竹の子 アク 抜き。 プロが教えるたけのこのゆで方。ぬかなしでもアク抜きできる!

たけのこのあく抜きは重曹・米ぬか・大根おろしで簡単短時間に!

竹の子 アク 抜き

親戚からタケノコをもらったけど タケノコってあく抜きしたり茹でたりって 下処理に時間がかかるんだよね? タケノコの下処理をするのに 一体どれくらいの時間がかかるの? 何か簡単ですぐできる あく抜き方法ってないの? なんてお悩みではありませんか? タケノコは美味しいんだけど 本当に食べるまでの準備が 何よりも1番やっかいなんですよね。 本当に面倒くさいしくれるのであれば、 あく抜きをして茹でた状態で 欲しいと毎年思うのは私だけでしょうか。 ま、そんな愛にあふれた人は あまりいないわけで 大人しく自分であく抜きを しなきゃいけないハメになるわけです。 ということで、毎年我が家に タケノコをお迎えする中で 今年こそは楽して早く美味しい筍を食するべく タケノコのあく抜きを短時間でできる 時短あく抜き方法を徹底的に調べ上げました。 今年の春のタケノコのあく抜きは余裕です。 渋みの原因であるホモゲンチジン酸や シュウ酸が水に溶けやすい性質を持っているので じっくり長く茹でることで えぐみを和らげることができるわけです。 たけのこを茹でるときに あくを抜くために米ぬかや唐辛子を いれるのですが 糠などを入れて一緒に茹でることで よりアクが抜けやすくなります。 とは言っても、「ゆでる」という行為は たけのこを柔らかくするものであって 「あく抜き」が効果的になされるのは ゆであがった竹の子が冷めていくときなんだそうです。 なので、タケノコに竹串がスッと 刺さるくらいまで柔らかくなったら 火をとめてそのままゆで汁の中で 放置して冷まして大丈夫です。 大きいたけのこだと火が通るのに時間がかかるので 2時間ぐらいグツグツゆでることになります。 逆に小さい筍であれば早い段階で火が通るので 1時間もかからずに終了できます。 火が通ってから 常温になるまでゆで汁の中で 冷ますことでアクが抜けていきます。 早くに取り出してしまうと アクが残ってえぐみのある筍になるので 一晩はそのまま放置するのが大切です。 茹で終わったあとすぐに あく抜きが完了したと思って すぐに料理に使うとまだ苦いので要注意です。 こんな感じで、一般的なたけのこの あく抜きのやり方で下処理をすると ゆでるのに1時間、 ゆで汁に浸して放置するのに1晩かかることになりますね。 スポンサードリンク たけのこのあく抜きを時短する裏技 筍の皮をむいて切ってからゆでる 1番手っ取り早い方法は ゆでる時間を短くする方法です。 たけのこは基本的に 丸ごと茹でてあく抜きしますよね。 皮をちょろっと剥いて 穂先をカットして、切り込みを入れて 1時間ほどグツグツする。 そしてそのまま1晩放置して あく抜き完了となるのですが この、ゆで時間を短縮する方法が 切って茹でたり、皮をむいてゆでる方法です。 サイズが小さくなるので ゆで時間を短縮することができます。 切ったり皮をむいたりすると うま味が逃げちゃうという話もありますが 一般庶民である私たちに 感じられる程の味の劣化はありません。 圧力鍋を使ってゆでる 圧力鍋を持っているのであれば ゆで時間をかなり短縮することができます。 通常1時間かかるゆで時間が 圧力鍋を使えば10分から20分くらいの 加熱でゆでることができちゃうのです。 加圧さえしてしまえば あとはピンが落ちるのを待つだけ。 で、そのまま茹で汁の中で 1晩放置するだけです。 皮は向いてもむかなくでも どっちでもいいですし 大きさもお鍋にはいる大きさに カットしてもらって構いません。 大根おろしに漬けてアク抜き たけのこを茹でるときに 糠や重曹を入れるのと仕組みは同じで アルカリ性である大根おろしに つけておくだけで えぐみの成分を中和してアクが抜けます。 よく大根は消化にいいといいますが この消化酵素が筍のえぐみを分解してくれます。 大根おろしであく抜きする時の 注意点としては この消化酵素が熱に弱いので 加熱しちゃいけないということ。 常温の状態で漬けておきます。 大根おろしを使うというよりも 大事なのは大根をおろした時にでる「汁」。 大根おろしの汁と同じ分量の水と その量の1%の塩を用意します。 皮をむいて容器に入る 大きさに切ったタケノコを 作った大根おろし汁に 1時間ほどつけておきます。 たったこれだけであく抜き完了です。 筍が小さければ小さいほど 短時間であくを抜くことが出来るのですが あまりにも小さいと 水っぽくなっちゃうので ほどほどの大きさにしてくださいね。 あく抜きができていなくて 苦味が残っている場合は 大根おろしの汁を変えて また付け直して時間を延ばせばオッケーです。 食べる時は加熱してから 食べてくださいね。 電子レンジであく抜き 衝撃的ですよね。 電子レンジで筍のあく抜きができるなんて…。 1番時短できるアク抜き方法です。 まず、タケノコの皮をむきます。 皮がむけたら筍をカットするのですが 穂先と真ん中、根元の固さが違うので タケノコを三等分に切ります。 そのあと 穂先は縦に2等分に切って 真ん中は節2つで輪切りにして 8等分にします。 一番固い根元の部分は 輪切りにして2等分に切っておきます。 最後に水で洗って完成です。 ね?めちゃめちゃ簡単でしょ? 筍の皮むきとかカット時間を含めても 20分ほどあればあく抜き完了ですよ、奥さん。 本当にあく抜きできてるか 怪しいところですが、 クックパットで以下のとおり バッチリつくれぽもあるので本物の時短技ですな。 今年のタケノコのあく抜きは 電子レンジで絶対やります。

