暁 の 軌跡 モバイル。 英雄伝説 暁の軌跡モバイル@非公式 Wiki

暁の軌跡モバイル 星7覚醒の攻略方法(属性別イメージ付き)

暁 の 軌跡 モバイル

DMM版はPCでもプレイできる。 このご時世で暇だったので、プレイの感想など。 インストール まず「DMM GAME PLAYER」というクライアントをインストールさせられる。 単体起動はできず、必ずこのクライアントを通さないとならないようだ。 DMMアカウントを持っていなければ取得してログイン。 版と連携したい場合、ややこしい仕様があるので後述のリンク参照。 画面はこんな感じ。 えっちいゲームは一切やってないのにデフォルトで「R-18ゲームへ」と表示されてるあたりDMMの本業が滲んでいるというか……。 ちょっとアングラ感があるが、暁くんのゲーム内テキストの方がアレなのでまあ……。 色々自動アップデートがあって無事起動。 初回ダウンロードは30分近く掛かった。 のアプデ事情になれてるとどうということはないが、基本無料だとプレイ断念する要因になるので改善してもらいたいところ。 (スイッチ版には非対応?)ただし、「アプリ版で始めたデータをDMM版で連携したい」場合は、DMM版で新たにゲームを始めてしまうと そのアカウントでは連携できなくなるという罠があるので、連携したければ、 最初にのアプリ側から設定しないとならない。 完全に別ゲーなので。 ロード・動作 クライアントの立ち上がり(ウインドウが表示されるまで)が異様に重い。 クリックが反応しなかったか?と思って再度クリックしても起動中と表示されるだけ。 初回は30秒ぐらい経った頃に起動する感じなので、焦らず待とう。 読み込みでややカクつく部分もあるが、許容範囲。 操作性など 基本的にモバイル版そのまんま。 右クリックができない&戦闘中のクラフト使用や装備の付け替えでいちいち確定ボタンをクリック(タップ)しなければならないので、操作しにくい。 PC&PS版に慣れているとちょっと、否、かなりイラつくかも。 その代わりモバイル版は探索が基本ない&戦闘はハイスピードモードがあるので、相殺しても 総合的なサクサク感は若干モバイルの方が良いという印象。 グラフィック・ モバイル版の素材は基本的に暁をそのまんま流用しているので目新しい部分はあまりない。 お祭りシャーリィなど謎の微修正が行われているものもあるがモバイル限定衣装みたいなのはない 減量のためか音質や画質は粗くなっている。 個人的にはOPログイン画面がしっとりした曲なのに対し、アゲアゲな曲に変更されているのは良変更に思った。 これから修行にいくのだからテンションあげていかないとね。 ただ、最新の限定キャラを取って俺TUEEEする場合は、モバイルは火力がマイルド調整されているので、インフレしまくりの本家の方が強さを実感しやすいはず。 これからは本家暁とモバイル版どっちがオススメか? 結論からいうと 軽く触ってみる分にはモバイル版をオススメできるが、DMM版をPCオンリーでやるのは微妙。 完全~低頻度 数万程度 の課金者には本家版の方がオススメ。 適当にぽちぽちしてるだけで進められる点は嬉しい。 暁とモバイルのストーリーの違いは今のところ最初のカンパネルラ戦だけなので、軌跡ファンとしてチェックだけはしておきたいという場合はモバイルがお手軽。 ただし、ストーリーは 本家暁でも完結していない 10章中7章まで? ので、序盤を超えると話が全然進まなくなってしまう。 最新まで早く読みたい場合は本家で経験値上げに専念する方が近道。 ・甚平ナハト・アリオス・アリアンロード・通常みっしぃなどが使える 本家暁は 最新ピックアップキャラ以外が使い物にならないという世紀末ゲーと化している上、常設ガチャの手入れや旧キャラの復刻がほとんど行われない。 このため 初期の限定衣装の大半が入手不可で、新規に始めて好きなキャラの衣装をコンプするのは困難~手遅れという状態。 モバイル版では(時間の問題ではありそうだが、)まだそこまで深刻ではないし、LEという高級枠で「キャラ入手自体は容易だが、育成を制限する」というデザインになっており、恒常ガチャやイベントで入手できるキャラの幅も若干多くなっている。 