長門 有希 声優。 長門有希ちゃんの消失

長門有希とは (ナガトユキとは) [単語記事]

長門 有希 声優

非日常系学園アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』。 深夜アニメとしてだけではなく、「ジャパニメーション」の新たな可能性を示す作品となりました。 話の内容はもちろんですが、 個性的で魅力的なキャラクターたち、命を吹き込んだ声優たちの力も大ヒットの要因となっています。 本作品をきっかけに人気声優として駆け上がっていった声優も多くいるほどです。 今回はアニメ版に登場したキャラクターたちについて、さらに担当した声優についてを一挙紹介していきます! 『涼宮ハルヒの憂鬱』登場人物について 『涼宮ハルヒの憂鬱』に 登場するキャラクターたちは、何かしら謎である部分が多くあります。 詳細なプロフィールが全て明らかとなっているキャラクターはおらず、謎を考察しながら楽しむのもひとつです。 願いを具現化するといった神のような力を持つ。 本人はそのことに気づいていない。 本作の主人公でもありメインヒロインでもある涼宮ハルヒ。 キョン曰く 「性格以外はパーフェクト」であり、容姿端麗、運動神経抜群、成績優秀、その他楽器など多くの分野で才能を見せる完璧少女です。 その一方で退屈を嫌い、全ての部活へ仮入部する、中学時代告白されても断らない(ただしすぐに別れる)といった変人ぶりは入学当初から有名でした。 願いを具現化する神のような力を持っていますが、自覚はありません。 精神状態によって「閉鎖空間」と呼ばれる世界を崩壊させる可能性があるものを生み出すことがあります。 天上天下唯我独尊という言葉がぴったりで、自分を中心に物事を進めることが大好きです。 その圧倒的な行動力が注目されがちですが、時には落ち込んだり、キョンに対して複雑な感情を見せるなど、意外とメンタルが弱く女の子らしい一面も。 涼宮ハルヒの声優の名前は?プロフィールも紹介 名前:平野綾(ひらのあや) 所属:Grick 出身:愛知県 誕生日:1987年10月8日 身長:157cm あだ名:あーや 主な受賞歴:第1回声優アワード新人女優賞、第6回東京アニメアワード声優賞、第2回声優アワード主演女優賞、歌唱賞 涼宮ハルヒの声優は、平野綾さんが務めています。 愛知県出身で、 幼い頃から子役として芸能活動を始めます。 2001年『おとぎストーリー 天使のしっぽ』サルのもも役で声優デビュー。 2006年『涼宮ハルヒの声優』 涼宮ハルヒ役で大ブレイク。 人気声優の座を確かなものにしました。 様々な声色を使い分け、大人のキャラクターから子どもまで、幅の広い演技、高い歌唱力が特徴です。 ルックスも良く、写真集の発売もされました。 声優としての活動の一方、ドラマや舞台、ミュージカルへの出演、タレント、アーティスト活動、留学など、ハルヒのような マルチな才能を発揮し多方面で活躍しています。 周りが異能力者ばかりのなか、 何も持っていないスペック上は本当の一般人。 特別な力が一切ないものの、本名が謎なままである主人公、キョン。 運動は並、成績普通(SOS団の中ではダントツに悪い)と、これといった特徴がありません。 物語のナレーション役も務めており、やや説明がかった口調が一番の特徴です。 幼い頃は非日常的な存在に憧れたものの、高校入学の頃にはその思いは消え、平凡な日常を望む普通の男子となっていました。 しかし、ハルヒと関わるようになってから宇宙人、未来人、超能力者といった人物との関わりが増え、様々なイベントに巻き込まれることになっていきます。 登場人物のなかで唯一、ハルヒを叱ったり嗜めることができます。 しかしそれによってハルヒの精神状態が不安定となり、閉鎖空間を発生させるきっかけになることも。 ハルヒにとっても、観察機関や物語にとっても、キョンが鍵となっているのは間違いありません。 高校在学中に声優を志すようになり、1999年『セラフィムコール』男子生徒B役でアニメデビュー。 