英語 名言 短い 面白い。 【面白い!】スポンジボブの名言英語20選

短いから覚えやすい!使ってみたいディズニー英語名言集【座右の銘】

英語 名言 短い 面白い

Adventure is worthwhile. ギリシャの童話作家、イソップの名言です。 「worthwhile」は、「価値のある、やりがいのある」という意味の名詞です。 All is well. 「well」は、「良い、結構な、健康な」という意味の形容詞です。 「All is well that ends well. 」で、「終わりよければ全てよし」としても使われるフレーズです。 Always be honest. 身の引き締まる格言ですね。 「honest」は、「正直な、誠実な、実直な」という意味の形容詞です。 Always be yourself. アメリカの大女優、マリリン・モンローの名言です。 「yourself」は「あなた自身」という意味の他に、「いつものあなた、正常なあなた」という意味も持っています。 Appearances are deceptive. 英語のことわざで、イソップ童話の中にも登場する教訓です。 「deceptive」は、「欺くような、当てにならない」という意味の形容詞です。 Appreciate the moment. 日々に感謝して生きることが大切ですね。 「appreciate」は、「感謝する、高く評価する」という意味の名詞です。 Be a giver. 「giver」は、「与える者、寄贈者」という意味の名詞です。 人に求めるだけでなく、人に与えられる人になりなさいという名言ですね。 Be the best. 「best」は、「good」や「well」の最上級表現です。 「the + 形容詞」で、「〜のもの、〜のこと」という意味になります。 Be the change. インドの人権活動家、マハトマ・ガンジーの名言です。 周りを変えたいと思うのであればまずは自分自身が変化になれ、という思いが込められています。 Beauty is power. イギリスの博物学者、ジョン・レイの名言です。 「beauty」は、「美しさ、美貌、美人」という意味の名詞です。 Believe in yourself. 「believe ~」は「~の真偽を信じる」という意味ですが、「believe in ~」の場合は「~の可能性や存在を信仰する」というニュアンスになります。 とても頻繁に使われるフレーズで、名言中の名言ですね。 Believe you can. 元アメリカ大統領、セオドア・ルーズベルトも口にした名言です。 「believe」は、「信じる、正しいと思う」という意味の動詞です。 Block out haters. 「hater」とは、「自分のことを嫌う人、憎んでいる人」という意味です。 そのような人々には関わらずに、自分の目標に向かって前進しなさいという意味ですね。 Boys be ambitious. アメリカ人教育者で、札幌農学校初代教頭のクラーク博士の名言です。 札幌農学校は、現在の北海道大学の前身としても知られています。 Bros before hoes. 「bros」は「兄弟」という意味で、「hoes」は「女性」を見下した言い方です。 女性よりも兄弟、つまり友人を大切にするという意味のフレーズです。 Celebrate your victories. 「celebrate」は、「祝う、褒め称える」という意味の動詞です。 Change is good. 変化があれば色々な経験を積むことができ、自分の力を高めることができますね。 Change the world. かっこいい英語の名言ですね。 世界的なギタリスト、エリック・クラプトンの楽曲のタイトルにもなっています。 Clarity precedes success. 「precede」は、「先んずる、先行する」という意味の動詞です。 成功するためには、まずは目標を明確にすることが必要ですね。 Comedy is over. ベートーベンが亡くなる前に発したとされる名言です。 「comedy」は、「喜劇、お笑い」という意味の名詞です。 Conquer from within. 「conquer」は、「征服する、攻略する」という意味の動詞です。 世界を征服しようと考えているのであれば、まずは自分自身を征服すべきという意味ですね。 Courtesy costs nothing. 礼儀正しくすることで損をすることは無いという意味のことわざです。 「courtesy」は、「礼儀、礼節、丁重」という意味の名詞です。 Death before dishonor. 「before」は「前に」という意味もありますが、「よりはむしろ」という意味としても使うことができます。 Death is nothing. ナポレオンの名言です。 「nothing」は「何もない」という意味の他に、「つまらないもの」といった意味もあります。 英語の名フレーズです。 「deed」は、「行為、行動、功業」という意味の名詞です。 Destiny is mine. 英語版の「NARUTO」から、うずまきナルトの名言です。 ただ運命の成り行きに任せるのではなく、運命は自分で変えられるものだというメッセージです。 Do it now. 林先生の「今でしょ!」にも似ている名言です。 ナイキのキャッチフレーズでは、「Just do it. 」として使われています。 Do it yourself. 日本でも馴染みのあるフレーズですね。 「日曜大工」を意味する「DIY」は「do it yourself」の頭文字を取ったものです。 Do not judge. 「judge」は、「判断する、判定する、断定する」という意味の動詞です。 「Do not judge by appearance. 」で「見た目で決めつけないで。 」という意味になるように、色々とアレンジの効くフレーズです。 