中学 受験 ことわざ。 中学受験準備にも!四字熟語・慣用句・ことわざの暗記法はコレ!DVD・クロスワード・おすすめ本

国語の慣用句・ことわざ・漢字の効率的な学習方法 サピックス・四谷大塚・日能研比較

中学 受験 ことわざ

コツコツやるしかないな~ と思いつつ、試行錯誤をしてきました。 特に中学受験をするならば、確実に多く知っているにこしたことはありません。 SAPIX(サピックス)の公開模試で、数字に関する慣用句、ことわざなどがでたのですが、日能研に通塾していた長男は見事に大問 0点。 をとってきたことも・・・ 2種類がわかっていないと解けない問題だったので、片方がわかっていてもNGというものでした。 4年生の段階で完全に準備不足でしたね・・・ しか~し、ただ丸暗記すると言っても、膨大な量・・・ 6年生では、全教科でやることも多くなり、時間がかかる問題を大量に解かなくてはいけない状況で、 四字熟語、慣用句、ことわざの使い方も漢字も意味もわからない~ となると、かなり焦ります。 慣用句も「目」「口」など、体を使ったものだけでもものすごい一覧。 親がなんとなくわかったとしても、1つ1つ子供に説明することも難しいですし、なかなか子供も覚えられない・・・。 ということで、ある程度の知識は遊びながら早いうちから知っておくと得だな実感しました。 そこで中学受験を視野にいれても、入れていなくても、知っておいて損はない四字熟語、慣用句、ことわざの勉強法を紹介します。 親がなんとなく説明するよりDVDで使い方のイメージをつかむ 教育用のDVDが使える! ドリルやこどわざ・慣用句・四字熟語一覧がずら~っと並んでいても、小学生にはなかなか頭に入らないよな~と思います。 こんな雰囲気の時に使うんだ、こういう時にはこの言葉が使えるんだ、と日常生活で私自身もよくわかっていないので、日常会話にでません 子供が問題集などに出てきて、 「どういう意味?」となった時に調べるのですが、文章を読んでも 「ふ~ん」という状態。 そこで、私がわかるものは、 「こんな時のシチュエーションでこんなイメージ」 と、超ざっくり適当になりつつもなんとか話を作ったりしながら説明してきました・・・。 そしてだんだん私も説明するのが億劫になり、どうしたもんかなぁと思っていたところ、よさげな教育DVDを発見! ことわざ、慣用句、四字熟語のDVDなんて子供が興味持つの? って思いますよね?? それが、Youtubeでサンプル動画を見てみると、意外にもわかりやすかったんです。 ちょっと幼児っぽいのですが、逆にある程度の知識があるだけに、スラスラとイメージがわくようで気楽に見ることができました。 ストーリーの中の会話がひたすら慣用句のオンパレードなのですが、アニメで状況とナレーションの説明が簡単にあるので、なんとなくイメージがつかみやすいですね。 なんとなく、NHKのアニメでやっていた「スイスイ!フィジー!」に似ている作りのほのぼの系?? 慣用句1は80個、慣用句2は90個、 四字熟語は55個が使われています。 これだけの量があるなら、本をじ~っと丸暗記するより効率がいいかも! 迷ったので子供にYoutbeを見せて、意見を聞き、慣用句1、2と四字熟語のDVDを買うことに決定。 小さいうちから利用される方がいらっしゃるんですよね。。。 我が家は遅かったので、わかる気がします。 