次の

たけのこのあく抜き簡単な方法!冷凍は?長期保存できるの?

竹の子 アク 抜き

ぬかも重曹もない場合は、生米((無洗米でも可)であく抜きができます。 その場合、たけのこ500グラムに対してお米を大さじ3杯入れます。 お米ならどのお宅にもあるので簡単にできます。 では、簡単にできるたけのこのあく抜きの方法を紹介します。 鷹の爪2~3本です。 【あく抜きの簡単な方法】 1、たけのこは、2~3枚皮をむき、先を斜めに3cmほど切り落とし、真ん中に切れ目を入れます。 2、お鍋に、たけのこが隠れるくらいお水と生米(上記のある材料で)、鷹の爪を入れます。 3、沸騰するまでは強火で、あとは弱火で1時間くらい茹でます。 竹串がスッと入るようになったら火を止めてください。 4、そのまま、1時間(できれば半日~一晩)冷まし皮をむきます。 (この間にあく抜きが進むので取りださないようにします。 ) 圧力鍋があれば時間が短縮できます。 ちなみに圧力鍋なら15分ぐらいで出来上がります。 たけのこは採ってから時間が経つと固くなりえぐみが強くなるので、早くあく抜きをした方がいいです。 美味しくするポイント! 茹で上がってもすぐに水で冷まさずにそのまま自然に冷ましてくださいね。 もし苦味やえぐみが残ってしまっても、水にいれておくとやわらぎますよ。 すぐに使わない場合は、水に入れて冷蔵庫で保存します。 毎日水を変えれば1週間くらい大丈夫です。 1、たけのこを適当な大きさに切り、ビンにきっちり詰めます。 2、ビンいっぱいまで水を入れ、そのビンをお鍋に入れビンの肩までお鍋に水を入れて火にかけます。 沸騰してから30分煮たら瓶を取り出し蓋をしっかり閉めます。 3、瓶全体がお湯に浸かるように(横にしてもOK)入れて再度30分程度煮ます。 4、瓶を取り出して、逆さにして自然冷却して冷めたら完成です。 2回行うことで殺菌効果があるそうです。 日のあたらない冷暗所で保存します。 開封しなければ1年ぐらい持ちますよ。 まとめ たけのこを美味しく食べるコツは? たけのこは採ってから時間が経つと固くなりえぐみが強くなるのであく抜きをすぐにしましょう。 保存方法は? 冷蔵ならお水を毎日変えれば1週間持ちます。 薄切りや千切りで冷凍するとすぐに使えて便利です。 お水を入れて冷凍すると筍の美味しさが残ります。 長期保存するには? ビンいっぱいまでたけのこと水を入れ、蓋をせず30分沸騰+蓋をして30分沸騰させて瓶を逆さにして自然に冷まします。 日のあたらない冷暗所で1年間保存できます。

