コロナ ウイルス いつまで 続く のか。 新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

【風水で解説】コロナウイルスのピークはいつ?

コロナ ウイルス いつまで 続く のか

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

コロナ禍はいつ収まるのか、山中教授が出した答え:日経バイオテクONLINE

コロナ ウイルス いつまで 続く のか

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、12週間のうちにイギリスはウイルスに対して「形勢を逆転できる」だろうし、イギリスはウイルスを「追い払う」ことができるはずだと述べた。 しかし、たとえ今から3カ月の間に感染者が減り始めたとしても、まだまだ終わりからは程遠い。 首相は潮目を変えると言ったが、潮が完全に引くまでにはかなりの時間がかかる。 下手をすると何年もかかるかもしれない。 社会の大部分を停止させるという現在の戦略を、長期的に継続するのは不可能だ。 それははっきりしている。 社会と経済の損失は、とてつもないものになる。 各国は「出口戦略」を必要としている。 様々な規制を解除して、平常に戻るための方策だ。 けれども、新型コロナウイルスは消えてなくなりはしない。 ウイルスを押さえ込んでいる規制を解除すれば、症例は否が応でも一気に増える。 日常生活が一変、世界各地の状況は? 新型ウイルス 英エディンバラ大学のマーク・ウールハウス教授(感染症疫学)は、「出口戦略はどういうもので、どうやって今の事態から抜け出すのか、大問題を抱えている」と話す。 「イギリスだけではない。 どこの国にも、出口戦略がない」 科学にとっても社会にとっても、これはとてつもない問題だ。 この混乱から抜け出すための方法は、煎じ詰めれば次の3つだ。 ワクチン• 相当数の人が感染して免疫をつける• 自分たちの行動や社会のあり方を恒久的に変える どの道を選んでも、ウイルスの拡散を防ぐ効果がある。 ワクチン - 少なくとも1年~1年半は先 ワクチンの摂取を受ければ免疫がつくので、ウイルスに接触しても発症しない。 それなりの人数、たとえば人口の約6割が免疫をつければ、ウイルスの大流行は起きない。 これがいわゆる「集団免疫」の概念だ。 アメリカで今月半ば、初めて試験的にワクチン接種を受けた人がいる。 通常ならば動物実験を繰り返して初めて人間相手の治験が許可されるものだが、今回はその手続きの省略が認められたのだ。 かつてないペースでワクチン開発が進められているが、成功の保証はないし、実用可能になっても世界全体での摂取が必要になる。 全てが順調に行っても、ワクチン開発にはまだ1年から1年半はかかるだろう。 かなり先の話だ。 平時において前例がないほどの制約を社会に強いている状態で、1年から1年半も待つのは大変だ。 「ワクチンをただ漫然と待つことを、戦略という立派な名前で呼ぶべきではない。 そんなものは戦略とは呼ばない」と、ウールハウス教授はBBCに話した。 自然の免疫 - 少なくとも2年先 イギリスの当面の短期的戦略は、医療機関がパンクしないように、感染者数をできる限り抑制するというものだ。 集中治療病床が不足すれば、すなわち死者数が急増してしまうので。 感染をいったん抑えることができれば、一部の規制策は一時的にでも解除できるかもしれない。 その内にまた感染が増えて、規制再開が必要になるかもしれないが。 これがいつになるのかは、不透明だ。 英政府の首席科学顧問、サー・パトリック・ヴァランスは、「何がいつどうなると、はっきりした時系列を定めるのは無理だ」と述べている。 しかし規制をしばし解除すれば、そういうつもりはなくても、感染者が次々と増えて集団免疫の獲得につながるかもしれない。 しかし、免疫が十分に積み上がるには、何年もかかるかもしれない。 インペリアル・コレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は、「できれば国民のごく一部が感染するだけで済むレベルに、伝播(でんぱ)をいかに抑えるかという話だ」と説明する。 「なのでこの対応を2年余り続けたとして、もしかするとその時点ですでに、必要なだけの国民がすでに感染を経験していて、免疫を獲得していたとする。 そうすれば、その人たちが、社会全体を守る防波堤になる」 しかし、この集団免疫がいつまで続くのかは疑問だ。 普通の風邪のような症状を引き起こす他のコロナウイルスは、感染してもあまりしっかりした免疫がつかない。 だからこそ、同じウイルスに何度も感染して発症する人が出てくるのだ。 代替案 - 明確な終息なし 「3つ目の選択肢は、自分たちの行動形式を決定的に変えることだ。 感染率を低く抑えるために」と、ウールハウス教授は言う。 すでに実施された対策を今後もずっと続けるというのも、ひとつの方法かもしれない。 あるいは、アウトブレイク(大流行)を制御するため、検査と隔離を徹底して行うことも、やり方としてはあり得る。 「早期発見と接触者の追跡を試してみたが、うまくいかなかった」と教授は付け足す。 新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」に効く治療薬の開発も、他の戦略を補完する。 症状が出たとたんに患者に使えば、次の人への伝染を抑えられる。 これは「感染制御」と呼ばれるプロセスだ。 あるいは、入院患者の症状を薬で和らげ、集中治療室の負担を減らすという意味もある。 これによって、ロックダウン(外出禁止)を再開してしまう前に、まずは急増した感染者を手当てできるようになる。 集中治療病床を増やすことも、大規模なアウトブレイクへの対応能力を増やすという意味で、同じような効果がある。 英政府の医療対策責任者、イングランド主任医務官のクリス・ウィッティー教授に、どういう出口戦略を用意しているのか質問してみた。 「長期的には明らかに、ワクチンがひとつの脱出方法だ。 できるだけ早くに開発されることを、みんな期待している」と、教授は答えた。 「あとは地球全体として、科学が答えを見つけるよう、期待している」 (英語記事 ).

