縮 毛 矯正 と カラー を 同時に。 縮毛矯正とカラーは同時に出来る!?

縮毛矯正の2液(2剤)の代わりにカラー剤は大丈夫?

縮 毛 矯正 と カラー を 同時に

もくじ• 縮毛矯正とカラー 私も縮毛矯正とカラーの、両方をしています。 でも、いつも 別の日にやってもらってました。 縮毛矯正をかけるのって、3時間くらいかかるし、 カラーで2時間? 計5時間も拘束される?! そんな長時間、座ってるのも疲れそうだし、 イケメンとの対応も シンドイ(そこか?) だので、縮毛矯正をかけた翌週に、 カラーリングしてもらってますよ。 でも、確かに2度も美容室に行くの、 面倒です。 縮毛矯正とカラーの、同時施術は、 すすめてないお店が多いらしい。 その理由は?? 同時は可能か いつも通っている、 縮毛矯正専門の美容室で、 チャレンジJOY。 カラーも同時でOK? 「あ、今日はカラーも同時ですね。 了解です~」 あれ、縮毛矯正とカラーって、同時にやると、 良くないんじゃない?髪の毛が 傷むんじゃない? 「傷みやすいですけどねー、でもトリートメントするし、 ある程度は補修できますよぅ」 ある程度?どの程度?ギリギリいけてるレベル? そんな答えじゃ、ぜんぜんわかりませーん! 詳しく聞くと…、 縮毛矯正とカラーを、同時に行うのは 望ましくない。 縮毛矯正の薬剤を安定させ、 熱してダメージを受けた髪の毛を、 落ち着かせるために、カラーは 1週間以上あける。 これが、通常すすめているやり方だって。 「どうしても同時にお願いします!」って、 お客さんも凄く多いから、やってるけど、 ワンランク上の トリートメントも、使うそうです。 ふんふん、やれないこともないんだね。 施術の順番は? イケメン美容師さんは、なんでも丁寧に、 教えてくれますね。 そういうとこに、 女子は、 胸キュン刑事しちゃうんすか。 そんじゃ、同時にやる場合は、どんな順番で、 施術するんですか?縮毛が先? カラーが先?? まずは縮毛矯正 最初に縮毛矯正をしますよー。 カットしてから、 やった方が、 時間かからなそうだけど? 縮毛矯正をかけると、毛先のダメージが、 目立つようになります。 縮毛矯正を かけた状態で、どれくらいの、 長さになるか、やってみないとかんないし。 そんな理由から、先に縮毛矯正するんだって! お次はカット かってぃんぐーです。 綺麗に伸びた髪の毛の、 傷んだ部分をカットしたり、長さを調節。 この時点で、希望のヘアスタイルにしますよ。 ここまで到達するのに、 2時間半はかかってます。 もう帰りたい。 もしも、カラーを先にやってしまうと、 縮毛矯正の薬品が、髪に 浸透しにくくなり、 しっかりと矯正ができないんだって。 っていうか、カラー先の店はナイそうです。 カラーリングの後に、高密度トリートメント。 美容室によっては、縮毛矯正の後にも、 トリートメントをはさむらしい。 計2回ですね。 そんだけ、我々の髪の毛は酷使されんだな! 守ってあげたい!ユーミンも言ってるよ!! すったもんだで、同時施術の完成でーす。 お腹すいたよね、お互いに…。 あ、縮毛矯正をかけながら、カラーリングって、 不可能なんですか??さらに 時間短縮になりそう。 「そんなこと言う人、初めてだよ~」 ダメ口がいちいち気になるぜ。 できないんですね。 イケメン美容師さん、ありがとうございましたー。 どんな髪でもケア次第で、 自慢したくなる美髪に生まれ変われるんですよー! ホットペッパービューティーなら、今週末に予約できる美容室やサロンが多数紹介されています。 縮毛矯正とカラーを、同時に行う時は、 美容室の方で、薬液を選んで使っているそうです。 合法的ってことですね。 ビビッたぜ! 同時にやった感想は、 「長時間座ってられるなら、やってもいいかなぁ?」 ただ、美容室によっては、同時の施術は、 お断りしてるっぽいよ。 美しい髪の毛を守る、 お店側の配慮だと思います。 さて、あなたはどうします?同時にやってみる?.

