ポケモン 相性 覚え 方。 ポケモンGO:タイプ相性、倍率の一覧表と相性の覚え方のコツ

ポケモンGO:タイプ相性、倍率の一覧表と相性の覚え方のコツ

ポケモン 相性 覚え 方

64倍)」 また、タイプが2つあるポケモンは• 56倍• 64倍、• 00倍 となります。 スポンサーリンク 相性の覚え方のコツ ポケモンのタイプの物質的なイメージを持つ そのタイプのイメージを思い描くのがタイプの相性の覚え方のコツとなります。 例えば、水タイプの場合、炎のタイプには「水は炎を消すため、攻撃をする際も攻撃を受ける際も有利とイメージすることができます。 このように攻撃時に有利なタイプからの攻撃には強いことが多いです。 同じタイプ同士の相性 基本的に同じタイプ同士の攻撃は「効果はいまひとつ」となります。 以下は例外です。 等倍:ノーマル、格闘、地面、飛行、虫、岩、フェアリー 互いに効果抜群:ドラゴン、ゴースト 鋼タイプの相性の覚え方 鋼タイプは多くのタイプの攻撃を半減できるので、「等倍と弱点以外はすべて有利」と覚えたほうが早いです。 鋼タイプに等倍のタイプ:水、電気、悪、ゴースト 鋼タイプの弱点のタイプ::炎、格闘、地面 イメージしにくいタイプの相性 タイプをイメージしにくいタイプについて、タイプ別に「そのタイプがどのタイプに攻撃をすれば有利になるのか(効果抜群)」と「そのタイプがどのタイプに攻撃をすると不利になるのか(効果はいまひとつ)」をまとめました。 少しイメージがしづらく、こじつけの部分もありますが、なぜタイプの有利、不利が決まるのかと理由も付けもしたのでタイプの相性を覚える際の参考にしてください。 ノーマル 攻撃時有利 ノーマルは普通でなにも特徴がないので有利なタイプがない。 攻撃時不利 岩・鋼:非常に硬いのでないも特徴のないものだと攻撃が通りにくいため。 ゴースト:特徴のないものだと幽霊に干渉できないため。 炎 攻撃時有利 虫:火で焼くことができるため。 攻撃時不利 岩:岩は燃えにくいため。 ドラゴン:竜は自然災害に強いため。 水 攻撃時有利 地面:どろどろにすることができるため。 岩:水流で削り取ることができるため。 攻撃時不利 ドラゴン:竜は自然災害に強いため。 電気 攻撃時有利 飛行:空を飛ぶ相手には雷が当たりやすいため。 攻撃時不利 草:植物は電気を通しにくいため。 ドラゴン:竜は自然災害に強いため。 草 攻撃時有利 地面・岩:成長時に地面、岩から栄養分を吸い上げるため。 攻撃時不利 ドラゴン:竜は自然環境に強いため。 氷 攻撃時有利 地面::凍結すると亀裂が入るため。 飛行:寒さで羽ばたくことができなくなるため。 ドラゴン:恐竜は氷河期で絶滅したため。 攻撃時不利 水:氷は水に入れっぱなしにしていると溶けるため。 格闘 攻撃時有利 ノーマル:何もない相手より筋力があるため。 氷・岩・鋼:筋力で砕けるため。 悪:ヒーローは悪者につよいため。 攻撃時不利 毒:毒は直接触れると危険なため。 虫:虫は小さくて攻撃が当てにくいため。 毒 攻撃時有利 草:除草剤で枯らせるため。 フェアリー:聖なるものを汚す存在なため。 攻撃時不利 ゴースト:幽霊はすでに死んでいる存在のため。 岩:岩は毒:毒液を通さないため。 地面 攻撃時有利 炎:土は消化に使えるため。 毒:毒液を通さないため。 岩・鋼:地震で建物を倒壊させるため。 攻撃時不利 虫:虫は地面を耕すため。 飛行 攻撃時有利 格闘:空にいて、届かないため。 攻撃時不利 鋼:鋼は非常に硬いため。 エスパー 攻撃時有利 格闘:真っ向勝負をする相手を惑わすため。 毒:超能力で毒素を分解するため。 攻撃時不利 鋼:鋼は非常に硬いため。 虫 攻撃時有利 エスパー:虫は感情が読まれないため。 悪:バッタのヒーローが悪の軍団を倒す物語があるため。 攻撃時不利 格闘:虫は小さすぎるため。 フェアリー:妖精は羽が生えていたりと共通点が多いため。 岩 攻撃時有利 氷::岩のほうが硬いため。 飛行:岩で鳥を打ち落とすことができるため。 虫:岩で虫を潰すことができるため。 攻撃時不利 鋼:鋼は非常に硬いため。 ゴースト 攻撃時有利 エスパー:幽霊は超能力でも解明できない存在のため。 ゴースト:幽霊同士だと互いに干渉出来るため。 攻撃時不利 ノーマル:互いに干渉できないため。 ドラゴン 攻撃時有利 ドラゴン:最強の生物には最強の生物同士でしか勝てないため。 攻撃時不利 鋼:鋼は非常に硬いため。 悪 攻撃時有利 エスパー:性格がひねくれていて超能力を信じていないため。 ゴースト:幽霊を怖がらないため。 鋼 攻撃時有利 氷・岩:より硬いため。 フェアリー:妖精は争いの象徴である刃物が苦手なため。 攻撃時不利 水:鋼は重くて沈むため。 電気:電気をよく通すため。 フェアリー 攻撃時有利 格闘:戦うものの心を清めることができるため。 ドラゴン:聖なる力でドラゴンを弱らせるため。 悪:清らかな心を持っているため。 攻撃時不利 炎:妖精は熱に弱いため。 終わりに ポケモンの相性について理由を考察してみました。 かなり強引なこじつけやほぼ理由になっていないものもありましたが皆さんの参考になれば幸いです。 スポンサーリンク 管理人プロフィール ブログ「ハリーのポケモン情報基地」(以下 当サイト)へのご訪問ありがとうございます。 ポケモン、漫画、アニメが大好きな管理人のハリーと申します。 当サイトについて 当サイトでは「ポケットモンスター シリーズ」、「ポケモンGO」、「アニメ」の攻略、イベントなどの情報を日々発信していきます。 当サイトは著作物の権利を持つ企業とは一切関係ありません。 また、当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの企業に帰属します。 当サイトに掲載されている広告、及びプライバシーポリシーについて 1、当サイトでは、第三者配信の広告サービス()を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をクリックしてください。 2、当サイトは、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくは、またはをクリックしてください。 イラストは ロゴ等は様で作成いたしました。

