場所 を おさえる 漢字。 「抑える」と「押さえる」の違いと使い分け|白丸くん

「おさまる」漢字の使い分け 収まる・納まるの違い 予算内におさまるはどれを使う?

場所 を おさえる 漢字

「~ができるようになるためには~を おさえておくべきです」 この表現はよく使われます。 ネット上には、さまざまな用例が見られます。 その際、「おさえる」にはどの漢字を使うのがよいかということについての私見です。 たとえば、 「試験に合格するために、 おさえておくべき5つのこと」 「~で上手な買い物をするためには、この点を おさえておけば大丈夫」 というようなタイトルがよくあります。 このとき、私が気になるのは、「 抑えて」という「 抑」という漢字が使われている場合です。 これが、ネット上ではかなりよく使われています。 しかし、私は、「 押さえて」という「 押」という漢字を使うべきという感覚があるのです。 「 抑える」は、私の語感では、たとえば、ふくれあがる経費を低減させるような「抑制」が一番のイメージです。 野球で、投手が0点におさえるとか、ノーヒットでおさえるような「抑止」のイメージもあります。 それに対して、「 押さえる」は、相手の急所のようなところ、たとえば首根っこをおさえるというようなイメージです。 たとえば、一匹の毒ヘビが目の前に現れたします。 そのとき、身を守るために手元にあった棒で、その頭の部分をおさえつけます。 それは、地面に棒で押さえつけるというものです。 押して、そのまま動けないようにするという感じでしょうか。 「要点をおさえる」というような、「おさえる」の場合は、ヘビを押さえつけるという場合と同様に、漢字としては「押」を使うのが、なじみやすく違和感がありません。 「要点を抑える」といわれると、「要点を抑止する」「要点を抑制する」というような意味合いに感じてしまいます。 「抑」の字にはそのようなイメージがついているのです。 あくまで、私の個人的な感じ方なのですが。 『広辞苑』第五版では、 広く一般に、また、物理的な力を加える意では「押」、抑止・抑制の意では「抑」、上からの圧迫の意の場合には「圧」を使う。 この説明にはしっくりきます。 しかし、辞書によって見解が異なるかもしれません。 ただ、辞書によっては「抑」「押」の区別を特に示さないこともあります。 『新明解国語辞典』(第五版)では、 おさ・える【押 さ える】(他下一) について、6つの語義を示した上で、最後に、 [表記]「抑える」とも書く。 となっています。 (最新版の第七版はもっていないため未検証です。 記述が変わっている可能性もあります。 ) これは、「抑える」でも「押さえる」でも、どちらの表記でもよいということでしょう。 こういわれると、表記上どちらでも間違いではないということで、納得するしかありません。 最後に、グーグルの検索についてみておきます。 以前、このことが気になっていた私は、「抑えておく」で検索したことがありました。 そのとき、たくさんのページがヒットして、これだけヒットするなら、やはり「抑える」も認めざるを得ないなと思いました。 しかし、先ほど検索してみたら意外な結果でした。 「これだけは抑えておきたい」と検索したら、 もしかして: これだけは押さえておきたい という表示が出てきました。 最近は、グーグルも、「要点をおさえる」場合の漢字は、「抑」ではなく「押」をより正しいと判断するようになっているようです。 しかし、上の広辞苑の説明にもあるように、「おさえる」には「圧さえる」もあります。 私があげたヘビの例は「圧さえる」の方が適切だという考え方もあります。 また、「反乱をおさえる」ときは、一般に「抑える」が使われますが、「制圧」「鎮圧」という熟語があることから「反乱を圧さえる」でもよいようにも思います。 しかし、この表記はあまり用いられないようですね。 この点は、なかなかすっきりしないところではあります。 そのそも、大和言葉のある一つの動詞をとったとき、その動詞の意味に対応する漢語がいろいろあるために生じている問題です。 動詞の「わらう」でも、「なく」でも、漢字で書くときは、すべて「笑う」「泣く」では通用しません。 ここのところがつらいところです。 英語の動詞 haveやtakeやgetなどは、日本語に訳すときに苦労します。 漢字は日本語の要素として大きな位置を占めていますが、もとは漢語という外国語の文字ですから、仕方ないのかもしれませんね。