次の

【保存版】縮毛矯正はカラーの過酸化水素(オキシ)を2液として同じ日に同時に出来る?空けるなら期間や間隔、順番や放置時間とは。髪の毛の痛み(ダメージ)、カラーの明るさや色の発色についても。横浜/鶴ヶ峰/美容室/阿武隈川弘

縮 毛 矯正 と カラー を 同時に

初めての美容院で縮毛矯正をかける。 お店選びは相性もあるので一概には言えませんが、 失敗しない美容院の選び方について、そのコツを4つのポイントにまとめてみました。 よろしければ参考にしてみてください。 縮毛矯正のダメージリスクを深く理解している美容師を選ぶ 縮毛矯正をする時、失敗しない美容院の選び方で1番大切なことは、 縮毛矯正のダメージリスクを深く理解している美容師を選ぶという事です。 髪を傷めてしまうリスクが高い事を理解しているからこそ、出来る限り髪に負担かけずに縮毛矯正をすることができるのだと思います。 これは、現在に至るまで何十回と縮毛矯正をし、失敗も成功も重ねてきた私の持論です。 「傷まない縮毛矯正」などと大々的に宣伝をしている美容院もありますが、逆に不安になってしまいます。 「トリートメント成分が入っているから髪に優しい縮毛矯正」というのを受けて髪がパサパサになりましたw 色々な縮毛矯正を受けてきて髪のダメージを感じなかったのは、 髪の毛へのリスクを詳細に説明している美容院ばかりでした。 「本当に縮毛矯正は奥が深いわ~」私の友人でキャリア22年の美容師の女性はいつも言っていて、いまだに講習会で勉強をしているようです。 縮毛矯正はそれだけ難しい施術なのだと思います。 では、どうやって良い美容師さんを探すか?それが問題です。 下の項で説明してみましたが、時間をかけてリサーチしていくのが1番の近道だと思います。 ホームページやブログ、口コミをチェックする 気になる美容院がある場合は1度ホームページをチェックしてみてください。 メニュー以外に縮毛矯正の詳しい説明や実績、写真などが掲載されていればそこは縮毛矯正に力を入れている美容院だと考えられます。 以前の記事にも書きましたが、縮毛矯正は非常に難しい技術なので自信のあるお店の場合は詳しく載せていることが多いです。 メニュー以外に簡単な説明しか書いてない場合は口コミや美容師のブログもチェックしてみましょう。 縮毛矯正についての口コミやブログ記事がなかったり少ない場合、そのお店は外した方が無難かもしれません。 縮毛矯正が得意な美容院には縮毛矯正のお客様が集まるものです。 切実な悩みだからこそ実力のあるお店に人が集中するのです。 良い美容院を検索で探す方法 美容院選びにメドがつかず、どこに行って良いのかわからない場合は以下のワードで検索してみてください。 すると縮毛矯正に関するお店のブログか美容師のブログが出てくると思います。 色々なブログを見ていると熱意を持って矯正技術を磨いている美容院や美容師に当たるのではないでしょうか?その中から自分に合った美容院をたどり、価格などの情報を手に入れるのも1つの方法です。 色々な症例や考え方が読み取れるので非常に参考になります。 ホットペッパービューティーなどで探す方も多いと思いますが、私はまず上の方法で美容院のメドをつけた後にホットペッパービューティーをチェックします。 掲載されていてお得なクーポンがあればラッキー!ありがたく使わせて頂きます。 最初からホットペッパービューティーで探せば?と思うかもしれませんが、最初から検索するとヒットするお店が多過ぎるためどのお店が良いのか分かりづらいのです。 ホットペッパービューティーは掲載料がかかるためか、お店側は多岐に渡るメニューをおすすめクーポンとして掲載しています。 たくさんの人に来てもらわないと採算が合わなくなるからです。 そのため「その美容院が本当は何が得意なのか」が分かりにくいのです。 使える媒体ではありますが、本気で縮毛矯正技術の高い美容院を探すのには向いていないかもしれません。 人気の店だしカットの腕も間違いないし大丈夫なはず!と根拠のない自信でお願いしたのが間違いでした。 その日はよかったのですが翌日シャンプーをした後のこと。 「あれれ?左右の伸び方が違うーー!」 左側は普通にストレートでしたが右側は大きな波打ちが残り頭皮から5cm位の場所がカクンと折れたような跡があります。 速攻担当美容師に連絡しました。 実は彼(美容師)、私の友人なのです。 私はアパレル勤務のため撮影などでそこそこ有名な美容師との仕事も多く、その流れでプライベートでも店に行くことがあります。 「すまん!!!!!!」 大げさな謝罪後、当然(無料で)修正してもらいましたが、 良く考えてみたらこのお店はカットやカラー、ワックスを使った流行のスタイリングが得意で縮毛矯正の話など聞いたこともありませんでした。 有名店だからと言って深く考えずに私の難しいくせ毛を任せてしまった次第です。 はい、後のまつりでしたw おしゃれ系人気サロンの中には縮毛矯正も含め全てのメニューに対し研修を重ねているようなオールマイティなお店もあるかもしれません。 ただほとんどの美容院にはそれぞれ得意分野があります。 どんなメニューに力を入れているのか、美容院の特徴や考え方を正しく理解してお店を選んでください。