Do your best. 様々なシーンで使われている名言で、私たち日本人にも馴染みの深いフレーズですね。 「afraid」は、「恐れて、勇気が無くて、心配して」という意味の形容詞です。 かつてグーグル社の社訓となっていた有名フレーズです。 「evil」は、「悪い、邪悪な」という意味の形容詞です。 飲んだら乗ってはいけませんね。 「drunk」は、「酔って、夢中になって」という意味の形容詞です。 アップルの創業者、スティーブ・ジョブズの名言です。 「faith」は、「信念、信条、信仰」という意味の名詞です。 「limitation」は、「限定、制限、限界、弱み」という意味の名詞です。 Feel! 「燃えよドラゴン」はアメリカと香港の合作映画で、ブルース・リーの代表作として有名ですね。 Dreams come true. 私たちにも馴染み深いフレーズで、人気デュオの名前にもなっていますね。 「come true」で、「実現する、本当に起こる」という意味になります。 Drive your dreams. 日本が誇る自動車メーカー、トヨタ自動車のスローガンです。 訳し方次第でこれ以外にも色々な意味に読み取れる、素敵な名言ですね。 Every ball counts. 球技全般に使える格言です。 「count」は、「数える、大切である、価値がある」という意味の動詞です。 Every moment matters. 「matter」は、動詞として使うと「重要である、問題となる」という意味になります。 時間はお金では買えないものなので、有効に使いましょうということですね。 Everybody has talent. マイケル・ジョーダンの名言です。 才能はみんなが持っているが、その才能を引き出すには大変な努力が必要ということですね。 「talent」は、「才能、手腕、タレント」という意味の名詞です。 Everyone should try. アメリカの元大統領、ジョン・F・ケネディの名言です。 ケネディは、人気と知名度が非常に高いアメリカ大統領ですね。 Everything is practice. ブラジルのサッカー選手で、サッカーの王様とも呼ばれたペレの名言です。 トップアスリートの活躍の裏には、並ならぬ努力が隠れているのですね。 Experience the world. アメリカの発明家、トーマス・エジソンの名言です。 「experience」は、「経験する、体験する」という意味の動詞です。 Failure is acceptable. マイケル・ジョーダンの名言です。 挑戦して失敗するのは構わないが、挑戦しないことは許されないということです。 「acceptable」は、「許容される、認められる」という意味の形容詞です。 Failure teaches success. 英語のことわざです。 そのまま訳すと、「失敗は成功を教える」となりますね。 Familiarity breeds contempt. 「キツネとライオン」というイソップ童話にも登場することわざです。 「contempt」は、「軽蔑、軽視」という意味の名詞です。 Family is forever. 「forever」は「永遠、非常に長い時間」という意味の名詞です。 家族関係は切りたくても切ることができない大切な関係ですね。 Fear kills growth. 「growth」は、「成長、発展」という意味の名詞です。 恐れを抱かずに、何事も挑戦してみることが大切ですね。 Focus and win. 「focus」を動詞として使うと、「ピントを合わせる、集中する」という意味になります。 相手に勝利するためには、まず集中しなければなりませんね。 Follow your dreams. 前向きな気持ちになれる名言ですね。 「follow」は、「ついていく、従う、追い求める」という意味の動詞です。 Follow your heart. スタンフォード大学の卒業式における、スティーブ・ジョブズの有名なスピーチの中に登場する名言です。 「follow」は、「従う、続く」という意味の動詞です。 終わったことは水に流して忘れなさいという意味の格言です。 韻を踏んでいて語感も良いフレーズですね。 Friends are treasures. 「treasure」は、「宝物、財宝」という意味の名詞です。 Genius is patience. 「genius」は、「天才、才能、特徴」という意味の名詞です。 辛さに耐えて努力できる者が、天才なのですね。 私たち日本人にも馴染み深いフレーズかと思います。 「give」は「与える」、「take」は「受け取る」という意味の動詞ですね。 Giving is living. 大女優、オードリー・ヘプバーンの名言です。 「giving」は、「贈与、寄付、施し」という意味です。 Glory is fleeting. ナポレオンの名言です。 「fleeting」は、「儚い、つかの間の」という意味の形容詞です。 Go for it. 「Go for it. 」はシチュエーションによって色々なニュアンスで使えるフレーズです。 「思い切ってやってみる」という意味や、「どうぞどうぞ」という承諾の意味にもなります。 God is dead. 哲学者、ニーチェの有名な名言です。 現在形の英文なので、文法に忠実に訳すと「神は死んでいる」ですね。 Good vibes only. 「vibes」とは、「感じ、雰囲気、ノリ」という意味の名詞です。 この雰囲気、この流れのままで行こうというニュアンスですね。 Happiness requires struggle. 「struggle」は、「努力、闘争」という意味の名詞です。 努力せずに成果を得ても幸せにはなれず、幸せになるためには頑張ることが大切だという名言です。 