花とゆめ アニメ化。 白泉社 少女マンガ原作アニメ特集

白泉社『花とゆめ』40周年イベント開催 杉田智和、前野智昭ら出演

花とゆめ アニメ化

1974年に創刊した少女マンガ雑誌『花とゆめ』。 個性的で読みごたえのある作品が多く、大人になった今でも読み返したくなる作品がそろっています。 そこで今回は、働く女子に「名作だと思う『花とゆめ』に掲載されていた作品」について聞いてみました。 』……1. いつ完結するのか友人とよく話してる」(25歳/その他) ・「ストーリが深い」(24歳/専門サービス/事務系専門職) ・「舞台などで長年愛されている作品」(28歳/情報・IT/営業職) 1位は羅川真里茂さんによる『赤ちゃんと僕』でした! 1991年から1997年まで『花とゆめ』に連載、アニメ化までされた人気作です。 主人公の拓也が、事故で亡くなった母親の代わりに幼い弟の育児に奮闘する姿や、兄弟がお互いを思いやる姿に涙した人もいるのでは? 「今読んだら、親目線で読んでしまい号泣しそう」といった声も寄せられています。 2位は『花ざかりの君たちへ』がランクイン。 作者は中条比紗也さんで、1996年から2004年に連載されたあと、2度もドラマ化されている大ヒット作です。 小栗旬さんや生田斗真さんら、当時の若手イケメン俳優が勢ぞろいしたドラマは話題になりましたね。 3位は美内すずえさんの超ロングセラー作品『ガラスの仮面』。 1975年発売の1976年1号から1997年まで『花とゆめ』で連載した後、現在は『別冊 花とゆめ』に発表の場を移しています。 アニメ化やテレビドラマ化のほか、舞台でも多くのファンを引きつけています。 2012年の49巻発売から、そろそろ3年。 主人公・北島マヤと姫川亜弓の対決はどうなるのでしょうか。 「はやく紅天女まで進んで……」と、続きを期待する声も寄せられています。 名作と呼ばれるマンガには、作品や絵柄の時代性など気にならないほど読者を引き込む力があります。 時間を忘れて読みふけってしまいそうですね。 有効回答数170件(22歳~34歳の働く女性)。

次の

高嶺と花は登場人物や番外編のギャグが面白い?アニメ希望の声も!