次の

縮毛矯正とカラー、同時施術のススメ。

縮 毛 矯正 と カラー を 同時に

原則、縮毛矯正とブリーチは同時にできません 原則として、ブリーチした髪に縮毛矯正、あるいは縮毛矯正した髪にブリーチ、どちらの順番でも両方の施術を同時に(重ねて)行うことはできません。 ただし、かなりのレアケースとして、もともとの髪質が良く、ハリがあり、キューティクル層の重なりもいい人。 髪がブリーチや縮毛矯正への耐性がある場合など、限られた条件が揃った時にのみ、ブリーチと縮毛矯正の両方を重ねて施術できる場合があります。 縮毛矯正もブリーチも傷みやダメージは最大級なのでNG なぜ、原則として縮毛矯正とブリーチ、両方を同時に(重ねて)できないかといえば、 どちらの施術も美容院の中で最大級に傷みやダメージが大きいヘアメニューであり、ほとんどの髪が両方を合わせた施術ダメージに耐えることができないためです。 ……というのも 「」の中でも紹介しましたが、縮毛矯正は、美容院で行うヘアメニューの中でも髪へダメージが最も大きく、リスクも高い施術の一つです。 またブリーチも、乱暴な言い方をすれば、髪内部を全て破壊しながら髪色を明るくしていく施術であり、縮毛矯正と同様に美容院で行うヘアメニューの中で、最大級に髪への負担が大きい施術です。 当然、この2つの施術を同時に行えば、ほとんどの場合、両方の施術ダメージに耐えることができず、髪が溶けてしまう。 あるいは切れ毛やビビリ毛(薬剤の過剰反応やアイロンによる過度な熱処理によって、著しくコンディションを落としたダメージヘア)になってしまうため、重ねて施術を行うことができません。 縮毛矯正+ブリーチができない、美容師に断られる場合 例えば、過去に縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪のダメージレベルを0(ゼロ)。 ダメージレベル ダメージ レベル 縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪 0 切れ毛やビビリ毛になってしまう状態 100 また、施術ごとに加わるダメージをそれぞれ… 施術ごとに加わるダメージ ダメージ レベル 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 5トーン以下のカラー (地毛の明るさ。 髪色を暗くする場合) +10 6〜7トーンのカラー (地毛より少し明るい) +20 9トーンのカラー (明るすぎず、暗すぎず) +30 12〜13トーンのカラー (ブリーチなしの限界値) +40 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +50 …と仮定します。 この場合、全く傷んでいない髪に、縮毛矯正+カラー(6〜7トーン)であれば…… 施術ごとのダメージレベル ダメージ レベル 縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪 0 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 6〜7トーンのカラー (地毛より少し明るい) +20 合計 =70 ……となり、ダメージレベルの合計は70。 確かに髪への負担やダメージは大きくなりますが、切れ毛やビビリ毛になるダメージレベルの100を超えることはないため、縮毛矯正とカラーの同時施術は可能となります。 一方で、たとえ全く傷んでいない髪であっても、縮毛矯正+ブリーチ(15トーン以上のカラー)であれば…… 施術ごとのダメージレベル ダメージ レベル 縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪 0 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +50 合計 =100 ……となり、ダメージレベルの合計は100。 ほぼ確実に切れ毛やビビリ毛になってしまうため、縮毛矯正+ブリーチはできません。 美容師にも施術を断られてしまいます。 ちなみに縮毛矯正とブリーチ、どっちが傷むの? なお、縮毛矯正とブリーチの施術ダメージは上記のダメージレベルのシミュレーションで紹介した通り、どちらも同程度。 