乙女 ゲーム の 破滅 フラグ しか ない 悪役 令嬢 に 転生 し て しまっ た 漫画。 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 1【イラスト特典付】 (ZERO

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 1【イラスト特典付】 (ZERO

乙女 ゲーム の 破滅 フラグ しか ない 悪役 令嬢 に 転生 し て しまっ た 漫画

最近注目度が高まっている「悪役令嬢」というジャンルをご存知でしょうか? 乙女ゲームや少女漫画の世界に、 女性主人公がヒロインではなく悪役キャラとして転生することから始まるのが大きな特徴。 多くの場合、「悪役」に必須の破滅フラグを、前世の記憶を利用して回避していくストーリーになっています。 近年人気の「転生」漫画の女性主人公版と考えるとわかりやすいかもしれませんね。 実はこの悪役令嬢漫画は、たくさんの魅力が詰まったお宝ジャンル。 まず、ほとんどの場合、作品の舞台はヨーロッパ風の華麗な異国の地なので、キャラクターも麗しいお姫様やイケメン王子様ばかり。 さらに、胸がキュンキュンするラブストーリーや悪役令嬢の爽快な頭脳プレーなど、見どころはザックザク。 「転生して破滅フラグを回避する」という大きな流れは共通していますが、キャラクターの魅力や作画の美しさ、意表を突く展開など、こだわりのディティールからお気に入りの作品を探してみてくださいね。 また、リンク先の電子書籍ストアBookLive! では、 を差し上げています。 気になった作品を見つけた方はご利用ください。 『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』 「悪役令嬢」ジャンル初心者の方は、同名ライトノベルをコミカライズした本作からチェックを。 展開が丁寧なのにテンポがよく、個性的なキャラクターが揃っていて、「悪役令嬢」ジャンルにおける王道ストーリーでありながらユニークな展開が楽しめます。 8歳の伯爵令嬢、カタリナ・クラエスは、頭をケガした拍子に自分の前世が交通事故で命を落とした女子高生であったことを思い出します。 転生先は乙女ゲーム「FORTUNE LOVER」の世界、しかもポジションはゲームのヒロインのライバルとなる悪役令嬢。 「理不尽だ! スタッフ許すまじ! 製作会社に乗り込んで文句言ってやりたい! あんたたちも一度カタリナに生まれ変わってみりゃいいのよおおお!」 雄叫びをあげながらも八方塞がりの破滅フラグをどうにか叩き折ろうと、カタリナは前世でゲームをプレイした記憶を頼りに大奮闘。 ゲームのスタート時点である15歳の魔法学園入学までに、剣の腕や魔力を磨き、追放されても食べていけるように農業を学び……と、斜め上の努力をしていきます。 さらに、カタリナが主要キャラたちとの絆を深めたことで、ゲームの設定に大きなズレが発生。 あらゆるイケメンやかわいい女の子がカタリナを好きになってしまう、まさかの逆ハーレム展開に。 破滅フラグはボキボキに折るくせに、恋愛フラグにはちっとも気づかないカタリナが、愛おしくも羨ましい! また、イケメンキャラの活躍イベントをことごとく横取りするカタリナに、女の子キャラがキュンとする百合風の展開もチラリ。 時に悪人ヅラをフルに生かして「悪役令嬢」らしい活躍も見せるのも魅力的です。 小説版の挿絵を担当しているひだかなみ先生がコミカライズを担当しているため、原作ファンも楽しめること間違いなし。 クセ強めの令嬢が大奮闘『転生先が少女漫画の白豚令嬢だった』 主人公は12歳にして体重80kg、ニキビ顔で体臭がきつく、貧乏伯爵家の令嬢であるブリトニー・ハークス。 あまりのデブさと性格の悪さのために婚約を破棄された彼女は、そのショックをきっかけに気づいてしまうのです。 クセ強めの設定にすでに先が気になりますが、面白さはさらにヒートアップ。 前世で漫画の読者だったブリトニーは、このまま悪役令嬢・アンジェラの取り巻きになれば、いずれ自分が処刑されるというオチを知っていました。 バッドエンドを避ける方法はただ一つ、とにかく痩せて、アンジェラの目につかない普通のキャラクターになること。 前世の記憶を取り戻し、性悪キャラでなくなった彼女は、-40kg(!)を目標にダイエットに励むかたわら、体臭改善のための石鹸やシャンプー、コンディショナー開発と、八面六臂の大活躍。 いとこで若きイケメン次期当主のリュゼに時に支えられ、時に脅されながら成長していきます。 領地を豊かにしたいリュゼは、前世の記憶を取り戻す前は大飯食らいで浪費家だったブリトニーを追い出すために「15歳までに婚約者を見つける」という難題を課します。 しかし、転生によって変わり始めたブリトニーの姿に、何かを感じている様子……。 また、ブリトニーとの婚約を破棄したリカルドも、彼女の性格が悪くなってしまった理由を偶然耳にしたことによって、再び彼女への興味を抱き始めます(ツンデレやんちゃ好きはウォーミングアップをお願いします!)。 さらには金髪イケメン・マーロウ王太子まで登場し、波乱とときめきを感じさせる展開に。 果たしてブリトニーは取り巻きルートを回避できるのか? 