トイレ の 黒ずみ。 やっと分かった!【トイレの黒ずみ】が落とせない理由

トイレの黒ずみを根こそぎ落とすには?役立つ掃除方法を大公開!

トイレ の 黒ずみ

酸性のトイレ用洗剤を何度も染み込ませたことによって、黒ずみヨゴレはかなり分解して掃除しやすくなっています。 ここまで来たら、あとひと押しです。 今度は、研磨剤が入ったトイレクレンザーを使用してみましょう。 ここで注意してほしいのが、各トイレメーカーは研磨剤が入った洗剤を推奨していない、ということです。 トイレは陶器でできており、研磨剤入りの洗剤を使うことで微細なキズができてしまうからです。 目に見えないほどの細かいキズですが、何度も繰り返し使用することで便器にダメージを与えてしまいます。 ひどい場合には、便器が割れてしまうことも考えられます。 そのため各社ともトイレメーカーは研磨剤入りのトイレ掃除用クレンザーを推奨していないのです。 研磨剤入りのトイレ掃除用クレンザーとしては、「トイレマジックリン強力クレンザー」が有名です。 便器の説明書をよく読んでから使用するようにしてください。 以上の方法でも落ちなければ、今度は重曹とクエン酸を一度に使ってみましょう。 通常、アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤は混ぜて使用することはオススメしません。 一緒になることでガスが出るため、場合によっては気分が悪くなるケースも考えられるからです。 そのため、重曹とクエン酸を一緒に使用する時には、念のために換気を良くしてから使ってください。 重曹とクエン酸で掃除をする前に、便器の水たまりの水は必ず抜いておきましょう。 水を抜いておかないと、黒ずみの輪の部分にせっかく重曹とクエン酸をふりかけても水に溶けてしまいます。 使用方法ですが、まず重曹の粉を気になる黒ずみ部分にふりかけます。 うまくペタッとくっつかないようでしたら、重曹の粉を水で少しだけ溶かして重曹ペーストを作ると良いでしょう。 重曹が黒ずみヨゴレの部分にくっつけることができたら、その上からクエン酸水をスプレーします。 すると、アルカリ性の重曹と、酸性のクエン酸が反応してシュワシュワと泡がたってきます。 この泡が黒ずみヨゴレを分解してくれるのです。 もしも重曹の量が多くて乾いてくるようでしたら、クエン酸水を多めにスプレーしてください。 ここまでしても黒ずみヨゴレが落ちない場合は、最後の手段です。 耐水性サンドペーパーや、陶器用の研磨パッドで、黒ずみヨゴレを削って落とします。 削って落とすので、必ずヨゴレは落ちますが、その分便器も削れてしまうので注意が必要です。 黒ずみが落ちたら削るのを止めておかないと、最悪の場合は便器が割れて使い物にならなくなってしまいます。 耐水性サンドペーパーは、100円ショップでも時々扱っています。 サンドペーパーには番号が書いてありますが、なるべく目の細かいものにしてください。 1500番以上が目が細かいのでオススメです。 トイレ掃除のプロが使用しているのが「陶器用研磨パッド」です。 これはホームセンターでもあまり見かけないので、近所で販売していない場合はインターネット通販などで購入すると良いでしょう。 こちらは耐水性サンドペーパーよりもやわらかく、水アカよりも硬い材質でできています。 陶器用研磨パッドでも陶器にキズがついてしまうことには変わりありませんが、ダメージの程度が低くなっているのです。 酸性のトイレ用洗剤や、研磨剤が入ったトイレ用洗剤でも落ちない黒ずみヨゴレには、アルカリ性の塩素系トイレ用洗剤を使用してみましょう。 アルカリ性の塩素系のトイレ用洗剤は、カビ菌やヨゴレの中のタンパク質を強力に分解してくれます。 商品としては、「花王 除菌洗浄トイレハイター」や「ドメスト」などがあります。 除菌の力も強く、ヨゴレが落ちるスピードも早いので、何をしても効果が無かったという場合に試してほしい洗剤です。 使用する時には、薄めずにそのまま黒ずみヨゴレが気になる部分にふりかけます。 そして、数分間放置して洗剤がヨゴレを分解するのを待ちます。 最後は水に流すだけなので、使い方もとても簡単です。 これらを使用する時の注意としては、酸性の洗剤と一緒に使わないようにしてください。 サンポールなどの酸性洗剤と一緒に使うと、有毒ガスが発生してしまうからです。 吸い込むと体調が悪化することもありますので、酸性の洗剤が残っていないか十分に気をつけてください。 トイレにサボったリングがあったり、まばらに黒ずみヨゴレがあったりすると、お客様が来た時にみっともないですよね。 トイレを少しでも落ち着いた場所にするためにも、日頃のお掃除が大切です。 トイレは家族で使うものなので、できればトイレ掃除は家族で役割分担して行いたいものです。 以前はトイレ掃除というと、汚物や排泄物が顔にかかるりそうで心配でした。 しかし最近は、手を汚さなくても短時間でできるお掃除グッズが販売されるようになっています。 ドラッグストアなどでもトイレ掃除グッズは広く扱われるようになったので、家族でも参加できるトイレグッズをチェックしてみると良いですよ。 どうしてもトイレの黒ずみヨゴレが自分では落とせなかったという場合は、トイレ掃除のプロに頼むのも一つの方法です。 料金的には5,000円前後が多いようです。 業者に頼む時には、出張代込みの値段なのかどうかといったことや、黒ずみヨゴレだけでなく黄色い尿石のヨゴレも完全に落としてくれるのか、便器以外のトイレの天井や壁、床も掃除するのかといったことも聞いてみましょう。 何となくキレイになったけれども、肝心のサボったリングは薄くなっただけ、というのでは何のためにプロに頼んだのかわかりませんよね。 そして、1社だけで決めるのではなく数社から見積もりをとりましょう。 水まわりの掃除や工事は、業者によっては非常に高額な請求をしてくるところがあります。 最低でも3社から見積もりをとって、それから業者に頼むかどうか決めましょう。

