つづら折り 意味。 天城越え

石川さゆりさんの歌天城越えの歌詞でわからない所が有ります。『 隠しきれ...

つづら折り 意味

の地勢と天城峠の位置 天城越え(あまぎごえ)は、との境にある を越える旅路のこと。 を南北に縦断する天城峠越えの道は、 天城路(あまぎじ)や、 天城街道(あまぎかいどう)ともよばれる。 伊豆半島の南に位置する下田と、北に位置する三島を結ぶ街道はといい、天城越えの天城路は同街道の一部にあたる。 伊豆半島の内陸と半島南部の間にはの峰々があり、これを越えるのは下田街道の最大の難所であった。 (38年)に (旧天城トンネル)が開通し 、多くの人と物資がこの天城峠を越えて行き来するようになった。 天城越えはの『』や、の『』などのテーマにもなり、天城山隧道には観光客が訪れる。 (45年)に新天城トンネルが開通したため、旧街道の天城山隧道を含む天城路の現在は、「踊子歩道」とよばれる全長約16(km)の遊歩道として整備されており、や自然休養林の「昭和の森」といった自然を楽しみながら歩くことのできるハイキングコースとなっている。 かつての天城越え [ ] 古峠 [ ] 最古の天城越えの記録はで、現在の天城峠から1. 2 kmほど西の古峠 ( )を越え、寒天橋 ( )から再び 新山峠 ( )に登り、奥原または沿いに迂回していたとされる。 二本杉峠 [ ] いつからか人々は二本杉峠を利用するようになり、古峠は廃道となった。 二本杉峠 ( )は(明治38年)に天城山隧道が開通するまで、長い間多くの人々が利用した。 幕末には志士が往来し、アメリカ総領事のが外交交渉のために下田玉泉寺から江戸へ向かう際に天城路の峠を越えた。 このほか、、、、、などもこの峠を越えている。 なお、この二本杉峠は 旧天城峠とも呼ばれることがある。 作品 [ ] 天城路(下田街道)は、穏やかな気候と自然に恵まれた深い山の懐と、そこに流れる清流に恵まれた温泉郷にあったことから、多くの文人が訪れており、数多くの小説や誌の舞台として天城越えが登場する。 川端康成の名作で知られる小説『伊豆の踊子』では、「通がつづら折りになっていよいよ天城峠に近づいたと思う頃…」と描かれており、峠から物語は始まっている。 川端のほかにも、やなどの小説家たちも天城の自然を愛して天城路を歩いており、現在では、天城路に沿ってゆかりの文学碑や詩碑も数多く建てられている。 - の。 ラジオ、テレビ、映画、舞台化された。 - 川端康成の。 1926年発表。 に映画化()された。 - の短編小説。 - の短編小説。 - の曲。 『伊豆 天城越え』 - 、11月9日放送。 - 施設 [ ]• - 天城峠の北(伊豆市側)の沿いにある。 周囲の自然環境や天城越えにまつわる文学作品などを紹介する展示施設「昭和の森会館」を併設している。 脚注 [ ] - - - []• 120. 136. , pp. 120—121. 出典:「道の駅 天城越え」の掲示板より• 110—111. 出典:二本杉峠の現地解説版より• 出典:昭和の森会館の展示より• , pp. 110-111. , p. 121. 参考文献 [ ]• 浅井建爾『日本の道路がわかる辞典』日本実業出版社、2015年10月10日、初版。 「日本の道100選」研究会『日本の道100選〈新版〉』国土交通省道路局(監修)、、2002年6月20日。 ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり! 博学知識』〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日。 関連項目 [ ]•

次の

「つづら折り」は何に対して使われる言葉でしょうか?

