工場 仕事。 工場のマシンオペレーターとは?仕事内容や向き・不向きも紹介します

工場の仕事内容が知りたい!自動車工場に4年勤めた経験からメリット・デメリットも解説

工場 仕事

Ryota 工場が1番嫌がることって『機械を止めること』です。 製造スピードが落ちちゃいますからね。 なので、常にラインが稼動しています。 休憩時間以外はホっとする時間もないですね。 離職率が高く求人が多い仕事内容です。 一方で他部署より給与が上がりやすくボーナスが高い工場もあります。 私はそうでした。 異物混入したら製品回収で終わりですからね。 エアーシャワーやコロコロも使います。 クリーンルームは空調も整っており仕事の比較的ラク。 ただし5Sの徹底が必要です。 お湯を使う現場だと二次更衣の服が暑くてベトベトするのでつらいです。

次の

工場の仕事はどんな業種がある?業種・職種一覧

工場 仕事

Ryota 工場が1番嫌がることって『機械を止めること』です。 製造スピードが落ちちゃいますからね。 なので、常にラインが稼動しています。 休憩時間以外はホっとする時間もないですね。 離職率が高く求人が多い仕事内容です。 一方で他部署より給与が上がりやすくボーナスが高い工場もあります。 私はそうでした。 異物混入したら製品回収で終わりですからね。 エアーシャワーやコロコロも使います。 クリーンルームは空調も整っており仕事の比較的ラク。 ただし5Sの徹底が必要です。 お湯を使う現場だと二次更衣の服が暑くてベトベトするのでつらいです。