次の

やっと分かった!【トイレの黒ずみ】が落とせない理由

トイレ の 黒ずみ

トイレ便器の黒ずみ・黒かびの原因ってなに? トイレの便器内にできる、黒ずみ・黒かび。 「なんで黒ずみと黒かびをわけてるの?どっちも同じものでしょ?」 たしかに、黒かびは黒ずみの原因になりますが、黒ずみの原因は黒かび以外にもあります。 【黒ずみの原因】• ・水垢と雑菌やほこり• ・カビ• ・水道水の鉄分 水垢と雑菌やほこりが原因の黒ずみ 水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが固まると、水垢汚れが発生します。 水垢汚れが発生すると、その汚れの部分に雑菌やほこりが溜まって黒ずみ汚れに発展するようになります。 便器内の封水(便器に溜まっている水)の上などに黒ずみ汚れができている場合は、水垢と雑菌、ほこりが原因です。 毎日掃除をしていれば、この黒ずみ汚れが発生することはほとんどありません。 反対に、掃除の頻度が少ないと発生しやすくなります。 カビが原因の黒ずみ トイレの便器に残った排泄物などを餌にして、黒かびが繁殖することがあります。 黒かびは、湿度が高く、養分が豊富な場所でよく繁殖します。 そのため、掃除がされていない便器などでは排泄物が黒かびの養分となり、また便器内で湿度も高いので短期間で大量に繁殖します。 封水の上側にも発生しますが、便器のふちやふちの裏側などによく発生します。 掃除をしていれば発生しにくくなりますが、部屋の湿度や気温が高くなる梅雨や夏場などは発生する頻度が高くなります。 水道水の鉄分 稀に、水道水に鉄分が多く含まれていると、水垢汚れに鉄分が混じることがあります。 鉄が酸化すると黒くなり、それが原因で黒ずみ汚れに発展することもあります。 水垢と同様に、封水の上側に発生しやすく、毎日掃除をすることで発生を予防することができます。 トイレの黒ずみ・黒かびの掃除方法 大まかなトイレの黒ずみ・黒かびの原因が分かったところで、今度は掃除方法についてご紹介したいと思います。 色々な方法がありますが、「道具が少ないほうがいい」「とにかく徹底的にきれいにしたい」「強力な洗剤とかは使いたくない」と人によって掃除方法の好みが違いますよね。 そこで、今回はいろいろな人が自分にあった黒ずみ・黒かび掃除の方法を見つけられるように複数の掃除方法をご紹介したいと思います。 塩素系洗剤で黒ずみ・黒かび掃除 一番簡単で、定番の掃除方法が「塩素系洗剤」を使った掃除方法です。 ドラッグストアなどで売られているので、誰でも簡単に購入することができます。 使い方も簡単で、塩素系洗剤を黒ずみや黒かびができている場所にかけて数分放置して水で洗い流すだけです。 塩素系洗剤は酸性洗剤と混ざると有毒ガスが発生するので、混ざらないように注意してください。 また、洗浄力が強力な分、使用後の塩素臭が気になる、体に合わないという人もいます。 そういった場合は、次で紹介する「クエン酸」を使った掃除方法がおすすめです。 重曹とクエン酸水で黒ずみ・黒かび掃除 重曹もクエン酸と一緒に、家の掃除グッズとして昔からよく使われています。 クエン酸と同様に、ドラッグストアや100円ショップで簡単に購入することができます。 クエン酸単体のときと掃除方法が異なるので、くわしくご紹介いたします。 クエン酸水の作り方 最初に、前準備としてクエン酸水を作ります。 容量や作り方は、下記を参考にしてください。 スプレーボトルにクエン酸小さじ1杯と水200mlを入れます。 ボトルを振ってクエン酸を水に溶かします。 完成です。 【重曹とクエン酸水で黒ずみ・黒カビ掃除】• 便器内に重曹を「さっさっ」と全体に、まんべんなくふりかけます。 