次の

【コロナいつまで自粛?】休業・収束日予想【バフェット・集団免疫】

コロナ ウイルス いつまで 続く のか

「新型コロナウイルス」ということは「旧型コロナウイルス」があるということです。 既知のコロナウイルスとそれによる感染症がよく知られているところです。 既知のコロナウイルスは2種以外は弱毒の、いわゆる風邪を引き起こすウイルスとして有名です。 新型と既知のコロナウイルスの違いはその「毒性」で、新型コロナウイルスも、ウイルスとしては既知のコロナウイルスと変わりはしません。 これは先行した中国の実態研究調査結果などからみても、否定できないことでしょう。 コロナウイルスは、その大きさが小さいことから、体外に放出されたものが遠くまで飛散する、飛散して何かに付着したら、その大きさが小さいが故に「こびりついて」、なかなか落ちない、体外に放出されてから、環境中で生きている時間が長い、少ない数でヒトの体の防衛線を突破するというのが特徴で、これが強力な感染力の理由です。 ウイルスの感染力の強弱は、かなり物理的な根拠をもって説明できるもので、コロナウイルスの感染力は、例えばノロ・ウイルスと比べれば弱いと考えられるが、インフルエンザウイルスと比べれば強いと考えられるというものです。 このため、意識されていないだけで、既知のコロナウイルスによるいわゆる風邪は実によくヒトからヒトにうつっていて、「私は風邪をひかない」と言う人は「うそつき」なんて医師は笑いながら指摘します。 実際にはそういう人も症状が出ないだけで、年に5、6回は風邪をひいているとされています。 既知の弱毒のコロナウイルス感染は、まだ、それこそ「あなたねぇ・・・私は風邪をひかないなんてウソ!」と笑い話にもできますが、新型の強毒のこいつはそうはいきません。 それで世界中が大変なことになっているというわけです。 もっとも、既知の弱毒のコロナウイルス感染でも、重症化して肺炎に至り、亡くなってしまう方も従来から少なからずいらっしゃるわけであり、現状の「およそ意識されていない」というのはどうなのだと思いますが。 さて、そのことから、普通一般のいわゆる風邪の流行で、そこそこに考えることができます。 コロナウイルスの拡散を阻害する自然の力は、太陽の紫外線と高湿気であるため、梅雨のある「日本の場合」、6月に入ると普通一般のいわゆる風邪は例年、急速に収まります。 しかし収まらない年もあります。 それは患者数が多い年、まさに「数は力なり」で、コロナウイルスの拡散を阻害する太陽の紫外線と高湿気を破って、真夏になってもいわゆる風邪の流行が続き、コロナウイルスは「越夏」、その年の冬は「大流行」になります。 すなわち重要なことは、今の段階で、とにかく「患者数を増やさないこと」であり、みんなが意識して感染抑制に協力し、国内の患者数を増やさないようにして梅雨を迎えるようにすることです。 感染抑制は、そのウイルスをよく知り、「その地でのその時の」そのウイルスに不利な自然条件と人工条件を活用することによって最大の効果を得ることができます。 政治的にはいろいろ言われますが、科学的には中国には中国の自然条件と人工条件を考えたやり方、米国には米国の自然条件と人工条件を考えたやり方、当然、日本には日本の自然条件と人工条件を考えたやり方があり、それがそれぞれに最も正しいのです。 日本の場合、これからの60日間の対応が、今後を決することになると思います。 日本はこれから大陽の紫外線が強くなり、晴天と雨天が交互にくるようになることから、抑え込みの絶好のチャンスとなります。 ここでしくじることは許されません。 日没後は太陽の紫外線による抑制効果がなくなってしまうことから、特に夜の外出を控え、人が集まらないようにしないといけません。 晴天の日中に窓を開けてしっかり風通しをするとともに、日光を室内に取り込むようにすること。 窓ガラスはこのウイルスに有効な紫外線の遮蔽効果が高いため、「窓を開けること」がポイントになります。 しかし、気象条件の違う海外諸国では「通年流行」となると考えられるところが多くある、これから冬を迎える南半球での流行が本格的になるかも知れないということから、検疫を厳とし、新たな持ち込みを徹底阻止するも重要です。 これらが上手くいけば、「日本国内では」、夏前までで概ね終息、警戒を緩めることはできないが、ひとまずは安心できる状態にまではなる、失敗したら、日本の今冬は、現在どころではない大流行となる可能性があります。 