次の

ポケモンGO:タイプ相性、倍率の一覧表と相性の覚え方のコツ

ポケモン 相性 覚え 方

Lv47 初代にだけ触れた元ポケモン世代の30代です。 誕生日プレゼントに相方さんにサン・ムーンをいただきましたが 初代よりもタイプの幅広さがあり、ポケモンに触れた世代なのに 驚きを隠せないヤツであります 笑。 フェアリー?あく?何だそりゃ?な感じです 笑 ぶっちゃけますと・・・初心に帰ろうと思って 3DSのバーチャルコンソール版の初代ポケモン(赤、緑、青、ピカチュウ)を全て購入し、 その攻略をサイトで見ているうちに思い出してきたというか 何となく頭の中で整理がつくようになってきました。 ついでに言うと初代とは言えど当時はソフトが品切れで 緑とピカチュウのみ持っていて違いなどほとんど無知な状況でした。 ただ、GOではポケモンバトルでポケモンを捕獲するわけじゃないので ジム戦以外では相性とか関係ないかな~・・・とも思います。 相性を覚えるコツみたいなものですが、自然界の流れが ポケモンの世界にも通じると思って覚えています。 例えば火は水に弱いとか虫は鳥に弱いとか、草は電気を通さないとか。 そういう日常生活の中にも存在する自然の流れとか 普通にこなしている行動だったりとかを当てはめてみると 案外『あ、こういうものだよね』って思えたりするかもしれません。 Lv323 こんばんは。 ひたすらジムバトルするのが一番です。 配置されているポケモンに対して、どういうポケモンが有効か考えていると、自然とポケモンにタイプが紐付けされると思います。 わたしはサンダースが好きなので、バトルでサンダースしか使わないこともよくやってまして、タイプや相性はサンダースで学びました。 サイドンには効かないけど、ギャラドスは楽勝。 カイリューもいけるなぁ。 じゃあ、サイドンにはどのポケモンがいいのか? そんなことばかり考えながらジムバトルしていたら、使うポケモンも増えていき、効率よくバトルできるようになりました。 伝説のポケトレさんはタイプ・相性から入ろうとしてますが、暗記が得意な人でないと難しいです。 まずは実戦を。 画面を見て、指でタップし、勝てばうれしく、負ければ悔しい…。 効率よく戦うために考えるようになると思います。 ジムでの戦い方やトレーニングの効率などでアドバイスをくれる方々は、数多くの実践とシミュレーションを重ね、考え抜いたからこそそういった知識が身についているんだと思います。 Lv14 こんばんは ポケモンにタイプが表示されるまでは、絶対覚えられない! と思ってました。 わたしは、独自の法則 初代御三家の法則とイーブイ3兄弟の法則をあみだして。。。。 説明すると、 水 シャワは、 火 を消す ブースに強い 火 ブースは、 草 を燃やす フシギに強い 草 フシギは、水 で成長 イマイチになる 水 シャワは、電気 を通す サンダーに弱い ジャンケンのようなものです。 ジムに居るポケモンは大体同じなので、覚えるしかありませんが。 ま、法則にあてはめれば。。。。。 バンギラス・サイドン 岩は、固まった土と考え、水でドロドロに。 ギャラドスは水。 水と言うことは、でんきに弱い。 カビゴン は、格闘家に弱い。 カイリューは、寒さに弱い。 ハピナスは、パワーで押しきるポケモンで。 以上、失礼しました。

