インスタ ストーリー アーカイブ 足跡。 【インスタ】ハイライトって足跡つくの?既読を付けると投稿者にどうバレる?

【インスタ】ストーリーのハイライトを見ると足跡でバレる?徹底検証!

インスタ ストーリー アーカイブ 足跡

インスタグラムストーリーは投稿から24時間で自動的に消える人気機能です。 インスタを使っている人の中でも通常の投稿はあまりしないけどストーリーは毎日投稿しているという人も多いですよね。 ストーリーに関しては24時間で消えるから気軽に投稿できるというメリットが人気になっている反面、気に入ったストーリーはスマホに保存しているという使い方も多いです。 しかし、スマホに保存した写真はすぐに埋もれてしまうんですよね。 毎日写真を撮って保存しているとどれがストーリーの写真なのかわからなくなります。 そんな時に使えるのがストーリーのアーカイブ機能です。 投稿から24時間以上経過してもストーリーが見れるようにインスタ内のアーカイブで保存する事ができるようになってます。 このページでは24時間で消えてほしくないストーリーをインスタ内で保存できるアーカイブ機能とストーリーとの連携方法など使い方を詳しく解説します。 インスタストーリーのアーカイブ機能って何?と思っている方もいるでしょうから、まずはアーカイブ機能について解説します。 アーカイブとは簡単に言うと『一時保存する場所』という意味になります。 インスタのアーカイブ機能では通常の投稿写真をアーカイブに保存する事ができ、アーカイブ保存した写真は他人からは見えないようになって自分だけがアーカイブから閲覧できるようになるという仕組みです。 インスタのアーカイブ機能の基本的な仕組みや使い方が気になる方は以下を参考にどうぞ。 関連リンク• 元々は上記で解説してるように通常投稿の写真や動画だけをアーカイブ保存できる仕組みだったのですが、ストーリーもアーカイブ保存できる機能が追加されました。 その機能によって通常は投稿から24時間で消えるストーリーがアーカイブ保存する事で24時間経過してからも見れるようになったのです。 ストーリーをアーカイブに保存したり閲覧したりするやり方について以下で詳しく解説していきます。 ストーリーの投稿や閲覧ができるという仕様から考えるとアーカイブ機能についてもいづれは導入されてweb版からでも利用できるようになるのではないでしょうか。 元々インスタのweb版はアップデートが遅い状態となっていて、アプリ版で導入された機能も半年や一年くらい経ってからweb版にも導入されるという流れが多いです。 アーカイブ機能に関してもそれくらい気長に待っていれば使えるようになるのではと予想できます。 ストーリーをweb版で使用する方法については以下の記事で詳しく解説してるのでこちらも参考にして下さい。 関連リンク• このアーカイブの仕組みを考えるとストーリーの投稿もアーカイブ保存で消えてしまうのかと不安に感じる方もいる事でしょう。 しかしストーリーをアーカイブ保存しても元のストーリーは消える事はありません。 ストーリーは今まで通り24時間経過すると消えるという仕組みのままです。 通常の写真のようにアーカイブへ移動するという感じではなく、ストーリーとアーカイブの両方に保存されてという感じになります。 ただし上記でも解説した通り、ストーリーを削除した場合はアーカイブのストーリーも消えてしまいますし、アーカイブを削除すると公開中のストーリーが消えてしまいます。 この辺りの仕組みが少しややこしいので注意するようにしましょうね。 もしアーカイブが表示されない場合には一旦別のアカウントに切り替えして確認してみましょう。 サブ垢などでは正常に表示されてる場合にはアカウント自体に何か問題が発生しているのかもしれません。 その場合、少し時間を置いてから再度確認してみるようにしましょう。 また、サブ垢でも表示されない場合にはアプリ自体に不具合(バグ)が発生している可能性もあります。 インスタの不具合は数時間~1日くらいで改善されるケースも多いので焦らず少し待っておきましょう。 結局、アーカイブが表示されない場合には使えるようになるまで待つという方法しかなさそうですね。 アーカイブの保存期間について調査してみましたが、『いつまで保存できる』といった保存可能な期間というのは特に設定されてないようです。 今のところ保存期間がない状態でずっと保存できると考えて良さそうですね。 過去のストーリーもずっと保存しておけるというのはありがたいです。 しかし、今後のアップデートなどで保存期間が追加されるかもしれません。 その場合は当サイトで改めて情報更新を行ってお知らせしたいと思います。

