デュエマ アウト レイジ デッキ。 [DMD

デュエルマスターズについて①Firstデッキアウトレイジダッシュで強...

デュエマ アウト レイジ デッキ

補足では、どのような組み合わせがオススメでしょうか? 出来れば安く、そこそこ強いものにしたいです。 E1にはいってからやっていなかったので、残ってるのは紫電とか武者、そこらへんです。 (関係ないかも) 回答させて頂きます。 メインアタッカーでコンセプトでもある『百万超邪クロスファイア』が足りないくらいで、他は不必要となるでしょう。 現在、『墓地肥やしビート』で王道なのが、赤・青・黒の3色です。 なぜなら墓地のクリーチャーの数さえ増えれば、マナを貯める必要の無い構築・戦略だからです。 ジャッキーを使いたいのであれば、他に自然は入れずに『ヒラメキ・プログラム』で踏み倒すといいでしょう。 5000GTは是非手に入れてください。 多分今一番強いアウトレイジです。 この構築済デッキにもすんなり入ります。 そのままでも安定して強いのですが、さらに速い展開に持っていくには、墓地を自分で増やすカードを必要とします。 安価なカードで言えば、『フェイト・カーペンター』『戦略のD・Hアツト』『埋葬の守護者ドルルフィン』『白骨の守護者ホネンビー』あたりを入れます。 さらに一度墓地に捨てたカードを回収できる『盗掘人形モールス』と、捨てると場のカードをバウンスできる『疾封怒闘キューブリック』は入れておきたい。 そのかわり強力なドラゴン、『永遠のリュウセイカイザー』と『ボルバルザーク・エクス(殿堂)』が入ってるので、ドラゴンデッキを作ってる最中の方にはうれしい内容ですね。 長文になってしまい申し訳ありませんでした。 ご参考までに 1、 2個買うと、ロードスター、クロスファイア、パルサーが4枚手に入りますが、それだけでは そこまで強いデッキにはならないと思います。 2、 アウトレイジダッシュにジャッキーを加えるというか、ジャッキーメインで必要に応じてアウトレイジダッシュのカードを加えるといったほうが強いと思います。 3、 アウトレイジダッシュは要らないと思います。 レイジvsゴッドの、トップギア、マイパッド、無重力ナイン、クロックとパーフェクト12のダークナイトクリストファー、フルホイルパックのT.G.V、アウトレイジの書のプロメテウスあたりがあるといいでしょう。 4、 スーパーデッキの方のカードがまだすべて発覚していないので、何ともいえないです。 捕足について 3 x 百万超邪 クロスファイア 3 x 暴走龍 5000GT 1 x アクア・メルゲ 4 x シンカイタイフーン 4 x 封魔ゴーゴンシャック 4 x フェイト・カーペンター 4 x 終末の時計 ザ・クロック 3 x 白骨の守護者ホネンビー 3 x 盗掘人形モールス 3 x 金属器の精獣 カーリ・ガネージャー 4 x 戦略のD・Hアツト 4 x 疾封怒闘 キューブリック 現在トップメタデッキの1つである「墓地ソース」の参考レシピです。 4 x 蛙飛び フロッグ 4 x 正々堂々 ホルモン 4 x 遥か寸前 ヴィブロ・ブレード 4 x 終末の時計 ザ・クロック 4 x 一撃奪取 マイパッド 4 x 一撃奪取 トップギア 4 x 無重力 ナイン 4 x カンフーパンヤオ カツドン 4 x 規格外 T. V 4 x 飛散する斧 プロメテウス こちらは軽量のアウトレイジビートの参考レシピです。 墓地ソースに比べると、安く、種族デッキっぽさがあり、これから強化される可能性の高いデッキタイプであることが利点です。 値段がかかる割に、そこまで強くないのが欠点です。

次の

【デュエルマスターズ】火自然水のアウトレイジデッキ

デュエマ アウト レイジ デッキ

数 カード名 コスト 種類 文明 コメント 1 9 Exクリ 火 勝太のV3における最後の切り札。 1 12 Exクリ 火 カツキングの次の進化形態。 1 12 クリ 火 アニメでは勝太が度々使用している。 1 3 クリ 水 よくS・トリガーとして出てきて、勝太を救っている。 前作のスパークの役割。 2 3 クリ 水 手札補充のアウトレイジ。 裁き用。 2 4 呪文 水 除去トリガー兼手札補充。 4 3 クリ 自然 アウトレイジのマナ加速。 1 8 クリ 自然 除去になる。 1 9 クリ 自然 カツキングのヒラメキ先兼、補助役。 4 2 呪文 自然 マナブースト。 1 殿 3 呪文 自然 カツキングのために墓地のクリーチャーを補充。 2 6 呪文 自然 除去。

次の

167枚ブレイク!! 秘密結社アウトレイジオーラ

デュエマ アウト レイジ デッキ

ドロン・ゴー:このクリーチャーが破壊された時、名前に《武闘》とあるエグザイル・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。 自分の他の、名前に《武闘》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。 現状、によってアウトレイジとして扱う上にアウトレイジMAX自体を指定するカードは存在せず、命名ルールや外見もほぼ変わらないので基本的にアウトレイジと同一種族として扱っていいだろう。 さらにはアウトレイジMAXだが、同一人物であるはであるなど、何をもって「MAX」とするのかがほとんど不明である。 背景ストーリー上ではがしている。 この種族のクリーチャーのカードは、初録時のを除いて軒並みフルフレームイラストである。 はを除く全てのカードがこのを持っている。 と違い、こちらのクリーチャーは通常のクリーチャーと命名ルールは変わらない。 という概念を生み出した張本人。 ある意味史上、最も革新的なと言える。 参考 [ ]•

次の