そもそも好きなキャターを入手できないとこのゲームを続けることはできないので、この点がモバイルで もっとも大きい魅力と言えるかも。 ただ試験班4人の衣装のうち「甚平ナハト」はログボでいつでも貰えるのだが、他の3人は正式サービス開始時の予約特典だったので、DMMからの新規ユーザーは貰えない模様。 再配布はあるんだろうか? ・独自の改良点もある モバイルは単なる本家の簡易版というわけではなく、「暁の軌跡」を素材とした、MOD・改造ゲーみたいなイメージ。 改悪やバグで台無しになっている部分もあるが、• ガチャチケが頻繁に配られるのでガチャが沢山できる• グレンみっしぃやBCの入手量が上方修正• 試練の道で助っ人を借りられる• レベルアップ時、残りAP回復が無駄にならない• 所持すると一枚絵でキャラが点灯していくアルバム(図鑑) など、本家でもやって欲しいと思える細かい良変更も多数ある。 本家は定食化 イベントのローテーションが固定 してしまっているので、今カオスとライブ感を楽しみたければ断然モバイル。 モバイルダメダメポイント ・日本語不足、バグが多い、全体的に雑 「バス停伝説」のように本家もわりと変な部分が多いのだが、モバイルの新規メッセージは改良どころか悪化していると言える。 明らかに自動翻訳だろう…というテキストがサービス開始時からそのまんま放置されており、普通にプレイしているだけで気づくような解放条件や報酬枚数の食い違いが散見される。 台湾版の「星之軌跡」が直接的なベースのようなのでそこが影響しているのかもしれない。 つまり…どういうことだってばよ? オネエ・ナハト 幸い?メインシナリオは本家日本版をコピペしているようなので、全編この調子なわけではない。 ・飽きる 探索パートが無くなっているのは良い点にも上げているので矛盾するようだが、これによってストーリーイベントなどがとっとと終わってしまい、 本当にガチャと戦闘しかすることがない。 更に戦闘はUIの悪さで自動放置が基本となるのでなおさら飽きやすい。 ゲームとしてはPC版でいう「戦闘訓練」と「無限の塔」の水増しVerを延々とこなすことになるデザイン。 どちらとも言えないポイント ・課金バランス 現金・有償BC限定の有利要素が本家版より多く、課金催促が激しい。 特に 3000円の「永久パス」や稀に 7000円で「5万BCパック」が販売されている 本家の通常レートは10000円=7800BC ので 完全には辛い格差がある一方、初期投資を厭わない微~者にはわかりやく優越があるので課金ゲーとしては自然な在り方ではある。 とはいえ、パスを除けばメインストーリーに直結した課金システムではなく、一部のエンドコンテンツ要素の上位勢に入れるかという話なので、初期に言われていた「課金圧が高い」というのは正確ではないように思う。 「好きなキャラだけ取ってストーリー見れればあとはどうでもいいゲーム」と捉えるなら、育成を急ぐ必要もないし、誰でも推薦状の供給が少ない分、恒常LEの存在やPU確率が若干高めという救済もあり、一概に悪いとも言えないバランス。 ・キャラ属性制限塔/補佐システム モバイル版では、無限の塔の隣に「火と地」とか、2種の属性縛りの塔が建造されている。 この塔を攻略するためにメイン以外のキャラも育成する必要が生じている。 また、キャラ一人につき別キャラを最大8人まで「補佐官」として 装備扱いできる。 暁ではメイン8人、「試練の道」要員24人以外のキャターを活かす場所がないので、キャラを多く育てて活かしたい人には嬉しい要素かも知れない。 ちなみに属性縛りは他のソシャゲではよくある要素。 総評 結論として、 DMM版はメインで併用したいというユーザー向けで、PCオンリーの人が始めるには少々訴求力に欠けるかと思う。 DMMプレイヤー必須というのもあまりお手軽ではないし。 モバイル版ならではの魅力もあるが、PCメインでじっくり派なら ストーリーやキャラの実装が先行して進んでいる本家でいいかなぁという感じだった。 absfield.

