ライン ビデオ 通話 人数。 LINEグループビデオ通話の使い方!全機能を完全解説

LINEで「オンライン飲み会」をするには? やり方を解説

ライン ビデオ 通話 人数

グループ通話の人数制限グループ通話への参加に人数制限はなし。 ただし、グループビデオ通話の画面表示は5人まで。 (切替可能) 音声通話・ビデオ通話ともに グループのメンバーなら何人でも参加okです。 (ライブ配信は200人まで) 最大50人のと違って参加人数には制限がありませんよ。 でも、グループビデオ通話の画面については表示できるのは4人までとなっています。 分割表示・全体画面どちらの場合でも画面内の参加者一覧から友だちを選び、タップやスワイプで切り替えできます。 途中で招待もok!ライングループで複数で通話するやり方【かけ方・受け方】 がわかったところで、実際にやってみましょう。 LINEグループでの音声通話・ビデオ通話のかけ方・受け方を紹介していきますね。 まずかけ方については、3人以上の複数でも1対1のトークのときとまったく同じです。 グループのトークルームを開いたら「電話のマーク」をタップすれば音声通話・ビデオ通話・Liveが選択できますよ。 ここは1対1のときと違って電話が鳴るのではなく、スマホのポップ通知・LINEのトークに通知がぴょこんと表示されますよ。 音声通話・ビデオ通話を受ける、つまりグループ通話に参加するには「参加」をタップすればokです。 (ふつうにトークから「参加」をまた押せばok) また、通話に参加していないメンバーを招待することもできます。 画面右上の人型アイコンをタップし、招待したいメンバーを選んで「招待」をタップすれば送れますよ! もちろんグループ通話はしていないと使えません。 複数の友だちで話したいならまずはグループを作りましょうね。 通話できない・音が聞こえない原因• メンバーが自分しかいない• スピーカー・マイクの設定 それぞれもう少し説明しますね。 まず、グループ通話が始まらないときは「メンバーが自分だけ」という場合です。 音声通話・ビデオ通話どちらもスピーカーとマイクのオン・オフを切り替えできます。 これ、間違えがちなので気をつけてくださいね! ちなみには関係ありません。 たとえメンバー内の誰かとブロック関係にあっても グループ通話ではブロック相手とも通話可能なんですよ。 まとめ さいごに、今回の「LINEグループ通話」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の

