ミナミ の 帝王。 難波金融伝・ミナミの帝王

千原ジュニア主演、新・ミナミの帝王を完全無料に見る方法!動画見るなら!

ミナミ の 帝王

解説 大阪ミナミ界隈を舞台に、ヤクザも黙る高利貸しとして恐れられた金融王の活躍を描く。 『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社・刊)に連載中の同名漫画(天皇寺大・作、郷力也・画)が原作で、既に作られ好評のオリジナルビデオ・シリーズから発展しての映画化。 『トイチの結婚』『一千万円の女』の2本立て。 監督は「遊びの時間は終らない」の萩庭貞明。 脚本は永沢慶樹と伊藤秀裕。 撮影は三好和宏が担当。 今作と「PART II『銀次郎VS整理屋』」(92分)の三部構成で上映された。 1993年製作/85分/日本 配給:ヒーロー ストーリー 【銭の一「トイチの結婚」】丸信ファイナンスの小金井満のもとに返済催促にやって来た萬田銀次郎と金子竜也の非道をなじるOL・八重子だったが、フィアンセの水木克也のために萬田から借金することに。 だが水木は結婚詐欺師だった。 泣き寝入りしたくない八重子は萬田の知恵を得て逆に水木を結婚詐欺にはめ、まんまと復讐する。 【銭の二「一千万円の女」】ミナミのクラブに勤める田村美代子は客の谷本千吉に口説かれ、1千万くれるのならという約束で寝る。 数日後、証書をたてに美代子は金を請求するが、谷本は萬田に救いを求め、萬田はその証書を無効にする。 だが谷本はその萬田への謝礼さえ踏み倒した。 萬田は美代子やその妹・晴美らと手をとって逆に谷本を罠にはめる。 Powered by• 2004年• 2001年• 2001年• 1999年• 1998年• 1998年• 1997年• 1997年• 1996年• 1996年• 1995年• 1995年• 1995年• 1994年• 1994年• 1993年 難波金融伝 ミナミの帝王• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• フォトギャラリー• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

千原ジュニア&大東駿介 10年目迎える『新・ミナミの帝王』新作が1月放送

ミナミ の 帝王

ドラマ『新・ミナミの帝王』の第18作が1月13日、第19作が1月18日に関西テレビで放送される。 10年目を迎えるドラマ『新・ミナミの帝王』シリーズは、天王寺大と郷力也が『週刊漫画ゴラク』で連載中の『難波金融伝・ミナミの帝王』をもとにした作品。 どんな手を使ってでも借金を取り立てることから「ミナミの鬼」と恐れられている大阪の金貸し・萬田銀次郎が、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいく姿を描く。 主人公の萬田銀次郎役に千原ジュニア、銀次郎の相棒・坂上竜一役に大東駿介がキャスティング。 両作に赤井英和、小芝風花が出演する。 第18作『バイトテロの誘惑』は、未解決事件の実行犯「髑髏の女」の孫を名乗り、バイトテロ動画を悪用した恐喝事件を起こす謎の女性を相手に、銀次郎がその手口を逆手に取った反撃に打って出るというあらすじ。 升毅、森優作、内田慈、福田転球、瀬戸カトリーヌらが出演する。 第19作『失われた絆』には銀次郎のかつての弟分テツが登場。 過去を悔やみ、人生の再出発を図るテツを応援する竜一と、銀次郎が衝突する様が映し出される。 テツ役を波岡一喜が演じるほか、奥野瑛太、奥村佳恵、ヨシダ朝、別府あゆみらが出演者に名を連ねる。 10年目の節目を迎えるに当たり、千原ジュニアは「最初は1話で終わると思ってましたが、まさかこんなに続くとは感慨深いです。 (千原が出演している)バラエティーを入れても1、2を争う長寿番組です」とコメント。 大東駿介は「僕も俳優歴15年くらいなので、その2分の3をこの作品で過ごしてるというのは感慨深いです。 当初はジュニアさんとの距離をどう縮められるかと思っていましたが、当たり前のように年に1回お会いできて互いの近況を報告しあえることに幸せを感じます」と語った。 大東は第1作の撮影を振り返り、「ジュニアさんとの距離がまだつかめておらず、『ジュニアさんって、どんな人なんやろ』と思っていた1作目のスタジオ撮影の時「控室でいきなり『おいっ!』ってジュニアさんの怒鳴り声が聞こえたんです。 ジュニアさんが買ったばっかりのiPhoneをマネージャーさんが落としたんですね。 周りのスタッフもジュニアさんとの距離感がまだつかめてなかったから、その場の空気が一瞬ピリッとしたんです。 その空気に気付いたジュニアさんは、iPhoneを拾い上げ、マネージャーさんに『お前、りんご(アップルマーク)欠けてるやんけ!!』って言って笑わせ、場が和んだんです。 それを見て『ああ、この人は優しい人なんやな』って思いました。 あれは今も忘れられないですね。 あの緊張と緩和が、ジュニアさんを物語ってて。 あれがすべての始まりでしたね」と述懐。 千原は「全然覚えてないわ~」と答えた。 また『新・ミナミの帝王』シリーズについて大東は「10年やってきて、『新・ミナミの帝王』で出来ることってなんやろなと、前半の5年くらいで模索してたんですよね。 でもここ最近『新・ミナミの帝王』が今の社会の流れを反映していたり、むしろ先取りすることもあったりと、ドラマだからできるメッセージの発し方ってあるんじゃないかと思うようになりました。 起きた事件にああだこうだとコメントするよりも、ドラマだからこそできる『心を刺激する何か』がある気がしています。 今回の2つの話は、それがよくわかる作品だと思います」とアピールし、千原は「そこにいる誰が巻き込まれてもおかしくない事件を描いていて見やすいと思います。 ぜひ見てください」と述べている。

