折り紙 万華鏡 折り 方。 折り方 折り紙 万華鏡 8 枚

折り方 折り紙 万華鏡 8 枚

折り紙 万華鏡 折り 方

休校中の孫におじいさんがプレゼントした手作り作品が話題になっています。 20時間もかかったという折り紙の万華鏡。 作ってみました。 話題の折り紙で作った万華鏡、手でめくると次々に色が変化します。 作ったのは、関西に暮らす松尾宗雄さん(72)です。 作業時間はなんと延べ20時間。 どれくらい大変なのか番組でも同じものを作ってみました。 用意するのは8色の折り紙です。 これを、今回は26セット準備しました。 スタッフも協力して合計208個のパーツが完成。 1パーツ作るのにかかった時間は平均1分。 合計で約3時間半もの時間を要しました。 規則正しくパーツをのり付けしていきます。 実は、これが大変。 作り始めて約1時間半。 ようやくできました。 万華鏡作りで活躍した折り紙。 実は今、売り上げを伸ばしています。 メーカーによりますと、学校が休校になり、子どもたちが自宅で遊ぶのも増えたためか売り上げは前の年の同じ時期に比べ、商品によっては2倍程度増えているということです。 学校が休みで退屈している息子にじぃじが折り紙で延べ20時間かけて万華鏡を作ってくれました。 — mizukyouka mizukyouka.

次の

折り方 折り紙 万華鏡 8 枚

折り紙 万華鏡 折り 方

ひとまず出来る限りわかりやすく 解説していきますので折っていきましょう。 では、本日の折り紙いってみます。 パーツは全部で12枚必要なので 使用する色については折る人の好みに お任せします。 「1」 まず最初に図のように 左右斜めで折り目をつけて 頂点を中心に向けて折っていきます。 「2」 次に開いて裏返しの状態にして 図のように半分に折り 更に開いてから 図のように上下を半分に折ります。 「4」 そして裏返しまして 図を参考に折り畳んでいきます。 「5」 次に図を参考にして折り畳んでいきます。 裏も同じように折り畳んでいきましょう。 「6」 次に下の方で折り目がついている箇所を 図のように開いて潰し、元に戻し 右も同じように開いて潰して 元に戻しておきます。 そして裏も同じように折っていきましょう。 はい、これでひとまず パーツのうちの1つが完成です。 これをあと11個作っていきます。 ちょっと大変ですが 以前折った花のくす玉よりは まだ楽でしょうか(苦笑 では折っていくので少々お待ちください。 「7」 はい、こんな感じでひとまず 12個のパーツが出来上がりました。 時間にして休憩入れつつ 大体1時間程かかったでしょうか。。 今度はこのパーツを組合せていきます まず、赤色パーツの中心部分に 黄色パーツを図のように重ねます。 そのまま図のように重ねていきましょう。 裏から見るとこんな感じです。 「8」 更に同じように黄色パーツの中央に 黄緑パーツを図のように重ねていきます。 これを残りのパーツも同じように 重ねていきましょう。 6枚重ねた状態・・・ 12枚重ねるとこんな感じになります。 「9」 次に1番最初の赤色パーツに 黄色パーツを重ねた箇所を拡大します。 線の箇所に折り目がついていると思いますが その箇所を図のように中折りしていきます。 他のパーツの箇所も 同じように中折りしていきます。 はい、こんな感じに。 そして反対側も同じように折っていきます。 「10」 次に右端のパーツを拡大し 青と紫の重なっている箇所を図のように広げ 線の箇所で図のように上に折ります。 その隣のパーツも同じように折って 残りの部分も同じように 折ってしまいましょう。 はい、こんな感じになりました。 そして反対側も同じように 折っていきましょう。 かなりコンパクトになってきました。 「11」 そうしたら図のように端っこと端っこを 図のように重ねていきます。 この場合、紫パーツの中央に 赤パーツを重ねていくイメージです。 そして他のパーツと同じように 中折りして(線で囲んだ箇所です。 そしてその両脇を 「10」と同じように折っていき 裏側も同じように折っていきます。 そんな感じでこちら 動く花火、一応完成です。 手前に押し出すように 力を入れていくと こんな感じに様々な形に 変形していくので結構面白いです。 変形させていく中で微妙に 折れていないところとかあるかもしれないので そうした時はちゃんと折り目をつけたり 爪楊枝の先にのりをつけて 補強するようにしましょう。 しかしこれはなかなか面白いですね~。 折り方の手順自体は 決して難しく無いと思いますが 重ねて各所折っていくところなど 少々わかりにくい部分もあるかも。。 まあ慣れれば多分 簡単な部類に入るかと思います。 「Sponsored link」.