次の

工場・製造業求人ならジョブハウス工場

工場 仕事

じゃあ仕事内容を簡単に解説していくね。 ライン(流れ)作業 『ライン作業』という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。 それだけ工場の仕事の中で、もっとも多くの割合を占める仕事でもあります。 内容は、ベルトコンベアや台車に乗って流れてくる製品に、パーツや部品を組み付けていく作業です。 1人が担う作業自体は小範囲で、多人数のライン作業者で完成に向け仕上げていきます。 流れ作業というだけあって、小範囲の仕事をひたすら繰り返します。 慣れれば簡単で、単純な作業です。 おおむね1日の生産数が定められており、目標数量に達すればその日の仕事はおわりとなります。 逆に達しなければ、残業や休日出勤が発生します。 資格取得は簡単なので、物流の仕事がしたい人は先に資格を取っておくといいかも。 保全作業 文字どおり、現場の安全を守ります。 主に工場の設備・機械のメンテナンスが担当で、勤務中は工場内を巡回します。 他には急なトラブル対応や、簡単な設備の修理も行わないといけません。 よって、専門的な知識も必要になります。 転職してすぐに就ける仕事ではないので、希望しても就くのが難しい仕事です。 生産管理 担当部署の生産台数を管理します。 計画台数をもとに、日々の生産数を設定し、進捗管理をしていきます。 計画に対して遅れが発生すれば、挽回のために残業を計画し、それでも間に合わなければ休日出勤を設定します。 裏方でありながら、工場にとってはとても大切な仕事の1つです。 工場の中では数少ない知的労働なので、大卒者やエリートとされる人が担当することが多い。 現場改善作業 ライン(流れ)作業の効率を上げるために、現場にテコ入れをする仕事です。 必要とあれば、設備に手を加えたり、新しい設備を作ったりもします。 工場では仕事の数を『工数』とたとえて表現します。 改善担当者は、この工数を少なくするのが目的です。 工数が減れば作業にかかる手間・時間を抑えることができるため、人員の削減にも役立ちます。 とはいえ、仕事のやり方自体から見つけ直さなければいけないので、創造力が必要な仕事でもあります。 工場で仕事をするメリット 仕事内容がわかったところで、筆者が思う工場で働くメリットを挙げていきます。 これらに共感できる人は工場の仕事が合っているかも。 仕事が簡単 基本的に難しい仕事はありません。 慣れるまで大変なこともありますが、どんな仕事も1~2週間で習得できます。 慣れてしまえば、あとは単純作業の繰り返しです。 とくに考えることなく、仕事がこなせるようになるでしょう。 人とのコミュニケーションがなくて済む 朝礼や終礼、休憩時間を除くと、人と関わることがほとんどありません。 担当工程が1人であれば、1人黙々と作業をすることになります。 「人とのコミュニケーションが苦手」 「なるべく人との関わりが少ない仕事がいい」 こんな方には最適な仕事ではないでしょうか。 販売職や営業職で対人関係に疲れた方には、とくにおすすめです。 対人関係によるストレスが少ないのは、想像以上に楽だよ。 数字(売上)に追われない 個人的に1番のメリットだと感じるのはこれ。 とくに販売・営業職経験者は共感していただけるのではないでしょうか。 上記職種だと、どうしても売上ノルマが課せられますよね。 達成できれば問題ないですが、未達成時のプレッシャーといえば、筆者は思い出したくありません・・・ 対して 工場の仕事は生産の計画台数があるだけで、個人にプレッシャーがかかることはありません。 生産台数なんて、労働時間さえ増えれば、必然的に増えますからね。 実際に販売・営業職から、工場の仕事に転職する人も多いと聞きます。 それだけ、みんな対人関係に疲れたり、数字に追われることに嫌気がさしたりしてるんですね・・・ でも熱中症には気を付けてね。 水分補給は大事。 長時間労働がない 昨今、問題視されている長時間労働ですが、工場では起こりえません。 それはなぜか? 基本的に交代制勤務なので、ある一定時間以上の残業はできない仕組みになっているからです。 わかりやすく、筆者が勤務していた工場を例にしてみます。 早番=6:30~15:00• 遅番=16:00~24:30 上記を見てわかるとおり、早番はどんなに残業をしたくても1時間しか残業できません。 一見、遅番は残業しようと思えばできそうですが、そこはきちんとしたルールがありました。 「1日の残業は2時間まで」 よって、遅番も長くても2時間の残業しかありませんでした。 工場で働いてたときは、1日2時間を超える残業はありえなかったもんな。 残業代は全額支給 前述したとおり、設備の稼働時間に応じて、労働時間も記録に残る仕組みになっています。 そのため、社員が仕事をした時間も偽ることができません。 したがって、 残業代は働いた分だけ、すべて支給されます。 当然と言えば当然ですが、『サービス残業』という言葉が横行する時代です。 残業代がフルで支給されることも、メリットになるのではないでしょうか。 社員食堂がある 大きな工場に限られますが、社員食堂が設けてあります。 これの何がメリットかというと、安価な価格で食事ができるという点です。 最近はコンビニでご飯を買うにしても、1食700~1,000円くらいかかりませんか? 夜勤手当や交代手当がもらえるのは正直嬉しい。 あっ、一応日勤だけの部署もあったよ。 繁忙期は休日出勤が多くなる これはどの業界、仕事にもありえることだと思います。 ただ、工場は残業時間がある程度決まっているため、生産に遅れが出ると休日出勤が発生しやすくなります。 とくに 繁忙期は、毎週のように休日出勤がありました。 日々の残業をこなしての休日出勤は、なかなか堪えます。 繁忙期は製造している製品によって変わってきます。 新製品の立ち上げ当初とかは忙しかった記憶がありますね。 ただ、働いた分はすべて手当・給料としてしっかり支給されます。 お金を稼ぎたい人には、デメリットではなくメリットになるかもしれません。 2つ以上当てはまったら、工場の仕事への転職を考えてみてはいかが? 簡単な仕事がしたい人 工場の仕事には、複雑な技術や知識も必要ありません。 本記事内で何度も言っていますが、はっきり言って仕事は簡単です。 かつ機械といった無機物が相手の仕事なので、面倒な感情論も入ってきません。 「余計なことは考えず仕事をしたい」 「できるだけ簡単な仕事をしたい」 こんな人にはぴったりの仕事です。 人とのコミュニケーションが苦手・嫌いな人 無機物相手の仕事で、感情論いらずの工場では、人とのコミュニケーションを最小限に抑えることができます。 休憩時間さえ1人で過ごしてしまえば、朝礼・終礼以外はとくに人と関わらないでいい日がほとんどです。 「人との関わるのが面倒」 「なるべく1人で黙々と仕事したい」 こんな人に向いている仕事です。 数字(売上)に追われたくない人 販売や営業職で数字に追われることに疲れた人にもおすすめです。 不具合を出すことなく、計画台数さえこなせれば、何も文句は言われません。 とにかく、売上ノルマがないと精神的に楽です。 まちがいなく仕事でのストレスが少なくなります。 学歴不問・未経験可の仕事を探している人 特殊な工程以外では、学歴も経験も求められません。 なので、そういった条件で探している人にはおすすめしたい仕事でもあります。 学歴や経験のない方でも、コツコツと努力できる人は向いている仕事です。 お金を稼ぎたい人 残業代がフルで支給されるため、忙しい工場で働けば、かなり稼げます。 期間工や派遣の募集を見ると、ほとんどが寮付きです。 家賃を含めた生活費を抑えることができて、その上で稼げるということです。 学歴や経験いらずで稼げる仕事は、そう多くはありません。 お金を稼ぎたい人は工場での仕事を検討してはいかがでしょうか?.

次の