次の

暁の軌跡モバイルのアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

暁 の 軌跡 モバイル

STRに関しては最大3000を超える数値を叩き出し、と比べても1000以上の差となっている。 追加効果に気絶や封技があるが、真の着目点はそこではない。 あげくの果てに 全体攻撃のSクラフトも持っていたりと隙が無いキャラ。 防御タイプとはいえ、ステータスだけで見ると STRが2000を超えるほどの火力を誇る。 火力自体のバフは他の攻撃タイプに劣るものの、元々の高いステータスで十分カバー出来ている。 全ての能力が高く、腐らないスキルばかりなので是非とも獲得しておきたい。 強いて弱点を上げるなら、 射程が短いのと全体攻撃を持っていないくらいか。 その他、補助クラフトで 物理無効+火力大幅アップを行えるので数値以上の火力を発揮可能。 尚且つ、 自身だけでなく味方に対してのバフ効果も豊富に持ち合わせている為サポート面でも優秀。 攻守に秀でており、味方へのサポート効果や全体攻撃まで回復以外の要素を豊富に持つ。 クリスマス限定キャラとなっているので是非とも獲得しておきたい。 自身の属性が幻となっており、 幻崩しを付与する事で与ダメージアップが出来る為スキル構成に無駄が無い。 攻撃面だけで無く、 自身にバリアを展開させて物理反射の効果も。 常に発動するチャンスがあり、行動順を駆使して効果を得る必要もないので非常に便利。 全体攻撃のSクラフトも持っており、前衛として活躍出来る性能といえる。 敵の行動を制限する効果が多く、付与効果が発動すれば戦闘を大幅に有利に出来る。 パッシブでも 味方全体の火力アップを行えたりとサポート面でも優秀な効果を持つ。 火力が高く、 遠距離からの攻撃が出来るので敵に近付かなくても良い点などメリットが多い。 付与効果の確率が30%~40%と若干低めに設定されている部分がネックといえばネック。 クラフトで時崩しを豊富に付与出来る為、時属性キャラとの相性が良い。 自身も時属性となっており、 パッシブでの自己火力アップも含めて性能はかなり攻撃寄り。 殲滅力は若干低めだが、火力で十分カバー出来る優秀なキャラといえる。 火力も高く、それでいて味方に対してのサポート能力も高い非常に優秀なキャラ。 確率は非常に低いが獲得出来れば頼りになる事は間違いない。 味方に対しても物理無効を3回付与するパッシブなど、戦闘を優位に運べる要素を多く持つキャラ。 優秀なサポート能力に目が行きがちだが、自身のステータスもアタッカーとして非常に高い。 数少ない弱点は 射程が1と短いところくらいだろう。 上位互換としてが存在するが、期間限定キャラ。 排出されるガチャがタイミング良くあれば当然そちらを狙った方が良い。 トップ層に比べると火力以外の部分で若干見劣りしてしまうが、十分戦力として運用可能。 期間限定の衣装となっているので是非とも獲得しておきたい。 最大30%自傷ダメージを負ってしまうが、 自分以外の味方を回復出来たりとサブヒーラーとしての役割も果たせる為、強敵との戦闘時においても役立つ性能。 HP50%以下になると大幅に火力が上がるパッシブを保有。 ただ、 同時に被ダメージが大きくなる為HP管理には十分注意が必要。 他にも攻撃Sクラフトで 全体攻撃+確率で即死効果など殲滅力に突出したキャラ。 周回要員として確保しておけば役立つ事は間違いない。 基本的には通常バージョンの上位互換となっており、 HP吸収効果など防御面のカバーも健在。 殲滅力の高い性能となっており、火力面で不安を感じている場合には確保しておきたいところ。 非常に高い火力を誇るものの、その分 若干防御面が薄い。 とはいえ、 飛び抜けた火力自体は序盤から終盤まで非常に重宝する存在。 デメリットに目を向けるよりもカバーしながら超火力を扱う方が効果的。 火力不足なら是非とも入手したい。 最大育成時にはSTRが2000を超える高火力アタッカー。 小円範囲の引寄せ攻撃や 高確率で戦闘不能効果を付与するスキルを持ち、自身に対しての火力バフを豊富に持つキャラ。 通常リーシャに関しては魔法攻撃無効化を持つが、こちらは攻撃力に特化した性能。 火力だけを求める場合にはこちらを入手しておく方がオススメ。 序盤で入手しておけばサクサク進められる。 その他、が保有しているような 凍結効果も保有。 さらに CPが最大時の場合は完全回復を行える為、復帰力も高め。 火力もそこそこあり、入手しておいて損は無いキャラ。 