その後多くの作品のサブキャラクター、準レギュラーを担当し、2006年『涼宮ハルヒの憂鬱』キョン役、 『銀魂』坂田銀時役で大ブレイクします。 唯一無二の独特な低音が魅力的で、落ち着いたキャラクターからはじけたキャラクターまで、キレのあるツッコミなど演技力の高さが評価されています。 声優の他、ラジオパーソナリティとしても活躍しており、多くの番組のメインMCの経験があります。 杉田智和の主な出演作品 『セラフィムコール』 男子生徒B役 『涼宮ハルヒの憂鬱』 キョン役 『銀魂』 坂田銀時役 『男子高校生の日常』 ヒデノリ役 『ジョジョの奇妙な冒険』ジョセフ・ジョースター役 『ヲタクに恋は難しい』 樺倉太郎役 『チア男子!!』 溝口渉役 など 長門有希について 長門有希の詳細プロフィール 名前:長門有希(ながとゆき) クラス:1年6組 身長:154cm 立ち位置: いわゆる宇宙人。 情報操作能力を持つ。 基本的に無表情で、感情が乏しいことが特徴の長門有希。 谷口曰く、「容姿はA-」の美少女で、 校内には隠れファンが多く存在しているようです。 正体は「対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インタフェース」、いわゆる宇宙人で、 ハルヒの観測を任務として高校生に紛れて生活しています。 様々な事象を起こしたり変化させることのできる能力を持ち、何度もSOS団のピンチを救ってきました。 SOS団発足当初「無口キャラ」として団員として勧誘されました。 キョンはじめメンバーからの信頼が厚く、何かあるとまず長門を頼るほどです。 長門有希の声優の名前は?プロフィールも紹介 名前:茅原実里(ちはらみのり) 所属:M-Space 出身:栃木県 誕生日:1980年11月18日 身長:157cm あだ名:みのりん 主な受賞歴:第5回声優アワード歌唱賞 長門有希の声優は、茅原実里さんが務めています。 元々は歌手志望でしたがデビューの機会に恵まれず、声優としての道も選択。 2004年『天上天下』棗亜夜役でデビュー、同時に歌手活動を開始するものの出演、ライブの機会は増えませんでした。 しかし2006年『涼宮ハルヒの憂鬱』 長門有希役の出演をきっかけにブレイク。 声優面、アーティスト面ともに活動の幅が大きく広がります。 やや低めの落ち着いた声から高い声まで、演技力の高さで様々な役をこなすことができます。 声優、アーティストとして第一線で活躍し、さらに 「やまなし大使」にも任命されるなど、社会的認知度も高まっています。 SOS団唯一の上級生でありながら、いつも ハルヒのおもちゃにされてしまう朝比奈みくる。 キョン曰く「朝比奈さんほどかわいい生物はいない」、谷口曰く「朝比奈さんを泣かせると学校の男子全員を敵にする」と言われるほどの美少女です。 その正体は未来人で、かなり先の未来からハルヒの監視という役割を持ってきています。 しかし立場的にはかなり下のようで、特別な能力や権限をほとんど持っていません。 何かしら未来についての説明をしようとしても、「禁則事項です」の一言で終わってしまいます。 元々は書道部に所属していましたが、SOS団発足時に「ロリで巨乳なマスコットキャラ」としてハルヒに半ば強制拉致され入団することに。 少しだけ長門のことが苦手なようで、その描写もたびたび見受けられます。 朝比奈みくるの声優の名前は?プロフィールも紹介 名前:後藤邑子(ごとうゆうこ) 所属:アクセルワン 出身:愛知県 誕生日:1975年8月28日 身長:160cm あだ名:ゴトゥーザ様、むらこ 主な受賞歴:第1回声優アワードサブキャラクター女優賞 朝比奈みくるの声優は、後藤邑子さんが務めています。 大学在学中に声優を志すことになり、大学を中退し上京。 1999年『イケてる2人』櫻井兼人役でデビューしました。 その後も『涼宮ハルヒの憂鬱』朝比奈みくる役や『ひだまりスケッチ』ヒロ役など多くのキャラクターを担当していましたが、病気による療養のため2012年~2014年まで休養を発表。 元々持病を抱えており、多忙により悪化したのが原因でした。 2015年には復帰し、再び精力的に活動をしています。 