時候の挨拶 10月。 時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文

時候の挨拶で10月下旬は?結びの挨拶は?ビジネスに使える例文は?

時候の挨拶 10月

漢語調の表現は格調高く儀礼的な手紙やビジネス文書によく使われています。 一方、 口語調のものにはやさしい響きがあり、親近感がありますから、 お祝い状や礼状など、個人と個人でやりとりする手紙に適しています。 仲秋の候• 紅葉の候• 清秋の候• 秋冷の候• 秋涼の候• 錦秋の候• 爽涼の候• 秋麗の候• 秋たけなわのこのごろですが…• 北国では今が紅葉の見ごろとか…• いちょうの葉も日ごとに色づいてまいりました。 味覚の秋、芸術の秋となりましたが…• 秋も日増しに深まってまいりました。 菊薫る季節となりました。 日増しに秋の深まりを感じる今日このごろで…• ひと雨ごとに秋の色が深まり…• 野も山もすっかり色づき始め…• そろそろ紅葉が楽しめる季節となりました。 秋空高く、さわやかな毎日がつづきますが…• めっきり涼しくなってまいりました。 日足もすっかり短くなりました。 街路樹の葉も日ごとに黄色くなってまいります。 小春日和のうららかな毎日がつづいております。 秋晴れの心地よい季節となりました。 秋もたけなわでございますが…• 秋の夜長、いかがお過ごしでしょうか。 きのうは年がいもなく綱引きに挑戦、おかげで全身が筋肉痛です。 スポーツの秋ですが、その後テニスのほうはいかがですか。 先ずはお礼(お知らせ・お願い・お見舞い)まで(申し上げます)• 先ずは書中にてご報告申し上げます• 取り急ぎご案内(ご報告・ご返事)申し上げます• 右、用件のみにて失礼いたします)• 右、とりあえずお礼のみにて失礼をいたします• 以上、くれぐれも宜しくお願い申し上げます• 以上、取り急ぎお知らせする次第です• 以上、よろしくおとりはからいください• 略儀ながら書中にて(をもって)お礼申し上げます• 勝手なお願いを申し上げ、まことに心苦しいのですが、どうか宜しくご検討ください• 甚だ勝手ではありますが宜しくお取り計らいのほどを• 時節がらどうぞご自愛ください• ご自愛のほどお祈り申し上げます• お体をくれぐれもお大事に• ますますのご活躍を期待しております• 天候不順のおり、ご自愛専一のほどお念じ申し上げます• ではお元気で• 皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます• それでは皆様ご健康でありますように• ご家族のご健勝を心よりお祈り申し上げます• ご家族の秋もまた実りの多いものでありますように• 末筆ながらご主人様にもよろしくお伝えください• 皆様によろしくお伝えください• お伝え願えれば幸いです• 父からもよろしくとのことでございます• 母もよろしくと申しておりました• 母からもご母堂様(ご尊父様)にくれぐれもよろしくと申しております• お手数ですが、折り返しご返事をいただければ幸いです• ご返事お待ちいたしております• 折り返しご返事のほど、お願い申し上げます• 準備の都合上、出欠をお知らせください(事務的用件や会の案内状など)• ご多用中恐縮でございますが、ぜひともご卓見を賜りたく、同封のはがきにて返信をいただければ幸甚に存じます• 今後ともよろしくお願いします• これからもどうぞよろしくお願い申し上げます• 近いうちにまたお便りさせていただきます• またお会いできる日を楽しみにしております• 今後ともご指導(ご鞭撻・ご教示・ご協力)くださるようお願いいたします• なお将来とも末永くご高配を賜りますよう伏してお願い申し上げます• 残念ながら貴意にそいかねますので、あしからずご了承いただきたく存じます• 以上、お心に添えず申しわけございませんが、なにとぞご寛容のほどお願い申し上げます• わがままを申しまして申し訳ありません。 どうぞご寛容ください• 何とぞご寛恕(かんじょ)くださいますようお願いいたします 季節に関係なく使える時候の挨拶• 天候不順の折…• 寒暖定まらぬ毎日が続いておりますが…• 久しぶりに快晴に恵まれ、湿りがちだった心も晴々としております。 降り続く長雨に、気も滅入りがちですが…• 好天続きで、ひと雨ほしいところでございます。 面識のない人に出す手紙の書き出し• 初めてお便りを差し上げます。 突然のお便りで失礼いたします。 突然のお手紙を差し上げる失礼をどうぞお許しください。 突然のぶしつけなお手紙でまことに恐縮でございますが…• まことに突然で失礼ではございますが、一筆申し上げます。 まだ拝顔(はいがん)の栄(は)えを得ておりませんが、お手紙で申し上げます。

