真 黄門 ちゃ ま。 CR 黄門ちゃま 神盛 パチンコ ボーダー スペック 解析 保留 信頼度 予告 演出 潜伏 まとめ

P真・黄門ちゃま

真 黄門 ちゃ ま

1994年に発表され大ヒットを記録した『CR・黄門ちゃま2』の後継機。 2002年、07年、12年と発表されてきたシリーズ機第5弾。 V確変タイプのST機で、通常時は突入率11%、電サポ時は突入率100%でST55回。 (電サポは50回転まで)となる。 ST継続率は約90. 通常大当たり後は50回の時短が付く。 時短引き戻し率は約39. ゲーム性としては50回転の電サポ中に大当たりすることが肝要。 右打ち中に発動する業界初の「ゴチ装置」、ド派手に動き大当たりの多くに絡む多数のギミック、ST継続率90%超などが特徴。 潜確当たりや小当たりなどは搭載していないが、突時を搭載。 STは55回だが、電サポは50回転までなので潜確状態になることがある。 大当たりの詳細な内訳は以下のとおり。 通り道に玉を左右に振り分ける装置があり、右に3個流れると左に1個という動きを繰り返す。 ゴチポケット総入賞数は液晶右下に表示される。 液晶上部から降下する巨大ロゴ、その裏から飛び出す巨大宝船、下部から上昇したり回って開いて光る印籠、左側から出現する風車の各ギミックを搭載。 大当たり中、電サポ中は右打ちする。 大当たりラウンド中の一部でバトル演出となる。 盤面右側の「関所」がミニアタッカー状の電チュー、その下の「開運桜街道」左の黄色いスライド状のモノがVアタッカー(6個賞球で3カウント)、盤面右下の「千両箱」部分がスライド状のメインアタッカー(13個賞球で4カウント)。 注目の大チャンス予告は疾風迅雷ゾーン、黄門懲悪予告、次回予告、勧善懲悪予告。 疾風迅雷ゾーン 先読みゾーン最強で大いに期待できる。 兆し予告 「兆」の文字が揃う先読み予告。 心音予告 ドクンッドクンッと心音が響く先読み予告。 葵紋連続予告 液晶左側の風車ギミックも飛び出る疑似連続予告。 助格共闘連続予告 助さんと格さんがまだまだ~! と共闘する。 御一行連撃予告 千連撃、そして超連撃を目指せ! 扇子ステップアップ予告 センスの中にキャラクターが次々に出現する。 お銀のドキドキスイカ割り予告 スイカを割れたら御紋チャンスへ!? 収穫予告 八兵衛が収穫のときを告げる。 襖変化予告 襖の柄に注目だ。 お銀入浴予告 お銀の入浴シーンが!「チャンスよ」とか「あっつ~い!」など。 喝フラッシュ予告 か~つ! 黄門ちゃまの顔がフラッシュする。 印籠チャンス予告 ボタンを連打して突破すればよりアツいリーチに発展する!? 次回予告 注目の大チャンス予告で、発展リーチを示唆する。 勧善懲悪予告 リーチ後に出現することで信頼度を高めるアツい予告。 ここまでがキャラ系リーチ。 まずはどの妖怪が出るかがポイント。 河童は弱め。 水使いの悪魔・河童が活躍する。 激アツだ。 「カッカッカッカッ!! 」で大当たり。 その確率は通常時大当たりの11%のみ。 世直しRUSH中は大当たり(実質5R確変)=世直しRUSH再突入。 STは55回だが、電サポ=世直しRUSHは50回転まで。 右打ち。 世直しRUSH終了後は「大もののけモード」へ移行する。 九尾チャンス 通常時大当たりの89%(77%は実質6R通常の世直しボーナスから、12%は九尾バトル敗北から)で突入する時短中のモード。 50回転にわたって電サポが働くので右打ちする。 50回転で当たる確率は約39. 九尾チャンス中に当たれば必ず世直しRUSHに突入する。 電サポ終了後は「もののけモード」へ。 超寿ボーナス 通常時は全大当たりの5%、電サポ中は100%の割合で(実質)5R確変大当たりとなる。 それが超寿ボーナスで、右打ちしていれば難なく入るV入賞を経て世直しRUSHに突入する。 確変&ラウンド昇格 大当たり直後に昇格するチャンスがある。 出典:パチンコビレッジ•