CP最大時に使用するとDEF+50%の追加効果を得られる為、雑魚~ボスまで幅広く使える。 その他、味方に対して火力バフも行えるが、発動条件が「」「」を編成と特殊。 効果は大きいとはいえ、キャラの獲得や編成を縛られるので無理して使う必要はない。 サポート能力だけでも十分優秀な性能。 攻撃系のクラフトだけでなく、 味方を回復する事も可能。 火力が高く、攻撃Sクラフトでは 全体攻撃も出来るので殲滅力も高い。 SPDもトップクラスの数値を誇り、先手を取りやすい強力なキャラ。 MOVは低いが、その分 RNGが5と射程が広め。 パッシブで 自身の火力アップを行える為、遠距離アタッカーとしての役割を果たせる。 最優先といえる程の性能ではないが、近距離アタッカーが手持ちに多ければ獲得しておく価値は十分にある。 火力も高いが、それ以上に パッシブ効果によって底上げ出来るSPDが強力。 尚且つ、敵に対しては 遅延効果や アーツ駆動解除を付与出来る為行動順で先手を取りやすい。 大円範囲に対しての攻撃も行える為、高い殲滅力も持つ。 若干発動条件が特殊ではあるが、「」「」がいれば味方に対しての火力アップも出来る為同時に確保しておくのも有り。 上位アタッカーに比べると若干殲滅力は劣るものの、単体に対しての強力な火力と封印スキルは優秀。 殲滅力を重視するのなら上位ランクのキャラを狙いたいが、幅広く運用するのなら狙っておいて損は無い。 通常よりも大幅にステータスが跳ね上がっているので獲得価値は十分。 風崩し状態の敵は風属性攻撃の被ダメージがあがるので、キャラとの噛み合わせも抜群。 パッシブでも 火力アップや 流血付与を行え、 Sクラフトでは大円範囲の攻撃を行えたりとアタッカー要素が非常に高いキャラといえる。 RNGが1となっているだけがネック。 味方に対してのバフ、敵に対してのデバフなどを豊富に持つ。 それだけでなく HP回復も行える為、サポート面では非常に優秀なキャラといえる。 サポート面に優れながらもATS自体がトップクラスに高いので火力面でも期待出来る。 戦闘を優位に展開するにはぴったりの性能の為、確保しておいて損は無い。 単体攻撃~全体攻撃までと攻撃範囲が広く、非常に使い易いキャラ。 高確率での戦闘不能攻撃も持っており、かなり攻撃的な性能。 行動順も早く、序盤で入手出来れば重宝する。 広範囲に攻撃が出来たり、 確率での戦闘不能を付与出来たりと殲滅力も高いのがポイント。 やの火力特化型と比べると見劣りするが、幅広い運用が出来るので使いやすいキャラ。 Sクラフトは50%と非常に高い確率で戦闘不能を付与出来る為、雑魚殲滅時にオススメ。 有利属性に対してのダメージアップ等も保有しているので、魔法アタッカーとして高い性能を誇る。 他のティオに比べて パッシブが多く、様々な恩恵を得られる点がポイント。 とはいえ、 味方に対してのサポート効果が若干低くなっているので狙うのならセーラー・ティオを狙う方が無難。 そもそもキャラ性能が被っているので、性能よりもどのティオが好みかで決めるのも有り。 役割が被っているのでこのランクだが、十分優秀なキャラ。 状態異常に特化しており、最優先で狙う必要はないもののパーティにいれば長期戦で役立つキャラ。 特に敵の技を封印出来る性能に関しては高難易度のクエストであればあるほど活躍してくれる。 がいるのなら狙う必要はないが、いないなら狙うのも有り。 空間障壁はあらゆる攻撃を一度だけ反射出来る非常に優れた効果を持つ。 自身のみだが1回だけ戦闘不能を回避出来る効果を持ち、生存率も高く優秀。 ちなみに 発動率は15%とかなり低め。 その他、 全体攻撃+石化効果といった攻撃Sクラフトを保有していたり幅広く運用出来るキャラ。 火力面はそこまで期待出来るものでは無いが、1人いればかなり戦闘を優位に運べる。 最優先では無いものの獲得しておいても腐らない性能。 サポート能力が非常に高く、 ATSも高いのでダメージにも期待が出来る点が魅力。 周りに対してのバフや回復能力は無いものの、獲得出来れば非常に優秀な戦力に成り得る。 火崩しに関しては、火属性キャラからのダメージアップとなっている為 火属性の味方と非常に相性が良い。 その他、パッシブにより 自身を大幅に強化する事が出来るので単体性能は非常に高い。 ステータスも高いATSに目が行きがちだが全体的に高く優秀。 味方に火属性キャラが複数いるなら当然として、そうでない場合でも獲得しておきたいキャラ。 攻撃面でも防御面でも使い勝手の良いキャラとなっており、入手しておいて損はない。 