ言葉や、同じようなニュアンスで使用できるフレーズをご紹介していきます。 ・いかがお過ごしでしょうか ・ご発展のご様子と存じます ・お元気にしておられますか ・ご健勝のことと存じます ・お変わりなくお過ごしのことと存じます など 相手との関係性や会話・文章の流れなどに合わせて、「お変わりありませんか」というフレーズと共に、使い分けることをおすすめします。 「お変わりありませんか」の使い方をマスターして使ってみよう いかがでしたでしょうか?今回は、ビジネスシーンでも頻繁に使われる、「お変わりありませんか」という言い回しをテーマにして、「お変わりありませんか」の正しい意味や敬語表現、「お変わりありませんか」を使うタイミングや手が身・メールや目上の人とのやり取りで使う場合の使い方、類義語・同義語などをご紹介しました。 「お変わりありませんか」というフレーズは、久しぶりに会う人や連絡を取る人に対する挨拶として使うことができます。 また、話題を振ったり会話を弾ませたりするきっかけとしても使えますし、言い方や使い方によっては相手を気遣う言葉になる場合もあります。 ちょっとした言い回しや工夫次第で、さまざまな使い方ができるフレーズなのです。 ですから、この機会にぜひ、「お変わりありませんか」の使い方や使うタイミング、類義語・同義語などをマスターして、ぜひ実際に使ってみて下さい。

次の