ソフトバンク バックアップ。 ソフトバンクの「あんしんバックアップ」アプリでトラブルを回避!

iPhoneの機種変更!バックアップの方法!【ソフトバンク編】

ソフトバンク バックアップ

携帯電話を購入する時、キャリア会社と契約する必要があります。 ソフトバンクもそのキャリア会社の中の一つです。 スマートフォンを利用する場合、こまめにスマホのデータをバックアップすることは不可欠です。 そのために、Docomo、au、ソフトバンクなどのキャリア会社はそれぞれのバックアップサービスを提供しています。 ここで、ソフトバンクに提供されているバックアップサービスでバックアップする方法、およびパソコンを利用してスマホをバックアップする方法について紹介しましょう。 一、ソフトバンクのアプリでスマホをバックアップする方法 ソフトバンクに提供されているバックアップアプリは、 「あんしんバックアップ」といいます。 「あんしんバックアップ」でバックアップできるデータは、電話帳、ブックマーク、カレンダー、発着信履歴、画像、音楽、動画を含めます。 データの保存先は、サーバーへのクラウド保存とSDカードへの保存を選べます。 では、詳しいやり方について紹介しましょう。 まずはアプリストア/Google Playで 「あんしんバックアップ」を検索して、アプリをダウンロードします。 Android版は2つのバージョンがあります。 一つは、Android OS 2. 3~5. 1まで対応していて、もう一つはAndroid6. 0以降のバージョンを対応しています。 ダウンロードする時はよく確認しましょう。 ちなみにiPhone版は最新のiOS11まで対応しています。 (一)Android OS 2. 3~5. 1版の「あんしんバックアップ」の使い方 1.アプリを起動し、利用規約などを同意します。 2.My Softbankアカウントでログインします。 3.アプリのメイン画面で 「保存」をタップします。 4.保存先の選択画面で、 「サーバー」か 「SDカード」を選択します。 5.バックアップしたいデータを選択します。 メールをバックアップする場合、 「メール」を選択します。 6. 「実行」をタップすれば、バックアップがはじまります。 7.データを復元したい場合、メイン画面で 「戻す」を選択します。 復元したいデータの保存先と種類を選択し、確認すればいいです。 8.定期保存したい場合、アプリのメイン画面で 「定期保存」を選択します。 更新頻度、保存先、バックアップ対象などを設定すれば、設定した時間でデータが自動でバックアップされます。 (二)Android 6. 0以降対応の「あんしんバックアップ」の使い方 1.アプリを起動し、利用規約などを同意して、 「機種変更~」の選択肢は自分の状況に応じて設定します。 2.アプリのメイン画面で 「データの保存」を選択します。 3.データの保存先で、 「サーバー」か 「SDカード」を選択します。 4.バックアップしたいデータの種類を選択します。 「データ」/「メール」をオンにすると、その中の項目がまとめて選択されます。 5. 「保存開始」を選択すれば保存がはじまります。 6.データを復元したい場合、アプリのメイン画面で、 「データの読み込み」を選択し、復元したいデータの保存先や種類を選択して、 「読み込み開始」をタップすれば、データの復元が始まります。 ヒント:保存先で、 「サーバー」を選択する場合、データはサーバーにアップロードされ、保存されます。 復元する時もダウンロードする必要がありますので、データの消費量などを注意しましょう。 「SDカード」を選択する場合、データはSDカードのストレージに保存されます。 データ量が膨大な場合、相応の容量が残っているSDカードを用意する必要があります。 二、PCにソフトバンクのスマホデータをバックアップする方法 「」は画像、声音、ビデオ、メール、ドキュメントなど、多種類のデータの復元に対応できるソフトです。 「FonePaw Android データバックアップ・復元」を使って、ソフトバンクスマホのデータをPCにバックアップすることができます。 1、 「FonePaw Android データバックアップ・復元」をダウンロードし、インストールします。 2、ソフトを起動して、ホーム画面で 「Androidデータバックアップ」をクリックして下の画面に入ります。 全部のデータか部分のをバックアップするか場合によって左側の選択肢を選択してください。 3、USBケーブルでスマホをパソコンと接続します。 スマホのUSBデバッグを有効にしてください。 4、バックアップしたいファイルを選択して、 「開始」ボタンでデータをバックアップします。 5、バックアップした後、 「OK」アイコンでバックアップされたデータの一覧が表されます。 「FonePaw Android データバックアップ・復元」を利用して、PCからデータをスマホに復元することもできます。 1、 「データバックアップ・復元」を起動して、スマホをパソコンに接続します。 2、 「Androidデータ復元」ボタンを押します。 3、復元したいデータを選んで、 「復元」ボタンでスマホに復元します。 以上紹介したスマホのデータをバックアップする方法はそれぞれ長所と欠点がありますが、皆さんはお好きな方法でデータをバックアップしましょう。