次の

たけのこのあく抜き|楽天レシピ

竹の子 アク 抜き

ひらひらした皮は剥ぎ取って泥などが付いている場合は、たわしで軽く洗います。 鍋が小さい場合は2分割、4分割すると早く煮えます。 包丁で多く切り込みはいれず、手で少し切り口を広げる、切り込みを手で広げると、切り口が閉じにくくなりゆで汁がしみこみやすい 1本でも数本でも、大きい鍋にお水に完全に浸るまで水を たっぷり入れる、始めから水の段階からゆでること、お湯からゆでると、中心と外側の煮え具合に差ができて食感が悪くなります。 日持ち(エグミをごまかす)を良くする為、唐辛子を1〜3本入れる(一味等でも可、無くても可)、唐辛子に切れ目を入れると強めになるが、最終的に料理段階でほとんど辛さのは残らない 店でもらった米ぬか、米ぬかの方がアクなどを吸収するのでお勧めです。 なければ 糠 ぬか を一握り(適当)入れる 煮る、沸騰したら直ぐ弱火に、ぬかの場合、アクはヌカに吸着されるので、お玉等でアク取りは不要 豪快に、吹きこぼれるので注意 ぬかを焦がすと後片付けが面倒に、ふたをずらすなど注意する。 加熱時間は、 風味優先20分 から アク抜き優先40分〜 蓋をして 自然に冷えるまで待ちます。 2時間〜4時間放置この工程により風味豊かになっていきます。 20分(歯ごたえ有)〜40分(柔らかめ、水煮風)程度弱火で 竹串が根元部分にすっと入ればOK そのまま冷ます、自然に放置して冷ます。 水道水で冷やすと風味が損なわれます。 触れる温度になったら、最初に中央に入れた切り目から剥きます。 皮を剥くときにぬかがおおよそ取れるので、最低限必要なだけぬかを取る。 多少残っても、ぬかは食べても害はありません、それよりぬかは栄養が豊富です。 穂先側を少し残して完成です。 あとは使用する料理に合わせて! 下処理完了!! 食材として利用する。 使い切れない場合は、水に浸して冷蔵庫に、水に濁りがある場合は濁りが消えるまで数回水を交換します。 濁りがなくても水は毎日交換します。 この方法で2,3日ぐらいはもちます。 アクが強い場合もこの方法で和らぎます。 あくが気になる場合は、2時間水にさらす、アサリと炊き込む場合はあまり水につけずあくの感じが残るほうが・・・好みで。 白い粉のようなカス状のものはアミノ酸の1つで、大量のチロシン Tyrosine が結晶化したもで栄養素の一つです。 ゆで汁にはアク(シュウ酸やホモゲンチジン酸)が溶け出しています。 蓚酸(シュウ酸)は、とりすぎると尿道結石や腎臓結石の原因とされ、カルシウムを多く含む食材(アサリなどや魚料理など)と一緒に調理すると、カルシウムと結合して、えぐみを感じにくくなり、腸で吸収されにくいとされています。 シュウ酸は水溶性なので、茹で時間を長くする、茹で上がったものを切って流水にさらすなどすれば更に少なくなりますが、風味もなくなります。 もっと長持ちさせる方法は、1リットルに対し塩大さじ1杯入れ保存する方法と、更にそれに酢を100cc(カップ半分程度)があります。 ただし使用するときに塩抜き(料理に使う前に1時間程度、水に漬けるて塩分を抜く)が必要です。 ただし塩抜きしても多少塩分や酢(臭・香り)は残りますので料理時工夫が必要です。 米糠(ぬか)や米のとき汁でゆでると吹きこぼれやすいので、弱火にして注意してください。 米ぬかの臭いや、シュウ酸がだめな方は、重曹で茹でると、えぐみもぬかの匂いもつきませんが風味も市販の水煮パックに近くなります。 重曹と糠をブレンドしたり量で調整する。 胆石の原因とされるシュウ酸は、ワカメやクエン酸の多いお酢を料理に活用すると低減されるといわれている(根拠は不明)。 あまった灰汁抜き済みの竹の子は、冷蔵庫でタッパなどの密閉保存容器等に水にいれて毎日新しい水に入れ替えおけば数日程度保存できます。 唐辛子を強めにゆでていれば一週間ぐらい持ちます。 タケノコご飯 アサリか油揚げを入れるとさらに タケノコの煮付け 鶏肉も合います。 タケノコの味噌汁 ワカメもオプションで 上記料理は約3〜4人前なので、通常1回分でなくなります。 竹やぶ(竹林)で取れたて(数分)なら灰汁(アク)抜きしなくても、軽く表面を焼く程度で酢味噌、わさび醤油などでにいただけるのですが。 取れてから時間がたつと灰汁(アク)がでてきます。 お店で旬の野菜として売られている場合は、3日程度経過しているので灰汁抜きが必要です。 お店で売れ残って割引されたものは、かなりのアクがあるので覚悟してください。 お店で調達する場合は、朝一番に奥から売り場に搬入されて並べられたもので春のオーラを放っていたら買い時です。 もし知り合いのところで掘る(頂く)ことができた場合、大きいものを少なくもらうより、小さいものをいっぱいもらったほうがアクが少なく風味が良いのでお得です。 竹はイネ科の多年生常緑植物で、地下茎でネットワークを組み驚異的な速度で仲間(親族)を増やし成長していきます。 一つの広大な竹林が実は、元をたどれば、たった1本の竹の地下茎が源で出来ている場合も考えられます。 他の植物は冬に葉を落としたりし春に芽を出すものが多いですが。 それは秋までに蓄えた少ない栄養で新芽をだすのにくらべ、竹は冬場も常緑植物なので成熟した仲間(親族)達がパラレルに栄養を生産しそのエネルギーを地下茎を通し新たに成長する場所に、集中的に供給し新たな竹を増殖しようとします。 それがタケノコです。 このタケノコは、他の植物に比べ驚異的な生命力を持っています。 その一つに成長速度です。 孟宗竹は、1日に最大1メートル程度伸びるときがあり、竹林に置いた籠が数日目に探しに行くと、無くなっている時があります。 そのときは空方向も確認!。 タケノコがかぶったまま生長している場合があります。 また床下に生えた場合最悪で、数日放置すると床を壊して生えてきます。 そのように成長力は世界最強でそのタケノコの栄養素をいただける絶好の春の季節、迷わずタケノコを食しましょう。

次の