Haste makes waste. アメリカ合衆国建国の父とも言われる、ベンジャミン・フランクリンの名言です。 「haste」は、「急ぎ、焦ること」という意味の名詞です。 Heal the world. マイケル・ジャクソンの楽曲のタイトルで、歌詞の中にも何度も登場するフレーズです。 世界問題や人類愛をテーマとした、非常にメッセージ性の強い名曲ですね。 Health is wealth. 「wealth」は、「富、財産」という意味の名詞です。 History repeats itself. ドイツ生まれで哲学者や経済学者として有名な、カール・マルクスの名言です。 「itself」は、「それ自身、そのもの」という意味の代名詞です。 Hope trumps all. 「trump」は動詞としても使うことができ、この場合は「切り札を切る」という意味になります。 Hugs heal all. 「heal」は、「癒す、和解させる」という意味の動詞です。 I miss you. 「miss」には色々な意味がありますが、動詞で「いないのを惜しむ、いなくて寂しく思う」という意味にもなります。 Ignorance is bliss. 18世紀のイギリスの詩人、トマス・グレイの名言です。 英語をそのまま訳すと、「無知は幸せ」となります。 テレビCMでも有名なマクドナルドのキャッチコピーですね。 英文に忠実に訳すと、「私はそれが好き」となります。 勇気の出る英語フレーズですね。 「scared」は、「怖がって、怯えて」という意味の形容詞です。 Imperfection is beauty. マリリン・モンローの名言です。 「imperfection」は、「不完全、欠陥」という意味の名詞です。 Impossible is nothing. スポーツブランド、アディダスのスローガンにもなっている名言です。 「impossible」は、「不可能、ありえない」という意味です。 Inspire the next. 総合電機メーカー、日立製作所のスローガンです。 「inspire」は、「元気づける、刺激を与える、命を吹き込む」という意味の動詞です。 Just keep going. 相手を励ますときに使える名言です。 「keep ~ing」で、「~し続ける」という意味になります。 Keep it cool. 「cool」は、「冷たい、涼しい」という意味の他にも、「冷静な」という意味もあります。 Keep it fun. たとえ苦しいことがあっても楽しんでいこうという、前向きな気持ちになれるフレーズですね。 Keep moving forward. キング牧師の名言です。 「keep ~ing」で、「~し続ける」という意味となります。 目標に辿り着くまでには多くの困難が待ち受けているが、ただひたすら前に進めということですね。 Knowledge is power. イギリスの哲学者、ベーコンの名言です。 「knowledge」は、「知識、見聞、学問」という意味の名詞です。 Laughter is timeless. ディズニーランドの生みの親、ウォルト・ディズニーの名言です。 「timeless」は、「永遠の、時を超越した」という意味の形容詞です。 Learn from yesterday. アインシュタインの名言です。 この後は「live for today, hope for tomorrow. 」、つまり「今日のために生き、明日に希望を持ちなさい。 」と続きます。 Let it be. ビートルズの曲名としても有名ですね。 英文通りにそのまま訳すと、「それをそのままにしておきなさい。 」という意味になります。 Let it go. アナと雪の女王でお馴染みのフレーズですが、「ありのままに」という有名な邦訳では少し英語のニュアンスから外れてしまいます。 英文通りに訳すと「let it be」と同じように、「それをそのままにさせておきなさい。 」という意味になります。 Life is art. 桑田真澄とMattの公式サイトの名前にもなっています。 「art」は、「芸術、技巧」という意味の名詞です。 Life is awesome. 「awesome」は「畏怖の念を起こさせる」という意味の形容詞ですが、そこから転じて「凄い、素晴らしい、ヤバい」という意味のスラングとして広く使われています。 スラングについては、以下のページも合わせてご覧ください。 Life is beautiful. 「life」は、「人生、命、生活」という意味の名詞です。 イタリアの名作映画のタイトル名にもなっていますね。 Life is fragile. アップルのCEO、ティム・クックの名言です。 「fragile」は、「壊れやすい、脆い、儚い」という意味の形容詞です。 Life is hard. 比較的メジャーな格言です。 「hard」は、「難しい、厳しい、固い」という意味の形容詞です。 Life is short. これまで多くの偉人たちが口にしてきた名言です。 「life」という名詞には、「人生、命、生活」のように様々な意味があります。 」の正反対のフレーズですね。 時間は有限なので大切に使いましょう。 Like attracts like. 古くからのことわざです。 英文に忠実に訳すと、「似たものは似たものを引き寄せる」となります。 Live for others. 強欲にならずに、他人のために自分の人生を使いなさいという意味のフレーズですね。 Live for yourself. 「live for others」の正反対の英語フレーズですね。 他人や社会のためではなく、自分自身のために人生を生きなさいという意味です。 Live your dream. ディズニー映画、「塔の上のラプンツェル」にも登場する名言です。 「あなたの夢を叶えるために努力しなさい」という意味ですね。 Love conquers all. 愛の力は絶大ですね。 