クエン酸水を重曹の上から「しゅっしゅっ」と十分に湿るようにふきかけます。 クエン酸水をふきかけると「しゅわしゅわ~」と泡が発生します。 ) この泡が黒ずみ・黒かびをきれいに溶かしてくれるので、30分ほど放置します。 30分放置したら、トイレブラシで便器をこすって水を流して完了です。 この方法で、大体の黒ずみ・黒かび汚れは掃除することができます。 トイレの黒ずみ・黒かびの予防方法 トイレの黒ずみや黒かびの掃除方法についてご紹介いたしましたが、何度掃除しても黒ずみや黒かびがすぐに発生してしまうという人もいますよね。 そういった場合は、重曹で便器内だけでなく「トイレタンクの中」も除菌掃除してみてはいかがでしょうか。 【トイレタンク内の除菌掃除】• トイレタンクのふたを取り外す。 タンク内に重曹をカップ1杯ほど入れて、軽く混ぜる。 4~5時間ほど放置。 水を流して完了 もしも、トイレタンク内に黒かびなどの汚れが発生している場合は、下記のページにまとめた掃除方法を試してみて下さい。 トイレの黒ずみ・黒かびの掃除と予防方法まとめ 今回は、トイレの黒ずみ・黒かびの掃除方法と予防方法についてご紹介しましたが、最後に要点をまとめておきたいと思います。 【黒ずみ・黒かびの掃除方法】• ・塩素系洗剤で簡単掃除• ・クエン酸でつけおき掃除• ・重曹とクエン酸水でしっかり掃除• 【黒ずみ・黒かびの予防方法】• ・トイレタンク内も重曹でつけおき掃除 トイレの黒ずみや黒かびは、放置すると便器以外の場所にも広がることがあります。 特に、湿度の高い場所では黒かびが繁殖しやすいので予防するにはこまめな掃除が必要です。 また、便器内を掃除しても頻繁に黒かびなどが発生するという場合は、トイレタンク内に黒かびが発生していることもあります。 あまりに発生頻度が多い場合は、タンク内の掃除も試してみてはいかがでしょうか。 トイレ掃除を徹底したい人におすすめの記事 「トイレが詰まってしまったんですけど、すぐに直していただけますかね?」と丁寧な口調ですが不安そうな様子でお電話を頂きました。 お住まいのご地域の作業員をお探しするためにご住所を確認させて頂くと、名古屋市千種区池下町とのことでした。 訪問のお時間につきましては約50分後の到着でご案内をしてご了承頂けましたので、そのように作業員を手配いたしました。 お客様は料金がいくらになるのか心配されていましたが、見積もりの流れなどをお聞きになるとご安心頂けました。 受付日時 2020年5月22日 18時40分頃 受付担当 峰下 担当より一言 緊急のトラブルに最適なご提案が出来るよう心掛けています。 安心してご依頼いただけるよう丁寧にご説明致します。 「水洗トイレが詰まっちゃったんですけどお願いしたいんです。 」としっかりとした口調でお問い合わせを頂きました。 お手配先の住所をお伺いすると、府中市若松町でした。 駆け付け可能なスタッフをお探しして、13時頃の到着が可能であることをお伝えしました。 お客様はお時間をお聞きになると「よろしくお願いします。 」と安心頂けた様子でご依頼されました。 見積もりまでは無料であることを確認されると「分かりました。 」とホッとされた様子でお電話をお切りになりました。 受付日時 2020年5月22日 8時20分頃 受付担当 梶野 担当より一言 不安や疑問などを抱えてお問合せいただいているお客様が多いのではないかと思います。 少しでも安心してもらえるように、お客様の気持ちに寄り添い、丁寧な案内を心掛けています。 お客様に相談して良かったと思っていただけるのが、とても嬉しく感じることです。