他にも 自身に対してATSバフや1度だけ戦闘不能回避の効果を付与出来る。 補助能力が多いものの Sクラフトは全体攻撃となっており、高いATSが光るところ。 ダメージソースが少なめとなっているのでメインはサポート運用が好ましい。 火力だけでなく戦闘を優位にする状態異常などを多く付与出来る高性能なキャラ。 範囲攻撃も多く、殲滅力も高い。 出来れば序盤から入手しておくことをオススメする。 ステータスも平均的で、突出している部分は無いものの安定した活躍を期待出来る。 攻撃時に50%の確率で追撃が発生するスキルもシンプルに強力。 その他の能力も平均して高く、 RNGも5と射程範囲が広いのも魅力。 中円範囲攻撃+炎傷や MOV-2などのデバフ効果や自身や味方に対してのバフ効果を豊富に保有。 火力にも期待が出来、先手を打ってデバフやバフを撒け戦闘を優位に運べる為オススメ。 ATSが低いくらいでその他のデメリットは特に無いくらいに優秀。 挑発効果に 被ダメージ減少や 味方全体にSTRアップなどのサポート効果も保有。 壁役として、敵の攻撃を引きつけてくれるのでウルフ・ロイドを起点に戦略を考えやすい。 個人の火力もそこまで低くなく、壁役としての運用も出来る高性能なキャラといえる。 ただ、 射程が1と短いので完全な接近戦キャラといえる。 Sクラフトのアルティメットブローは 高確率の気絶を付与を小円範囲に繰り出せる。 火力も高く、敵の行動を制限出来る効果が多い優秀なキャラ。 範囲攻撃が得意なキャラで、同時に敵に様々なデバフを付与出来るのがポイント。 殲滅力が高い上に、パッシブにより 味方全員に対してのバフ効果等も有難い。 ただ、 スキルの中には自身のHPを30%消費してCPを回復するものもあるのでHP残量には注意。 火力が高く、味方へのバフ効果も併せ持つ優秀なキャラ。 SPDも高く行動順も早い為、先手を打てるのも大きなメリット。 敵に対してのデバフや状態異常付与を行える。 最大の魅力は 回復Sクラフトによる大範囲の回復。 状態異常回復や、 蘇生も出来る上に CP最大時に使用するとDEF50%アップの追加効果を付与出来る。 防御力を大きくアップ出来、様々なサポートを行えるので是非とも狙っておきたい。 中範囲の魔法攻撃を持ち、その他デバフや 凍結効果を付与出来る。 火力も高く、デバフ効果や凍結効果を先手で打てる為使い勝手は非常に良い。 特に凍結などで行動自由を奪えば被害も抑えられる為一石二鳥。 入手しておいて決して損は無い。 サポート能力が非常に高く、その分 火力は期待出来ない。 ただ、 補助Sクラフトは大範囲に対しての完全防御+HP回復を味方に付与。 1度だけ敵の攻撃を無効に出来、 CP最大時には2度無効に出来る。 完全なサポート寄りのキャラとなっており、後半で活きてくるキャラといえる。 中円範囲への攻撃+挑発や敵に対してのデバフ、自身に物理無効など壁役として最高クラス。 攻撃力自体もそこまで低くなく、 HP吸収などの効果も持ち合わせているので生存率も高い。 壁役としては勿論、火力要員としても優秀な働きをしてくれる。 回復能力なども持ち合わせており、サポート能力が高いキャラ。 火力面ではトップクラスのキャラと比べて見劣りしてしまうものの、 数多くのサポート能力は便利。 汎用性の高いキャラとなっており、強敵との戦闘時には活躍出来る能力の為オススメ。 最優先ではないが、獲得しておいて損は無い。 敵に対してのデバフや味方に対しての回復やバフ要素も持ち合わせており、汎用性が高い。 火力も高く味方に対してのサポートも行えるので どんなパーティ編成にも直ぐ馴染む。 回復能力は後半になって活きるものなので、入手しておいて損は無い。 そこまで素早さも早い訳ではないので先手を取りにくいのもネック。 ただ、 高威力の単体攻撃や 自身に対してのクリティカルアップのバフは非常に強力。 数値以上の火力を出せる為、 ボス戦等には重宝する。 挑発効果を持つクラフトが多く、パッシブで自身のDEFアップ&魔法反射の効果を獲得出来るので壁役としての運用がオススメ。 火力面に関してはステータスも低く期待も出来ない為、他の役割は苦手。 MOVも5で、行動力が高いので先に敵陣に突っ込んで注意を引きつけたりも可能ではある。 壁役が至急必要なら入手も有りだが、当然上位キャラを獲得した方が使い勝手は良い。 防御力も高い為、付与効果による挑発で序盤の壁役としても重宝する。 ログインだけで獲得出来る星5キャラとなっているので、優先して育成するのも有り。 