香川 県 ゲーム 規制 条例。 「スマホとゲームは1日1時間」驚きの条例案が物議…その後「ゲームのみ」に修正した理由を香川県に聞いた

誰よりも客観的に考える!!香川県ゲーム規制条例は一体誰の為!?

香川 県 ゲーム 規制 条例

条例で示した「ゲームは1日60分」という目安の根拠の一つとなっているのが、国立病院機構久里浜医療センターによる全国調査だ。 平日のゲーム使用時間が1時間を超えると学業成績の低下が顕著になるとしている。 WHOが19年、日常生活よりゲームを優先する状態などが1年以上続く「ゲーム障害」を疾病として認定したことなどを背景に、依存症対策への関心は全国的に高まっている。 大阪府は19年3月、市町村教育委員会に対し、児童・生徒のスマホ利用のガイドラインを示した。 利用時間の目安として「平日は30分、休日でも60分以内」と明記した。 秋田県大館市教委はゲーム使用時間の目安を1日60分ほどとする条例案を検討している。 一方で、行政が目安時間を示すことを懸念する声も上がる。 パブリックコメントで集まった2600超の意見の中には「どのくらい遊ばせるかは各家庭の教育方針において自由に決めるものだ」といった意見もあった。 親は子どもの使いすぎを注意しやすくなるかもしれないが、ゲームやスマホの利用時間を日常生活に支障のない範囲に収めることを子どもが自ら考えることが大切だ。 確かに友人同士で深夜までオンラインゲームに興じ、朝起きられないなどの問題はある。 子どもが話し合い、学校単位で自主ルールを作る動きもあり、こうした取り組みを広げることが重要だ。 条例では中学生以下のスマホの利用を午後9時までとした。 しかし、塾に通う子は帰宅が遅く、動画鑑賞など幅広いコンテンツに触れる機会が減ることで創造力を育む機会を奪うことにもなりかねない。 ゲームの時間を定めることが依存症対策の全てではないが、自治体が目安を示して家庭にルール作りを促した点は評価できる。 各家庭はスマホの使い方に関する約束事について、子どもと相談しながら有効なあり方を模索すべきだ。 日本は「ゲーム障害」を専門とする医療機関が少ないなど、他国に比べて対策が非常に遅れている。 香川県の条例は家庭だけでなく学校や医療機関も含めて、ゲーム依存症対策にどう取り組むかを総合的に打ち出しており、他の自治体のモデルケースになり得る。 今回の条例が、子どもが依存症に陥らないための方策を国や自治体が考えるきっかけになればいい。

次の

香川県|香川県ゲーム規制条例について

香川 県 ゲーム 規制 条例

スポンサーリンク 香川県でインターネット・ゲーム規制条例案が本会議で提案・採決へ 10000RT:【成立の見通し】香川、ゲーム依存防止条例可決へ 1日60分の使用目安 会合では、県民らを対象にしたパブリックコメントで条例素案への賛成が8割以上を占めたとの結果が報告された。 — ライブドアニュース livedoornews 3月12日に香川県では、ゲーム依存防止するために「ゲーム依存防止条例」案について、3月18日の定例県議会の本会議に提案して採決する方針であるということが報道されました。 この条例の目的ですが、県民をインターネットやゲーム依存症に陥らせないためだそうです。 この条例は、市町や学校と連携して依存症にならないように啓発活動を行うことを県の責務と規定しているようです。 この条例案について、SNSなどのネット上では賛否両論の様々な意見が出ていますが、ゲーム規制ということを県が旗を振ってまでする必要があるのか疑問です。 今回規制することによってどれだけの効果があるのでしょうか。 調べたところ・・・• 1日あたりのコンピューターゲーム利用時間を60分(休日は90分)までに制限• 学習や家族との連絡のためのスマートフォンの使用などは対象とならない• 高校生以下が対象• 高校生は夜10時以降、小中学生は9時以降禁止 といった内容です。 さすがに平日1日60分は短すぎるような気がします。 自分が子供の頃は時間を気にせずゲームをしていましたが、長時間ゲームをすれば飽きるし・疲れますので依存症とまではなっていません。 子供の頃のゲームは、友達との日々の話題になったり、大人になって新しい社会で知り合った人や友人との話題となったり、昔の話をするときの一つの話題ともなりますので、香川県だけで施行されるの子供にとって残念なことではないでしょうか。 また、コンピューターゲームの依存防止となっていますが、そのゲーム内容の境界線も曖昧なような気がします。 ゲームの中には、漢字や英語・計算などの学習ゲームもあります。 それは、ゲームなのか?勉強なのか?人の解釈や考え方によっても違いが出てきそうです。 ゲーム規制条例違反による罰則や罰金などのペナルティについて 香川県の所謂ゲーム規制条例。 都に問い合わせましたが11条事業者の役割、条文通りだと「都内事業者も対象になる。 」認識だそうです 責務より弱い「役割」で、罰則規定も無いので実効性は低いと思いますが、萎縮を生む可能性は有る。 条例としてのクオリティが・・。 焦らず一回廃案にしてほしいな — 栗下 善行 🌰 都議会議員 大田区 zkurishi 香川県では、ゲーム依存防止するために「ゲーム依存防止条例」案が実際に18日の本議会で採決を受け、賛成多数で条例決定となった場合、条例違反による罰則や罰金などのペナルティはあるのでしょうか。 今回のゲーム規制の罰則や罰金については、違反した際の罰則は無いそうです。 考えてみてもこのゲーム規制が条例化されたとしても1日60分を守っている。 違反していると取り締まることは難しいと思います。 学校や保護者がこの条例を子供達に守らせる責務があるということですが・・・ もともとゲームに厳しい家庭であれば、こんなことが条例化されなくても家でルールを作ってやっているでしょうし、ゲームに抵抗が無い家庭であれば条例化されたところで守るかどうかも不明です。 果たして意味がある条例なのでしょうか。 疑問なところです。 昨今e-sportsが話題になっている現代社会で県が先頭を切って子供の頃からゲームを規制するのは時代の流れに逆行していますね。 ゲーム規制条例 香川 はいつから施行される? 香川県で18歳未満の子どものインターネットやゲームの依存症を防ぐために利用を制限する全国初の条例が制定される見込みとなりました。 県議会の条例検討委員会が条例案を18日に議会に提出することを決めました。 可決されれば4月1日に施行されます。 — 日経関西 nikkeikansai 香川県で進められている「ゲーム規制条例案」が、県議会の本会議で見事、賛成多数で条例として制定された場合は、2020年4月1日から施行されるようです。 香川県がパブリックコメントを募った結果、意見を寄せた県民2613人のうち、賛成は2268人、反対は333人で、約86%の人が賛成とのこと。 そのため、本会議でも賛成多数になる可能性が非常に高く、4月1日から施行される可能性が非常に高いです。

