新型 コロナ ウイルス。 北九州市内の状況(新型コロナウイルス)

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

新型 コロナ ウイルス

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19、以下、新型コロナ感染症)の感染拡大が止まらない。 このウイルス、いったいどれくらいの時間、環境中に残存し続けるのだろうか(ウイルスは「半生物」なので生存ではなく残存を使った。 接触感染からの経路とは によれば、新型コロナウイルスの感染の経路は、大きく飛沫感染と接触感染が考えられるとしている。 飛沫感染は、感染者の飛沫(くしゃみ、咳、唾液など)と一緒にウイルスが放出され、それを感染者以外の人が口や鼻から吸い込むことで感染する。 これが、感染者との接触を防ぐために可能な限り外出を控え、いわゆる「3密」を避けることが感染予防のために重要とされている理由だ。 接触感染というのは、感染者がくしゃみや咳をした後、ウイルスが付着した手で周りの物に触れることで感染者のウイルスがそうした物質に移る。 感染者以外の人がそれらの物質に触れることで、ウイルスが手に付着し、感染者に接触しなくても物質を介して感染する。 その物質とは、例えば電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、エレベーターのスイッチ、スマートフォン、メガネ、紙幣や硬貨などだ。 新型コロナ感染症の感染予防のためには、こうした感染者から物質を介して自分の手に付着したウイルスを体内へ取り込まないため、外出して帰宅したらまず入念な手洗いをすることが重要とされている。 では、つり革、ドアノブ、手すり、スイッチ、スマートフォン、メガネ、紙幣や硬貨といった物質の表面に、新型コロナウイルスはどれくらいの時間、残存し続けているのだろうか。 これは、米国の国立アレルギー・感染症研究所などの研究グループが、新型コロナウイルスを2002年11月から流行したSARS(Severe Acute Respiratory Syndrome、重症急性呼吸器症候群)のウイルス(SARS-CoV-1)と比較した調査研究だ。 同研究グループは、2つのウイルスをエアロゾル(Aerosol、ウイルスが含まれる空気中に浮遊する微小な粒子)、プラスチック、ステンレス、銅、段ボールの5つの環境下で比較し、どれくらいウイルスが残存していたかを調べた。 その結果、新型コロナウイルスはSARSウイルスと同様、エアロゾルでは3時間、残存していたことがわかった。 また、これもまたSARSウイルスと同じように新型コロナウイルスは、銅と段ボールよりステンレスとプラスチックの表面上で長く残存していたという。 銅では4~8時間で、また段ボールでは24時間後に残存が確認されなくなったのに比べ、感染力は低下したものの、ステンレスで48時間(2日間)後、プラスチックで72時間(3日間)後まで残存していた。 銅の表面ではSARSウイルスのほうが長く残存できるようだが(4時間:8時間)、段ボールでは逆に新型コロナウイルスのほうが残存時間が長かったという(24時間:8時間)。 さらに、感染力が半減するのは、ステンレスの上で約5. 6時間、プラスチックの上で6. 8時間だった。 つまり、新型コロナウイルスは、感染力が低下するものの、少なくともプラスチックの上では72時間(3日間)、物質上で残存できることになる。 新型コロナウイルスがエアロゾル状態、物質表面でどれくらいの時間、残存しているかを示したグラフ。 Via:Myndi G. Holbrokk, et al. , "Aerosol and Surface Stability of SARS-CoV-2 as Compared with SARS-CoV-1. " The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE, 2020の数値より画像制作:Yahoo! JAPAN ただ、新型コロナウイルスについては、まだ研究が始められたばかりで、どれくらいの時間、環境中に残存しているのか、はっきりとはわかっていない。 この研究グループによる実験では、ほぼSARSウイルスと同じ程度の感染力を示していることがわかったということになる。 上記で紹介した実験では、プラスチックの上で少なくとも72時間(3日間)は新型コロナウイルスが残存していたという結果が出ていたが、同じコロナウイルスの仲間のしぶとさを考えれば1週間以上は要注意とすべきだろう。 布や紙などの多孔質から滑らかな表面のステンレスやプラスチックまで、様々な物質表面の新型コロナウイルスの最大残存期間(下の黄色円内)Via:G Kampf, et al. , "Persistence of coronaviruses on inanimate surfaces and their inactivation with biocidal agents. " The Journal of Hospital Infection, 2020によるHades Fathizadeh, et al. , "Protection and disinfection policies ageinst SARS-CoV-2 COVID-19). また、感染者の新型コロナウイルスが最も多く物質の表面に付着するのは、発症して最初の1週間(66. では、温度や湿度の影響はどうだろう。 では、新型コロナウイルスが物質表面に付着していた場合、どのように除去・除菌すべきだろうか。 新型コロナウイルスの外膜は、エンベロープという脂質によって構成されている。 