次の

CR 黄門ちゃま 神盛 パチンコ ボーダー スペック 解析 保留 信頼度 予告 演出 潜伏 まとめ

真 黄門 ちゃ ま

1994年に発表された伝説の名機『CR黄門ちゃま2』を彷彿とさせる2回ループを特集。 初当たりの期待感を「勧善懲悪」に集約させたリーチや、赤図柄大当たり=「プラス2回」が近づくポイントを解析数値付きで詳解していこう。 通常時予告解析 通常時主要予告演出 演出パターン 信頼度 保留変化予告 色変化 赤保留 約63. 約46. 約85. 約61. 約73. 約84. 約80. 約89. 色は赤でも信頼度は約63. 4%と激アツで、金色に変われば約91. 3%と灼熱必至!! また、アイコンが「だんご」に変わった場合は文字に、「風車」の場合は炎付きか否かを要チェック! 疾風激雷ZONE リアル弥七が夜の街を疾走する先読み演出。 突入時に点灯している保留内で激アツの展開が待ち受ける! 次回予告 変動中に発生する可能性があり、イメージカットが流れた後に発展先を告知。 発生時点で特大チャンスだが、タイトルが金文字ならさらにアツい! 日本漫遊ノ刻 リーチ後のボタン演出などから発生。 勧善懲悪アタックが濃厚となるだけに高信頼度を誇る。 群予告 八兵衛と弥七の2パターンがある。 ミニキャラVer. とデカキャラVer. が存在し、後者ならチャンスアップだ。 ちなみに悪人リーチやキャラリーチといった弱SP中の出現が基本だが、勧善懲悪リーチ中に乱入したり、1変動で2回出現すれば大当たり濃厚だ。 お銀入浴予告 発生タイミングはヘソ入賞時とノーマルリーチ後の2パターンがあり、前者のほうが若干アツい。 お銀のセリフで期待度が変化するのが特徴だ。 大家紋ギミック発動 液晶画面中央で大家紋が形成されるインパクトも期待度も特大の演出。 勧善懲悪アタック発生が濃厚となる重要予告だ。 通常時リーチ解析 通常時主要リーチ演出 演出パターン 信頼度 勧善懲悪リーチ 赤月に輝く双璧 タイトル デフォルト 約27. 5% ドデ家紋チャレンジ 約22. 8% キャラリーチ 助さん、格さん、お銀、黄門ちゃまの全4種類があり、直当たりというよりは、勧善懲悪アタックへの架け橋的な役割を担う。 ボタンを駆使して演出成功を祈ろう。 勧善懲悪リーチ 初当たりのほとんどがここから発生する。 全5種類あり、とりわけリアル黄門ちゃまが登場する「天を衝く浄化の閃光」と、『CRラブ嬢』チックな演出が展開される「お銀デート」は頭一つ抜けてアツい! 「お銀デート」以外は、タイトルやセリフの文字色、カットインの有無及び背景色が赤や金に変わればチャンスアップだ。 「あと2回」を掴み取れ! 黄門祭り解析 時短1回転+残保留1回転で2回の大当たりが約束される。 「初代モード」と「お祭りモード」、2種類の演出モードのいずれかを選択し、赤図柄揃い=「あと2回」の大当たりを目指す。 ちなみに突入時の平均連チャン回数は約4. 72回となっている。 初代モード 初代『CR黄門ちゃま2』の効果音&演出で展開される。 ちなみに印籠や招き猫といった絵柄は赤図柄扱いなので、リーチがかかったら大当たりを切に願おう。 初代モード中リーチ演出 演出パターン 信頼度 緑図柄揃い回避率 ノーマルリーチ 約2. ただし赤図柄昇格期待度は低いので、緑図柄テンパイ時はハズレに期待したいところだ。 弥七リーチ 弥七が右図柄に風車を一閃! 信頼度も赤図柄への昇格期待度も高い演出だ。 お祭りモード 賑やかな演出を楽しめるモード。 赤or緑図柄を誘発するSPリーチがそれぞれ存在する。 和太鼓リーチ お祭りモード中リーチ演出 演出パターン 信頼度 緑図柄揃い回避率 ロングリーチ 緑図柄系リーチ — 約28. 全3種類あり、和太鼓<金魚すくい<特大花火の順に期待できる。 緑図柄系リーチ 3種類あるが、いずれもハズレに期待したいところ。 2回連続で緑図柄大当たりを引いてしまうと「黄門祭り」終了となる。 (C)C. L/2020.

次の

P真・黄門ちゃま

真 黄門 ちゃ ま

ST128回転 SUPER神盛RUSHは主に勧善懲悪ボーナス後や世直しボーナス中の麻呂バトル勝利時から突入。 実質1R・出玉約140個 or 16R・出玉約2240個 右打ち中は「Wゴチ」で出玉増加の期待も膨らむ!? 「Wゴチ」に入賞する度に 賞球が払い出される!! その他3リーチの信頼度はST中ならほぼ横並 びだが、時短中においては真印籠翔天チャンスが若干アツい傾向にある。 5 キャラ系の最上位リーチ。 「こ の紋所が目に入らぬかっ」に続く 一撃で印籠役モノとちゃまロゴギ ミックが合体すれば大当りとなる。 5 印籠役モノ完成で!? 図柄テンパイ後に印籠が飛び出せばキャラ系スーパーへ。 ガセって も「真印籠翔天チャンス」へ発展する可能性がある。 平和キャラが出現 するセルフパロディ演出も多彩で、これらが出れば16R大当り確定! 選 んだ演出で2400発獲得を目指 す、単純明快なST中の主要演出。 発生時点で3Rを否定する 超高期待度アクション ST中に怒髪天ちゃま出現で発生 御一行共闘リーチ リーチ序盤は助さんが1人で無数の敵に立ち向かう御一行リーチ 最大の焦点は仲間参戦人数! お銀参戦が勝利のポイント!! 助格コンビに、お銀と弥七が加わるといった4人共闘で信頼度は最高潮に! 最終ボタンがレバーなら 信頼度2倍アップ 信頼度 2人共闘 約14. CU非発生だと アッサリ負けがちなので、CUがい かに併発するかを期待度の指針に。 信頼度 VSみつき 約58. キャラの組み合わせは多彩で基本的に高信頼度だが、特に劇画 出現パターンの信頼度は最低でも8割と高く設定されている。

次の