次の

インスタのストーリーで足跡が見れない!詳細と対処法を徹底解説

インスタ ストーリー アーカイブ 足跡

そうすると閲覧者リストが表示され、ストーリーを見てくれたユーザーの名前やユーザーネームを確認できます。 この閲覧者リストにはフォロー外のユーザーや鍵垢も表示されるので、自分が誰かのストーリーを見る際はくれぐれもご注意ください。 また、24時間が経過してアーカイブに移動したストーリーは閲覧者リストが見れません。 ハイライト ハイライトと呼ばれる機能を使うと、上記でご紹介したストーリーを24時間経った後も自分のプロフィールページで公開できます。 投稿から24時間経過したストーリーをハイライトとして公開しても足跡はつかないのですが、24時間以内に公開した場合はストーリーと同じように足跡がつきます。 足跡の確認方法もストーリーと同じです。 インスタライブ インスタでライブ動画を配信できるインスタライブも誰が視聴してくれているのか確認できます。 視聴者数 画面上部の視聴者数をタップするとリアルタイムで見てくれているユーザーを確認できます。 ライブ終了画面 配信者はライブ終了画面でユニーク視聴者数と視聴者のアイコン・ユーザーネームを一部確認できます。 ですので、視聴者数の少ないインスタライブを視聴した場合は、ライブ終了画面に自分のユーザーネームやアイコンが表示される可能性があります。 ユーザーネームやアイコンの表示基準は明らかにされていないのですが、以下のような基準で表示されているものと思われます。 プロフィールページの閲覧• フィードの写真や動画の閲覧• ユーザー検索• IGTVの閲覧 IGTVには足跡を連想させるインサイト機能があり、そちらに「エンゲージメント」や「オーディエンスリテンション」といった項目があるのですが、これらは足跡には該当しないのでご安心ください。 2020年現在、インスタの足跡確認アプリはある? ストーリーやハイライトなどの足跡(閲覧履歴)は、インスタの公式アプリに標準で備わっている機能ですが、公式以外で足跡を確認できるアプリはあるのでしょうか? 結論を申し上げると、そのようなアプリは存在しません。 以前、誰かに自分のインスタグラムのプロフィールを見られたら通知を送信してくれるアプリという触れ込みで、「Followly」というアプリの広告がYouTubeで大々的に流れていたことがあります。 しかし、広告で紹介されていた「プロフィール閲覧者」という項目は存在しませんでした。 代わりに「プロファイルインタラクター」と呼ばれる、それらしき機能が用意されているのですが、こちらはただ単に自分の投稿にいいねしてくれたユーザーが表示されるだけで、尚且つ課金しないと見られない有料機能でした。 ですので、誰かがあなたのプロフィールを見ても通知されることはありません。 Followlyに似たアプリの例をもう一つ挙げると、あなたのインスタをストーカーしている隠れファンが知れる「Insta チェッカー」というアプリの広告も話題になりました。 このエンゲージ(反応)の回数がプロフィールを見た回数だと思われがちだったのですが、実際の所は自分がフォローしているユーザーでプロフィールを覗く可能性が高いユーザーが表示されているだけでした。 他にも古くは「insta fans catcher」や「Websta」といったアプリやサイトがあったのですが、いずれも正確に足跡を確認できるサービスではなく現在は閉鎖されています。 悪質なケースだと「InstaAgent」というアプリはインスタの足跡が見れると謳い、その実態はパスワードを盗み取るマルウェアだったというケースもあります。 (参考:) インスタが外部アプリの開発者向けに公開しているには、ユーザーのプロフィール情報や投稿にアクセスできる権限があるので、同じアプリの利用者でかつアプリ内で閲覧した人を調べる足跡アプリの制作は可能です。 ですが、そのような足跡は多くの方が確認したい足跡とは異なりますし、InstaAgentのような危険性もあるので、インスタの足跡が見れると謳うアプリが登場しても興味本位で利用しないことをおすすめします。 まとめ インスタの足跡を見る方法や足跡アプリに関する解説は以上です。 ストーリーやハイライト・インスタライブで足跡をつけてしまっても、アカウントを一時停止すれば足跡を消すことができます。 厳密にはアカウント削除でも足跡を消せるのですが、こちらは現実的な方法ではないので、足跡を消したい場合はアカウントを一時停止して24時間以上経ってから再開してください。