甘い声が特徴的で、おっとりした女性キャラを中心に担当することが多いです。 『涼宮ハルヒの憂鬱』では音痴キャラでしたが、実際はアーティストとしても活動するなど、 歌唱力は高い声優です。 後藤邑子の主な出演作品 『イケてる2人』 桜井兼人役 『涼宮ハルヒの憂鬱』 朝比奈みくる役 『ひだまりスケッチ』 ヒロ役 『さよなら絶望先生』 小節あびる役 『俺たちに翼はない』 鳳鳴役 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 アーニャ・アールストレイム役 『小林さんちのメイドラゴン』 才川ジョージー役 など 古泉一樹について 古泉一樹の詳細プロフィール 名前:古泉一樹(こいずみいつき) クラス:1年9組 身長:178cm 立ち位置:超能力者。 SOS団に最後に入団し、副団長として任命されている古泉一樹。 美形であり、女子生徒からの人気も高いです。 元々は普通の人間だったのですが、本編開始の3年前、ハルヒの能力によって超能力者に目覚めます。 その後「機関」と呼ばれる組織に所属し、ハルヒの観察、閉鎖空間への侵入や戦闘を役割としています。 5月という中途半端な時期に転校してきたことから、「謎の転校生」ポジションとしてハルヒに勧誘され入団。 ハルヒのことを「魅力的な女性」と言うなど、好意を寄せているかのような描写も見られます。 古泉一樹の声優の名前は?プロフィールも紹介 名前:小野大輔(おのだいすけ) 所属:フリー 出身:高知県 誕生日:1978年5月4日 身長:175cm あだ名:小野D、小野くん 主な受賞歴:第2回声優アワードサブキャラクター男優賞、第4回声優アワード主演男優賞、第33回アニメグランプリ声優部門グランプリなど 古泉一樹の声優は、小野大輔さんが務めています。 声優活動当初は吹き替えを主に担当しており、2002年『G-onらいだーす』係員、アナウンス役でデビュー。 その後も数多くのアニメでメインキャラクター、サブキャラクターを演じ、男性声優界を代表する存在となっています。 クールでイケメンなキャラクターを演じることが多く、落ち着いた物腰の声が特徴的です。 ソロアーティストや声優ユニットなどの音楽活動、 ナレーションや吹き替えといったアニメ声優以外でも耳にする機会の多い声優です。 小野大輔の主な出演作品 『G-onらいだーす』 係員、アナウンス役 『涼宮ハルヒの憂鬱』 古泉一樹役 『みなみけ』 保坂役 『黒執事』 セバスチャン・ミカエリス役 『デュラララ!! 』 平和島静雄役 『おそ松さん』 松野十四松役 『寄宿学校のジュリエット』 犬塚藍瑠役 など 鶴屋さんについて 鶴屋さんの詳細プロフィール 名前:鶴屋さん(つるやさん) クラス:2年2組 身長:160cm 立ち位置:みくるのクラスメイト。 お嬢様。 輝くオデコと「にょろ」など特徴的な語尾を持つ鶴屋さん。 準団員であり、さばさばとした気持ちのいい性格の美少女です。 実家は超がつくほどのお金持ちであり、実は古泉の所属する「機関」の間接的なスポンサーとなっています。 かなりの切れ者であり、キョン以外のSOS団員が普通の人間ではないことにも薄々ですが気づいています。 かなりノリがよく、ハルヒの突拍子がない行動などにもついていけていますが、何故か彼女が正団員にはなりません。 しかしハルヒから、 「SOS団名誉顧問」に任命されており、正団員以外のなかではもっともハルヒに近い存在です。 鶴屋さんの声優の名前は?プロフィールも紹介 名前:松岡由貴(まつおかゆき) 所属:ぷろだくしょんバオバブ 出身:大阪府 誕生日:1970年9月13日 身長:156cm あだ名:ゆき姉、まつゆき 主な受賞歴: 鶴屋さんの声優は、松岡由貴さんが務めています。 子どもの頃から劇団に所属し、芸能活動をしていました。 1998年『夢のクレヨン王国』シャカチック役で声優デビュー。 『涼宮ハルヒの憂鬱』鶴屋さん役、『おジャ魔女どれみ』妹尾あいこ役など、深夜アニメ、少女向けアニメ問わず多くの作品でメインキャラクター、サブキャラクターを務めています。 