花とゆめ アニメ化

「花とゆめ」にて連載中の原作コミックの魅力をそのままにアニメ化、2012年秋に放送された人気作品「神様はじめました」。 ミカゲ社の土地神としては、まだまだ未熟な女子高生・桃園奈々生。 巴衛たちとドタバタな毎日を過ごしていたところ、風神・乙比古が毎年全国の神々が出雲に集まって会議を開くという「神議り かむはかり 」の招待状を持ってやってくる。 自信はないけど勇んで出かける奈々生だったが、神議りの主催者・大国主から命じられて死者の世界・黄泉の国の入り口、黄泉比良坂へ行くことに。 そこで成り行きから謎の人物、霧仁を助けようとするが……? 女子高生で土地神になってしまった桃園奈々生が繰り広げるドタバタな日々と、互いに心惹かれる神使の巴衛とのぎこちないラブストーリーをご覧あれ。 亡国の姫が建国神話に伝わる龍神の血を引く四龍の戦士を求めて旅する、「花とゆめ」にて連載中の大河ファンタジー。 古代アジアをモチーフにした独特の雰囲気とヒロイン・ヨナの強く生きようとする物語が共感を呼び、多くのファンの支持を集めている。 そこでは王の他には世継ぎの王子も世継ぎを産むお妃も無く、ただ齢15の王女・ヨナが、大切に大切に育てられていた。 そして迎えた16歳の誕生日。 武器を厭う心優しい父王・イル、幼馴染で護衛のハクや、ヨナが想いを寄せていた従兄のスウォンと共に、幸せな一日を過ごすはずだった。 宴の夜、スウォンとの婚姻を反対するイルに、ヨナは自分の気持ちを伝えに行く。 しかしイルの部屋で彼女が見たのは、王を刀で貫くスウォンの姿だった……! 「LaLa」誌上にて1996年から2005年まで連載された作品。 幼いころからずっと優等生を演じていた高校生の主人公ふたりがいつしか惹かれあい、恋に落ちて己のすべてをさらけ出すとともに、心の奥底に封じていたものと自ら対峙して克服していく物語。 高校生の心を深く穿つドラマが多くのファンの共感を呼んだ。 アニメ化にあたっては「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が監督を担当、ストーリー的には原作を踏襲しつつアニメーションならではの特徴的な演出技法を駆使した映像を作り上げている。 特にこれは先に挙げた高校生の心理描写の部分で効果を発揮しているが、日常芝居のシーンでも独特の映像を使用することで作品世界へ視聴者を引き込むのに成功している。 1998年から2006年にかけて「花とゆめ」誌上にて連載され、圧倒的な人気を博した作品が原作のアニメシリーズ。 作者いわく、お茶の間ほのぼの系コミカル学園ラヴラヴちょっと不思議付き物語。 コミカルな雰囲気ではあるが登場人物の真摯な想いを正面から描き、読者の共感を呼んだ。 物語は、わけあってテントで一人暮らし中だった女子高生・本田透が、ひょんなことから同級生の男の子・草摩由希の家に住み込むことになった時から始まる。 全校女子のアイドル由希と保護者役の草摩紫呉との生活は、一見ごく普通の家庭のように見えた。 だが草摩家の人々には重大なヒミツが隠されていた。 なんと彼らは異性に抱きつかれると、十二支プラス猫に変身してしまう憑き物の呪いがかけられていたのだ! いま透と不思議な憑き物を背負った人々との、楽しくともさまざまな想いを秘めた生活が始まった。

次の

『花とゆめ』マンガParkで20日より定期購読開始

花とゆめ アニメ化

Sponsored Link 『高嶺と花』ってどんな作品? 『高嶺と花』(たかねとはな)は、師走ゆきによる日本の漫画作品。 『花とゆめ』(白泉社)2014年13号に読切作品として掲載後、2回の読切を経て『花とゆめ』2015年2号より連載。 単行本は2017年11月20日現在既刊9巻。 日本出版販売が主催する「全国書店員が選んだおすすめコミック2016」にて9位。 2016年、ダ・ヴィンチとniconicoが主催する第2回「次にくるマンガ大賞」にて、コミックス部門で15位。 あらすじ 姉が拒否したために代わりにお見合いをすることになった女子高生の 野々村花。 見合い相手は父親の勤め先である鷹羽財閥の御曹司・ 才原高嶺。 高嶺の横柄な態度に堪忍袋の緒が切れた花は、鬘を投げつけその場を立ち去ってしまう。 破談になると思っていたが「お前のことが気に入った!」と高嶺に言われ、連れ回される日々に。 大人げない態度にムカついたり、イライラさせられる花でしたが、意外に純情だったり自分の事をちゃんと見てくれる高嶺に会うことが楽しみなる花。 Sponsored Link 高嶺と花は登場人物や番外編のギャグが面白い? 高嶺と花はストーリーも面白いですが、番外編の4コマ漫画が面白いと評判! 高嶺と花の間に三つ子がいる設定は面白い! 子供たちの口癖が高嶺そのもの! 1番初めに覚えた言葉が「しょみん!」 そして、高い所に上りたがる。 知らないうちに子供だけでなく、花も高嶺に似てくるところがまた面白い。 そして高嶺が4コマ漫画で低嶺(ひくね)さんとして登場! プライドを傷つけられた高嶺がショックで身長が縮まって、4頭身になってしまう。 低嶺(ひくね)さんは花に関することでへこんだり傷ついたときに出現するキャラクターだそうです。 だから、花に褒められたり、おだてられると元に戻ります。 へこみ具合で、何日も戻らない場合も! サイン会でも低嶺(ひくね)さんは大人気で、師走先生も予想以上の人気に驚いたそうです。 アニメ希望の声.

次の