こちらの場合は CP最大時に使用する事で味方全体にDEF30%アップの効果を付与出来る為、回復後にも被ダメージ軽減の役割を果たしてくれる。 エリィの完全回復は有難いものの、被ダメージ軽減を付与してくれる事で長期に渡っての戦闘を行い易い為こちらの方が優秀。 範囲攻撃や単体攻撃といった攻撃性能が高く、パッシブにより 敵の素早さを下げられるのも魅力。 素早さを下げる事で味方全体の行動順を早める事が出来、戦闘で優位に立てる。 射程も長く、火力も高い上にMOVも4と移動能力にも長けている。 ただ、 防御力が若干低いのでその辺りは注意。 他にも MOVダウンのクラフトを持っており、敵の行動自由を奪えるものが多く殲滅力とデバフ要素がかみ合っており使い易い。 上位ランクのキャラには劣るものの、十分使えるキャラ。 火力面ではそこまで期待は出来ないものの、回復能力やサポート能力は非常に有難い。 回復Sクラフトを CP最大時に使えば完全回復となり、強敵との戦闘で重宝する。 パッシブで 封技無効も得られたりと、優秀な性能。 その為、魔法攻撃よるダメージに期待出来る。 効果範囲も広いものが多く使い易い。 ただ、 有料の引き直しガチャでしか獲得できないのでリセマラには不向き。 性能面で言えば優秀なだけに残念。 攻撃クラフトも保有しているが、1つだけ。 その為、アタッカーとしての運用方法はオススメ出来ない。 生存率に悩んでいるのであれば獲得しておいて損は無い。 ただ、 狭い範囲ながらも様々な状態異常を付与出来る点は非常に優秀。 SPDも高いので行動順で先手を取りやすいのもポイント。 上位ランクのキャラに比べると見劣りしてしまうが、ステータスも高く使い勝手は悪くない。 ログインボーナスで獲得出来る為、狙う必要は無いものの性能は優秀。 に比べると、回復関係のスキルを一切持たない。 性能的には確実に蒼騎士・クローゼの方が上となっているので、こちらを狙うメリットも少な目。 攻守のデバフを直線の敵に対して付与出来るが、正直それ以外は目を見張るものは無い。 同ガチャから排出されるので、回す際には気を付けよう。 回復能力は持っていれば後半になってから重宝するので早めに確保しておきたい。 ただ、最優先での獲得ではなく後回しでも十分。 パッシブで 自身にCP消費量減少等も付与出来たりと多めにクラフトを使える点は魅力。 攻撃面でも 高確率で敵を戦闘不能に出来るクラフトを持つ。 ただ、攻撃よりもデバフによるサポート等をメインに運用した方が良い。 突出した性能では無いもののサポート能力に長けたキャラといえる。 遅延付与や 暗闇付与のクラフトを保有。 SPDが早いので、行動順を制し易く付与出来る状態異常が活き易い。 火属性ダメージ軽減のバリア等、一部属性に強いのも有難い。 STRは低いが ATSはトップクラスなので魔法攻撃は頼れる性能。 その他は 敵にDEFデバフを付与するくらいで特筆すべき点はそんなに無い。 キャラコンプを目的としている人は狙うのも有りだが、新規で始める人は上位キャラを獲得したほうがおすすめ。 挑発効果を付与したり 自身に対して被ダメージカットを付与したりできる。 挑発付与は単体の為、壁役としては不十分。 防御面に不安があるのなら狙いたいキャラ。 挑発付与の単体攻撃や、 味方全体のDEFアップや 被ダメージダウンのクラフトを保有。 壁役としての運用は難しいが味方全体の防御面をアップ出来る点は有難い。 火力はそこまで高くはないが範囲攻撃も持っているので星5では平均した性能といえる。 100%の確率で気絶を付与する攻撃Sクラフトが強力。 その他、 挑発・封技・直接貫通攻撃等を持っているのでメインアタッカーではなくサブアタッカーとしての運用が好ましい。 ただ、 挑発付与は単体のみとなっておりステータスの割に壁役としての運用は難しい。 中範囲に対してMOV-2の効果を持ったり 炎傷や 遅延、 気絶を付与したりと敵の行動を制限するものが多い。 ただ、 高火力のアタッカー枠に関しては既に被っているキャラが多くそこまで優先して入手する程でもない。 同じ火力要員として使うのなら上位ランクのキャラを狙いたい。 防御力に特化したキャラ性能となっているので、遠距離攻撃が出来るキャラの壁役として運用はあり。 火力面では期待出来ない性能となっているので、 高いMOVを活かして囮役として使いたい。 総合評価 上位10位のキャラはそれぞれのロールでトップクラスの性能を誇ります。 その為、誰か1人でも獲得する事で大きな戦力になるでしょう。 序盤で獲得するのなら高火力のアタッカーをオススメします。 火力が高いだけで、ピンチになりにくく特に序盤でも軽く育成するだけで難しめなクエストにも対応出来るなど大きなメリットを得られます。 時期によって獲得出来ないキャラはいるものの、常設ガチャにも強力なキャラはいます。 なるべく上位のキャラを獲得しておくようにしましょう。