標準語のキャラクターはもちろん、 関西出身ということで関西弁のキャラクターを演じることも多くあります。 『おジャ魔女どれみ』『魔法先生ネギま』といった人気シリーズでレギュラーを務め、声優メインで活動する実力派です。 松岡由貴の主な出演作品 『夢のクレヨン王国』 シャカチック役 『おジャ魔女どれみ』 妹尾あいこ役 『涼宮ハルヒの憂鬱』 鶴屋さん役 『BLEACH』 井上織姫役 『魔法先生ネギま』 エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル役 『あずまんが大王』 春日歩役 『咲 -saki-』 三尋木咏役 など 朝倉涼子について 朝倉涼子の詳細プロフィール 名前:朝倉涼子(あさくらりょうこ) クラス:1年5組 身長:160cm 立ち位置:クラス委員長、長門有希のバックアップ ハルヒ、キョンがいる 1年5組のクラス委員長だった朝倉涼子。 しかしその正体は 長門有希と同じ存在で宇宙人。 長門のバックアップとして高校に潜入していたのです。 バックアップではありますが、長門とは派閥が違っていたためキョンを殺し、ハルヒの動向を調べようと企てます。 結局助けに来た 長門と戦い敗れ存在は消滅。 学校では急な転校ということで処理されました。 朝倉涼子の声優の名前は?プロフィールも紹介 名前:桑谷夏子(くわたになつこ) 所属:アイムエンタープライズ 出身:東京都 誕生日:1978年8月8日 身長:148cm あだ名:なっちゃん 主な受賞歴: 朝倉涼子の声優は、桑谷夏子さんが務めています。 雑誌の一般応募で合格し、1998年『彼氏彼女の事情』少女A役でデビュー。 メインキャラクター、サブキャラクター問わず様々な作品し、幼い少女から大人っぽい女性まで、幅広いキャラクターを演じています。 元々漫画家志望だったこともあり、 雑誌でイラスト付きのコラムを連載するなどマルチな才能を発揮している声優です。 桑谷夏子の主な出演作品 『彼氏彼女の事情』 少女A役 『魔法少女リリカルなのは』 アルフ役 『ローゼンメイデン』 翠星石役 『魔法先生ネギま』 綾瀬夕映役 『涼宮ハルヒの憂鬱』 朝倉涼子役 『戦国BASARA』 かすが役 など 谷口について 谷口の詳細プロフィール 名前:谷口(たにぐち) クラス:1年5組 身長:170cm 立ち位置:キョンのクラスメイト。 高校からキョンと知り合い、友人ポジションである谷口。 ハルヒと中学校が一緒だったこともあり、何かと情報提供をしてくれます。 女子が大好きで、同学年の女子は全てランク付けしている模様。 過去にハルヒに告白し、付き合ったものの5分でフラれたとキョンに疑われています。 何かとSOS団の雑用のようなものを押しつけられたりするものの、しっかりと参加してくれており準団員のような立ち位置となっています。 谷口の声優の名前は?プロフィールも紹介 名前:白石稔(しらいしみのる) 所属:ガジェットリンク 出身:愛媛県 誕生日:1978年10月18日 身長:166cm あだ名:みのる、白石、谷口 主な受賞歴: 谷口の声優は、白石稔さんが務めています。 2002年に『D・N・ANGEL』冴原剛役でデビュー。 青年からペット役まで多くの作品に出演しました。 アーティスト活動や俳優活動、 アニメへの実写出演など、他の声優とは一風変わった芸風で活躍している声優です。 やや低めの身長と中性的な顔立ちで、制服を着なければ女子と見間違われてしまいそうな国木田。 谷口とは違い、 キョンとは中学校からの付き合いです。 笑顔で谷口に毒を吐いたりするキャラですが、基本的にキョン、谷口と一緒に行動する機会が多いです。 また谷口同様、準団員のような立ち位置となっていますが、谷口ほど酷い扱いは受けていません。 国木田の声優の名前は?プロフィールも紹介 名前:松元恵 所属:賢プロダクション 出身:熊本県 誕生日:1977年2月6日 身長:157cm あだ名:まつげん 主な受賞歴: 国木田の声優は、松元恵さんが務めています。 1998年『魔術師オーフェン』少年役でデビュー。 サブキャラクターを中心に、様々な作品に出演しています。 