児童幼児向けの学習ビデオ・DVD専門のNiKK(ニック) 今回、慣用句や四字熟語の学習で何かないかな~と調べていて知ったNiKK(ニック)という会社。 他にも幅広く学習向けDVDが発売されていました。 0歳~、3歳~、低学年~、高学年~とあり、ひらがな・すうじ・算数・英語、日本地図、世界地図、国旗、歴史関連、英語、俳句、など 「おぼえちゃおう!」「知ってる?」「わかるよ!」「英語のきほん」とシリーズがあります。 中学受験シリーズもあり、日本の産業、体のしくみ、電流・電磁石、力のはたらき(浮力・滑車・ふりこ)など理科も興味深い内容。 どんな内容かはそれぞれサンプルがあるのでYoutubeを見ると参考になり、ついつい私が見入っちゃいました。 日本の歴史でも人物編、時代の流れ編、できごと編があったり、産業や地理がありますが30分くらいの内容なので駆け足的な内容なため、中学受験としてはちょっと物足りないような感じがしますが、映像だとわかりやすく、ところどころに穴埋めのうような問題もでてくるので、さらっとした復習として使えるかな。 もしくは、子供や家庭学習の内容にもよりますが、中学受験を本格的に始める前に先に見ておくのも使い方としてはありかなと思います。 (Youtubeを見た私の感想) 幼児から使えるようにABC、英単語、フォニックス、基本文、フレーズなど英語もシリーズが豊富。 DVDの時間は物によって違い、30分前後~1時間弱のものもあり、様々です。 我が家が購入した慣用句は30分弱ですが、テンポが速く、ポンポンと用語がでてくるので、一気に見てもよし、飽きないようにちょっとずつ区切って合間に見るのもよしだと思います。 アニメといっても子供にとったら教育的な内容なので、つまらない子には頭に入ってこないですし、流しているだけでいつの間にか覚えている子、これがきっかけで興味を持つ子もいたり、兄弟が見ていてつられて覚えるという子もいるかもしれません。 テレビにでている俳優さんや舞台に出ている方たちはどうやって、セリフを覚えているんだろう? セリフ以外にも動きや目線などの指示もあり、すごい集中力でプロの技ですね。 俳優の堺雅人さんが出るドラマは長セリフで有名ですが、どうやってセリフを覚えているのかという話題に興味があり、見てみました。 カラオケボックスで大声で練習する、混んでいるカフェでぶつぶつ言いながら覚えるなど、声に出して覚えているそうです。 「脳ミソだけでなく、五感や筋肉も総動員すれば、おぼえかたはグンとひろがるのではないか。 (中略)いや、もういっそのこと、「セリフおぼえは、アタマでなく、カラダでするものだ」とひらきなおってはどうか と綴っており、自分なりの暗記法を持っているからこそ、あの長セリフを覚えているそうです。 人間の暗記について、 エビングハウスの忘却曲線というのを聞いたことがありますか? 30分後には40%、24時間後には66%、1ヶ月後には80%を忘れる という有名な話があります。 確かに、一夜漬けで覚えた大学の勉強はな~んにも覚えていませんが、繰り返し2年間も学んだ中学受験の内容は今でもよく覚えてるかも・・・。 声に出すだけで終わりにしてしまうと、書くことがおろそかになってしまいますので、まずは言葉で覚えて問題形式のドリルで確実にしていくように、かるたとドリルの併用です。 ちびまるこちゃんのかるたで勉強 ちょっとした合間に 「ちびまる子ちゃん」のかるたを使っていました。