次の

地図|ちびむすドリル【小学生】

場所 を おさえる 漢字

記録することとはつまり、写真やカメラのような、記録媒体に記録することや、文章や数値などを自分の文章などを書き留めておくことなどの行為のことです。 これらはすべて「収める」の意味となり、表現することができます。 手中とは、自分の手の中に入れるという意味で、獲得するとか、掌握するといった言葉で言い換えることができます。 手中に入れるという意味で使う「収める」は、物体がない場合にも使用することができ、その場の雰囲気を自分のものにしたりすることにも表現できます。 これは、あらかじめ定まった場所にそのものを入れるという意味を持つため、片付けるという意味もありますが、あるべき場所に戻すという意味も含まれています。 日本の社会文化の中に存在する言葉の1つに、「仕事納め」という言葉があります。 これは、本年の仕事が終わったことを表す言葉です。 このように、終了させることを意味して「納める」という言葉を使って表現することができます。 例えば、学んだことや練習によって身に着けたこと自体を、習得するとか、会得すると表現することがありますが、これらと同様の意味を持つのが「修める」です。 例えば、破損等により壊れてしまったことを「修繕」というように、修めるには治すという意味が込められています。 ちなみにこれは物事に限らず、その人の人格を正しくするという意味でも使われています。 治めるという言葉は、度々「国を治める」のようにして使われることがありますが、国を治めるためにはその国の情勢を立て直すために荒れた状況を鎮静させなければなりません。 そういった鎮静の意味を持つのが「治める」です。 統べるとは、まとめるとか、支配するという意味を持ちます。 「国を治める」ということは、ただ鎮めるだけでなく国民をまとめること、さらには支配しなければなりません。 「治める」にはこうした意味も含まれています。 一口におさめる、といっても、「収める」「納める」「修める」「治める」のすべての候補に挙げられる漢字にそれぞれの意味が存在しています。 そのため、これら4つの漢字の意味と、使用したい事柄の意味が合致しなければなりません。 「収める」と「納める」は、例外もありますが、物体がある場合によく用いられます。 その逆に、「修める」「治める」もまた例外もありますが物体がない場合によく用いられています。 こうした物体のあるなしでも使い分け方の判断基準です。 ちなみに「おさめる」同様、色々な漢字が存在する言葉の1つに「おすすめ」というものがあります。 「おすすめ」と言う言葉を使分けるためにはどうしたらいいのかご存知ですか?次の記事では、その方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 これは、記録するという意味が込められており、写真にその風景や人物などを、記録していることを表す際に使われることが一般的です。 もちろん、「収める」という言葉は記録することを表しているため、写真以外にも使用できます。 例えば、ケンカしている人の間に立ち、その場を和ませたり、解決に導いたりすることを「丸く収める」と表現することができます。 「治める」という漢字もありますが、平和的に解決させるイメージの場合には「丸く収める」を使うのが適当です。 「手の中に収める」という言葉は、イメージとして戦略的、計略的に自分のものにするという印象がとても強い例文ですので、なかなか日常生活の中では使うことがない例文でもあります。 しかし、覚えておくと、意味をしっかり理解することができます。 税金を支払うことは国民の義務の1つで、支払わなければならないお金です。 税金を、きちんと支払うことを「税を納める」と表現することができます。 また、支払う行為自体を、「納税」という言葉を使って表現することもできます。 日本のお葬式の中には、「納骨」というものがあります。 亡くなった型の遺骨は、きちんとした手順を踏んでお墓に埋葬するのが古くからの習わしです。 そのため、この「遺骨を納める」はあるべき場所に入れるという意味がこめられているため、「納める」という漢字が適当です。 営業職をされている方などは特に、年末に仕事納めの挨拶を、取引先や顧客に向けて行います。 この仕事納めはまさに、本年の営業を終えるための挨拶のことで、1年の区切りという意味を込めて「納める」という字が用いられています。 日々の鍛錬や修練によって武術を習得することを言い表した例文です。 「修める」という言葉は、物体がなくても使用することができます。 