次の

折り紙 万華鏡 作り方

折り紙 万華鏡 折り 方

ひとまず出来る限りわかりやすく 解説していきますので折っていきましょう。 では、本日の折り紙いってみます。 パーツは全部で12枚必要なので 使用する色については折る人の好みに お任せします。 「1」 まず最初に図のように 左右斜めで折り目をつけて 頂点を中心に向けて折っていきます。 「2」 次に開いて裏返しの状態にして 図のように半分に折り 更に開いてから 図のように上下を半分に折ります。 「4」 そして裏返しまして 図を参考に折り畳んでいきます。 「5」 次に図を参考にして折り畳んでいきます。 裏も同じように折り畳んでいきましょう。 「6」 次に下の方で折り目がついている箇所を 図のように開いて潰し、元に戻し 右も同じように開いて潰して 元に戻しておきます。 そして裏も同じように折っていきましょう。 はい、これでひとまず パーツのうちの1つが完成です。 これをあと11個作っていきます。 ちょっと大変ですが 以前折った花のくす玉よりは まだ楽でしょうか(苦笑 では折っていくので少々お待ちください。 「7」 はい、こんな感じでひとまず 12個のパーツが出来上がりました。 時間にして休憩入れつつ 大体1時間程かかったでしょうか。。 今度はこのパーツを組合せていきます まず、赤色パーツの中心部分に 黄色パーツを図のように重ねます。 そのまま図のように重ねていきましょう。 裏から見るとこんな感じです。 「8」 更に同じように黄色パーツの中央に 黄緑パーツを図のように重ねていきます。 これを残りのパーツも同じように 重ねていきましょう。 6枚重ねた状態・・・ 12枚重ねるとこんな感じになります。 「9」 次に1番最初の赤色パーツに 黄色パーツを重ねた箇所を拡大します。 線の箇所に折り目がついていると思いますが その箇所を図のように中折りしていきます。 他のパーツの箇所も 同じように中折りしていきます。 はい、こんな感じに。 そして反対側も同じように折っていきます。 「10」 次に右端のパーツを拡大し 青と紫の重なっている箇所を図のように広げ 線の箇所で図のように上に折ります。 その隣のパーツも同じように折って 残りの部分も同じように 折ってしまいましょう。 はい、こんな感じになりました。 そして反対側も同じように 折っていきましょう。 かなりコンパクトになってきました。 「11」 そうしたら図のように端っこと端っこを 図のように重ねていきます。 この場合、紫パーツの中央に 赤パーツを重ねていくイメージです。 そして他のパーツと同じように 中折りして(線で囲んだ箇所です。 そしてその両脇を 「10」と同じように折っていき 裏側も同じように折っていきます。 そんな感じでこちら 動く花火、一応完成です。 手前に押し出すように 力を入れていくと こんな感じに様々な形に 変形していくので結構面白いです。 変形させていく中で微妙に 折れていないところとかあるかもしれないので そうした時はちゃんと折り目をつけたり 爪楊枝の先にのりをつけて 補強するようにしましょう。 しかしこれはなかなか面白いですね~。 折り方の手順自体は 決して難しく無いと思いますが 重ねて各所折っていくところなど 少々わかりにくい部分もあるかも。。 まあ慣れれば多分 簡単な部類に入るかと思います。 「Sponsored link」.

次の