「conquer」は、「勝つ、克服する」という意味の動詞です。 Love cures people. アメリカの医師、カール・メニンガーの名言です。 「cure」は、「癒す、治療する」という意味の動詞です。 Love is blind. シェイクスピアの戯曲、「ベニスの商人」に登場する一節です。 「blind」は、「目の不自由な、盲人の」という意味の形容詞です。 Love is everything. 日本人にも馴染み深いフレーズですね。 アリアナ・グランデの楽曲のタイトルにもなっているようですね。 Love never dies. 「愛は不滅」とも訳すことができますね。 THE ALFEEや平原綾香の楽曲のタイトルにもなっています。 Make haste slowly. ローマ帝国の初代皇帝のオクタヴィアヌスの名言とされており、ヨーロッパに広く伝わる格言です。 英文に則して訳すと「ゆっくり急げ」となります。 Make it happen. 「happen」は、「起こる、生じる」という意味の動詞です。 イギリスのことわざで、礼儀正しく行動することで人間を人間たらしめるということですね。 「maketh」は、「make」という動詞の古い言い方です。 Might is right. イギリス生まれの政治家、アーサー・デスモンドの名言です。 そのまま訳すと「力は正義だ」となります。 Mistakes make people. 人間は失敗する生き物です。 その失敗を糧にすることによって、人間は成長していくという名言ですね。 Money begets money. 古くから伝わる英語のことわざです。 「beget」は、「生じさせる、作る」という意味の動詞です。 アメリカのミュージシャン、ジミ・ヘンドリックスの名言です。 「lie」は、「嘘をつく、横になる」という意味の動詞です。 Never give up. 日本人にも馴染み深い、非常に有名な英語のフレーズです。 「give up」で、「やめる、断念する、放棄する」という意味になります。 Never look back. 「look back」は、「振り返ってみる、回顧する」という意味になります。 後ろを振り返ってばかりでは、目の前にある未来が全く見えなくなってしまいますね。 Never say never. マイケル・ジョーダンの名言です。 「never」は、「決して〜ない、一度も〜ない」という意味の副詞です。 Nobody is perfect. 「nobody」は、「誰も~ない」という意味の代名詞です。 Nothing lasts forever. 全てのものには終わりがやってくるということですね。 ここでの「last」は、「持続する、長持ちする」という意味の動詞として使われています。 Now or never. 今が絶好のチャンスで、今やらなければもう二度とできないという意味の名言です。 One for all. ラグビーの精神を表す有名な名言ですね。 この後は「All for one. 」(みんなはひとりのために。 )と続きます。 Over and out. 元々は、無線でのやり取りで「通信終了」を伝えるための言葉です。 現代では、チャットをやめる時などによく使われています。 Pearls before swine. 元々は聖書から生まれた言葉で、価値の分からない相手に高価なものを与えても無駄だということですね。 「swine」は、「豚、意地汚い奴」という意味の名詞です。 Pennies from heaven. 「penny」は「1セント銅貨」のことで、100分の1ドルを表します。 そのまま訳すと「天からお金」という意味ですね。 Persistence pays off. 忍耐強く続けることの大切さを教えてくれる格言です。 「pay off」は、「成功する、清算する」という意味です。 Practice makes perfect. 古くから伝わる格言です。 英文に忠実に訳すと、「実践が完璧を作る」となります。 Pursue your passion. 「passion」は、「熱情、感情」という意味の名詞です。 Remember to live. ドイツの詩人、ゲーテの名言です。 忙しい毎日の中でも、自分の人生を美しく生きるということを思い出しましょう。 仕返しは人間の本能であり、痛快なものであるという意味の格言です。 「revenge」は、「復讐、仕返し、雪辱」という意味の名詞です。 Safe and sound. ここでの「sound」は「音」という名詞ではなく、「健全な、安全な、しっかりした」という意味の形容詞として使われています。 Science is amazing! 主人公の住む町にいる太ったおじさんの定番のセリフで、通信ケーブルやワイヤレス通信、インターネット通信など、時代に合わせてセリフがどんどん変わってきています。 Seeing is believing. 英語のことわざです。 そのまま訳すと、「目にすることは信じること」という意味になります。 Seize the day. そのまま訳すと「その日を掴め」ですが、ニュアンスとしては「今日を一生懸命生きろ、今日しかできないことをしろ」という意味になります。 Shoot the moon. 実際には月なんて砲撃できないので、無謀なことを成し遂げるといった意味となります。 ちなみに、「shoot」の過去形や過去分詞形は「shot」です。 また、「shot」を名詞として使うと「発砲、銃声」という意味です。 古代ギリシャの哲学者、プラトンの名言です。 「consent」は、「同意、承諾、納得」という意味の名詞です。 Silence is golden. 19世紀のイギリスの歴史家、トーマス・カーライルの名言です。 雄弁であるよりも、黙っているほうが良いという意味ですね。 Spread your wings. 