ぶた図鑑。 タムワース種

ようとん場MIX(養豚場ミックス)攻略ぶた図鑑イベント伝説級

ぶた図鑑

ブタクサ(豚草) 1年草 北アメリカ原産。 明治初期に渡来したが、定着したのは昭和になってから。 現在では各地で雑草化し、夏から秋にかけての花粉症の原因のひとつになっている。 茎にはふつう軟毛があり、高さ0. 3〜1mになる。 葉はやわらかく、下部では対生、上部では互生し、2回羽状に深裂する。 雄頭花は直径3〜4mmで、細長い総状花序につく。 雌頭花は雄花序の基部の葉腋に2〜3個集まるが、ほとんど目立たない。 雌頭花の総苞は果期には長さ3〜5mmになり、先端はとがり、そのまわりを約6個の小突起が囲んでいる。 花期は7〜10月。 (野に咲く花) 学名は、 Ambrosia artemisiifolia ブタクサ属 「中国植物物種信息数据庫」に「痩果倒卵形、無毛、藏於堅硬的総苞中。 」とある。 似た仲間に葉が掌状に裂けるがある。 ブタクサの雌頭花は、総苞に包まれた雌しべのみの1小花からなる。 2012年9月12日 八雲 雄花序の下部の葉腋に雌花序がつく。 雄花 雄花を下から。 葉腋に雌花序がつく。 雌しべの柱頭が伸びている。 葉腋についた雌花序 苞に包まれた雌花。 2009年9月5日 玉湯 雄花序を下から見上げた。 雄花序の下の苞葉内に雌花がつく。 2岐した雌しべが見える。 2005年9月25日 雄花 玉湯 雄花序の下の苞葉内に雌花がつく。 2012年8月30日 蕾 玉湯 小さなものは葉が対生する。 大きな株の上部の葉は互生している。 2015年10月29日 果実 八雲 果実は偽果、苞葉に包まれている。 果実は硬化した総苞に包まれた偽果。 偽果は長さ約3. 5mm。 中央に花柱が残り、周囲に6〜8個の突起がある。 周囲の突起の拡大。 偽果の縦断面。 硬化した総苞が果実を包んでいる。 総苞の一部をはずすと果実がある。 総苞の中の果実、先端に突起があり、長さ約2. 5mm。 2012年10月29日 果実 玉湯 果実は偽果、苞葉に包まれている。 偽果は長さ約3mm。 先端は花柱が残って尖り、数個の突起がある。 縦断面。 中に1個の果実がある。 果実は黒色で、長さ約2mm。 長さ約2. 5mm。 偽果は雄果穂の基部の葉腋につく。 2011年11月26日 果実は偽果 玉湯 2012年6月18日 東忌部 2007年7月7日 東持田 下部の葉は対生する。 上部の葉は互生する。 2003年9月11日 蕾 東出雲 島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。

次の

タムワース種

ぶた図鑑

ツンツンヘアーがかっこいいぶたさん。 祖先は背中一面ツンツンの らしい。 ブリーディングで地味に色々なぶたの親になる。 たまにセンターから入荷するので、メスだったらブリーディングで新しいぶたを産ませてみるといいかも。 イギリスのタムワースという町が起源の豚で、かなり古い豚らしい。 1860年ごろには既にタムワース種として品種が登録されていたんだとか。 寒かろうがエサが無かろうがしぶとく育つのが特徴らしいが、 最近の養豚の育成方法にはあまり合わないらしく、頭数が減ってきているらしい。 説明文にある、10日間も逃げた2頭の豚のエピソードは1998年の話らしい。 参考1: 参考2: 参考3:() 結局最後は麻酔銃でハントされて捕まったが、その頃にはすっかり人気者になってしまっていて、 珍しい生き物を飼育する慈善団体に引き取られたんだとか。 その後十数年もの間、平和に暮らしたそうな。

次の

ブタクサ

ぶた図鑑

ツンツンヘアーがかっこいいぶたさん。 祖先は背中一面ツンツンの らしい。 ブリーディングで地味に色々なぶたの親になる。 たまにセンターから入荷するので、メスだったらブリーディングで新しいぶたを産ませてみるといいかも。 イギリスのタムワースという町が起源の豚で、かなり古い豚らしい。 1860年ごろには既にタムワース種として品種が登録されていたんだとか。 寒かろうがエサが無かろうがしぶとく育つのが特徴らしいが、 最近の養豚の育成方法にはあまり合わないらしく、頭数が減ってきているらしい。 説明文にある、10日間も逃げた2頭の豚のエピソードは1998年の話らしい。 参考1: 参考2: 参考3:() 結局最後は麻酔銃でハントされて捕まったが、その頃にはすっかり人気者になってしまっていて、 珍しい生き物を飼育する慈善団体に引き取られたんだとか。 その後十数年もの間、平和に暮らしたそうな。

次の