両方とも髪への負担やダメージは最大級に大きく、同じくらい髪が傷むヘアメメニューです。 施術ごとに加わるダメージ ダメージ レベル 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +50 市販・セルフで縮毛矯正やブリーチは絶対にダメです また、当然ですが市販・セルフで縮毛矯正やブリーチは絶対にNGです。 縮毛矯正やブリーチはキャリアがあって経験値が高いプロの美容師であっても、デリケートな作業が求められる施術です。 当然、それだけ難易度やリスクも高いヘアメニューを一般のお客さんが市販の薬剤を購入してセルフで行うのは、美容師からするとあり得ないやり方。 どちらか一方、あるいはその両方をセルフで行った場合、薬剤の過剰反応で髪が溶けてしまったり、取り返しのつかないダメージが残ってしまうリスクの高くなるため注意が必要です。 レアケースとして縮毛矯正とブリーチができる場合がある レアケースではありますが、もともとの髪質が良く、ハリがあり、キューティクル層の重なりもいい人。 髪が縮毛矯正やブリーチへの耐性がある場合は、両方を重ねて施術できる場合があります。 例えば、先ほどのダメージレベルのシミュレーションで言えば、通常、施術ごとに加わるダメージがそれぞれ…… (通常)施術ごとに加わるダメージ ダメージ レベル 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +50 ……に対して、縮毛矯正やブリーチへのダメージ耐性がある人は、それぞれ…… (耐性ある人)施術ごとに加わるダメージ ダメージ レベル 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +30 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +30 ……といった具合に、同じ施術でも加わるダメージが少なくなります。 この場合、全く傷んでいない髪に縮毛矯正+ブリーチ(15トーン以上のカラー)であれば…… (耐性ある人)施術ごとのダメージレベル ダメージ レベル 縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪 0 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +30 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +30 合計 =60 ……となり、ダメージレベルの合計は60。 確かに髪への負担やダメージは大きくなりますが、切れ毛やビビリ毛になるダメージレベルの100を超えることはないため、縮毛矯正とブリーチを同時に(重ねて)施術することが可能となります。 ただし、これはあくまでレアケースであり、限られた条件が揃った時にのみできる施術であることを、ご理解下さい。 その後、時間をおいてからブリーチするやり方が基本です。 また、仮に条件が揃って施術できる場合も「万一失敗してもクレームはしません」と誓約書を事前に書くことを条件にする美容院も少なくありません。 ……というのも、髪の毛はダメージすればするほど、カラーの品質(クオリティ)は落ちやすく、狙った色味をキレイに出すことや、色落ちを避けることが難しくなります。 あまりに短い間隔で縮毛矯正とブリーチをやってしまえば、狙える色味やトーン(明るさ)にも、ある程度の制限が出てきてしまいます。 そのため、理想を言えば、縮毛矯正とブリーチは別日で、できれば1週間〜10日ほど空けて行って頂くことで、ヘアメニューとしての品質(クオリティ)低下を最小限に抑えて施術を行うことができます。 もちろん、縮毛矯正から1ヶ月〜2ヶ月後、あるいは半年程度が経過している場合、条件さえ揃っていれば、両方を重ねて施術することができます。 縮毛矯正+ブリーチのよくあるご質問 Q. ブリーチでハイライトやメッシュ+縮毛矯正はできる? 答えこれも通常の縮毛矯正+ブリーチと同じ考え方で、原則として、ブリーチでハイライトやメッシュを入れた髪に縮毛矯正、あるいは縮毛矯正した髪にブリーチでハイライトやメッシュを入れる場合、どちらの順番でも両方の施術を同時に(重ねて)行うことはできません。 