ショート メッセージ サービス。 重要なお知らせ SMS(ショートメッセージサービス)によるご案内について

SMS(ショートメッセージサービス)を送受信するための設定方法

ショート メッセージ サービス

SMS(ショートメッセージサービス)による国民健康保険料の督促状送付のお知らせ 千葉市では令和2年6月に、SMS(ショートメッセージサービス)により、国民健康保険料の納付義務者の方々に対して督促状の送付をお知らせするメッセージを送信いたしました。 令和2年度5月期(令和2年6月1日納期限)の納付を確認できなかった方が対象です。 送信日 令和2年6月23日(火曜日) 発信元 千葉市健康保険課 発信電話番号 043-245-5164 送信メッセージ内容 「千葉市役所です。 5月期の国民健康保険料の納付が確認できないため、督促状を発送しております。 ) 督促状について 納期限を過ぎても国民健康保険料の納付義務者が保険料を納付しないときに、千葉市国民健康保険条例第29条の規定により送達されるものです。 督促状に記載の納付指定期限までに未納の保険料を納めてください。 納付指定期限までにお納めいいただけない場合、勤務先・金融機関等への財産調査や差押等の処分を行う場合があります。 また、督促状は作成開始までに確認できた納付情報のみを反映しております。 そのため、納付済みにもかかわらず、行き違いで督促状やメッセージがお手元に届くことがありますが、ご容赦ください。 国保の保険料の収納が不足すると、十分な給付が行えなくなり、国保に加入している方の医療費負担が大きくなってしまいます。 助け合いの制度である国保を守るためにも、必ず納期までに保険料を納めてください。 担当:保健福祉局 医療衛生部 健康保険課 徴収対策班 TEL 043-245-5164.

次の

ショートメッセージサービス

ショート メッセージ サービス

目次・メニュー 1. (iPhoneなどApple製通信機器へもSMSで送受信したい場合には、一部設定の変更が必要になります。 ) データ通信のみのSIMカード以外であれば、iPhoneでSMSを利用するための特別な設定は不要 日本の携帯通信キャリアと呼ばれるNTTドコモ、au、ソフトバンクのメールサービスで、SMSに対応するのは、以下となります。 NTTドコモ ショートメールがSMSに対応します。 au CメールがSMSに対応します。 ソフトバンク ショートメールがSMSに対応します。 SMSの設定は、iPhoneの初期設定の時に完了している iPhoneでは、SMSを利用するために特別な設定は不要です。 iPhoneの初期設定(アクティベーション)の中で行われている「挿入されたSIMカードののモバイル通信回線の認証(アクティベーション)」が完了すれば、設定アプリ等で特別な設定をしなくてもメッセージアプリでSMSの送受信を行うことが出来ます。 iPadのWi-Fi接続モデルは、SMSは利用できない iPadの場合、「Wi-Fi+セルラーモデル」と「Wi-Fi接続モデル」の二つもモデルがありますが、「Wi-Fi接続モデル」の場合には、携帯電話会社の音声回線に接続することが出来ないので、SMSは利用することは出来ません。 MMSとiMessegeについては、利用することは可能です。 格安SIMカードの場合には、APN設定が必要 通信キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)のSIMカードをiPhoneに挿入して使用する場合には、先程も説明しましたが、SMSを利用する上での設定は不要です。 iPhoneにSIMカードを挿入して、iPhoneの電源を入れた後に実行される初期設定を行うことで、携帯電話会社の音声回線を利用するためのAPN設定が自動的に行われるからです。 しかし、格安SIMカードの場合には、SIMカードを挿入して、iPhoneの初期設定を行っても自動的に音声回線を利用するAPN設定は行われません。 iPhoneの初期設定を完了した後、Safariアプリで挿入している格安SIMカードの公式Webページを開いて、プロファイルをダウンロードしてインストールする必要があります。 については、こちらのページをご覧ください。 尚、データ通信のみの格安SIMカードを挿入している場合には、元々SMS(ショートメッセージサービス)は使用することは出来ません。 SMSは、携帯電話の音声通信回線を利用しているので、音声回線の使用出来ないデータ通信のみのSIMカードの場合には利用することは出来ません。 メッセージアプリをSMSとMMSのみで使用する場合の設定方法 先程、SMSをメッセージアプリで送受信する上で、特別な設定は不要ですとご説明しましたが、メッセージアプリで、iMessageを使用せずに、SMSとMMSのみだけしか利用できないようにしたい場合には、メッセージアプリの設定を変更する必要があります。 送信先がiPhoneなどのApple社製の通信機器の場合には、メッセージアプリが自動的に、iMessegeでメッセージの送信を行います。 ユーザーがメッセージ画面で、SMSやMMSを指定してメッセージを送信することは出来ません。 iMessage iPhoneなどのApple社製の通信端末機器は、契約している携帯電話会社の提供しているSMSやMMSとは別に、iMessegeというインターネット回線を使ったメッセージサービスを利用することが出来ます。 iMessegeで送受信できる相手は、インターネット通信の出来るApple社製の通信機器のみとなります。 メッセージアプリでSMSとMMSのみ利用に限定する場合の設定方法(iMessageを使用不可にする設定方法) iMessageは、SMSやMMSと違い、携帯電話会社の音声通話回線を利用しないので、通常、SMSやMMSの通信でかかる通信料を安く抑えることが出来ます(Wi-Fi接続でない場合にはインターネット接続までのパケット料はかかります。 そのため、iMessageを使用不可にする人は少ないと思いますが、iMessageを使用すると、相手に、iPhoneまたはiPadを利用しているということが推測されるのでそれが嫌だという人もいるかもしれませんね。 メッセージアプリでiMessageを使用不可にするには、次の操作手順でメッセージアプリの設定を変更します。 設定アプリを開く• メッセージアプリ設定画面を開く• iMessageをオフに設定する 1. 設定アプリを開く カテゴリーメニューリスト•