【更新】Zoomだけじゃない。無料で使えるビデオ会議アプリ徹底比較……Teams、LINEのメリット・デメリットとは

ライン ビデオ 通話 人数

LINE WORKSの音声・ビデオ通話機能は最大200人で利用できます。 LINE WORKSでは、あらゆる状況でのコミュニケーションをサポートするために、トークやメールのほかに 無料の音声・ビデオ通話機能を提供しています。 もちろんスマホで通話しながら、画面を切り替えてトークやメールを確認することも可能です。 通話方法 電話をかけたい相手のプロフィール画像をタップし、[無料通話]アイコンをタップします。 トークルーム画面右下のアイコンやトークルームのメニューから電話を発信することもできます。 [注意] LINE WORKSの音声・ビデオ通話は無料で利用できます。 ただし、スマホなどで通話機能を利用する場合、ご契約のキャリア料金プランによっては、データ通信料金が発生することがあります。 通話履歴もトークルームで確認 通話時間や不在着信はトークルームに記録されます。 スマホの場合、受話器アイコンが表示されているメッセージをタップすると、電話をかけてきたメンバーのプロフィール情報が表示されて、トークはもちろん、電話発信やメールの送信、予定への招待ができます。 PCの着信設定 通話は、スマホとPCどちらでも受けることができます。 通話中に画面を切り替える 通話中にトーク内容を確認するなど、LINE WORKS のほかの画面を見たいときは、通話画面右上のアイコンをタップします。 通話画面が最小化されて、ほかの LINE WORKS サービスを操作できます。 通話画面に戻るには画面上部の[通話画面に戻る]をタップします。 状況に応じて、トークとあわせて音声・ビデオ通話を活用しましょう。 相手の声を聞き、顔を見れば、仕事のコミュニケーションもさらに深まります。 [ヘルプ:] [ヘルプ:] LINE WORKSの音声・ビデオ通話機能は最大200人で利用できます。 LINE WORKSでは、あらゆる状況でのコミュニケーションをサポートするために、トークやメールのほかに 無料の音声・ビデオ通話機能を提供しています。 もちろんスマホで通話しながら、画面を切り替えてトークやメールを確認することも可能です。 通話方法 電話をかけたい相手のプロフィール画像をタップし、[無料通話]アイコンをタップします。 トークルーム画面右下のアイコンやトークルームのメニューから電話を発信することもできます。 [注意] LINE WORKSの音声・ビデオ通話は無料で利用できます。 ただし、スマホなどで通話機能を利用する場合、ご契約のキャリア料金プランによっては、データ通信料金が発生することがあります。 通話履歴もトークルームで確認 通話時間や不在着信はトークルームに記録されます。 スマホの場合、受話器アイコンが表示されているメッセージをタップすると、電話をかけてきたメンバーのプロフィール情報が表示されて、トークはもちろん、電話発信やメールの送信、予定への招待ができます。 PCの着信設定 通話は、スマホとPCどちらでも受けることができます。 通話中に画面を切り替える 通話中にトーク内容を確認するなど、LINE WORKS のほかの画面を見たいときは、通話画面右上のアイコンをタップします。 通話画面が最小化されて、ほかの LINE WORKS サービスを操作できます。 通話画面に戻るには画面上部の[通話画面に戻る]をタップします。 状況に応じて、トークとあわせて音声・ビデオ通話を活用しましょう。 相手の声を聞き、顔を見れば、仕事のコミュニケーションもさらに深まります。 [ヘルプ:] [ヘルプ:].

次の

【更新】Zoomだけじゃない。無料で使えるビデオ会議アプリ徹底比較……Teams、LINEのメリット・デメリットとは

ライン ビデオ 通話 人数

グループ通話の人数制限グループ通話への参加に人数制限はなし。 ただし、グループビデオ通話の画面表示は5人まで。 (切替可能) 音声通話・ビデオ通話ともに グループのメンバーなら何人でも参加okです。 (ライブ配信は200人まで) 最大50人のと違って参加人数には制限がありませんよ。 でも、グループビデオ通話の画面については表示できるのは4人までとなっています。 分割表示・全体画面どちらの場合でも画面内の参加者一覧から友だちを選び、タップやスワイプで切り替えできます。 途中で招待もok!ライングループで複数で通話するやり方【かけ方・受け方】 がわかったところで、実際にやってみましょう。 LINEグループでの音声通話・ビデオ通話のかけ方・受け方を紹介していきますね。 まずかけ方については、3人以上の複数でも1対1のトークのときとまったく同じです。 グループのトークルームを開いたら「電話のマーク」をタップすれば音声通話・ビデオ通話・Liveが選択できますよ。 ここは1対1のときと違って電話が鳴るのではなく、スマホのポップ通知・LINEのトークに通知がぴょこんと表示されますよ。 音声通話・ビデオ通話を受ける、つまりグループ通話に参加するには「参加」をタップすればokです。 (ふつうにトークから「参加」をまた押せばok) また、通話に参加していないメンバーを招待することもできます。 画面右上の人型アイコンをタップし、招待したいメンバーを選んで「招待」をタップすれば送れますよ! もちろんグループ通話はしていないと使えません。 複数の友だちで話したいならまずはグループを作りましょうね。 通話できない・音が聞こえない原因• メンバーが自分しかいない• スピーカー・マイクの設定 それぞれもう少し説明しますね。 まず、グループ通話が始まらないときは「メンバーが自分だけ」という場合です。 音声通話・ビデオ通話どちらもスピーカーとマイクのオン・オフを切り替えできます。 これ、間違えがちなので気をつけてくださいね! ちなみには関係ありません。 たとえメンバー内の誰かとブロック関係にあっても グループ通話ではブロック相手とも通話可能なんですよ。 まとめ さいごに、今回の「LINEグループ通話」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の