次の

時候の挨拶 10月(神無月:かんなづき)

時候の挨拶 10月

手紙を書く上で大切な10月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 10月は、澄んだ青空、色づき始める木々、豊かな実りを見せる稲田と自然の美しさに満たされる月。 気候も下旬に向かうにつれて冬の足音が感じられるようになります。 手紙では、二十四節気や年中行事といった暦上の季節感を時候の挨拶に使うことも多いですが、10月は秋の美しさを表す挨拶が多くあります。 10月上旬の季節感 10月の上旬は、暑くもなく寒くもないという年間通じても過ごしやすい時期です。 高く澄んだ空の美しさは、この時期ならではです。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 10月は、 秋の高く澄んだ青空や、湿度の低い さわやかな空気、日々 色づき始める紅葉など、 自然の美しさを表す時候の挨拶が定番。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 10月であれば、秋晴れ、運動会、読書の秋・スポーツの秋・味覚の秋、金木犀、行楽日和など。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの10月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、10月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 10月上旬の時候の挨拶 10月の上旬は、秋のカラッとした空気に、暑くも寒くもない気温と、1年を通じても 過ごしやすい時期になります。 高く澄んだ秋空が本当に美しく気持ちのいい季節。 手紙のTPOを問わず、 10月上旬の時候の挨拶は、 秋晴れの美しさを織り込んだものが多くなります。 またお米をはじめ、秋は収穫の季節です。 収穫前の稲田の美しさや豊かな実りを喜ぶ表現も使われます。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 秋麗の候、折、みぎり• 秋涼の候、折、みぎり• 秋晴の候、折、みぎり• 寒露の候、折、みぎり• 秋空高くさわやかな毎日• 秋晴れの今日この頃• 稲田は黄金色に輝き• うららかな秋晴れの日• さわやかな秋晴れの日• 絶好の秋日和• 運動会、 実りの秋など では、10月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 10月上旬の時候の挨拶の例文• うららかな秋晴れの日が続きますが、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 涼やかな秋空の下、お健やかにお過ごしのことと思います。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 秋空高く、さわやかな毎日が続いておりますが、皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと存じます。 秋の声が聞こえる美しい季節が到来しました。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 やわらかな秋の日ざしに柿の実があざやかです。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 雲一つなく晴れ上がり、何をするにも心地よい季節です。 ますますのご活躍、何よりと存じます。 すがすがしい秋晴れの今日この頃、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 朝夕はめっきり涼しくなりましたが、ご家族の皆様には、お変わりなく何よりと存じます。 稲田は黄金色に輝き、まさに収穫の秋となりました。 皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 10月中旬の時候の挨拶 10月の中旬は、朝晩の冷え込みは進むものの上旬に引き続き、 さわやかな秋の気候が 満喫できる時期です。 過ごしやすい秋は、 読書の秋、スポーツの秋、味覚の秋と、色々と楽しみの多い季節です。 読書が趣味の方に送る手紙にはぜひ使いたい挨拶です。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 錦秋の候、折、みぎり• 仲秋の候、折、みぎり• 夜長の候、折、みぎり• 灯火親しむ候、折、みぎり• 菊薫る季節• 天高く馬肥ゆる秋• ひと雨ごとに秋も深まり• 秋の夜長• 秋気がしみいる• 赤とんぼ、 秋祭り、 すすきなど では、10月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 10月中旬の時候の挨拶の例文• 秋色も徐々に深まって参りましたが、紅葉はまだまだ先のようです。 皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 秋風が気持ちの良い季節になりました。 皆様にはいつもながらお変わりなく何よりに存じます。 