次の

英雄伝説 暁の軌跡モバイル

暁 の 軌跡 モバイル

「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」は2019年8月にサービスを開始したばかりの最新タイトルで「英雄伝説 暁の軌跡」をベースに、スマホ向けに様々な改良が加えられたオンラインRPGゲームです。 従来の軌跡シリーズと同じ世界「ゼムリア大陸」が舞台となっており、日本ファルコムを代表する「軌跡シリーズ」の歴代キャラクターたちが多数登場する一方、新たに書き下ろされたオリジナルストーリーが展開します。 戦闘はターン制のタクティカルバトルシステムが採用されており、三人称視点で可愛いデフォルメキャラ達が戦場を駆け巡ります。 また近年のスマホRPGでは定番となっているオート機能も搭載されています。 ガチャ、多種多様なクエスト、新たに実装された「オーブメント・Mスキル」、パブリックチャット、飛行船システム、ギルド、キャラクタープロフィールなど魅力的なコンテンツがぎっしりと詰まっており、シリーズのファンはもちろん、初めてのプレイヤーも楽しめる内容となっています。 「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」が絶大な人気を誇る理由 「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」はブラウザゲームである英雄伝説シリーズと同じ世界を舞台に物語が展開します。 過去シリーズに登場した懐かしいキャラクター達も多数登場するため、特に他のシリーズをプレイしたことのあるプレイヤーには必見のゲームとなっています。 Sブレイクのフィニッシュムーブ 戦闘はスピード順に行動していくターン制が採用されています。 キャラはマス目上のフィールドを移動することもできるので、戦局に応じた立ち回りが求められます。 Sクラフトスキルはいわゆるキャラの必殺技となっており、キャラ固有のカットイン演出が戦闘をより一層引き立てます。 戦闘スタイルは手動、半自動(通常攻撃のみの自動戦闘)、自動戦闘(クラフト、Sクラフト、アーツを使用した自動戦闘)から選択することができるので、様々な場面で臨機応変に対応することができます。 また「オーブメント」と呼ばれる特徴的なシステムも採用されています。 クオーツと呼ばれるアイテムをはめ込むことでキャラクターの能力がアップし、またその組み合わせによって魔法「アーツ」の習得も変化するという、極めて戦略的かつ奥深いゲーム性を味わうことが出来ます。 また会話画面では多数の人気アニメやゲームで活躍する豪華声優陣によるキャラボイスを堪能することができます。 さらにキャラクターのイラスト、プロフィール等も細かく見ることができ、個性的なキャラ一人一人に愛着が湧きます。 歴代キャラクターが多数登場 シリーズの最新版となる大人気スマホRPG「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」ですが、ブルースタックスを導入することで、PC上のプレイを実現することができます。 以下の手順に従って早速ブルースタックスを導入しましょう。 ブルースタックスで「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」をダウンロード 初めてブルースタックスをご利用される方は、の公式サイトからブルースタックスの最新版をダウンロードし、インストールを行ってください。 なお、 からのダウンロードも可能です。 アプリのサイズは800MBを超えるので、Wi-Fiのある環境でのダウンロードをお勧めします。 「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」を PCでプレイ ダウンロード中の画面 初回起動時にはコンテンツデータのダウンロードが行われます。 ダウンロード中は登場キャラクターの概要を見ることができます。 起動画面 データのダウンロードが完了するとゲームの起動画面へと移行します。 