無事痩せられるのか? 誰とくっつくのか? 今度は何を開発するのか? これらの続きが気になる方は、原作のライトノベルもぜひチェックしてみてくださいね。 『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』 泣かぬ・媚びぬ・言い訳せぬ、理想の(!? )悪役令嬢を求める方にオススメなのがこちら。 乙女ゲーム「聖と魔と乙女のレガリア」の悪役令嬢キャラであるアイリーン・ローレン・ドートリシュが、前世の記憶を利用しながらバッドエンドルート回避に奔走します。 設定は一般的ですが、ユニークなのはバッドエンドの回避方法。 気が強くて頑張り屋のアイリーンは、一途さが仇となってエルメイア皇国皇太子セドリックに婚約破棄されてしまいます。 そこでアイリーンが考えたのは、魔王の生まれ変わりと称されるセドリックの異母兄・クロードへの求婚。 皇位継承権を奪われ、従者や魔物たちと静かに暮らすクロードの穏やかで孤独な生活は、破天荒なアイリーンの登場によりひっくり返ってしまうのです。 頭脳明晰でプライドの高いアイリーンと、その境遇ゆえなかなか素直に人と接することができないクロード。 背景にバラが飛ぶタイプの美貌の魔王が、アイリーンに振り回されながらも、距離を縮めていく様子にキュンとすること必至です。 さらに、ゲームの主人公でありセドリックの新しい恋人・リリアが何か企んでいるようで、この先の展開が否応なしに気になります(正統派ヒロインってあんなに悪い表情するんですね)。 ファンタジックな世界観、イケメンキャラのドSな名ゼリフ、ストレートな胸キュンストーリーと、魅力がたっぷり詰まった今作。 主人公のティアラローズ・ラピス・クラメンティールは、学園の卒業イベント前日に、自分がファンタジー乙女ゲームの世界に転生してしまっていたことに気付きます。 前世の記憶によれば、卒業イべントとはゲームのエンディングを飾るイベント。 しかも、婚約者でラピスラズリ王国第一王子のハルトナイツに婚約破棄され、ゲームの主人公含む大勢の前で国外追放に処せられる「断罪イベント」にほかなりません。 手を打つこともままならならずに、イベント当日を迎えたティアラローズ。 独り戦う彼女を救ったのは、隣の大国・マリンフォレスト国の王太子、アクアスティードだったのでした。 そして始まる、めくるめく溺愛の日々。 悪役令嬢がテーマの作品では、彼女たちが「破滅フラグ」の回収に躍起になる展開が多いのに対し、今作ではアクアスティードに一目惚れされたティアラローズがとにかく愛されます。 頬を染めます。 ハートマークが飛びかいます(そんなアクアスティードがイケメンなのは言うまでもないですよね?)。 そんな2人の蜜月を邪魔するのがゲームの主人公・アカリ。 ティアラローズからハルトナイツを奪っただけでは足りず、アクアスティードをも狙います。 実はアクアスティードは、ティアラローズが前世でプレイすることのなかったゲーム続編でのメインキャラ。 攻略法を知らないティアラローズはどう立ち向かうのか? アクアスティードの心は奪われるのか? 少女漫画を読む時のような、ピュアなドキドキ感が楽しめます。 しかし、バッドエンドを避けるための数々の努力により、次第にゲームのシナリオが変わりはじめ……。 コゼットのほか、ゲオルグやレミアスといったイケメン幼なじみキャラ、そして王太子レオンハルトといった顔面偏差値ぶっちぎりキャラたちが通っています。 流行を生み出し、商会を設立したことにより、チュートリアルキャラから有名な令嬢ポジションまで登り詰めるコゼット。 また、前世の記憶を持つがために、どこかおばちゃんくささが抜けないコゼットのキャラクターも魅力です。 ダイエットシューズを開発したり、ケチャップのシミ取りをしたり、せんべいを手作りしたり……と、とにかく愛らしく、親近感が湧く癒やし系のコゼット。 クールな容貌もあいまって悪役令嬢に仕立てられたアリスティアは、誤解や悲劇が積み重なり、愛するルブリスの目の前で罪人として断首されることに。 「もしまた生まれ変わったとしても 二度とあなたを 愛したり…し…」 と、失意のうちに処刑されてしまいます。 しかし、ふと目を覚ますと、9歳の姿に時が戻っていて……!? 新たな人生を生き直すことを決めたアリスティアは、持ち前の頭脳を生かし、ルブリスとの関わりを避けることで処刑ルートを回避しようと立ち回ります。 2人の運命は変わるのか? 美優とは何者なのか? どっちかっていうと美優の方が悪役じゃないか? 頑張れアリスティア! フルカラーの美麗な絵柄と確立された世界観で、読者をぐいぐい引き込んでくれる作品です。 最後に 一口に「悪役令嬢」といっても、そのタイプは千差万別。 ただし、破滅フラグを回避しようと奮闘する彼女たちが美しく、頭が良く、凛々しい点は共通しています。 中にはゲームの主人公よりも、悪役令嬢の方に共感する人も多いかもしれませんね。 多くの場合、彼女たちの運命には逆境がつきまといます。 それを乗り越えようと頑張る悪役令嬢たちは愛おしく、応援したくなります。 自分も頑張りたい時、勇気が欲しい時に、悪役令嬢漫画を手にとってみてはいかがでしょうか。 その他おすすめの悪役令嬢漫画.