少年や、中性的な男性の声を演じることが多く、熱血な役から大人しめのキャラまで、様々な少年の声で演じています。 松元恵の主な出演作品 『魔術師オーフェン』 少年役 『激闘!クラッシュギアTURBO』 真理野コウヤ役 『涼宮ハルヒの憂鬱』 国木田役 『ディノ・ブレイカー』 サム・ンデゥール役 『喰霊-零-』 三途河カズヒロ役 『黒魔女さんが通る!! 』 三条ショウ役 など キョンの妹について キョンの妹の詳細プロフィール 名前:キョンの妹(本名不明) クラス:不明(小学5年生) 身長:不明(大きめのボストンバッグに入る程度に小さい) 立ち位置:キョンの実妹 年齢以上に幼い見た目と行動をよくするキョンの妹。 SOS団のイベント時にはよくキョンにくっついて行き、 団員のみんな(特にみくる)に可愛がられています。 キョンの妹の声優の名前は?プロフィールも紹介 名前:あおきさやか 所属:ベルプロダクション 出身:秋田県 誕生日:1972年10月19日 身長:161cm あだ名: 主な受賞歴: キョンの妹の声優は、あおきさやかさんが務めています。 1997年『さくらももこ劇場 コジコジ』コジコジ役でデビュー。 少女や人間ではない妖精などの高い声での演技が特徴的です。 声優以外でも、 自身がプロデュースする舞台公演といった活動をしています。 あおきさやかの主な出演作品 『 さくらももこ劇場 コジコジ』 コジコジ役 『らいむいろ戦奇譚』 福島絹役 『SHUFFLE!』 リシアンサス役 『涼宮ハルヒの憂鬱』 キョンの妹役 『人類は衰退しました』 妖精さん役 など アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』まとめ 2018年には約10年ぶりに復活しライブを行ったりと、今再び大きな動きが見えている『涼宮ハルヒの憂鬱』。 大きな動きがまたあるのではないかという期待も持てます。 これからの動向が、ますます目が離せません! 当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。 合わせて読みたい• このニュースに関連する作品と動画配信サービス.

次の

アニメ|長門有希ちゃんの消失の動画を無料で全話視聴する方法まとめ

長門 有希 声優

HyperFocal: 0 TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』長門有希役など、声優として数々の人気アニメ作品に出演、ーティストとしても活躍する茅原実里が、15周年を記念して2月5日に発売されるベストアルバム『SANCTUARY II 〜Minori Chihara Best Album〜』のジャケット写真と最新アーティスト写真が公開された。 10周年を記念して発売された初のベストアルバム『SANCTUARY〜Minori Chihara Best Album〜』を思わせるパズルのピースをモチーフとしたドレス姿の茅原実里がデザインとなっている。 そして、特別なアニバーサリーアルバムということで、ファンの方々に何かサプライズできないかという茅原の強い思いから、茅原自身が静岡県御殿場市にあるCDプレス工場「メモリーテック御殿場工場」を訪れ、発売を控えたベストアルバムのブックレット150枚に直筆サインをしたためた。 工場に到着すると、未包装のブックレットに、デビュー15周年をかけて、直筆で合計150枚のサインを入れた。 「どんな人の手に渡るのか」や「気づいた写真を動画で見たい」と期待を膨らませつつ1枚1枚丁寧にサインを書き上げていった。 サインを書き終えると、CDとDVDの製造工程について説明を受けながら、全製造ラインを見学。 CDを組み立てる工程では、実際に茅原の手で今回発売されるアルバムの組み立てを体験した。 完成されたアルバムを手に取ると、自分の作品がこうして形になる瞬間に立ち会えて幸せだと話し、涙を流した。 「実際に工場に足を運んで自分の手でサインを入れることができて本当に良かった。 