新型 コロナ 怖い。 「怖いから帰ってこないで」、新型コロナで夏の帰省どうする?

新型コロナそのものよりも怖い「治療延期」(JBpress)

新型 コロナ 怖い

新型コロナウイルスの国内感染者が7月になって再び急増し、「2回目の流行期(第2波)の到来か」といった不安が広がっている。 東京都や大阪府、愛知県などが飲食店などに休業や営業自粛を要請し、政府に緊急事態宣言の再発動を求める声も出ているが、いま必要なのは、感染者数の増加にあわてることなく、事態を冷静に見極めることだ。 最新のデータや知見をきちんと読み解けば、多くの人が持っているイメージとは異なる「実像」や問題点が見えてくる。 だが、これは木を見て森を見ない認識だ。 新型コロナウイルス感染症は本当のところ、日本人にとってどんな感染症なのだろうか。 第一に指摘したいのは、世界保健機関(WHO)の見解だ。 新型コロナについてWHOは早い段階から「ほとんどの感染者は軽症または中程度の呼吸器疾患を経験し、特別な治療を必要とせずに回復する」という説明をウェブサイトに掲載し続けている(鶴田由紀『新型コロナウイルス騒動の裏側』)。 WHOのテドロス事務局長が3月11日に「パンデミック(世界的大流行)」を宣言して世界に衝撃を与えたが、WHOがインフルエンザについて「パンデミック」という場合、症状の軽い重いは問わず、ただ世界的に感染が拡大しているかどうかで判断しているのだという。 第二に指摘できるのは、100万人当たりの死者数では、日本を含む東アジア諸国が欧米諸国より2けたも少ないことだ。 米ジョンズ・ホプキンス大の調査などに基づく「MEDLEY」の7月27日のデータによると、米国466人、英国700人に対し、日本は8. 09人(クルーズ船を除く)、韓国5. 98人、中国3. 3人などとなっている。 日本の死者がけた違いに少ない理由について、高橋泰・国際医療福祉大学教授(公衆衛生学)は、次の4つの要因の複合的効果ではないかと見ている。 (1)アジア人は、自然免疫力(侵入してきた病原体を感知し排除しようとする、人体にもともと備わった仕組み)が欧米人より強い。 (2)重症化しやすい高齢者のウイルス曝露(体内に取り込むこと)が少なかった(老人福祉施設が家族との面会を禁じたなど)。 (3)清潔好きな生活習慣(手洗いやマスク着用をいとわない)。 (4)優れた医療制度(保健所や病院)。 だが、これも定説というわけではない。

次の

新型コロナウイルス感染症の症状・知っておくべき注意点 [感染症] All About

新型 コロナ 怖い

全3717文字 こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。 新年も明けてしばらくたち、やっと私の業務は落ち着いてきました。 落ち着いてきた、と申しますのは、年末年始は定時の手術が約1週間お休みになるため、年始には手術が立て込むのです。 例年のことではありますが、1月はいつもより忙しい日々を過ごしておりました。 思い返せば2019年末、私は30日と31日の緊急手術当番を担当しており、ほぼずっと緊急手術をしておりました。 特に31日は夕方5時くらいまで手術をし、その後、紅白歌合戦を見ていたら年明け早々夜中に呼び出され、また手術……というあんばいでございました。 外科医らしいのですが、まあそれは落ち着かない日々でした。 緊急手術と一口に言ってもいろんなタイプがあり、消化器外科医の私が担当するのは「大急ぎで手術をしないと死亡する」病気が主です。 腸がねじれて腐った「腸捻転による絞扼性(こうやくせい)イレウス」、穴にはまりこんで腐った「ヘルニア嵌頓(かんとん)」、腸に穴が開いた「腸穿孔(ちょうせんこう)」、胆のうに石が詰まって炎症が起きた「急性胆のう炎」、などの疾患ですね。 あらゆる都合は問答無用で吹き飛ばされ、大急ぎで手術をするということになります。 そういう職業なので当然ですが、こうした待機当番を何日も連続でやると、だんだん頭がおかしくなってくるような気がします。 外科医が多少のことでは驚かないのは、こんな状態が長くて麻痺(まひ)しているからなのかもしれません。 さて、今回は連日、世間をにぎわしている新型コロナウイルス感染症についてお話ししたいと思います。 非専門家の医者の雑感という範囲を超えませんので、最初にお断りしておきます。 中国湖北省武漢市で発生したこの感染症。 報道では死亡者数なども少しずつ増えてきて、じわじわと恐怖を増しています。 20年1月11日の時点で41人だった中国国内の公表感染者数は、下のグラフのように日に日に増え続け、あっという間に500人を超えましたね。

次の

新型コロナそのものよりも怖い「治療延期」(JBpress)

新型 コロナ 怖い

全3717文字 広がる中国国外での感染者報告 そんな目で見つつ、しかし韓国、タイ、日本など別の国への感染がどんどん報告されていることを考えると、徐々に広まっているのでしょう。 1月28日には日本人で7人目の感染者が報告されました()。 1月28日現在、国外の感染者はこのように厚生労働省が報告しています。 中国、感染者4515名、死亡者106名。 タイ、感染者8名、死亡者0名。 韓国、感染者4名、死亡者0名。 台湾、感染者5名、死亡者0名。 米国、感染者5名、死亡者0名。 ベトナム、感染者2名、死亡者0名。 シンガポール、感染者5名、死亡者0名。 (より) また、最新のデータはにこのように記載されています。 このような状況の中、私たちにできることは何でしょうか。 その鍵を探すに当たり参考になるのは、この新型コロナウイルス感染症の特徴をまとめたが掲載された権威ある医学雑誌のランセット(The Lancet)です。 入院患者の症状は、多いものから発熱、せき、息苦しさ、筋肉痛と気だるさ、痰(たん)などでした。 こういうものを見つつ、医者は「なるほど、こういう症状のある患者が来たら新型コロナウイルス感染症を疑わねばならないのだな」と考えるのです。 が、うーむ。 これじゃあ他の肺炎と同じではないか。 医師にとっては判断が難しい もっと「特異的」な症状、例えば皮膚にブツブツが出るとか、口の中に口内炎のようなものができるとか、ほっぺが真っ赤になるとかそういうものがないと、この感染症を疑うことさえできません。 そうなると「本人、または家族や知人が武漢に行った」ような人をチェックしていかねばとなります。 しかしこれも、感染者が急増したらすぐに通用しなくなるでしょう。 感染症と言われると「せきやくしゃみで感染する」と思われがちですが、実はこの感染症はちょっと前までは「人から人へ感染する」ことが明確に証明されたわけではありませんでした。 感染症は何を媒介にして広がっていくかも重要で、例えばデング熱は蚊を介して広まったため、蚊を駆除するという対策が有効なわけです。 そう思っていたところ、「いや、人から人へ感染する証拠がありました」という論文が医学雑誌に出ました。 これはほぼ確実か……そう私は考えています。

次の