「spread」は、「開く、広げる、伸ばす」という意味の動詞です。 翼を広げて自分の力を試してみよう、というようなニュアンスで使われます。 Stay the course. 最後までコースに残り続けることから転じて、最後までやり切る、頑張るという意味になります。 「course」は、「進路、コース、過程」という意味の名詞です。 Stop underestimating yourself. 「underestimate」は「過小評価する」、「overestimate」は「過大評価する」という意味の動詞です。 Success breeds success. 「breed」は、「生む、育てる」という意味の動詞です。 Success is yours. 何か大きな偉業を成し遂げた人に対して贈る言葉ですね。 Take a chance. 「take a chance」は「チャンスを掴め」という意味に捉えられることが多いかと思います。 しかし、実際には「一か八かやってみろ、リスクを取れ」というニュアンスです。 Take it easy. 「take it easy」というフレーズは、「のんびりして、楽に構えて、気楽にいこう」という意味になります。 アメリカの有名ロックバンド、イーグルスのデビュー曲のタイトルにもなっています。 Take the risk. 特に若いうちは多少の危険を冒してでも、色々なことに挑戦することが大切ですね。 元々はスコットランドに伝わることわざと言われています。 そのまま訳すと「三度目の幸運」となりますね。 Thought is free. シェイクスピアの名言の一説です。 「thought」は、「考えること、思考、意向」という意味の名詞です。 Time heals everything. 「heal」は、「癒す、治す、和解させる」という意味の動詞です。 何事も、時が解決してくれるという名言ですね。 Time is money. アメリカの政治家、ベンジャミン・フランクリンの名言です。 日本でも広く知られている、非常に有名なフレーズですね。 Try something new. 「something」の後に形容詞を置いて、「何か~なもの、何か~なこと」という意味でよく使われます。 例えば、「something special」で「何か特別なもの」、「something bad」で「何か悪いこと」といった感じですね。 Union gives strength. 「3本の棒」というイソップ童話に登場する教訓です。 「union」は、「結合、団結、組合」という意味の名詞です。 Victory loves preparation. 「preparation」は、「準備、用意、調合」という意味の名詞です。 周到に準備をすることが、勝利を呼び寄せることに繋がるということですね。 Wake your dreams. 「wake」は、「目覚める、起きる、覚醒する」という意味の動詞です。 夢を夢のままで終わらせるな、という意味のフレーズですね。 Walls have ears. 古くからのことわざです。 誰がどこで聞いているか分からないので、話す内容には常に気を付けなさいということですね。 War is over. ジョン・レノンとオノ・ヨーコの楽曲、ハッピークリスマスの副題となっているフレーズです。 ハッピークリスマスは、冬になると街中で良く耳にするクリスマスソングですね。 「head」を「mind」に置き換えて考えてみると分かりやすいかもしれません。 ぼーっとしてしまって失敗してしまったときなどに使うフレーズです。 Winners never quit. 「quit」は、「やめる、断念する、放棄する」という意味の動詞です。 Words can hurt. 「hurt」は、「傷付ける、痛める、害する」という意味の動詞です。 Yes we can. 元アメリカ大統領、バラク・オバマの名言です。 大統領選の際にスローガンとして用いた、有名なフレーズですね。 まとめ 以上、たった一言の短い英語名言・格言を紹介してきましたが、いかがでしたか? このページが皆さんのお役に立てば幸いです。 以下のページにも、是非遊びに来てくださいね。

次の

簡単で短い英語の名言集50選!7単語以内の短文だけを厳選まとめ

英語 名言 短い 面白い

【 もくじ 】• 子供から大人まで幅広い世代に人気のあるアニメスポンジボブ。 目を引く黄色い顔 体 と大きな目。 いかにもアメリカっぽいというのが最初にスポンジボブに出会った時の印象でした。 インパクトがあるけれどなんとも憎めない可愛いキャラクターです。 アメリカでは1999年から放送開始して以来人気番組。 映画化もされていて、2015年に製作された映画ではアントニオ・バンデラスも海賊役として実写出演しているという豪華さです。 興行収入も2週目で1億ドルを突破したとのことで、アニメにも関わらず人気の凄さがわかりますね。 日本でも2000年から放送しています。 スポンジボブの人気の秘密は個性豊かなキャラクターと独特の世界観です。 確かに子供向けアニメなんですが、独特のユーモアと皮肉が大人にもうけるのだと思います。 ちょっとブラックなアメリカンジョークの勉強にもなりますよね。 それでは、スポンジボブと愉快な仲間たちが発した笑える名言から楽しく英語を学びましょう。 スポンジボブの世界 スポンジボブの世界について簡単に説明します。 スポンジボブの舞台は海の中、架空の都市「ビキニタウン」という場所です。 スポンジボブ・スクエアパンツ Spongebob Squarepants 主人公。 四角くて黄色いスポンジ。 体と顔は一体型。 パイナップルの家に住んでいる。 ペットはゲイリーという名前のカタツムリ。 カタツムリは海の中でも死なないんでしょうか。 笑 基本的にハイテンションで、細かいことは気にしない。 とってもピュアで人の言ったことを信じやすい。 