次は20周年の時にまたぜひ訪れたい」と従業員の方々にお礼を述べて、工場を後にした。 今回の直筆サイン入りブックレットは購入してからのお楽しみとなる。 ぜひ店頭で手にとっていただきたい。 また、MUSIC ON! TVにて2月3日24:30〜25:00に放送される「M-ON! SPECIAL 「茅原実里」 〜SANCTUARYII〜」で今回の模様が取り上げられる。 こちらにも是非注目してほしい。 LIVE 茅原実里 「15th Anniversary Minori Chihara Birthday Live 〜Everybody Jump!! をお楽しみいただいている方を対象としたプレゼントキャンペーンを実施!応募者全員に、「15th Anniversary Minori Chihara Birthday Live 〜Everybody Jump!! 〜」のライブ写真を使用したオリジナルクリアファイルをプレゼント!さらに、条件を満たされた方の中から抽選で10名様に、茅原実里の直筆サインが当たるチャンスも。 詳細はこちら MUSIC ON! TV(エムオン! )は、スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、ひかりTVなどでご覧いただける音楽チャンネルです。 詳しくは、MUSIC ON! TV(エムオン! )公式サイトをご覧ください。 関連リンク 茅原実里オフィシャルサイト茅原実里レーベルHP 外部サイト.

次の

【長門有希ちゃんの消失】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

長門 有希 声優

少しややこしいのだが、キャラは「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」に登場するキャラをベースに、世界観やストーリーは「涼宮ハルヒの消失」がベースになっている。 さらなる特徴として、原作で柱となった宇宙人・未来人・超能力者は全く登場しない。 登場キャラ全員が普通の高校生。 憂鬱ではキョンの命を狙った朝倉も普通の高校生で、敵対関係にある長門ととても仲良し。 そんな至って普通の学園生活を描きながら、主人公・長門有希の淡い恋心を描いた作品でもある。 憂鬱の方でもラブコメというのはなかったわけではないが、それっぽい感情を見せる程度だった。 しかしこの作品ではガッツリラブコメが描かれており、その主役が感情のないはずの長門で、初見で観る人にとっては違和感しかないだろう。 スピンオフとはなっているが独立した作品で、元ネタを全く知らなくても楽しむことができる。 しかしこの作品では全くの別人格で描かれている。 寡黙ではあるが積極的にコミュニケーションを取ることもあるし、何より感情をかなり表に出すし、自分の考えをしっかり言葉にする。 お供だった本もゲームに変わっている。 長門といえば…で馴染んでいる人にとっては違和感しかないだろう。 そんな長門は、1話からキョンに好意を抱いていることが丸わかり。 キョンの何気ない行動や言動に赤面したり慌てふためいたり。 あざとさも感じるほどの慌てっぷりで、元の長門とは正反対のキャラすぎ笑ってしまった。 笑 正直長門のキャラが受け入れられるかで、この作品の印象はガラッと変わるだろう。 元の長門が好きな人にはこの作品の長門は受け入れられないだろうし、あざとさすらも感じる彼女の態度に顔をしかめてしまう人もいるはずだ。 ハルヒが発起人となってキョンが巻き込まれる。 やれやれ、と言いながらなんだかんだで付き合う。 そんな賑やかな日常がこのアニメのメインとなっている。 ハルヒの提案で旅行に行ったり夏を謳歌したり。 元のアニメと違うとすれば、ハルヒと小泉が他の高校の学生で、部活もSOS団ではなく文芸部で、朝倉と鶴見さんがグループの輪にいるくらいだろう。 だからどうしても憂鬱を見返している気持ちになってしまう。 設定や世界観においての新鮮味はあるが、ストーリーやキャラの内面が同じで退屈だった。 憂鬱と変わらない日常が続き、長門の恋心も進展する気配はなく、つかず離れずの光景が続く。 