警察 24 時 カー チェイス。 普段TVをあまり見ない私が「警察24時」は見てしまう3つの理由

警察24時

警察 24 時 カー チェイス

春・秋や年末に放送されていることが多い気がします。 一般的なテレビ番組などと異なり、スタジオなどのセットが不要で、脚本家への原稿料や俳優など出演者への出演料(ギャラ)などがない(司会者・コメンテーターを出演させるとしても、数人の少人数で済み、出演料は抑制できる)ため、著作権などの各種権利処理が簡易であり、低予算で作成できることが制作局や制作プロダクションにとっての利点である。 また、公式ホームページも用意されていないのもほとんどである。 これは上記にあるように、低予算で制作できることと、一般視聴者の興味が高いので高視聴率が期待できるというキー局側の利点と共に、(事実であるので批判には当たらないが)一般の警察官の努力によって市民生活の安全を確保しているという警察活動が全国的に放送されるため、警察側においても費用をかけず広報を行えるという相互の利益によるものである[2]。 近年、放送頻度も多くなってきている。 警察24時を見てしまう3つの理由 普段見ることのできない世界が見れる 警察って、まあ困ったときにお世話になることはありますが、自分が悪事を働いてお世話になることってあまりないじゃないですか。 自分がごく一般的に生活している限り。 あってもスピード違反による交通違反とか、ごく軽微なものが多いと思います。 でも、この番組を見るだけで、日常からかけ離れた世界が垣間見れるわけですよ。 痴漢の現行犯取り押さえから、カーチェイス、死亡事故の調査から犯人逮捕までの一部始終…いろいろありますが、普段そうそうお目にかかれないものばかりです。 そういうの、純粋に見たいと思いませんか?非日常に興味があるという点では、裁判を見たい願望がある私の気質も関係しているかもしれません。 <関連> 無理矢理つけられてるニックネームが面白い これは完全に番組サイドが勝手にやってるんだと思いますが、登場人物にニックネームというか愛称のようなものをつけてるんですよね。 これが結構ツッコミたくなるわけです。 ニックネームをつけることで親しみをこめたり、職人気質を表現しようとしてるのかもしれませんが、ちょっと無理がありすぎる場合が多くて(笑) いや、これは批難してるわけじゃないですよ。 面白いのでOKです。 犯人の奇人・変人っぷりがついつい興味を誘う 警察24時なので、犯罪者を取り締まるシーンが多く出てきます。 で、その犯罪者の奇人・変人っぷりが私の想像をはるかに超えていることが多いんです。 これとか。 なんで弁護士(笑) これとか。 苗字違う印鑑を「私の」と言う。 その直後に「知らん」って言う(笑) 逮捕されたくないがゆえの往生際の悪さなんでしょうが、もう絶対無理があるのになんで認めないんだろう…。 って感じで、私にはとても思いつかない会話を見ることができます。

次の

カーチェイスとは (カーチェイスとは) [単語記事]

警察 24 時 カー チェイス

日本ではあまり馴染みがないが、容疑者の乗る逃走車とパトカーがおりなすカーチェイスのヘリ中継は、アメリカではお馴染みの光景である。 テレビをつけたらカーチェイスのヘリ中継! アメリカといえばカーチェイスなのだ。 そんなハラハラドキドキの 「カーチェイスヘリ中継をテレビで見てたらスゲエことが起きた!」という動画が大きな話題になっている。 その動画とはである。 事件が起きたのは米カリフォルニア州イングルウッドのウェストセンチュリー通り。 動画の撮影者は、「あれ、これウチの近所だぞ」とばかりにテレビで中継されているカーチェイス映像を撮影している。 ……と、その時だった! テレビから流れるサイレン音が、なぜか窓の外からも聞こえてくる。 ふとテレビ横の窓にカメラを向けると……な、なんと! なんというシンクロ率! なんという臨場感! あまり起きてほしくはないが、「テレビの光景が今、目の前に!」状態である。 これがアメリカだ。 これがアメリカのカーチェイスなのだ。 (文=) 参照元:Youtube.

次の

「警察と容疑者の壮絶なカーチェイス」をストップさせた物が意外だった! モコモコでフワフワした何かが追跡劇を阻止することに!!

警察 24 時 カー チェイス

日本ではあまり馴染みがないが、容疑者の乗る逃走車とパトカーがおりなすカーチェイスのヘリ中継は、アメリカではお馴染みの光景である。 テレビをつけたらカーチェイスのヘリ中継! アメリカといえばカーチェイスなのだ。 そんなハラハラドキドキの 「カーチェイスヘリ中継をテレビで見てたらスゲエことが起きた!」という動画が大きな話題になっている。 その動画とはである。 事件が起きたのは米カリフォルニア州イングルウッドのウェストセンチュリー通り。 動画の撮影者は、「あれ、これウチの近所だぞ」とばかりにテレビで中継されているカーチェイス映像を撮影している。 ……と、その時だった! テレビから流れるサイレン音が、なぜか窓の外からも聞こえてくる。 ふとテレビ横の窓にカメラを向けると……な、なんと! なんというシンクロ率! なんという臨場感! あまり起きてほしくはないが、「テレビの光景が今、目の前に!」状態である。 これがアメリカだ。 これがアメリカのカーチェイスなのだ。 (文=) 参照元:Youtube.

次の