ゲーム公式サイト(UserJoy Japan)へのアカウント連携は可能ですがGoogle、LINE、Facebookなどの既存アカウントへの連携機能はありません。 ユーザー名とパスワードはゲーム内で作成されるため、ゲームアカウント作成時にはメモを取っておくことをお勧めします。 詳細についてはをご覧ください。 物語の幕開け プレイを開始するとキャラクター会話画面が現れ、物語が幕を開けます。 戦闘のチュートリアル 戦闘に突入するとチュートリアルが開始され、各システムや基本的な流れを学ぶことができます。 ゲームプレイ画面 戦闘はターン制で進行。 視点切り替え、オート戦闘、ターンスキップなど様々なオプションを使用することができます。 初回の戦闘が終わった後もチュートリアルは続き、各コンテンツについての説明が丁寧に行われます。 ガチャのチュートリアル キャラ育成に関する説明画面 属性相性に関する説明画面 チュートリアルでは各キャラが持つ属性の関係についての説明も行われます。 ホーム画面 ホーム画面はプレイヤーステータスの確認や各コンテンツへとアクセスすることができるメインの画面となります。 分からない事はいつでもゲームガイドを開いて確認可能 戦闘システム、各コンテンツに関する概要はゲーム内にあるゲームガイドを開いて好きな時に確認することができます。 キャラクターの詳細 「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」を PCでプレイするメリット 軌跡シリーズ歴代キャラクターは勿論、今までは一緒に戦えなかったキャラも一同に登場する夢のタイトル「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」ですが、様々な面からスマホよりもPCでのプレイが断然お勧めです。 ここからは「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」をPCでプレイするメリットの数々をご紹介します。 まず最初に挙げられる大きなメリットとしてキーマッピング機能の存在があります。 この機能を用いることで、ゲーム上のあらゆるアクションを任意のキーに割り当てることが可能となります。 もちろんスワイプ、ズームなどのスマホ独自の操作にも対応しています。 また、キーボードを使えることは他のプレイヤーとチャットをする際にも大きなアドバンテージとなります。 ロード画面では攻略に役立つヒントが表示される その次のメリットとして高いパフォーマンスが挙げられます。 ブルースタックスの持つ最新テクノロジーと、スマホよりも高いデバイススペックを持つPCによってゲーム全体のパフォーマンスを飛躍的に向上させることができます。 また、より安定したインターネット環境に接続することができるので、オンラインゲームにおいては非常に大きなメリットとなります。 歴代キャラが目白押しのモバイル第 2弾 「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」は過去作の「英雄伝説 夢の軌跡」に次ぐ2作目のモバイルシリーズになります。 今作では歴代シリーズのキャラクター登場数が大幅にアップしており、ファンの間では大きな話題となっています。 ガチャで個性豊かなキャラをゲット 物語で仲間になるキャラだけで冒険するのもありですが、パーティーを強化するにはやはりガチャで強いレアキャラを入手するのがベストです。 思いがけないレアキャラを引けた時の喜びはガチャの醍醐味と言えます。 弱い雑魚敵を相手にする際はオートモードを活用して楽に戦闘を進めると良いでしょう。 半面、ボスクラスの敵と対峙する際は手動に切り替えて各キャラの行動や配置をしっかり考えて戦う必要があります。 最後に 個性豊かなキャラクター、重厚なストーリー、奥の深い戦闘システム、自由度の高いキャラ育成、美麗なキャライラスト、豪華声優陣によるキャラボイス、細部まで作り込まれた飛行船など「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」の魅力を挙げ出すとキリがありません。 過去作のキャラクターも多数登場する本作ですが、完全オリジナルストーリーとなっているため、新規のプレイヤーも安心して始めることができるのも嬉しい点です。 是非この機会にブルースタックスを導入してPCで「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」の世界を思う存分楽しみましょう!.

次の