脂質、つまり油脂なので、フライパンの油汚れを洗剤(石けん)、つまり油で落とすように、手指など肌(肌荒れやアレルギー反応に注意)には新型コロナウイルスは消毒用エタノール(約80%)や石けん、物質の表面には次亜塩素酸ナトリウム(空間除菌にはエビデンスなし)などで不活性化できる。 60日間以上生存する細菌も 以下は余談ながら、細菌やウイルスなどの病原菌が、どれくらい環境中に残存するかについての研究を紹介する。 ウイルスの残存条件は、温度や湿度、汚染された物質の表面の種類などの環境に左右され、ウイルスの種類によって乾燥に対する耐性にも違いがあるようだ。 このように新型コロナウイルスは、プラスチックのような滑らかな物質の表面では最長9日間、残存する危険性がある。 また、ステンレスでも長期の残存が考えられる。 我々の周囲をよく見回してみよう。 プラスチックやステンレスがいかに多いか、驚かされる。 電車のつり革や手すり、ドアノブ、エスカレーターの手すり、エレベーターのボタンなどには極力、触らないようにし、スマートフォン、メガネはしっかり除菌したい。 そして、手指についたウイルスを除去するため、小まめに手洗いをすることが改めて重要ということがわかったと思う。 【この記事は、Yahoo! Holbrokk, et al. , "Aerosol and Surface Stability of SARS-CoV-2 as Compared with SARS-CoV-1. " The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE, DOI: 10. , "A pneumonia outbreak associated with a new coronavirus of probable bat origin. " nature, Vol. , "A Novel Coronavirus from Patients with Pneumonia in China, 2019. " The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE, DOI: 10. Otter, et al. , ". Transmission of SARS and MERS coronaviruses and influenza virus in healthcare settings: the possible role of dry surface contamination. " Journal of Hospital Infection, Vol. , "Persistence of coronaviruses on inanimate surfaces and their inactivation with biocidal agents. " The Journal of Hospital Infection, doi. jhin. 2020. , "Protection and disinfection policies ageinst SARS-CoV-2 COVID-19). " Le Infezioni in Medicina, n. , "Detection of Air and Surface Contamination by Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 SARS-CoV-2 in Hospital Rooms of Infected Patients. " medRxiv, doi. Chan, et al. , "The Effects of Temperature and Relative Humidity on the Viability of the SARS Coronavirus. " Advances in Virology, doi. Baker, et al. , "Susceptible supply limits the role of climate in the COVID-19. " medRixv, doi. , "Assessment for the sesonality of Covid-19 should focus on ultraviolet radiation and not'warmer days'. " Preprint, DOI: 10. Davis, "Methicillin-resistant Staphylococcus aureus Fomite Survival. " Clinical Laboratory Science, Vol. , "How long do nosocomial pathogens persist on inanimate surfaces? A systematic review. " BMC Infectious Diseases, Vol. , "Survival of Enteric Viruses on Environmental Fomites. " Applied and Environmental Microbiology, Vol. 60, No. , "Paper money and coins as potential vectors of transmissible disease. " Future Microbiology, Vol. " Biomedicine and Biotechnology, Vol. 2, No. , "Survival of Influenza Virus on Banknotes. " Applied and Environmental Microbiology, Vol. 74, No. 」のセンテンスと脚注を追加した。