最初からあからさまな好意を見せているので、徐々に好意を抱くような作りにはなっていない。 物語が始まってすぐに、「これで張り合いが出るのか」と心配になったが、残念ながらその心配が的中してしまった。 2人を襲う困難もなければ、恋敵もいなければ、移り気もない。 つまりシリアス要素が足りない。 日常テイストで描かれているのでシリアスを入れることは勇気がいるが、長門のくだりでシリアスはあったので、もっと恋愛で張り合いを持たせると良かったかもしれない。 その線で期待を持たせるシーンがなかったわけじゃない。 ハルヒはキョンと長門の関係に張り合いを持たせることができる唯一の存在だった。 しかし結論、そこまでのポジションになっていたとは言い難い。 結果的にキョンと長門に障害が訪れないまま、平和な日常を過ごしつつ、長門の乙女純情な恥じらいを楽しむだけのアニメになってしまっていた。 キョンと長門の関係値は一向に深まることなく、途中からもはやラブコメディとも呼べない、ただの「涼宮ハルヒの憂鬱」と大差ない内容になっていく。 長門の印象でガラッと変わると書いたが、ストーリーは正直微妙でも、長門の可愛さを堪能することはできるので、長門ファンは最後まで楽しむことができるはずだ。 憂鬱と消失でキレイにまとまった作品が、京アニ以外の制作会社の手によって、全く違う世界観・ストーリー・作画で描かれる。 原作者も別人で生粋のファンからしたら、特に需要のない作品という印象だ。 憂鬱との違いもそれほどなく、ハルヒが周りを巻き込んでいく構図は何ら変わりない。 ラブコメと言いながら日常やコメディ色が強すぎて、長門が裏方気味になってしまう場面もあった。 キョンと長門の恋愛はあまりに平坦な道のりすぎて張り合いがなく、うぶな関係性にニヤニヤできたのも最初だけで、徐々に飽きが来てしまった。 そもそも16話構成が正しかったのか怪しいところでもある。 何度も見た日常の光景を繰り返し、途中でシリアスシーンを挟んで少し変化を加えたものの、必要のない日常シーンがあまりにも多くテンポがかなり悪い。 「主人公が朴念仁」「大事なセリフが騒音でかき消される」などのラブコメお馴染みのギャグも古臭く、がっかり感が強い。 10話でも十分な内容を無理矢理16話に引き延ばしたようなストーリーで、冗長さが凄まじかった。 終わり方もスッキリしない終わり方になっていて、キョンと長門の終着点もありきたりすぎてつまらない。 やはり長門萌えが全てだった感は否めない。 長門が好きで長門の新しい一面を覗きたい人にはもってこいな作品だが、反対にそれほど作品への思い入れがない人には苦痛にすら感じる作品だ。 元々番外編としてアニメ化する程の作品ではなかったかもしれない。 作画や世界観が全く違うとはいえ、基本的なストーリーの展開は憂鬱と同じで目新しさは特にない。 柱となるキョンと長門の恋も、障害が全くないせいで張り合いが全くないし、30分16話という尺をたっぷり使った割には…という終わり方になっている。 とはいえハルヒの新しい一面が見えたし、朝倉さんの優しさに心が温まったしで、原作ファンからしたら及第点といったところ。 作画が崩れるシーンも何度もあったが、終始安定していたし、ふっくらしていて柔らかみのあるキャラデザインは憂鬱に負けず劣らず可愛い。 全体的に見れば物足りなさもあるが、憂鬱ファンとして楽しむことはできたので概ね満足だ。 コメディ色がだいぶ強めで、既視感しかないハルヒの独断専行ばかり。 シリアスは一切ない雰囲気かと思いきや、途中でいきなり作品の世界観がガラッと変わり、それまでの明るさが消える。 そこからの展開は蛇足感が凄まじく、キョンと長門の関係の変化において必要とは思えなかった。 16話という中途半端な尺でアニメを作るくらいだったら、もっとコンパクトにまとめて欲しかった印象だ。 キョンと長門の恋の行方も最初から決定済みで、成就するかどうかの緊張感が全くない。 何度も書くように、性格や容姿が変わっても長門を愛せる人にはぜひオススメしたい。 後は日常アニメ好きな人でも楽しむことができるはずだ。

次の