武術は、自分が会得するものですから明確な証がありません。 しかし、自他による評価等によって修めることができると言えます。 この例文の「身を修める」に使われている「修める」には、正すといった意味合いが強くこめられており、品格を正すとか、自身を正しくするといった意味が込められています。 日常生活では出会う言葉ではありませんが、覚えておくことで身の振り方を定めることができる言葉です。 こちらは、成功したとか、成功することができた、という意味を持つ言葉で、努力や頑張りなどがあって成功した場合に、とくにこの「成功を修める」という言葉で表現することがあります。 とくにこちらは、激しい争いの場合に使われるケースが多く、最近では情勢などを用いたニュース番組などで耳にする機会がある言葉でもあります。 争いを武力を持って鎮める、争いを計略によって鎮めた場合に使われやすい言葉です。 こちらは、先ほど紹介した「争いを治める」に非常によく似た言葉ではあるものの、やや規模の小さい場合に使われる言葉です。 そのため「いさかいを収める」という漢字で表現することもできます。 いざこざを鎮めるという意味を持ちます。 こちらの例文は、統治するという意味を持ち、一国を手にするという意味を持っています。 王や政府が、国を統治する様を、「国を治める」と表現するため、社会ニュースなどでもよく耳にする言葉なのではないでしょうか。 「収める」「納める」「修める」「治める」の言い換え表現4選 収めるの言い換え表現は「手に入れる」 自分のものにすることを「手に入れる」と言いますが、収めるはまさに自分のものにするという意味が含まれており、「手に入れる」は言い換えの表現となります。 手に入れるということは、自身でコントロールできるようにするという意味が含まれるため、様々な事柄に対して使用することが可能です。 納めるの言い換え表現は「渡す」 納めるは金銭や物品を渡すという行為も指す言葉ですので、「渡す」という言葉は納めるの言い換え表現と言うことができます。 納品や納税など、それぞれの品物や税金など、これらの単語にも含まれる納めるという漢字は、引き渡すという意味を持つため、納めることは渡すことであると理解することができます。 修めるの言い換え表現は「取得する」 資格を修めるは、資格を取得すると表現することができるように、「修める」は「取得する」と言い換えることができます。 資格や能力などを自分のものにするという意味ですので、「取得する」や「習得する」と言い換えるのが適当です。 治めるの言い換え表現は「鎮める」 平和な国は、争いがないものです。 つまり、国を鎮めておくことこそが、「治める」ということですので、「鎮める」は「治める」の言い換え表現であると言えます。 さらに、痛みなどを治める場合も、鎮痛などのように鎮めるという言葉を使って言い換えることができます。 自動車税をおさめるは、「収める」、「納める」、「修める」、「治める」のうち、どの漢字を使って表現するでしょうか。 写真ににおさめるは、「収める」、「納める」、「修める」、「治める」のうち、どの漢字を使って表現するでしょうか。 薬でおさめるは、「収める」、「納める」、「修める」、「治める」のうち、どの漢字を使って表現するでしょうか。 修士課程をおさめるは、「収める」、「納める」、「修める」、「治める」のうち、どの漢字を使って表現するでしょうか。 納税のように、税金は納めるものと表現することができるため、こちらの答えは、「納める」となります。 ヒントは、収納と言う言葉になりますが、この場合はどちらも「おさめる」という漢字が使われています。 しかし、「納める」には渡すとかしまうという字が、「収める」にはまとめるという意味が含められるため、収納はまとめてしまうという意味が含まれるのです。 「治める」という漢字は、痛みを鎮めるとか、なおすという意味を持つ言葉ですので、答えは「治める」が正解となります。 それに伴い、ヒントの答えも治療や根治となります。 それに伴い、品との答えも修了や修理が正解となります。 修士課程は、資格はもちろんのこと、自分の経験、実績も伴うものですので、意味から考えてみても「修める」という漢字を使って表現するのが正しいと言えます。 「収める」と「納める」が正しく使えるようになろう! 「収める」も「納める」も、同じ読み方で意味も大体に通った言葉ですので、一件すると使い分けるための理由がわかりづらいものです。 しかし、それぞれの意味をしっかり把握しておけば、正しく使い分けることができます。 ぜひみなさんも、正しい使い方ができるよう意味をしっかり理化しておきましょう!.