Jellyfish! と言いながらクラゲを追いかけることもある。 パトリック・スター Patrick Star ヒトデ。 スポンジボブの親友。 基本的にボケ担当。 たまに意見をくれることもあるが役に立たない。 天然ボケという言葉がピッタリの性格。 イカルド・テンタクルズ Squidward Tentacles スポンジ・ボブの隣に住んでいるタコ。 タコ!?ずっとイカだと思っていました。 笑 英語で squidはイカです。 いつも不機嫌でスポンジボブやパトリックのことをうっとおしく思っている。 カニカーニで働いているのでスポンジボブの同僚でもある。 クラリネットが得意。 ユージーン・H・カーニ Eugene H. Krabs レストラン「カニカーニ」の創業者で、オーナー。 お金に目がない。 サンディ・チークス Sandy Cheeks 舞台は海の中なのに、この子はリス。 外に出るときは潜水服着用。 テキサスから引っ越してきた。 たまにテキサスが恋しくて泣き出すこともある。 空手が得意。 スポンジボブの家 スポンジボブの名言集 This is Patrick. Person on phone: Is this the Krusty Krab? Patrick: No this is Patrick. お客さん 電話で :カニカーニ お店の名前 ですか? パトリック:いいえ、パトリックです。 Patrick: Is mayonnaise an instrument? Squidward: No Patrick mayonnaise is not an instrument… Horseradish is not an instrument either. パトリック:マヨネーズは楽器? イカルド:違うよ、パトリック。 マヨネーズは楽器じゃない… ワサビも楽器じゃないよ。 解説 instrument: 楽器、道具 mayonnaise: マヨネーズ(英語ではメヨネィズのような発音になります。 動画で発音を確認してみましょう!) horseradish:西洋ワサビ either: 否定文で使っているので〜も〜ではないという意味になります。 間髪入れずにワサビも違うというイカルド。 パトリックの言うことはお見通し。 What does claustrophobic mean? Squidward: You are making me claustrophobic. Patrick: What does claustrophobic mean? Patrick: Ho ho ho. イカルド:君のせいで閉所恐怖症になるだろ。 パトリック:クローストロフォビック 閉所恐怖症 ってどういう意味? スポンジボブ:サンタクロースが怖いって意味だよ。 イカルド:違うよ。 パトリック:ホーホーホー スポンジボブ:やめろよ、パトリック。 怖がってるだろ! 解説 claustrophobic:閉所恐怖症 〜phobic: 〜恐怖症という意味 hohoho:サンタの笑い声 scaring 〜: 〜を怖がらせるという意味。 言っとくけど・・・と言っているスポンジボブですが、20分も泣いたなんて泣きすぎじゃない?というツッコミどころ満載のセリフです。 I get called that a lot. Patrick: Yeah, I get called that a lot. Spongebob: What? A genius? Patrick: No, Patrick. スポンジボブ:パトリック、君は天才だよ! パトリック:うん、よくそう言われる。 スポンジボブ:なんだって?天才って言われるの? パトリック:違うよ、パトリックって言われるんだ。 解説 genius: 天才 get called:呼ばれる いかにも天才といつも言われているような言い方をしているので驚いたスポンジボブが「え?天才と呼ばれるの? 君アホなのに? 」と聞き返しています。 パトリックの回答は「パトリックって呼ばれるよ」ってそれは自分の名前だから当たり前ですよね。 I thought of something funnier than 24. Spongebob: Hey Patrick Patrick: What? Spongebob: I thought of something funnier than 24. Patrick: Let me hear it. Spongebob:25. スポンジボブ:ねぇパトリック パトリック:なに? スポンジボブ:24よりも面白いものを思いついた。 パトリック:教えて。 スポンジボブ:25。 解説 hey: 友人に話しかける時に使えるカジュアル表現 thought of: 考えた、思いついたという意味 let me: 〜させて なんでも面白いと思ってしまうスポンジボブとパトリック。 24が面白いなら25はもっと面白いよね!という単純な発想。 Everyone Died. The End. Patrick: There Once Lived An Ugly Barnacle. He Was So Ugly That Everyone Died. The End. パトリック:かつて醜いフジツボが住んでいました。 とても醜いのでみんな死んでしまいました。 終わり。 解説 there once lived : 昔々あるところに〜が住んでいました。 ugly : 醜い、嫌な、タチの悪い 発音はアグリー so that: 〜なほど〜だ。 授業で習った記憶のある方もいらっしゃるかもしれません。 so that構文です。 スポンジボブの例文なら文法も覚えやすいかもしれませんね。 If I was a mom this would be kinda shocking. 自分は死んでなくて本当は生きているんだと言いたかったイカルド、でも帽子を取ったイカルドの頭を見たスポンジボブは「言いたいのはハゲだってこと!?」