次の

TV アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第 2弾 PV/2020年4月放送開始!

乙女 ゲーム の 破滅 フラグ しか ない 悪役 令嬢 に 転生 し て しまっ た 漫画

redditの反応 430 points 単純な姉さんに緻密な嫌がらせが出来るわけがない。 カタリナ様はとても単純な肩。 このバカにこんな手の込んだ嫌がらせはできない。 カタリナ様にそんな器用さはありません! 彼女のハーレムメンバーはいつもかばってくれる。 redditの反応 287 points カタリナがいい人だから嫌がらせをしないではなく、馬鹿すぎて嫌がらせが出来ないから違う。 この弁護がパーフェクト。 シリウスの事を予想していたのは私以外にもいるよね? 正直、今回の告白で彼のことがもっと好きになった。 ワクワクしてるよ。 redditの反応 16 points OPではっきり言っていた。 シリウス=死亡フラグ redditの反応 Uh oh ついにシリウスがシリアスになった! 彼は退屈な脇役であるには目立ちすぎていたからね。 しかし、邪悪であるとは予想してなかったよ。 シリウスとマリアの対比のシーンが凄く好き。 redditの反応 237 points 戦略もなく。 心理戦もなく。 普通に尋ねるカタリナ。 redditの反応 97 points OK。 思ったより大変なことになった。 redditの反応 88 points マリアはバカリナからBaka熱が伝染してしまったようだ。 1人で会長と対峙するなんて。 MALの反応 ハーレムメンバーをもう一人加えるんだな。 難しいルートになるだろうけど、既に彼のハートに影響を与えてる。 MALの反応 これまでとは違ってずっとシリアスでミステリー調のエピソードだったけど、冷静でもなく賢くもない、相変わらずのカタリナを見れて嬉しい xD カタリナがこの6番目のルートをどう攻略するのか興味がある。 そしてその向こうの真実も…。 引用:reddit, MAL MALスコアは7. 名前のせいで向こうではだいぶネタにされてきた生徒会長ですけど、闇魔法には驚いた人も多そうですね。 シリアス展開を喜ぶ声も結構多い感じ。 しかし、カタリナも会長には結構正統派ヒロインなアプローチをしている錯覚がしますねw.