次の

「抑える」と「押さえる」の違いと使い分け|白丸くん

場所 を おさえる 漢字

記録することとはつまり、写真やカメラのような、記録媒体に記録することや、文章や数値などを自分の文章などを書き留めておくことなどの行為のことです。 これらはすべて「収める」の意味となり、表現することができます。 手中とは、自分の手の中に入れるという意味で、獲得するとか、掌握するといった言葉で言い換えることができます。 手中に入れるという意味で使う「収める」は、物体がない場合にも使用することができ、その場の雰囲気を自分のものにしたりすることにも表現できます。 これは、あらかじめ定まった場所にそのものを入れるという意味を持つため、片付けるという意味もありますが、あるべき場所に戻すという意味も含まれています。 日本の社会文化の中に存在する言葉の1つに、「仕事納め」という言葉があります。 これは、本年の仕事が終わったことを表す言葉です。 このように、終了させることを意味して「納める」という言葉を使って表現することができます。 例えば、学んだことや練習によって身に着けたこと自体を、習得するとか、会得すると表現することがありますが、これらと同様の意味を持つのが「修める」です。 例えば、破損等により壊れてしまったことを「修繕」というように、修めるには治すという意味が込められています。 ちなみにこれは物事に限らず、その人の人格を正しくするという意味でも使われています。 治めるという言葉は、度々「国を治める」のようにして使われることがありますが、国を治めるためにはその国の情勢を立て直すために荒れた状況を鎮静させなければなりません。 そういった鎮静の意味を持つのが「治める」です。 統べるとは、まとめるとか、支配するという意味を持ちます。 「国を治める」ということは、ただ鎮めるだけでなく国民をまとめること、さらには支配しなければなりません。 「治める」にはこうした意味も含まれています。 一口におさめる、といっても、「収める」「納める」「修める」「治める」のすべての候補に挙げられる漢字にそれぞれの意味が存在しています。 そのため、これら4つの漢字の意味と、使用したい事柄の意味が合致しなければなりません。 「収める」と「納める」は、例外もありますが、物体がある場合によく用いられます。 その逆に、「修める」「治める」もまた例外もありますが物体がない場合によく用いられています。 こうした物体のあるなしでも使い分け方の判断基準です。 ちなみに「おさめる」同様、色々な漢字が存在する言葉の1つに「おすすめ」というものがあります。 「おすすめ」と言う言葉を使分けるためにはどうしたらいいのかご存知ですか?次の記事では、その方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 これは、記録するという意味が込められており、写真にその風景や人物などを、記録していることを表す際に使われることが一般的です。 もちろん、「収める」という言葉は記録することを表しているため、写真以外にも使用できます。 例えば、ケンカしている人の間に立ち、その場を和ませたり、解決に導いたりすることを「丸く収める」と表現することができます。 「治める」という漢字もありますが、平和的に解決させるイメージの場合には「丸く収める」を使うのが適当です。 「手の中に収める」という言葉は、イメージとして戦略的、計略的に自分のものにするという印象がとても強い例文ですので、なかなか日常生活の中では使うことがない例文でもあります。 しかし、覚えておくと、意味をしっかり理解することができます。 税金を支払うことは国民の義務の1つで、支払わなければならないお金です。 税金を、きちんと支払うことを「税を納める」と表現することができます。 また、支払う行為自体を、「納税」という言葉を使って表現することもできます。 日本のお葬式の中には、「納骨」というものがあります。 亡くなった型の遺骨は、きちんとした手順を踏んでお墓に埋葬するのが古くからの習わしです。 そのため、この「遺骨を納める」はあるべき場所に入れるという意味がこめられているため、「納める」という漢字が適当です。 営業職をされている方などは特に、年末に仕事納めの挨拶を、取引先や顧客に向けて行います。 この仕事納めはまさに、本年の営業を終えるための挨拶のことで、1年の区切りという意味を込めて「納める」という字が用いられています。 日々の鍛錬や修練によって武術を習得することを言い表した例文です。 「修める」という言葉は、物体がなくても使用することができます。 