次の

[ポケモンGO]タイプ相性の覚え方4つ。表やリスト、画像で完ぺきに覚えて勝利をつかめ

ポケモン 相性 覚え 方

ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 それぞれのタイプに有利不利といった 相性があり、これを知っておくとバトルでとても役立ちます。 そんな相性の覚え方を紹介する連載企画第9回です。 今回のタイプは、現在開催中ので色違いが登場している「メノクラゲ」の【みず】。 弱点を突けるタイプがよく出てくるので、役立つ知識になると思いますよ! みずタイプ相性の覚え方 【みず】タイプはそのまま水。 植物 くさ には吸い取られてしまい、 電撃 でんき をよく通すため、これらから攻撃を受けるのは苦手。 一方で 消火に使われるのでほのおには有利。 ご注意ください。 【みず】タイプとは 『ポケットモンスター』シリーズでは最初に入手できる3匹に必ず含まれているので、親しみやすいタイプのひとつです。 『』においても、ゲーム開始時に手に入る3匹のうちの1匹、ゼニガメのタイプです。 は除く 【ほのお】【くさ】と三すくみを作り、生活に馴染みがあるものなので覚えやすいタイプでしょう。 ただし【でんき】や【はがね】など、少し紛らわしいタイプ相性もあるので注意です。 湿気は火の大敵ですよね。 水をかけると温度が下がるので、すでに燃えているものも勢いが弱くなります。 ・対【いわ・じめん】タイプ 【みず】タイプに対しては水そのものとして以外に、 水流をイメージしてみてください。 川の流れによって、 山の岩は削られて運ばれていきます。 海にたどり着く時には、石ころや砂つぶになるまで角が取れていますよね。 土砂も同じく、川の流れで 削られて地形が変わっていきます。 【いわ】も【じめん】も水の勢いに流されてしまうので、【みず】のほうがタイプで優位に立てると考えましょう。 ・対【こおり】タイプ 【みず】は【こおり】から攻撃を受けるとき「いまひとつ」になります。 一見すると水は「凍らされてしまう」と考えがちですが、ジュースに入れる氷をイメージしてください。 入れた氷に負けて、 ジュースが凍ることはありませんよね? つまりそういうことです。 ・対【はがね】タイプ 【はがね】タイプの攻撃も、【みず】タイプには軽減されます。 突然ですが、水は液体です。 【はがね】タイプは固いですが、液体にばちゃばちゃ当てたところでダメージになるでしょうか? なりませんよね? 鋭い刃による攻撃も、液体の前ではまったく無意味です。 液体には 重い一撃も、鋭い斬撃も効かないと考えましょう。 水を浴びせても、 むしろ植物は喜んでしまいますよね。 そもそも吸い上げられてしまう上、攻撃のつもりでも相手を喜ばせるだけ。 そのため【みず】は【くさ】に攻撃されると「ばつぐん」、【くさ】に攻撃しても「いまひとつ」になってしまうのです。 ・対【でんき】タイプ 水は電気をよく通す。 こちらもイメージしやすいと思います。 電子機器が水で壊れるのも、水に電気が通って回路がショートしてしまうのが原因ですね。 そのため【でんき】わざは【みず】に「ばつぐん」となります。 しかし対【くさ】とは異なり、【でんき】は【みず】わざを受けても 等倍であることには注意が必要です。 電撃を出せるからといって、 水に耐えられる理由にはなりませんよね。 植物とは根本的に異なるわけです。 ・対【ドラゴン】タイプ 【ドラゴン】タイプは【みず】わざに対して耐性を持っています。 東洋におけるドラゴン、つまり竜は水の化身といわれています。 ヤマタノオロチも洪水を生き物に例えたものだという説もあります。 そんなドラゴンは水を従えてしまい、川の流れすら変えてしまう存在です。 そのため【みず】に耐性があってしかるべき! と覚えましょう。 該当するポケモンが非常に多いタイプなので、自分が使うだけでなく、相手にすることも多いと考えられます。 きっと、知っておくと役立つ場面が多い知識になると思いますよ!

次の