コロナウイルスはよく変異するウイルスであるため、そうなると今冬は「新新型コロナウイルス」の大流行になる可能性もあり、人の力ではどうやってももう止められなくなります。 わたしが一番危惧しているのが、日本人にもいたけど、感染したことが分かった時点で人に移してやるといっていた人が死亡しましたよね。 これは、中国人によく見かけられる考え方で、国内に居る在日中国人が「知らずに感染された品物などを中国から送ってもらって感染し」さらにその人が周りの関係者に移しまくる、という構図です。 オーストラリアでも「感染者である中国人女性が唾をバナナに吐きかけて、自己中心的に感染を爆発させようとしたことが話題になりました」動画でも見れます。 店のバナナ販売は中止され、その周辺の商品も廃棄され、商品棚は滅菌消毒まで損害賠償までされたようです。 とにかく、防疫対処法すら知らない、感染爆発させた普通の中国人たちの甘い考えは「日本国内の医療現場でも問題視されていて、感染が分かっているのに、大声で自己主張しながら、病院の待合室などで、他人に移しているという自覚も無いんだそうです。 中国人の自己中な発想が「医療現場で院内感染というトラップを仕掛けていることになっている現実があるため簡単に収まるはずの除菌対策と防疫対策だけで、すばやく収まるはずなんですよ。 それが院内感染によって増加が避けられず、一向に収まらないのです」日本人だけならなんとか収まりそうだったが、来日外国人の野放しな観光の継続と、中国からの感染された品物の為いまだに収束すらできず、被害者が増加しているのが現状です。 ユーチューブで「この一番まずい時期に外国人観光客があちこち観光していてその動画を投稿している」これは、感染の拡散であり、非常に危険な行為です、マレーシアでは日本人の数人が、集団でジョギングしていて逮捕されたように、感染源が特定されていない人たちの外出と拡散に対する法律が無い日本だと、頑張っている日本人だけが損するようになっている。 個人的意見で長文ですがお付き合いいただけるならば 東京都において 2月から3月末までの東京都の累計陽性患者数は指数関数的に増加しているので、感染者数を日別に片対数グラフでプロットすると、グラフは綺麗な直線となり10日で約3倍の増加率となっている事がわかります。 なお、3月下旬から直線は少し急峻な直線になります。 自然界はeを底とした指数関数に支配されています。 Excelですぐ作れます。 普段報道されているグラフは日別であって、しかも一次グラフなので跳ね上がることはわかっても、その数は想像がつきにくいと思います。 そのため片対数グラフを使うのです。 10日で3倍になるので一カ月で27倍、2カ月で729倍になります。 2月1日時点で陽性患者が例えば5人いれば現在すでに3500人が感染してることになります 症状がなくしかも検査をしていないのですからこれぐらいの未確認陽性患者がいてもおかしくありません。 しかし、首都圏は1千万人の人口なので、2月時点で仮に1万人感染していても、1000人に1人、0. 因みに、4月1日現在の東京都の累計陽性感染者は約600人ですから、5月10日時点では40日後になるので81倍で48000人になります。 東京都の5月15日までの予測は70000人でした。 10日で3倍になる計算は正しそうです。 ですから東京都においては、5月末で43万人、6月末で1161万人となりますがそれまでに飽和して4月末くらいから感染率が下がると思います。 今後は検査数が限られているので、検査数を上限として、それ以上増えないのではと思います。 つまり数字を追えないと言うことです。 それと自然治癒に10日かかるなら、10日前に感染した方は、陰性から陽性、自然治癒して抗体を持って陰性となるため、感染者累計数の3分の1の方が治癒しており、その方が防波堤となって感染スピードか鈍りましす。 わ 個人の行動範囲が鍵となります。 行動範囲が広く、多くの方に出会う方は、未罹患者に遭遇する確率は勿論上がり、広範囲に広がり感染スピードが落ちません。 ですから自宅待機が必要なのです。 それなのに、ヒマだから温泉旅行をしたり、田舎に疎開して新しい人に出会って感染しまくっているのです。 メガ媒介者です。 仮に入院される方が平均10日で退院されるなら、10日間に発生する入院患者を受け入れる事が可能です。 致死率2. 収束時期については個人の生活様式に大きく左右され対策によっても大きく変わるので収束時期は分かりません ただしips細胞研究者の山中教授は万全の対策をしても1年はかかると考えていると、おっしゃっておられました.

次の