武術は、自分が会得するものですから明確な証がありません。 しかし、自他による評価等によって修めることができると言えます。 この例文の「身を修める」に使われている「修める」には、正すといった意味合いが強くこめられており、品格を正すとか、自身を正しくするといった意味が込められています。 日常生活では出会う言葉ではありませんが、覚えておくことで身の振り方を定めることができる言葉です。 こちらは、成功したとか、成功することができた、という意味を持つ言葉で、努力や頑張りなどがあって成功した場合に、とくにこの「成功を修める」という言葉で表現することがあります。 とくにこちらは、激しい争いの場合に使われるケースが多く、最近では情勢などを用いたニュース番組などで耳にする機会がある言葉でもあります。 争いを武力を持って鎮める、争いを計略によって鎮めた場合に使われやすい言葉です。 こちらは、先ほど紹介した「争いを治める」に非常によく似た言葉ではあるものの、やや規模の小さい場合に使われる言葉です。 そのため「いさかいを収める」という漢字で表現することもできます。 いざこざを鎮めるという意味を持ちます。 こちらの例文は、統治するという意味を持ち、一国を手にするという意味を持っています。 王や政府が、国を統治する様を、「国を治める」と表現するため、社会ニュースなどでもよく耳にする言葉なのではないでしょうか。 「収める」「納める」「修める」「治める」の言い換え表現4選 収めるの言い換え表現は「手に入れる」 自分のものにすることを「手に入れる」と言いますが、収めるはまさに自分のものにするという意味が含まれており、「手に入れる」は言い換えの表現となります。 手に入れるということは、自身でコントロールできるようにするという意味が含まれるため、様々な事柄に対して使用することが可能です。 納めるの言い換え表現は「渡す」 納めるは金銭や物品を渡すという行為も指す言葉ですので、「渡す」という言葉は納めるの言い換え表現と言うことができます。 納品や納税など、それぞれの品物や税金など、これらの単語にも含まれる納めるという漢字は、引き渡すという意味を持つため、納めることは渡すことであると理解することができます。 修めるの言い換え表現は「取得する」 資格を修めるは、資格を取得すると表現することができるように、「修める」は「取得する」と言い換えることができます。 資格や能力などを自分のものにするという意味ですので、「取得する」や「習得する」と言い換えるのが適当です。 治めるの言い換え表現は「鎮める」 平和な国は、争いがないものです。 つまり、国を鎮めておくことこそが、「治める」ということですので、「鎮める」は「治める」の言い換え表現であると言えます。 さらに、痛みなどを治める場合も、鎮痛などのように鎮めるという言葉を使って言い換えることができます。 自動車税をおさめるは、「収める」、「納める」、「修める」、「治める」のうち、どの漢字を使って表現するでしょうか。 写真ににおさめるは、「収める」、「納める」、「修める」、「治める」のうち、どの漢字を使って表現するでしょうか。 薬でおさめるは、「収める」、「納める」、「修める」、「治める」のうち、どの漢字を使って表現するでしょうか。 修士課程をおさめるは、「収める」、「納める」、「修める」、「治める」のうち、どの漢字を使って表現するでしょうか。 納税のように、税金は納めるものと表現することができるため、こちらの答えは、「納める」となります。 ヒントは、収納と言う言葉になりますが、この場合はどちらも「おさめる」という漢字が使われています。 しかし、「納める」には渡すとかしまうという字が、「収める」にはまとめるという意味が含められるため、収納はまとめてしまうという意味が含まれるのです。 「治める」という漢字は、痛みを鎮めるとか、なおすという意味を持つ言葉ですので、答えは「治める」が正解となります。 それに伴い、ヒントの答えも治療や根治となります。 それに伴い、品との答えも修了や修理が正解となります。 修士課程は、資格はもちろんのこと、自分の経験、実績も伴うものですので、意味から考えてみても「修める」という漢字を使って表現するのが正しいと言えます。 「収める」と「納める」が正しく使えるようになろう! 「収める」も「納める」も、同じ読み方で意味も大体に通った言葉ですので、一件すると使い分けるための理由がわかりづらいものです。 しかし、それぞれの意味をしっかり把握しておけば、正しく使い分けることができます。 ぜひみなさんも、正しい使い方ができるよう意味をしっかり理化しておきましょう!.

次の