次の

新型コロナウイルス感染症特別貸付|日本政策金融公庫

新型 コロナ ウイルス

新型コロナウイルス感染症・発生状況・危機管理• [ 2020年06月12日]• [ 2020年06月03日]• [ 2020年06月01日]• [ 2020年05月28日]• [ 2020年05月26日]• [ 2020年05月26日]• [ 2020年05月15日]• [ 2020年05月14日]• [ 2020年05月05日]• [ 2020年04月24日]• [ 2020年04月24日]• [ 2020年04月21日]• [ 2020年04月17日]• [ 2020年04月17日]• [ 2020年04月16日]• [ 2020年04月13日]• [ 2020年04月10日]• [ 2020年04月08日]• [ 2020年04月08日]• [ 2020年03月30日]• [ 2020年03月27日]• [ 2020年03月26日]• [ 2020年03月24日]• [ 2020年03月23日]• [ 2020年03月19日]• [ 2020年03月11日]• [ 2020年02月07日] 暮らし・税金・子育て・福祉・介護等に関するお知らせ• [ 2020年06月01日]• [ 2020年05月29日]• [ 2020年05月14日]• [ 2020年05月01日]• [ 2020年04月24日]• [ 2020年04月10日] 移住・定住・Aターン等に関するお知らせ• [ 2020年06月01日]• [ 2020年04月09日] NPO・県民運動・地域コミュニティに関するお知らせ 観光・文化・スポーツ等に関するお知らせ• [ 2020年06月10日]• [ 2020年06月04日]• [ 2020年06月04日] 農業・畜産業・水産業・林業等に関するお知らせ• [ 2020年06月12日]• [ 2020年06月12日]• [ 2020年05月01日]• [ 2020年05月01日]• [ 2020年04月03日]• [ 2020年03月13日] 産業・商業・雇用等に関するお知らせ• [ 2020年06月11日]• [ 2020年06月11日]• [ 2020年05月27日]• [ 2020年05月01日]• [ 2020年04月21日]• [ 2020年04月14日]• [ 2020年04月14日]• [ 2020年04月14日]• [ 2020年03月27日] 建設・建築・港湾等に関するお知らせ• [ 2020年06月01日] 教育・学校等に関するお知らせ• [ 2020年06月05日]• [ 2020年06月01日]• [ 2020年05月28日]• [ 2020年05月22日]• [ 2020年04月07日] 外国人向けの情報• [ 2020年06月12日]• [ 2020年06月11日]• [ 2020年06月08日]• [ 2020年05月13日]• [ 2020年04月21日]• [ 2020年04月14日] 各種関連情報• [ 2020年06月01日]• [ 2020年05月18日]• [ 2020年05月01日]• [ 2020年03月25日].