施術ができるのは、あくまで髪がブリーチや縮毛矯正への耐性がある場合など、条件が揃った場合のみに限られます。 特に、もともとの髪が細い方など、耐性が無い方の場合、両方の施術を重ねたハイライト部分だけがビビリ毛になる可能性が高くなるため、注意が必要です。 なお、縮毛矯正後にハイライトを入れたい場合、ブリーチほどの明るさや際立たせたハイライトを入れることはできませんが、通常のおしゃれ染め(ファッションカラー)や、ブリーチほどの強さは無いライトナーといった薬剤を用いて、ダメージやリスクを抑えつつ、ハイライトやメッシュを入れていく選択肢もあります。 ブリーチ+黒染め後に縮毛矯正はかけられる? 答えブリーチ後、黒染めしている髪はトーンも暗くなり、一見すると健康毛に見えがちですが、ブリーチの履歴が残っていることに変わりは無いため、やはり原則として、ブリーチ+黒染め後の髪に縮毛矯正をかけることはできません。 また、仮に髪に耐性がある方で重ねて施術ができる場合も、ブリーチ+黒染め後に縮毛矯正をかけると、縮毛矯正の薬剤で黒染めが落ち、色味もかなり明るく戻ってしまうため注意が必要です。 実際、髪全体をブリーチで明るくした後に黒染めでトーンダウンさせ、その後、縮毛矯正をリタッチで行った場合、縮毛矯正の施術で使う1剤(髪を柔らかくする薬剤)をつけた時点で一気に黒染めの色が落ちてしまい、リタッチ部分だけが明るく、逆プリン状態になってしまうことも多々あるため注意が必要です。 ブリーチ+縮毛矯正のリタッチはできる? 答え原則、重ねての施術がNGとなるブリーチと縮毛矯正ですが、新しく生えてきた根元部分のリタッチで両方が重ならない場合は、施術できる可能性があります。 ただし、この場合も、過去にブリーチや縮毛矯正の履歴がある箇所と重なってしまえば、その部分だけがビビリ毛になってしまうリスクが高くなるため、カウンセリングの際に美容師に過去の履歴をしっかりと伝え、両方の施術が重ならないよう、最大限の配慮をしてもらうことが重要です。 縮毛矯正+ブリーチ後のヘアケア、トリートメントは? 答え縮毛矯正+ブリーチ後のケアは、通常のブリーチ毛と同様に、いわゆるムラシャンやムラサキシャンプーと呼ばれる色味が入ったシャンプーを使うことで、ブリーチ特有の黄色みを抑え、色持ちを良くすることができます。 また、ムラサキシャンプーに限らず、高品質なシャンプー・トリートメントを使うことも非常に重要です。 下記の記事の中で、髪のプロが普段から愛用している高品質なシャンプーを紹介しています。 参考にしてみて下さい。 「」 Q. 縮毛矯正+ブリーチで失敗。 チリチリのビビリ毛対策は? 答え下記の記事で失敗後の対策について詳しく紹介しています。 ぜひ、参考にしてみて下さい。 「」 Q. 縮毛矯正後にブリーチすると縮毛矯正はとれてしまう? 答え縮毛矯正もブリーチも、髪の形を大きく変える施術であるため、一度、施術を行った部分に関してはカットして無くなるまで影響が残り続けます。 そのため、縮毛矯正後にブリーチしても、縮毛矯正がとれてしまうことはありません。 ただし、縮毛矯正+ブリーチを重ねてしまうことで、髪がビビリ毛になってしまうリスクが大きくなるため注意が必要です。 縮毛矯正後に毛先だけブリーチできますか? 答え縮毛矯正の履歴が残っている以上、やはり原則として毛先だけでもブリーチを入れることはできません。 髪が両方のダメージに耐えられない場合は、ブリーチを入れた毛先だけビビリ毛になってしまうため注意が必要です。 なお、髪が耐性がある場合など、限られた条件が整った場合のみ、縮毛矯正後に毛先だけブリーチを入れることができます。 縮毛矯正+ブリーチ+パーマはできますか? 答え縮毛矯正+ブリーチ+パーマという3つを重ねての施術は誰であってもできません。 縮毛矯正もブリーチも、それ単体で最大級にダメージがかなり大きな施術であり、ほとんどの場合、両方の施術を重ねて行うことができません。 当然、そこに3つ目の施術としてパーマをあててしまえば、まず間違いなく髪は施術ダメージに耐えきれず、溶けてしまったり、チリチリのビビリ毛になってしまうため注意が必要です。 なお、下記の「」という記事の中で、 縮毛矯正の基礎知識や絶対にやってはダメなことを詳しく紹介しています。 ぜひ参考にしてみて下さい。

次の