次の

スマホのデータを取り戻したい。そんな時に試してほしい3つの方法。

ソフトバンク バックアップ

「あんしんバックアップ」を利用する場合 引用元: これはソフトバンクユーザーのみが 使用できるアプリです。 iPhoneだけでなく、スマートフォンや 4Gケータイからのデータ移行ができ、 そのデータを戻すことも可能なアプリです。 ここで移行できるデータは 連絡帳データのみです。 『あんしんバックアップ』を利用して バックアップを取るためには 新旧どちらのiPhoneにも アプリをダウンロードする必要があります。 事前にダウンロードをしておきましょう。 2画面とも『次へ』をタップします。 『利用規約に同意する』にチェックを入れ 『次へ』をタップします。 次の画面では『機種変更の方』をタップします。 ここまででアプリの初回起動設定が完了です。 ここで確認画面が表示されたときは、 画面の指示に従って操作をしてください。 『電話帳の保存』をタップします。 『My Softbank認証』の画面が 出ることがあります。 その際認証をさせないと、 バックアップが取れないことがあるので 必ず画面の指示に従って操作してください。 今度は戻したいので 『電話帳の読み込み』をタップします。 読み込みたいデータをタップします。 『読み込み開始』をタップすると 電話帳の読み込みが開始されます。 電話帳だけなので 1分もかからず移行が完了できます。 iPhone機種変更のバックアップをiTunesでする場合【パソコンを持っている場合】 iPhoneで一番楽に バックアップを取れるのは パソコンでiTunesを使った方法です。 データの空き容量を気にすることもなく、 比較的操作も少ないので、 パソコンを持っている人には 一番オススメな方法となります。 『このコンピュータを信頼しますか?』 というメッセージが表示されたら 『信頼する』とタップ。 データを暗号化したい場合は 『iPhoneバックアップを暗号化』に チェックするとより安全性が上がります。 これでiTunesを利用した バックアップは完了です。 より詳しく確認したい場合は こちらをご確認ください。 iPhone機種変更のバックアップをiCloudでする場合【パソコンを持っていない場合】 今や1人1台以上スマホを持っていますが まだまだパソコンは全員が持っている 機器ということはありません。 『 パソコンがないとバックアップできない』 と思っている人いませんか? 実際はそんなことありません。 次の方法をとれば、iPhoneだけでも バックアップを取ることは可能です。 バックアップを取るためには Wi-Fi接続が必須となります。 もしWi-Fiに繋がなければ バックアップは開始されませんし、 途中で切断されれば バックアップも中断されてしまいますので、 ご注意ください。 iPhoneのバックアップは Wi-Fiを接続しなければ バックアップが中断されてしまいますので 必ずネットに接続したままにしておきましょう! 『今すぐバックアップ』の下に バックアップ日時が表示されれば バックアップ完了です。 より詳しく確認したい場合は こちらをご参照ください。 iPhoneの機種変更のバックアップを店でしてもらう 最後の頼みの綱がキャリアショップで バックアップをしてもらうことです。 ですが残念なことに iPhoneのバックアップは 店員が直接やってくれません。 やり方を口頭で説明し、 バックアップを誘導してくれるだけです。 そしてその方法は• iCloudを使用• キャリア発信のアプリを使用 の2つになります。 そのため、LINEなどのSNSの バックアップも自力でやるようになります。 LINEのバックアップは こちらで詳しく紹介されていましたので ご参照ください。 ですが、 特に難しい作業ではないので 是非ここでみながらバックアップを 取ってみて下さい。 設定できない場合は公式サイトで解決 バックアップと言えば 連絡先や写真だけではないですよね? SNSやゲームアプリなども バックアップして引継ぎたいと いう人がほとんどです。 しかしこれらに関しては それぞれのアプリで設定が必要なため、 ショップでは対応してもらえません。 ソフトバンクの公式ホームページにも Appleのサポートページにも 設定方法が掲載されています。 過去に設定できなかったときの原因が 一緒に紹介されているので、 上記の方法以外の問題点を見つけることも できるでしょう。 また、Appleの場合、 サポートに問い合わせることで Apple製品のエキスパートが 問題解決に向けての 的確なアドバイスをくれます。 なかなか時間が取れず来店が難しい人は 電話での問い合わせをお勧めします。 まとめ いかがでしたか? 今回はソフトバンクユーザー向けの iPhoneのバックアップ方法を ご紹介していきました。