次の

国語の慣用句・ことわざ・漢字の効率的な学習方法 サピックス・四谷大塚・日能研比較

中学 受験 ことわざ

触れる機会が多いほど身につきますので、なるべく早いうちに手に取っていただくとよいでしょう。 ことわざの学習まんがであれば、小学1年生からでも理解できるでしょう(いわゆる「犬棒かるた」などを使って遊ぶのも楽しそうです)。 慣用句や四字熟語は、3、4年生くらいからでも構いません。 使用する教材は、「お子さんが楽しく読めるもの」を基準に選んであげてください。 漫画のキャラクターが案内役でも、きちんとした出版社から出されているものは、内容もしっかりしていますから、心配はいりません。 「ことわざ」「慣用句」「四字熟語」は、中学受験をする、しないに関わらず、子どもたちに身につけてもらいたい教養のひとつです。 学校側には、言葉を学ぶ意欲やきちんと学習して知識を身につけているかをみる、というねらいがあるのでしょう。 実践女子学園中学校では、出題のねらいのひとつとして「言葉に対する豊かな知識や感性をもっているか」を挙げています。 それでは、具体的にはどのように出題されているか、実際の入試問題を見てみましょう。 まずは、ことわざの基本的な問題です。 (おかしくてたまらずに大笑いする。 (他人の言葉が自分の弱点をついていて聞くことがつらい。 ) 【答え: 1 腹 2 耳】 (國學院大學久我山中学校・2019年度) 次の問題では、慣用句の意味を理解しているかどうかが問われています。 問い 次の 1 ~ 5 の慣用句とほぼ同じ意味の言葉を、後の(ア)~(ク)の中からそれぞれ選び、記号で答えなさい。 1 舌を巻く 2 こしを上げる 3 うでを上げる 4 かたを貸す 5 目から鼻にぬける <語群>(ア)感心 (イ)上達 (ウ)予感 (エ)実行 (オ)軽視 (カ)助力 (キ)残念 (ク)利口 【答え: 1 (ア) 2 (エ) 3 (イ) 4 (カ) 5 (ク)】 (明治大学付属中野中学校・2019年度) 次は、四字熟語の問題です。 ふさわしい漢字を答えなさい。 自分で「コレ!」と決めた問題集、塾のテキストなどを何回も繰り返して、できないところをつぶしていくようにします。 出題されるものはだいたい決まっているので、受験を意識した問題集を1~2冊こなせばカバーできます。 もし、6年生の夏休み以降に、これらの項目が弱いと気づいてしまった場合には、時間にも限りがありますから、新しい問題集には手を出さず、塾のテキストやテストで間違えたところをしっかり復習して、覚えるようにすると効率がいいと思います。 ことわざは知恵や教訓を含んだ言い回しに興味を持って学べるようです。 「さる」がうっかり木から落ちたり、かっぱが川に流されたりしている様子など、イメージも描きやすいのでしょう。 一方、慣用句、四字熟語は、言葉をあつかうようになって10年そこそこの子どもたちにとっては、なじみの薄い言葉です。 そうしたものは、とっつきにくいのですね。 ことわざの学習は、お子さん自身にまかせておいても大丈夫かと思いますが、慣用句と四字熟語は、少しおうちの方のサポートが必要です。 どんな場面でどのように使えばよいか、用例を教えてイメージをふくらませてあげると、意味も覚えやすくなります。 また、できる範囲でよいので、日常の会話の中で意識して慣用句や四字熟語を使い、お子さんと話してみるのもいいでしょう。 興味をもってもらうためのきっかけをつくってあげることが大切です。 お子さんと問題を出し合ったり、「手」を含む慣用句を交代で挙げていったりと、少しでも印象に残る形で覚えられるよう手助けしてみてください。 タブレットに教材の画像を取り込み、暗記学習用のアプリを活用して、「覚えさせる工夫」をされている保護者もいらっしゃいます。 一生懸命覚えたのに、10日もするとすーっと忘れてしまう、ということもよくあります。 がっかりせずに、忘れたらまた覚えればいい、くらいの気持ちで学習を重ねましょう。 2~3年かけて学習していけば、6年生の終わりくらいにはかなり定着するものです。