次の

香川県|香川県ゲーム規制条例について

香川 県 ゲーム 規制 条例

スポンサーリンク 香川県でインターネット・ゲーム規制条例案が本会議で提案・採決へ 10000RT:【成立の見通し】香川、ゲーム依存防止条例可決へ 1日60分の使用目安 会合では、県民らを対象にしたパブリックコメントで条例素案への賛成が8割以上を占めたとの結果が報告された。 — ライブドアニュース livedoornews 3月12日に香川県では、ゲーム依存防止するために「ゲーム依存防止条例」案について、3月18日の定例県議会の本会議に提案して採決する方針であるということが報道されました。 この条例の目的ですが、県民をインターネットやゲーム依存症に陥らせないためだそうです。 この条例は、市町や学校と連携して依存症にならないように啓発活動を行うことを県の責務と規定しているようです。 この条例案について、SNSなどのネット上では賛否両論の様々な意見が出ていますが、ゲーム規制ということを県が旗を振ってまでする必要があるのか疑問です。 今回規制することによってどれだけの効果があるのでしょうか。 調べたところ・・・• 1日あたりのコンピューターゲーム利用時間を60分(休日は90分)までに制限• 学習や家族との連絡のためのスマートフォンの使用などは対象とならない• 高校生以下が対象• 高校生は夜10時以降、小中学生は9時以降禁止 といった内容です。 さすがに平日1日60分は短すぎるような気がします。 自分が子供の頃は時間を気にせずゲームをしていましたが、長時間ゲームをすれば飽きるし・疲れますので依存症とまではなっていません。 子供の頃のゲームは、友達との日々の話題になったり、大人になって新しい社会で知り合った人や友人との話題となったり、昔の話をするときの一つの話題ともなりますので、香川県だけで施行されるの子供にとって残念なことではないでしょうか。 また、コンピューターゲームの依存防止となっていますが、そのゲーム内容の境界線も曖昧なような気がします。 ゲームの中には、漢字や英語・計算などの学習ゲームもあります。 それは、ゲームなのか?勉強なのか?人の解釈や考え方によっても違いが出てきそうです。 ゲーム規制条例違反による罰則や罰金などのペナルティについて 香川県の所謂ゲーム規制条例。 都に問い合わせましたが11条事業者の役割、条文通りだと「都内事業者も対象になる。 」認識だそうです 責務より弱い「役割」で、罰則規定も無いので実効性は低いと思いますが、萎縮を生む可能性は有る。 条例としてのクオリティが・・。 焦らず一回廃案にしてほしいな — 栗下 善行 🌰 都議会議員 大田区 zkurishi 香川県では、ゲーム依存防止するために「ゲーム依存防止条例」案が実際に18日の本議会で採決を受け、賛成多数で条例決定となった場合、条例違反による罰則や罰金などのペナルティはあるのでしょうか。 今回のゲーム規制の罰則や罰金については、違反した際の罰則は無いそうです。 考えてみてもこのゲーム規制が条例化されたとしても1日60分を守っている。 違反していると取り締まることは難しいと思います。 学校や保護者がこの条例を子供達に守らせる責務があるということですが・・・ もともとゲームに厳しい家庭であれば、こんなことが条例化されなくても家でルールを作ってやっているでしょうし、ゲームに抵抗が無い家庭であれば条例化されたところで守るかどうかも不明です。 果たして意味がある条例なのでしょうか。 疑問なところです。 昨今e-sportsが話題になっている現代社会で県が先頭を切って子供の頃からゲームを規制するのは時代の流れに逆行していますね。 ゲーム規制条例 香川 はいつから施行される? 香川県で18歳未満の子どものインターネットやゲームの依存症を防ぐために利用を制限する全国初の条例が制定される見込みとなりました。 県議会の条例検討委員会が条例案を18日に議会に提出することを決めました。 可決されれば4月1日に施行されます。 — 日経関西 nikkeikansai 香川県で進められている「ゲーム規制条例案」が、県議会の本会議で見事、賛成多数で条例として制定された場合は、2020年4月1日から施行されるようです。 香川県がパブリックコメントを募った結果、意見を寄せた県民2613人のうち、賛成は2268人、反対は333人で、約86%の人が賛成とのこと。 そのため、本会議でも賛成多数になる可能性が非常に高く、4月1日から施行される可能性が非常に高いです。

次の