次の

iPhoneの機種変更!バックアップの方法!【ソフトバンク編】

ソフトバンク バックアップ

「あんしんバックアップ」を利用する場合 引用元: これはソフトバンクユーザーのみが 使用できるアプリです。 iPhoneだけでなく、スマートフォンや 4Gケータイからのデータ移行ができ、 そのデータを戻すことも可能なアプリです。 ここで移行できるデータは 連絡帳データのみです。 『あんしんバックアップ』を利用して バックアップを取るためには 新旧どちらのiPhoneにも アプリをダウンロードする必要があります。 事前にダウンロードをしておきましょう。 2画面とも『次へ』をタップします。 『利用規約に同意する』にチェックを入れ 『次へ』をタップします。 次の画面では『機種変更の方』をタップします。 ここまででアプリの初回起動設定が完了です。 ここで確認画面が表示されたときは、 画面の指示に従って操作をしてください。 『電話帳の保存』をタップします。 『My Softbank認証』の画面が 出ることがあります。 その際認証をさせないと、 バックアップが取れないことがあるので 必ず画面の指示に従って操作してください。 今度は戻したいので 『電話帳の読み込み』をタップします。 読み込みたいデータをタップします。 『読み込み開始』をタップすると 電話帳の読み込みが開始されます。 電話帳だけなので 1分もかからず移行が完了できます。 iPhone機種変更のバックアップをiTunesでする場合【パソコンを持っている場合】 iPhoneで一番楽に バックアップを取れるのは パソコンでiTunesを使った方法です。 データの空き容量を気にすることもなく、 比較的操作も少ないので、 パソコンを持っている人には 一番オススメな方法となります。 『このコンピュータを信頼しますか?』 というメッセージが表示されたら 『信頼する』とタップ。 データを暗号化したい場合は 『iPhoneバックアップを暗号化』に チェックするとより安全性が上がります。 これでiTunesを利用した バックアップは完了です。 より詳しく確認したい場合は こちらをご確認ください。 iPhone機種変更のバックアップをiCloudでする場合【パソコンを持っていない場合】 今や1人1台以上スマホを持っていますが まだまだパソコンは全員が持っている 機器ということはありません。 『 パソコンがないとバックアップできない』 と思っている人いませんか? 実際はそんなことありません。 次の方法をとれば、iPhoneだけでも バックアップを取ることは可能です。 バックアップを取るためには Wi-Fi接続が必須となります。 もしWi-Fiに繋がなければ バックアップは開始されませんし、 途中で切断されれば バックアップも中断されてしまいますので、 ご注意ください。 iPhoneのバックアップは Wi-Fiを接続しなければ バックアップが中断されてしまいますので 必ずネットに接続したままにしておきましょう! 『今すぐバックアップ』の下に バックアップ日時が表示されれば バックアップ完了です。 より詳しく確認したい場合は こちらをご参照ください。 iPhoneの機種変更のバックアップを店でしてもらう 最後の頼みの綱がキャリアショップで バックアップをしてもらうことです。 ですが残念なことに iPhoneのバックアップは 店員が直接やってくれません。 やり方を口頭で説明し、 バックアップを誘導してくれるだけです。 そしてその方法は• iCloudを使用• キャリア発信のアプリを使用 の2つになります。 そのため、LINEなどのSNSの バックアップも自力でやるようになります。 LINEのバックアップは こちらで詳しく紹介されていましたので ご参照ください。 ですが、 特に難しい作業ではないので 是非ここでみながらバックアップを 取ってみて下さい。 設定できない場合は公式サイトで解決 バックアップと言えば 連絡先や写真だけではないですよね? SNSやゲームアプリなども バックアップして引継ぎたいと いう人がほとんどです。 しかしこれらに関しては それぞれのアプリで設定が必要なため、 ショップでは対応してもらえません。 ソフトバンクの公式ホームページにも Appleのサポートページにも 設定方法が掲載されています。 過去に設定できなかったときの原因が 一緒に紹介されているので、 上記の方法以外の問題点を見つけることも できるでしょう。 また、Appleの場合、 サポートに問い合わせることで Apple製品のエキスパートが 問題解決に向けての 的確なアドバイスをくれます。 なかなか時間が取れず来店が難しい人は 電話での問い合わせをお勧めします。 まとめ いかがでしたか? 今回はソフトバンクユーザー向けの iPhoneのバックアップ方法を ご紹介していきました。

次の