つづら折り 意味

概要 や・越えのでは、最短距離(すなわち山裾と頂上を結ぶ直線上)に経路を設定すると急勾配になり過ぎ、多大な体力を消耗し場合によっては登れなかったり、転倒・転落の危険が増すなど、通行に支障を生じる場合がある。 こうした不都合を解消するため、進行方向に対して敢えて斜めあるいは横向きに近い方向へを入れ、個々の登坂の差を小さくすることで、傾斜の緩和が図られている。 このようなつづら折りでは、直線経路よりも総合距離はかなり伸びてしまうが、道の険しさはゆるやかになり、全体として通行の利便性は向上する。 また、を抜ける道路でも、斜面の勾配が通過するの動力性能を上回ってしまい、かつ、山岳を貫くやを越えるの設置が技術面やコスト面で困難な場合に、つづら折りのが建設される。 ただ、自動車では下り坂でスピードがつくと、急角度の折り返しを曲がりきれずに事故を起こしやすくなる危険性がある。 逆に、そうした運転技量を要する急カーブの連続する区間が多いことから、1980年代から2000年代初頭にかけての日本国内においては自らの技術を誇示する(やなど)がこういったエリアに出没しやすい傾向にあった(近年では法整備や対策も進み、減少傾向にある)。 近年は自動車の動力性能が向上されたこともあって道路勾配を多少急にしても自動車の走行が可能になりつつあることや、長大トンネルを掘削する技術などが向上したことから、高架橋、トンネルの建設による線形の改修が行われて解消が進んでいる。 語源 「つづら折り」のは諸説があり、• の元々の原料であるのつるが複雑に曲がりくねっていることにたとえたもの• の一つである越えの古道に折り返しのカーブが多かったことから• の皮を止める糸が鋭角な切り返しで右左となっている様子に似ていることから などがある。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 主ににおいて、つづら折りと同様の手法で設けられる急勾配を超える線形機構。 ただし、鉄道では「折れる箇所」を急曲線にはできないため「行き止まり」とし、進行方向を逆転させて通過する。 - 斜面上で線路を折り返さず、状とし、距離を伸ばして高さを稼ぐ線形機構。 (曖昧さ回避項目)• (曖昧さ回避項目).

次の

間違えやすい道路標識。これ忘れていませんか?

つづら折り 意味

の地勢と天城峠の位置 天城越え(あまぎごえ)は、との境にある を越える旅路のこと。 を南北に縦断する天城峠越えの道は、 天城路(あまぎじ)や、 天城街道(あまぎかいどう)ともよばれる。 伊豆半島の南に位置する下田と、北に位置する三島を結ぶ街道はといい、天城越えの天城路は同街道の一部にあたる。 伊豆半島の内陸と半島南部の間にはの峰々があり、これを越えるのは下田街道の最大の難所であった。 (38年)に (旧天城トンネル)が開通し 、多くの人と物資がこの天城峠を越えて行き来するようになった。 天城越えはの『』や、の『』などのテーマにもなり、天城山隧道には観光客が訪れる。 (45年)に新天城トンネルが開通したため、旧街道の天城山隧道を含む天城路の現在は、「踊子歩道」とよばれる全長約16(km)の遊歩道として整備されており、や自然休養林の「昭和の森」といった自然を楽しみながら歩くことのできるハイキングコースとなっている。 かつての天城越え [ ] 古峠 [ ] 最古の天城越えの記録はで、現在の天城峠から1. 2 kmほど西の古峠 ( )を越え、寒天橋 ( )から再び 新山峠 ( )に登り、奥原または沿いに迂回していたとされる。 二本杉峠 [ ] いつからか人々は二本杉峠を利用するようになり、古峠は廃道となった。 二本杉峠 ( )は(明治38年)に天城山隧道が開通するまで、長い間多くの人々が利用した。 幕末には志士が往来し、アメリカ総領事のが外交交渉のために下田玉泉寺から江戸へ向かう際に天城路の峠を越えた。 このほか、、、、、などもこの峠を越えている。 なお、この二本杉峠は 旧天城峠とも呼ばれることがある。 作品 [ ] 天城路(下田街道)は、穏やかな気候と自然に恵まれた深い山の懐と、そこに流れる清流に恵まれた温泉郷にあったことから、多くの文人が訪れており、数多くの小説や誌の舞台として天城越えが登場する。 川端康成の名作で知られる小説『伊豆の踊子』では、「通がつづら折りになっていよいよ天城峠に近づいたと思う頃…」と描かれており、峠から物語は始まっている。 川端のほかにも、やなどの小説家たちも天城の自然を愛して天城路を歩いており、現在では、天城路に沿ってゆかりの文学碑や詩碑も数多く建てられている。 - の。 ラジオ、テレビ、映画、舞台化された。 - 川端康成の。 1926年発表。 に映画化()された。 - の短編小説。 - の短編小説。 - の曲。 『伊豆 天城越え』 - 、11月9日放送。 - 施設 [ ]• - 天城峠の北(伊豆市側)の沿いにある。 周囲の自然環境や天城越えにまつわる文学作品などを紹介する展示施設「昭和の森会館」を併設している。 脚注 [ ] - - - []• 120. 136. , pp. 120—121. 出典:「道の駅 天城越え」の掲示板より• 110—111. 出典:二本杉峠の現地解説版より• 出典:昭和の森会館の展示より• , pp. 110-111. , p. 121. 参考文献 [ ]• 浅井建爾『日本の道路がわかる辞典』日本実業出版社、2015年10月10日、初版。 「日本の道100選」研究会『日本の道100選〈新版〉』国土交通省道路局(監修)、、2002年6月20日。 ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり! 博学知識』〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日。 関連項目 [ ]•

次の