ひと雨ごとに秋も深まってまいりましたが、〇〇様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 秋雨にどことなく寂しさを感じる昨今、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 秋も深まってまいりましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 菊薫る好季節となりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 天高く馬肥ゆる秋、皆様にはますますご壮健のことと拝察いたします。 紅葉が錦繍と呼ぶにふさわしい美しさです。 その後、お変わりございませんでしょうか。 夕焼けに飛ぶ赤とんぼに郷愁を誘われるこの頃、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。 錦秋のみぎり、皆様方にはお変わりございませんでしょうか。 高原では早くも紅葉が見頃を迎えておりますが、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 白く輝くすすきの穂がいっそう秋の風情をかきたてるようです。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 まさに「秋の日はつるべ落とし」を実感する今日この頃、ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 秋の夜長、虫の音に思わず聞きほれる季節となりましたが、お元気でいらっしゃいますか。 秋気が肌にしみいる季節となりましたが、お健やかにお過ごしでしょうか。 お元気とお伺いできて何よりと存じます。 遠くに望む山々が錦繍に彩られる季節となりました。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 寒さもしだいにつのり、吹く風にも秋色の濃さを感じる頃、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 秋風が冷たく身にしみるようになってきた今日この頃です。 皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 日増しに秋も深まり、朝夕は肌寒く感じられるようになってきました。 紅葉の便りが聞かれる折がら、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 美しく色づき始めた紅葉に、秋の深まりを感じます。 皆々様にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 色彩あふれる紅葉の美しさに心弾む季節となりました。 すっかりご無沙汰しておりますが、お元気でご活躍のことと存じます。 木の葉も色づき始めましたが、皆様にはいよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。 澄んだ秋晴れに、十三夜の月が待ちどおしですね。 その後お変わりございませんか。 街路樹から降る落ち葉に、寂しさを覚えるこの頃ですが、ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 心までしみるような秋風に感傷的になってしまう今日この頃、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 北国から初雪の便りが聞かれると、とたんに肌寒さを覚える気がしますが、お元気でしょうか。 いよいよ秋も深まり肌寒さを覚えるこの頃。 ご多忙の毎日と伺っておりますがお風邪など召されていませんか。 路傍の草木も黄葉し始め、秋色がいよいよ深まってきました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 いつしか秋も深まり、けやき並木も色づき始めました。 すっかりご無沙汰していますが、お元気でしょうか。 夜空に月が冴えわたる季節になりました。 お元気ですか。 暦の上では霜降となりましたが、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 柿の実が日に日にその赤さを増していくこの頃、お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 落ち葉がはらはらと冷たい風に舞う季節となりました。 お変わりございませんか。 上旬は、暑くもなく寒くもないという年間通じても過ごしやすい時期です。 高く澄んだ空の美しさは、この時期ならではです• 中旬は、朝晩の冷え込みが一歩前進するものの、まだまだ 安定した気持ちの良い気候が続きます。 読書の秋、実りの秋、スポーツの秋と、様々な秋の表情を切り取ってみましょう• 下旬は、木々の 紅葉も始まり、いよいよ秋も深まります。 朝晩はさらに気温が下がり始め、 早いところでは初霜・初雪が観測されるなど、 冬も間近になる時期です こうした季節感を表す、 10月の代表的な時候の挨拶を整理したものが次の表です。 10月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 秋麗の候、折、みぎり• 秋涼の候、折、みぎり• 秋晴の候、折、みぎり• 寒露の候、折、みぎり.

