ヒーラー ネタバレ。 ヒーラー~最高の恋人~|【最終回】あらすじネタバレ&感想

韓国ドラマ「ヒーラー」についてのネタバレ質問です。

ヒーラー ネタバレ

この2つのドラマより面白かったです 出典 韓国サイト news. 仕事を遂行するのは、高度な身体能力を持つ ソ・ジョンフ(チ・チャンウク)。 ハイテク技術を駆使し、 チョ・ミンジャ キム・ミギョン が 裏からリアルタイムでヒーラに指示し請負業を統制する。 ヒーラーは、スター記者の キム・ムンホ(ユ・ジテ)からの依頼を受ける内に、 気弱な男 パク・ボンス チ・チャンウク に扮してサムデイニュースに入社。 芸能記者、 チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)を探りつつ、守る。 孤児院で言語障害があったヨンシンだが、温かい養父に育てられていた。 ヒーラーとしての仕事を遂行する内に、ジョンフは見知った1枚の写真を発見する。 それは、ソ・ジョンフ(チ・チャンウク)の父 ソ・ジョンソクと、 チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)の父母 オ・ギルハンと ミョンヒ、 キム・ムンホの兄 キム・ムンシク、 それと、ヒーラー師匠の キ・ヨンジェが1980年に撮影したものだった。 激ハマり、とっても面白かったです! 先にも書きましたが、「シティーハンター in Seoul」と同じような設定で、 チ・チャンウクが、弱い振りしつつ、 カッコイイ裏稼業を隠しているという役で。 序盤はヒーラーの身のこなしが人間離れしていたり、 ピタゴラスイッチみたいなのも、『そんなバカな・・・』 と思いましたが、それ以降は無理なく進みました。 チ・チャンウクの、俊敏で英知に満ちたヒーラー、 冴えない記者パク・ボンス、 本来の自分ソ・ジョンフの3役を上手く使い分ける演技が、 「イルジメ~一枝梅」のイ・ジュンギみたいだった。 これだけ過去の韓ドラを彷彿とさせる要素が多いから 韓国での視聴率が悪かったのかしら? 面白いのに・・・、韓国の方達はドラマ視聴に贅沢だわっ。 最初ヒーラーが、裏社会の人間だから眼鏡や帽子で顔を覆っていて。 パク・ミニョンのお顔がちょっと前と違う気がしますが マア、OKです! お喋りで明るい世話好きなヨンシンの役柄にピッタリ合っていました。 キム・ムンホ役のユ・ジテが、ヒーリング効果あり。 優しい笑顔とソフトな物腰が、別の意味でヒーラー 笑 主役2人を繋ぎ、ケミストリーの形成にも重要な役割を担っていて。 それでいて主役を食ったりはしないところも、控えめで素敵でした。 チョ・ミンジャ役のキム・ミギョンが元刑事の神ハッカーで 笑 女版「ファントム」みたいで格好良いし、 ブレない不動のキャラがなんともコミカル。 ストーリーを引っ張る役目で、さすがの演技力でした。 こんな感じで、他のキャストも適材適所に配置され、 全員がしっくりとキャラに溶け込んでいて。 だから、吸い込まれるようにドラマに入り込んでしまったのかも。 ストーリーも途中でブレたりせずに、しっかりしていましたし。 親世代の懐古話も興味深くて、美男美女が勢ぞろい。 あまり知らない俳優さんばかりでしたが、演技派で見応えがありました。 ドラマ内で、「ヒーラー」とは 『言論は社会の痛みを診断し、治癒する存在』 という意味を込めて名付けられたとあり。 ヒーラーは、過去に封印された親世代の痛みを治癒する意味で、 真実を詳[ツマビ]らかにしていく使命を背負っていたようです。 親世代の・・・で気付かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、 『韓ドラあるある』も意外と満載。 悪役も結構しぶといから、見応えがありましたよ~。 事件事後処理がちゃんとされていたらパーフェクト でした。 面白さは、「」「」くらいの高レベルだなーっと、 私は思いましたけど。

次の

韓国ドラマ 「ヒーラー」感想 あらすじ キャスト

ヒーラー ネタバレ

新たな依頼はインターネットニュースのB級記者チェ・ヨンシン パク・ミニョン を守ること。 依頼主は、ABS放送局の有名スター記者キム・ムンホ ユ・ジテ。 ターゲットのヨンシンに近づくため彼女の後輩として職場に潜入する。 あるときは後輩としてまたあるときはヒーラーとして彼女を守っていく。 ヨンシンは顔が見えないヒーラーに惹かれジョンフもまた正体は明かせないものの心を許していくのであった。 けれども2人を引き合わせたのはお互いの両親の残酷な過去の秘密であった…。 最高にピュアでロマンチックなラブストーリー。 社会正義や政治に興味がなく人に心を許さず孤独に生きている。 学歴はないが真っすぐな心と情熱は忘れない。 誰もが認める記者になることが夢でヒーラーに憧れる。 ある過去の出来事に苦悩し、罪悪感を抱えヨンシンを一流記者に育てようとしている。 けれども、その心と信念に変化がおとずれる。

次の

韓国ドラマ「ヒーラー」についてのネタバレ質問です。

ヒーラー ネタバレ

そんな特殊な男に惹かれる女性がいるが・・彼女が抱く恋心もまた一つだけ。 愛するようになった。 すると、過去に秘めていた真実が、その姿を現し始めた。 彼らが、親世代が譲ってくれた世の中と戦いながら、自分と世の中を癒していく痛快で不埒な熱血ロマンス。 あらすじ ヒーラーのコードネームをもつジョンフは、おそらくは史上最強の何でも屋のスペシャリスト!引き受けられる仕事はほぼ無限大にわたり、殺人以外ならどんなことでもやっています。 そんなジョンフのもとにある日、ヨンシンという女性を調べてほしいという依頼が届きます。 その女性はとあるウェブ新聞で記者をしていましたが、何やら難しい事情を抱えているようで・・。 ジョンフはさっそく仕事にとりかかり、ヨンシンの仕事や家族について調査を行います。 しかし、調べていくうちにジョンフはヨンシンの意外な一面を見ることになり、次第に惹かれていくようになります。 一方、ヨンシンも伝説のヒーラーに憧れていて、いつか会って話がしたいと思っていました。 そうしたところへ転機が訪れ、ジョンフはボンスという名でヨンシンの会社へ入社することに・・。 こうして二人はすぐ傍で仕事をすることになりましが、ジョンフは絶対に素性を明かそうとしません。 しかし周囲の状況は目まぐるしく変化していき、ついにヨンシンはボンスの正体を知ることに!...。 このドラマのみどころは、一見、完璧に見えるヒーラーことジョンフの二面性が見られることです。 彼は何でも屋としては一流のスペシャリストでカリスマですが、一人の人間としては時に脆弱、時に情緒的な面を持ち合わせています。 そういう二面性に意外性があり、なおかつ等身大の魅力を感じることもできるでしょう。

次の