次の

SMS(ショートメッセージサービス)とメールって結局何が違うの?という人の為の記事。5項目に分けて解説してみました。

ショート メッセージ サービス

表示価格は特に断りがない限り税抜です。 ソフトバンクは、ショートメッセージサービス(以下、SMS)をより便利にお使いいただくために、2019年9月10日(火)より、以下の内容について一部変更をいたします。 変更内容 他事業者の携帯電話やPHSへ送信可能なSMSの文字数を従来の70文字(半角英数字のみの場合160文字)から670文字(半角英数字のみの場合1530文字)へ拡張いたします。 これにより、送信先が他事業者の携帯電話であったり、PHSであっても、長文のSMSを送信できるようになります。 変更日時 2019年9月10日(火)以降 注意事項 送信相手先がSMS付きプランを契約している必要があります。 SMS送信料 送信文字数に応じて1回あたり3~30円の送信料がかかります。 (ご利用の機種またはアプリにより1回に送信可能な文字数が異なります。 受信先によっては正常に受信されない場合や、正常に受信されない場合でも送信した文字数分の送信料がかかる場合があります。 送信文字数 1回あたりの料金(税抜) 2バイトで換算した場合 半角英数字のみの場合 1~70文字 1~160文字 3円 71~134文字 161~306文字 6円 135~201文字 307~459文字 9円 202~268文字 460~612文字 12円 269~335文字 613~765文字 15円 336~402文字 766~918文字 18円 403~469文字 919~1071文字 21円 470~536文字 1072~1224文字 24円 537~603文字 1225~1377文字 27円 604~670文字 1378~1530文字 30円 お客さまの利用方法 iPhoneご利用の方 設定変更せずにご利用いただけます。 Androidでご利用の方 「+メッセージ」アプリバージョン10. 11以降 ご利用には設定変更が必要になります。 「マイページ」>「設定」>「メッセージ」>「連結SMSで送信」をON 「SoftBankメール」アプリバージョン8. 0以降 ご利用には設定変更が必要になります。 「設定」>「共通設定」>「連結SMSで送信」をON• Android 4. 4以前の一部の端末ではご利用いただけません。

次の