次の

時候の挨拶 7月の梅雨明け前後の例文【梅雨時期の手紙の挨拶と季語】

時候の挨拶 10月

時候の挨拶って? 「時候の挨拶」とは、季節の移り変わりやそれに応じた心情を表す言葉。 手紙の頭語(「拝啓」など)に続く、「春分の候」や、「厳しい暑さが続いておりますが~」などが時候の挨拶です。 四季豊かな日本ならではの手紙の習慣ですね。 友人中心のパーティーなどカジュアルな結婚式なら、文章で表現するのがおすすめです。 時候の挨拶は、結婚式を挙げる時期ではなく、「招待状を出す時期」に合ったものを選びます。 それでは、1月から12月までのそれぞれの月に合った時候の挨拶を ・漢語表現 ・挨拶文 に分けて紹介します。 結婚式招待状の基本的な書き方について詳しく知りたい人は、こちらの記事も参考にしてみてください。 1月(睦月・むつき) 1月は年が明けて初めて迎える月。 新年のおめでたさや新年を迎えられた喜びの気持ちを表しましょう。 挨拶文 ・松の内の賑わいも過ぎ 寒気ことのほか厳しく感じられます ・このところ例年にない寒さが続いております ・冬晴れの空が美しい季節となりました ・風花の舞う季節となりました 「風花(かざはな)」とは晴れの日にちらちら降る雪のこと。 陽の光を受け輝きながら、ちらちらと雪が舞う情景が目に浮かぶ挨拶文ですね。 2月(如月・きさらぎ) 2月は1年で最も寒い月。 寒さの厳しい日が続きますが、少しずつ季節は春に向かってきているということを表現できると良いですね。 春の暖かさや桜の開花などを感じさせる挨拶を入れると良いでしょう。 短い期間ではありますが、私たちの目を楽しませてくれますね。 暖かい春の陽気や桜の開花などを喜んだ、明るい挨拶文を入れるとGOODです。 たとえば「陽春」は、春の盛りを意味します。 挨拶文 ・桜の花は今を盛りと咲き誇っております ・満開の花に心も浮き立つ今日この頃 ・うららかな春の訪れとなりました ・春もたけなわの頃となりました ・若草が萌えたち 春も深まってまいりました ・花の盛りも過ぎ 草木の緑がいよいよ濃くなってまいりました ・おぼろ月夜の美しい頃となりました 5月に近づくにつれ徐々に日差しも強さを増し、緑も青々としてきます。 そんな時期には「若草萌える季節」や「草木の緑が濃くなってきた」などの表現がぴったりです。 5月(皐月・さつき) 青葉が茂る5月は、新緑のフレッシュな感じを表現すると、爽やかな印象になります。 挨拶文 ・若葉の緑が目にしみる今日この頃 ・新緑が目にまぶしい季節となりました ・風薫る心地のよい季節となりました ・牡丹の花が咲き誇り~ ・吹く風に初夏のすがすがしさを感じる昨今 6月(水無月・みなづき) 梅雨入りし、雨が続く6月。 じめじめした季節ではありますが、雨に濡れたあじさいの美しさや、梅雨の合間に現れる晴天の爽やかさを表現すると素敵です。 澄んだ青空などを入れた爽やかで明るい挨拶にしましょう。 挨拶文 ・梅雨も明け 本格的な夏を迎えました ・海開きの便りが聞かれる頃になりました ・海山の恋しい季節になりました ・入道雲が空に映え まぶしい夏の到来を告げています ・蝉時雨が賑やかに降り注ぐ季節となりました ・鮮やかな朝顔(あさがお)に涼を感じるこの季節、お変わりなくお過ごしでしょうか 8月(葉月・はづき) 夏から秋へと移ろいで行く8月。 8月後半は猛暑が過ぎ徐々に涼しくなっていくので、初秋を感じさせる挨拶が良いかもしれませんね。 「残暑」は8月7日から9月8日頃までと、比較的長く使える挨拶です。 暦の上では秋になったのに、まだまだ暑さが残っているというときに使ってみてください。 挨拶文 ・ひまわりが今を盛りと咲き誇っております ・立秋とは名ばかりの猛暑が続いております ・厳しい暑さが続いておりますが~ ・朝夕にはかすかに秋の気配を感じる今日この頃 ・吹く風にゆく夏の気配を感じる頃となりました 9月(長月・ながつき) 稲穂や秋桜など秋を思わせる語句を使って挨拶文を作ると、秋らしい印象になります。 挨拶文 ・九月になってもまだ残暑が続いております ・鈴虫の音が美しいこの頃 ・萩の花が風にゆれる頃 ・秋涼の風が野山を吹き渡ってゆきます ・すすきの穂も揺れる季節となりました 10月(神無月・かんなづき) 気候も涼しくなってきて、本格的な秋を感じさせる10月。 野山が色づき始めた頃に紅葉などの語句を使えば、季節感のある文章になります。 挨拶文 ・秋たけなわの頃 ・金木犀の香りがほのかに漂って ・秋の夜長はいかがお過ごしでしょうか ・さわやかな秋晴れの続く今日この頃 ・木々の葉も色づいてまいりました 11月(霜月・しもつき) 11月になると秋も深まり、訪れる冬を感じさせます。 挨拶文 ・小春日和の今日この頃 ・落ち葉散りしく時節 ・ゆく秋の感慨も深く ・朝夕の寒気が身にしみる時節となりました ・初雪の便りが聞かれる季節となりました 12月(師走・しわす) その年を締めくくる12月。 寒さもいよいよ本格化し、「冬」や「雪」などが入った表現が多くなってきます。 本格的な寒さを感じ始めたら、使うといいでしょう。 挨拶文 ・冬枯れの季節を迎えました ・寒気厳しき折から ・年の瀬を迎え ・めっきり寒くなりました ・ポインセチアが美しい紅色を見せる頃 ・澄み渡る夜空に瞬く星がいっそう美しい季節となりました.

次の