次の

『海外の反応』乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 第7話「カタリナ危機一髪!」「あの赤いボタンには見覚えがある…」

乙女 ゲーム の 破滅 フラグ しか ない 悪役 令嬢 に 転生 し て しまっ た 漫画

8巻目になるこのシリーズ。 周囲キャラ視点からの描写が入るのは、お約束な展開なんですが。 同じ状況を2度読みすることにはどうしてもなるので、今まではちょっとくどいなという巻も確かにありました。 が、今回はその移り変わりがスムーズで、まったく同じセリフがずーっと出てくる、、という点がかなり減ってます。 このあたりは読みやすくよかったです。 新キャラだけにスポットを当てるのではなく、既存キャラについてもそれぞれ関わりが描かれていて面白かったし。 物語としては、あからさまに「続く」なので、事件がどういう方向性に行くのか?といったあたりは次巻を待ちたいと思います。 ただ、ちょっと気になる描写が。 20代なはずのキャラが、「何十年も前に母が俺を見ていた」とは回想しないのでは? ここで一気に、あれ?この人おじいさんキャラだったっけ?とか、思ってしまいました。 ささいな点かもしれませんが、物語世界に浸っていたのに、いきなりの興ざめです。 漫画から読み始めて、面白かったので原作7巻まで一気に読み進めて8巻も読破 序盤は王宮で開催される他国との交流会に向けて、貴族のマナーや勉強が苦手なカタリナの為に ジオルドがお城で泊まり込みで勉強会をするという提案をして、泊まり込みで勉強会をする事になりますが カタリナに惚れ込んでるキースやメアリなども一緒に勉強会に参加する事になり まぁカタリナと二人っきりにはさせないぞという、いつも通りの腹の探り合い牽制ですねwww 魔法省編に入ってから、メアリやソフィアなどの出番が減ってしまっていたので カタリナとの絡みなどが見れたのは嬉しかったです。 中盤以降は他国との交流会となり、今回表紙イラストの褐色キャラのセザールさんが登場します。 そしてここまでこの作品を読んでいる人はお察しの事でしょうが、無自覚タラシのカタリナがまた ry 終盤はマリアやソラを含めた魔法省のメンバーが、魔力を持つ令嬢が攫われた件で闇の魔法が使われた形跡がある為、交流会に潜入捜査をしているのですがマリアがピンチに陥り、又してもカタリナが ry そんなこんなで交流会は終了し、セザールさんともお別れになりますが、今後もどこかで出番がありそうです。 今回は、前巻で手に入れた闇の契約の書についてあまり進展がありませんでしたが 次巻から本格的に、4巻から登場していて未だに謎の多い闇の魔法を使う人物サラなどの 根本的な謎の部分に入って行きそうです。 アニメ化も決定していますし、9巻も楽しみです。 アニメ版をたまたま観たら結構面白かったので原作一気読みしました。 シリーズ最初の方の巻ではセクションごとに他の登場人物視点の切り替えが入るのが、同じシーンを2度読まなければならないのがくどいように思えましたが、巻が進むごとにそれが改善され、また文章自体も読みやすくなりました。 日常的なエピソードも多いためか、ストーリーの進みはまだ遅い気がしますが。 ゲームED迎えた後はただのファンタジーになってしまうなら乙女ゲームの世界という設定が生かされてなくてつまらないな…と思ってたら、ゲームの続編新作が出たという展開で、主人公もヒントはもらえるもののほぼネタバレしてない状態なので、なんだかんだ言いながらも今後の展開が楽しみです。

次の