次の

【2020年最新版】中学受験アプリのおすすめはコレ!科目別に使い方まで詳しく紹介

中学 受験 ことわざ

Contents• 犬のことわざ 犬は古くから日本人には親しみのある動物です。 忠実、親しみといったプラスイメージのほか、「政府の犬」「負け犬」といった言葉に代表されるネガティブなイメージもあります。 犬も歩けば棒にあたる 意味:出歩くと思わぬ災難に遭う 現在は逆に「思わぬ幸運」という意味で使われることもあります。 読解では文脈から判断することも必要かもしれませんね。 犬猿の仲 意味:とても仲が悪い どちらもよく吠える(鳴く)ので、激しいケンカをしている様子が伝わってきますね。 負け犬の遠吠え 意味:本人のいないところで、弱いものが悪口を言ったり威張ったりする 強いものに対してだけでなく、勝ち目のない相手に対しても使います。 猫のことわざ 猫は犬よりもペット感があり、可愛いという印象が強いようです。 猫に小判 意味:価値がわからないものに貴重なものを与えても無駄 類語に「豚に真珠」があります。 猫の手も借りたい 意味:非常に忙しく、誰でもいいから手伝ってほしい とにかく忙しい状況を表すときに使います。 狸(たぬき)のことわざ 狐とともに人間を化かす印象の強い狸。 いたずら好きなイメージは昔話でも見られます。 捕らぬ狸の皮算用 意味:手に入れる前から、手に入れた気になってあれこれ計算する 短くして「皮算用」ということも。 馬のことわざ 馬には価値があるというプラスのイメージもあれば無知なイメージもあります。 馬の耳に念仏 意味:どんなに意見をしても効き目がない 類語に「馬耳東風(人の意見を聞き流す)」があります。 馬子にも衣装 意味:どんな人も身なりを整えれば立派に見える 「馬子」を「孫」と思い込んでしまう子供が多いので注意。 虎のことわざ 虎は強くて恐れられている動物の代名詞です。 虎の威を借る狐 意味:弱いものが、強いものの力を使って威張る 「威」は、権力を表します。 虎穴に入らずんば虎子を得ず 意味:危険を避けていたら成功を得ることはできない わかりやすい言葉にすると「虎の住む穴に入らなければ虎の子供を得ることはできない」ということです。 虎の尾を踏む 意味:非常に危険 類語に「薄氷(はくひょう)を踏む」があります。 鳥のことわざ 鳥は人に親しまれてきた動物です。 大きく強い鷹は強さや威厳を、小さく弱い雀(すずめ)は親しみとはかなさを表しています。 そのとりの見た目や習慣がさまざまな表現として現代にも残っています。 トンビが鷹を生む 意味:平凡な親から優れた子供が生まれる 「鳶(とび)が鷹を生む」とも言います。 能ある鷹は爪を隠す 意味:才能や実力のあるものはそれを、むやみにそれを見せない 「能」は才能や能力のことです。 雀百まで踊り忘れず 意味:幼いとき身につけた習慣は成長しても変わらない 類語に「三つ子の魂百まで」があります。 立つ鳥あとを濁さず 意味:立ち去るものはその場をきれいにしていくべきだ 「立つ」というのは立ち去ることです。 虫のことわざ 虫は小さくて弱くはかないイメージがあります。 害虫としてだけでなく音を楽しむものとしても、虫は身近な存在でした。 一寸の虫にも五分の魂 意味:小さいものにも意地があるからあなどってはいけない 一寸は約3㎝、五分はその半分という意味です。 飛んで火に入る夏の虫 意味:自ら危険に飛び込んでいく 「火に入る(いる)」という読み方に注意。 泣き面にはち 意味:不運が重なる 「泣きっ面」と強調して言うこともあります。 水の生き物のことわざ 池や川で見る生き物は、釣ったり食べたりと関わりが深いものでした。 その生態や習性が反映されたことわざも多くあります。 井の中の蛙、大海を知らず 意味:狭い世界にいて、広い世界を知らない 「井」は井戸のことで、「蛙」は「かわず」と読みます。 井戸の中にいて大きな海を知らない蛙を指しています。 蛙の子は蛙 意味:平凡な親からは平凡な子供しか生まれない 類語に「うりのつるになすびはならぬ」があります。 海老で鯛をつる 意味:わずかな元手で大きな利益を得る 「海老」がわずかな元手で、「鯛」が大きな利益を表しています。 腐っても鯛 意味:価値あるものはたとえ落ちぶれても価値がある 「鯛」はその味と姿から、優れたもののたとえとして使われています。 月とすっぽん 意味:差が大きすぎて比べられない 類語に「提灯に釣り鐘」があります。 まとめ 中学受験ではことわざを運用するレベルまで出来なくても大丈夫。 ことわざが読めて、漢字で書けて、意味がわかればOKです。 一度しっかり意味を覚えたら、あとは繰り返し問題を解くだけです。 何度も解いて間違えて覚え直して身につけましょう。

次の