次の

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

新型 コロナ ウイルス

次に、 風邪症状が1週間ぐらい続いて、倦怠感と息苦しさが出てくるもの。 体がむくんだり、下痢が重なる人もいるようです。 高齢者や基礎疾患のある方において、この経過をとる人が多いのですが、健康な壮年層にも見られることがあります。 一方、この経過を子どもがとることは極めて稀とされています。 感染してから発症するまでの潜伏期間は5日(1-11日)ぐらいで、入院を要するほどに重症化するのは、さらに10日(9. 1-12. 5日)経ったころだと見積もられています。 感染力が強いのは、発症から3、4日目ぐらいだと考えられていますが、重症化すると感染力も維持されて院内感染を引き起こしやすくなっています。 若者と高齢者で臨床経過が異なるので、重症化率と致命率についても世代別に考えた方がよいと思います。 いまだ、世代別の疫学報告はありませんが、私個人のざっくりとした印象で言うと…、若者の重症化率と致命率は、統計的に見れば、ほぼゼロ%でしょう。 一方、感染した高齢者の1割ぐらいが重症化して、1%ぐらいが死亡するのではないかと感じています。 これは、やや甘めの見積もりであって、要介護高齢者や入院患者では、さらにリスクが高まるものと考えてください。 高齢者や基礎疾患のある人の感染を防ぐ というわけで、これから私たちは何をすべきか。 もはや、流行を抑止することは主たる目的ではなくなってきました(やれることはやるべきですが)。 むしろ、重症化する人を減らし、とくに新型コロナに感染して死亡する人をできる限り減らすことに力を注ぐべきです。 つまり、 高齢者や基礎疾患のある人に感染させないようにしましょう。 そして、 院内感染を防ぎましょう。 これに尽きます。 なお、 基礎疾患のある人とは、糖尿病や高血圧、腎臓病など慢性疾患があって、定期の内服薬を要する人だと考えてください。 以下、これらの方々をハイリスク者と呼びます。 ハイリスク者がいる家庭では、ウイルスを外から持ち込まないように、玄関先にアルコールを置いて帰宅時の手指衛生を徹底してください。 アルコールが手に入らないなら、おしぼりでもいいです(やらないよりはマシです)。 とにかく、ドアノブなどあちこちを触ってから、洗面台に行っても手遅れということです。 同居する家族が風邪をひいたら、ハイリスク者と接触しないよう症状が治まるまで家庭内で隔離してください。 そして、風邪をひいている人が部屋を出るときは、マスクを着用させて、アルコールで手指衛生をしてください。 部屋の外では、できるだけ余計なものは触らないこと。 トイレに行った後は、触った場所をアルコールを染みこませたペーパータオルで拭うこと。 お風呂は最後に入ること。 バスタオルは絶対に共用しないこと。 こうした対応を、発症してから7日間は頑張ってください。 それが困難であるなら、一時的にハイリスク者を親族の家などに疎開させることも考えてください。 新型コロナかどうかの確認で救急外来受診は避ける なお、 風邪症状に過ぎないのに新型コロナかどうかを確認するためだけに、救急外来を受診することは避けてください。 そこには、体調を悪化させたハイリスク者がたくさん受診しているのです。 彼らへ感染させないように協力してください。 また、救急外来には新型コロナの重症患者もいるかもしれません。 あなたが「ただの風邪」だったとしても、救急外来を受診することで新型コロナに感染して帰ってくることになるかもしれません。 流行期には、ハイリスク者の方々が人混みを避け、なるべく自宅で過ごしていただくことも大切ですね。 感染リスクのある病院に行く回数を減らすためにも、1カ月おきの外来受診を3カ月おきなど、長期処方とともに予約延長してもらうことも考えられます。 かかりつけの先生に相談してみてください。 極めて重要な高齢者施設の感染管理について 高齢者施設の感染管理は極めて重要です。 100人の入所者がいる施設で新型コロナがアウトブレイクした場合、30人以上が発症し、10人以上が救急搬送を要して、数人がお亡くなりになるというイメージが必要です。 このような事態を避けるためにも、全力で感染管理に取り組みましょう。 まず、 外から持ち込ませないこと。 流行期にあっては、 原則として面会はすべて中止。 物品の搬入なども玄関先で行います。 どうしても入らなければならないのなら、玄関先でアルコールによる手指衛生を行って、トイレも含め共用の場所には立ち入らないように求めます。 職員についても、当然ながら玄関先で手指衛生。 そして、 毎朝の検温と症状確認を自己申告ではなく、管理者による指差し確認を行います。 もし、軽微であっても発熱や咳などの症状があれば、絶対に休ませてください。 絶対にです。 勤務中であっても症状を認めたら、絶対に休ませてください。 もう一度言います。 絶対にです。 なお、流行期においては、出勤できる職員数が半減することも想定しなければなりません。 このとき、すべての業務を継続させようとしたり、現場の判断で場当たり的に仕事をさせるのではなく、優先的に継続させるべき中核業務を決定しておくことが必要です。 入居者の協力のもと、どこまで業務をスリム化できるかが勝負です。 一方、悩ましいのは通所サービスですね。 ここでの感染管理を徹底することは不可能でしょう。 デイケアやデイサービスをどのように運用するのか…。 最善の方法は、流行期にはすべて休止させることです。 もちろん、その分、訪問サービスを充実させる必要があります。 通所サービスの職員に、利用者宅を巡回させるなど工夫してください。 これは事業者だけで解決できる問題ではないので、市町村が主導するなどして、どうすべきかを急ぎ話し合っていただければと思います。 いま、話し合ってください。

次の