と勘違いしてしまいます。 パトリック:聞こえない。 ここは暗すぎる。 この場合はこの場所がという、今いる部屋の中がということを表現したいのでinをつけています。 スポンジボブが帰ってくるのを健気に待っているパトリック。 waiting forはその人が現れるのを待っている、waiting onはその人が何かをするのを待っているというニュアンス。 You could be bald and have a big nose. Spongebob: Aw, cheer up, Squid! It could be worse! Patrick: You could be bald and have a big nose. スポンジボブ:元気出して、イカルド!そのくらいで済んでよかったじゃない。 パトリック:ハゲてて、大きな鼻になってたかもしれないし。 解説 cheer up: 元気出して It could be〜:〜になり得た。 例えばこうなったかも 5ドルだよと言っているカーニさんに7ドルしかないよと言って渡してしまうパトリック。 自分では買い物上手だと思っていますが、2ドルも多く払っています。 Patrick: Yeah. Spongebob: Why are you mad? スポンジボブ: ねぇパトリック、怒ってる? パトリック: うん。 スポンジボブ: なんで怒ってるの? パトリック: 僕の額が見えないんだ。 解説 mad: 怒る、頭にきている forehear: 額 Spongebob: Wooooow! Patrick: Yeah! Spongebob: How many do you think there are? Patrick: 10 Spongebob: Cool. スポンジボブ:ワオ!こんなにたくさんのマットレスは見たことないよ! パトリック:そうだね。 スポンジボブ:いくつあると思う? パトリック: 10 スポンジボブ: いいね。 haveは現在完了形。 Cool: スラング。 いいね、すごいね。 という意味。

次の

英語のかっこいいセリフ集|心に響く名言・格言・ことわざも!

英語 名言 短い 面白い

【 もくじ 】• 子供から大人まで幅広い世代に人気のあるアニメスポンジボブ。 目を引く黄色い顔 体 と大きな目。 いかにもアメリカっぽいというのが最初にスポンジボブに出会った時の印象でした。 インパクトがあるけれどなんとも憎めない可愛いキャラクターです。 アメリカでは1999年から放送開始して以来人気番組。 映画化もされていて、2015年に製作された映画ではアントニオ・バンデラスも海賊役として実写出演しているという豪華さです。 興行収入も2週目で1億ドルを突破したとのことで、アニメにも関わらず人気の凄さがわかりますね。 日本でも2000年から放送しています。 スポンジボブの人気の秘密は個性豊かなキャラクターと独特の世界観です。 確かに子供向けアニメなんですが、独特のユーモアと皮肉が大人にもうけるのだと思います。 ちょっとブラックなアメリカンジョークの勉強にもなりますよね。 それでは、スポンジボブと愉快な仲間たちが発した笑える名言から楽しく英語を学びましょう。 スポンジボブの世界 スポンジボブの世界について簡単に説明します。 スポンジボブの舞台は海の中、架空の都市「ビキニタウン」という場所です。 スポンジボブ・スクエアパンツ Spongebob Squarepants 主人公。 四角くて黄色いスポンジ。 体と顔は一体型。 パイナップルの家に住んでいる。 ペットはゲイリーという名前のカタツムリ。 カタツムリは海の中でも死なないんでしょうか。 笑 基本的にハイテンションで、細かいことは気にしない。 とってもピュアで人の言ったことを信じやすい。 Jellyfish! と言いながらクラゲを追いかけることもある。 パトリック・スター Patrick Star ヒトデ。 スポンジボブの親友。 基本的にボケ担当。 たまに意見をくれることもあるが役に立たない。 天然ボケという言葉がピッタリの性格。 イカルド・テンタクルズ Squidward Tentacles スポンジ・ボブの隣に住んでいるタコ。 タコ!?ずっとイカだと思っていました。 笑 英語で squidはイカです。 いつも不機嫌でスポンジボブやパトリックのことをうっとおしく思っている。 カニカーニで働いているのでスポンジボブの同僚でもある。 クラリネットが得意。 ユージーン・H・カーニ Eugene H. Krabs レストラン「カニカーニ」の創業者で、オーナー。 お金に目がない。 サンディ・チークス Sandy Cheeks 舞台は海の中なのに、この子はリス。 外に出るときは潜水服着用。 テキサスから引っ越してきた。 たまにテキサスが恋しくて泣き出すこともある。 空手が得意。 スポンジボブの家 スポンジボブの名言集 This is Patrick. Person on phone: Is this the Krusty Krab? Patrick: No this is Patrick. お客さん 電話で :カニカーニ お店の名前 ですか? パトリック:いいえ、パトリックです。 Patrick: Is mayonnaise an instrument? Squidward: No Patrick mayonnaise is not an instrument… Horseradish is not an instrument either. パトリック:マヨネーズは楽器? イカルド:違うよ、パトリック。 マヨネーズは楽器じゃない… ワサビも楽器じゃないよ。 解説 instrument: 楽器、道具 mayonnaise: マヨネーズ(英語ではメヨネィズのような発音になります。 動画で発音を確認してみましょう!) horseradish:西洋ワサビ either: 否定文で使っているので〜も〜ではないという意味になります。 