次の

インスタグラムのストーリー投稿方法から投稿内容の保存・削除、足跡機能までを詳しく解説

インスタ ストーリー アーカイブ 足跡

最近は、24時間で投稿が消える気軽さを魅力に感じ、ストーリーばかり投稿しているという方も多いのではないでしょうか。 一方で、「せっかく投稿したものをやっぱり残しておきたかった」「24時間だけではなくもっとたくさんの人に見てもらいたかった」と感じたこともありませんか。 そんな人に朗報です!インスタストーリーズに自動アーカイブ機能とハイライト機能が追加され、24時間経過後も投稿が(自分だけが見られる形で)残るようになり、さらにお気に入りのストーリーをプロフィールに掲載できるようになりました。 さっそくこの便利な新機能について詳しく紹介します。 インスタストーリーズのハイライト機能とは? インスタストーリーズとは、通常の投稿のようにフィードには表示されない、24時間で消える投稿のことです。 投稿一覧に残らないため気軽に投稿でき、特別なイベントは通常投稿、日常の出来事はインスタストーリーズに投稿するという使い分けをしている方も多いのではないでしょうか。 そして、今回、そのインスタストーリーズにハイライト機能が追加されました。 このハイライト機能を使うと今まで24時間しか表示されなかったはずの過去のストーリーをプロフィールに表示できます。 ストーリーズ ハイライトは、プロフィール画面にある自己紹介文の下に表示されます。 プロフィールから削除しない限り、ハイライトはプロフィールにいくつでも保存しておくことができます。 ストーリーのアーカイブ機能も追加 投稿のアーカイブ機能は以前からありましたが、ストーリーにもその機能が追加されました。 ストーリーの期限が切れると自動的にアーカイブに保存され、お気に入りのストーリーを後からもう一度再生したり、簡単にハイライトに追加したりできます。 ただし、アーカイブされたストーリーは自分だけが閲覧でき、ハイライトに追加したり再投稿したりしない限り他人からは見えません。 また、プロフィール設定で自動アーカイブをオフにすることもできます。 ストーリーズ ハイライトのやり方は? では早速ストーリーズ ハイライトを作ってみましょう!作成にあたっては、ストーリーズをあらかじめ投稿しておく必要があります。 ストーリーズ ハイライトの作成方法 1. 自分のインスタアカウントのメインページから、右上の時計のようなマークをタップすると、アーカイブ画面に遷移します。 アーカイブ画面右上の「…」をタップし、「ハイライトを作成」を選びます。 アーカイブされているストーリーの中から、ハイライトに追加したいストーリーを選択し、「次へ」をタップします。 ハイライトのタイトルを入力します。 「カバーを編集」をタップすると、カバー画像を編集することもできます。 編集が終わったら、右上の「完了」をタップします。 そうすると、作成したハイライトのカバー写真が丸いアイコンで表示され、タップするとストーリーが再生されます。 ストーリーズ ハイライトの編集方法 1. 一度アップしたハイライトを編集したい場合、該当のハイライトのアイコンを長押しし、「ハイライトを編集」を選びます。 ストーリーズ ハイライトの削除方法 1. 削除したいハイライトのアイコンを長押しし、「ハイライトを削除」を選びます。 確認がでてくるので、「削除する」を選べば完了です。 この場合、ハイライトが削除されるだけで、アーカイブに保存されたストーリー自体は残ります。 ただし、アーカイブに保存しているストーリー自体を削除してしまうと、ハイライトも自動的に消えてしまうので注意しましょう。 ストーリーズ ハイライトは足跡が残る? インスタストーリーズは閲覧した人がわかるようになっていますが、ハイライトも同じです。 誰が見たか足跡がつきますので、閲覧者をチェック可能です。 特定の人の投稿を何度も見に行ったりして、足跡がつくことが気になる方は注意しましょう。 ストーリーズ ハイライトの事例 まだまだハイライトをどのように使っていいかわからないという方も多いかもしれません。 ここでは、すでにストーリーズハイライトを上手に活用しているアカウントの事例をご紹介します。 JENNA KUTCHER( jennakutcher) JENNA KUTCHERさんのアカウントのストーリーズハイライトでは、ハイライトのアイコンに合わせた丸いイラストがカバーとして使われています。 テーマ似合ったイラストが表示されているので、ハイライトの内容が想像しやすく、見た目も統一感があってかわいいです。 Sue B. Zimmerman( theinstagramexpert) Sue B. Zimmermanさんも1つ目の事例と同様に、ストーリーズハイライトのカバーでテーマが伝わるように工夫されています。 背景色を統一して文字を載せるだけでも、分かりやすいカバーになることがわかります。 この方法なら、新たにイラストを用意する手間などがないため、真似しやすいです。 まとめ 続々と新しい機能が追加されているインスタ。 24時間で消えてしまっていたストーリーを再利用できるのは嬉しいですね!例えば、「旅行」「料理」「ヨガ」など好きなものや趣味に関する投稿をハイライトでまとめておけば、自分のことをもっと知ってもらうポートフォリオのように使うこともできそうです。 ぜひ活用してみてくださいね!.

次の