次の

千原ジュニア&大東駿介 10年目迎える『新・ミナミの帝王』新作が1月放送

ミナミ の 帝王

カンテレ制作、お笑いタレント・主演のドラマシリーズ『新・ミナミの帝王』の新作2本が年明け早々に放送される(関西ローカル)。 1月6日に第14作「得する離婚、損する離婚」、翌週13日に第15作「ニンベンの女」。 第15作に出演する女優のが28日、大阪市内で取材に応じ、ジュニアと共演した感想などを語った。 同ドラマは、『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で連載中の天王寺大氏の漫画『難波金融伝・ミナミの帝王』が原作。 ジュニアを主演にドラマ化し、2010年からこれまでに13作品が放送され、平均視聴率8. 3%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)を記録している。 ジュニアが演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎は、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがないのが自慢で、借金はどんな手を使ってでも取り立てることから「ミナミの鬼」と恐れられている。 そんな銀次郎が、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいくヒューマンドラマ。 銀次郎の客をだました詐欺師に協力していたことがばれ、「師匠」と仰いでいた雪本竹蔵()に破門を言い渡される。 22歳で若くして裏の世界に足を踏み入れることになった、悲しい過去を抱えているという役どころ。 いままで明るい役を演じることが多かったので、人をにらむことに慣れていなくて」という小芝は「カットがかかる毎に眉間のマッサージしていました(笑)。 物語の中で紅は、銀次郎たちのなじみの喫茶店「エリエート」でアルバイトとして働いており、ウエートレス姿も披露する。 衣装もかわかったです!」とアピールした。 実は、今後の物語にもレギュラーとして登場することになった小芝。 ジュニアや大東といったレギュラー陣との共演は「千原さんとは何度かバラエティー番組でご一緒させていただいたことがあるので、お芝居でご一緒できるのは、すごくうれしいです。 現場では難しいクイズを出してくださったりして、大東さんや共演者の方と一緒に考えたりしました」と、撮影エピソードを明かした。 撮影前、銀次郎を演じる際の千原の独特の怖さを聞いていたと言い、「迫力がすごかったです! 目もそうですし、何を考えているか分からない銀次郎のすごさがありました。 最後に、物語の見どころについて「今回の物語で描かれている詐欺は、東京五輪が近づく中で増えてくると思うんです。 また、私自身こういう役が初めてなのと、ちゃんとうまくいくのか、ハラハラ感を味わってください!」と呼びかけていた。

次の