間髪入れずにワサビも違うというイカルド。 パトリックの言うことはお見通し。 What does claustrophobic mean? Squidward: You are making me claustrophobic. Patrick: What does claustrophobic mean? Patrick: Ho ho ho. イカルド:君のせいで閉所恐怖症になるだろ。 パトリック:クローストロフォビック 閉所恐怖症 ってどういう意味? スポンジボブ:サンタクロースが怖いって意味だよ。 イカルド:違うよ。 パトリック:ホーホーホー スポンジボブ:やめろよ、パトリック。 怖がってるだろ! 解説 claustrophobic:閉所恐怖症 〜phobic: 〜恐怖症という意味 hohoho:サンタの笑い声 scaring 〜: 〜を怖がらせるという意味。 言っとくけど・・・と言っているスポンジボブですが、20分も泣いたなんて泣きすぎじゃない?というツッコミどころ満載のセリフです。 I get called that a lot. Patrick: Yeah, I get called that a lot. Spongebob: What? A genius? Patrick: No, Patrick. スポンジボブ:パトリック、君は天才だよ! パトリック:うん、よくそう言われる。 スポンジボブ:なんだって?天才って言われるの? パトリック:違うよ、パトリックって言われるんだ。 解説 genius: 天才 get called:呼ばれる いかにも天才といつも言われているような言い方をしているので驚いたスポンジボブが「え?天才と呼ばれるの? 君アホなのに? 」と聞き返しています。 パトリックの回答は「パトリックって呼ばれるよ」ってそれは自分の名前だから当たり前ですよね。 I thought of something funnier than 24. Spongebob: Hey Patrick Patrick: What? Spongebob: I thought of something funnier than 24. Patrick: Let me hear it. Spongebob:25. スポンジボブ:ねぇパトリック パトリック:なに? スポンジボブ:24よりも面白いものを思いついた。 パトリック:教えて。 スポンジボブ:25。 解説 hey: 友人に話しかける時に使えるカジュアル表現 thought of: 考えた、思いついたという意味 let me: 〜させて なんでも面白いと思ってしまうスポンジボブとパトリック。 24が面白いなら25はもっと面白いよね!という単純な発想。 Everyone Died. The End. Patrick: There Once Lived An Ugly Barnacle. He Was So Ugly That Everyone Died. The End. パトリック:かつて醜いフジツボが住んでいました。 とても醜いのでみんな死んでしまいました。 終わり。 解説 there once lived : 昔々あるところに〜が住んでいました。 ugly : 醜い、嫌な、タチの悪い 発音はアグリー so that: 〜なほど〜だ。 授業で習った記憶のある方もいらっしゃるかもしれません。 so that構文です。 スポンジボブの例文なら文法も覚えやすいかもしれませんね。 If I was a mom this would be kinda shocking. 自分は死んでなくて本当は生きているんだと言いたかったイカルド、でも帽子を取ったイカルドの頭を見たスポンジボブは「言いたいのはハゲだってこと!?」と勘違いしてしまいます。 パトリック:聞こえない。 ここは暗すぎる。 この場合はこの場所がという、今いる部屋の中がということを表現したいのでinをつけています。 スポンジボブが帰ってくるのを健気に待っているパトリック。 waiting forはその人が現れるのを待っている、waiting onはその人が何かをするのを待っているというニュアンス。 You could be bald and have a big nose. Spongebob: Aw, cheer up, Squid! It could be worse! Patrick: You could be bald and have a big nose. スポンジボブ:元気出して、イカルド!そのくらいで済んでよかったじゃない。 パトリック:ハゲてて、大きな鼻になってたかもしれないし。 解説 cheer up: 元気出して It could be〜:〜になり得た。 例えばこうなったかも 5ドルだよと言っているカーニさんに7ドルしかないよと言って渡してしまうパトリック。 自分では買い物上手だと思っていますが、2ドルも多く払っています。 Patrick: Yeah. Spongebob: Why are you mad? スポンジボブ: ねぇパトリック、怒ってる? パトリック: うん。 スポンジボブ: なんで怒ってるの? パトリック: 僕の額が見えないんだ。 解説 mad: 怒る、頭にきている forehear: 額 Spongebob: Wooooow! Patrick: Yeah! Spongebob: How many do you think there are? Patrick: 10 Spongebob: Cool. スポンジボブ:ワオ!こんなにたくさんのマットレスは見たことないよ! パトリック:そうだね。 スポンジボブ:いくつあると思う? パトリック: 10 スポンジボブ: いいね。 haveは現在完了形。 Cool: スラング。 いいね、すごいね。 という意味。

次の