次の

トイレ掃除で落ちない便器の黒ずみ…諦める前に試すべき洗剤3選

トイレ の 黒ずみ

皆さんはトイレ掃除の頻度はどれくらいでしょうか? 「毎日?週に一度?月に一度??」 高い頻度でトイレをキレイにしていれば、あまり気にならないかもしれませんが、週に一度は掃除をしているのに なぜかトイレの床が黒ずむ事があります。 トイレの床(クッションフロア)が残念な柄だし、黒ずみがすっきり落ちないし... でマットは必須。 こまめに洗うようマット類をもう1セット買った。 黒っぽく見えるけど濃紺のデニム色。 — ちょここ FrenchRoast919 一体、トイレの床に出来る黒ずみはどうして出来るのでしょうか? 今回は、 トイレの床に黒ずみが出来てしまった際の効果的な掃除方法についてご紹介していきます。 トイレの床に出来る黒ずみの原因は? トイレの床に出来る黒ずみのお話をする前に、便器内に出来る黒ずみについて少しお話したいと思います。 トイレの便器内側にできる黒ずみ、通称「さぼったリング」。 通称になっている事から判るように、少しトイレ掃除をサボっただけでこの黒ずみは発生します。 実は、 トイレの床に出来る黒ずみも基本的にはサボったリングと似たような原因である事がほとんどです。 では、便器内や床に出来る黒ずみの原因とは一体どんなものなのでしょうか? それは、 カビやホコリ。 男性が用を足すと、床に尿ハネが起きます。 それも、私たちが想像しているよりは多めの量がハネています。 床に落ちた尿をエサとしてカビが繁殖して黒ずみになる場合があるのです。 便器内の場合は、水アカとホコリが結合して黒ずみとなる場合もありますが、トイレの床の場合は 便器内と異なる理由で黒ずみが発生する事もあります。 それは、 皮脂。 あまり素足でトイレに入る方は居ないかもしれませんが、少なからずトイレの床に素肌が触れる事がある場合は、その時についた皮脂が原因で黒ずみを形成する事があります。 皮脂・ホコリ・尿ハネ・・・トイレの床に黒ずみを作り出す原因はこれらの物質ですが、こまめに掃除をしている場合、これらの汚れは比較的簡単に落とせます。 ところが時間が経過すると、これらの物質同士が結びついてしまったり、カビを発生させる事によって「黒ずみ」へと変貌を遂げるのです。 黒ずみになると、簡単に落とせていた物質がとたんに落としづらい汚れとなってしまいます。 それでは、そんなしつこい 黒ずみを効果的に落とす方法について触れて行きましょう。 トイレ床の黒ずみの掃除方法 それでは、早速 トイレの床に出来た黒ずみ汚れを落とす方法をご紹介していきます。 え?普段から掃除はトイレ用洗剤を使っている?もちろん、トイレ掃除には欠かせないトイレ用洗剤を使って掃除をする方がほとんどでしょう。 しかし、黒ずみ汚れになってしまっている場合ちょっとした「コツ」があるのです。 普段の床掃除では、洗剤をシュッシュとかけたらすぐにふき取っていませんか? 黒ずみ汚れになっていない状態での掃除であれば、もちろんそれでOKです。 しかし、黒ずみは頑固な汚れですからちょっと工夫をして放置するだけでかなり落としやすくなる事を実感できるはずですよ。 そんな時は、 カビキラーなどのカビに効果がある洗剤を使ってパックしましょう。 基本的な方法はトイレ用洗剤で行った手順と同じです。 また、カビキラーは強めの溶剤ですから床の素材によっては変色などを起こす可能性もあります。 どうしても気になる方は、一度目立たない場所で少量のカビキラーを付けて変色を起こすかどうか確認してから行うようにしましょう。 カビが原因で黒ずみが起きている場合、この方法が非常に効果的です。 黒ずみを起こしている原因に対して、しっかりと効果のある対処法で掃除をすることがキレイに黒ずみを落とすポイントですね。 尿汚れは、アルカリ性の汚れであるため 酸性洗剤を使う事で効率よく落とす事が出来ます。 この場合、トイレ用洗剤としてお馴染みのサンポールなどに代表される「酸性洗剤」でパックして落としてしまいましょう。 有毒ガスである塩素ガスが発生する危険性があります。 今日はあんまり掃除ができなかったんやけど、酸素系漂白剤でトイレの床の黒ずみを落としてみた。 床を溶剤でひたひたにして15分ほど待つと、おもしろいほど汚れが落ちた。 もしかすると、 それは 床の素材が変色を起こしてしまっているのかもしれません。 特にフローリングなどにみられる変色は、濡れた状態が長く続くことによって変色を起こす場合があります。 残念ですが、 変色を起こしてしまったフローリングを戻す方法はありません。 黒ずみが目立つ場所にマットを置くなどして対処しましょう。 黒ずみの予防対策 トイレの床に黒ずみ汚れを発生させない為にはどのような事に気を付ければ良いのでしょうか? 実も蓋も無い事を言ってしまえば、 こまめに掃除をする事が一番の対策法です。 それが出来れば苦労しないよ・・・という話ですが、気を付けるべきポイントをしっかりと抑えておくと黒ずみを予防できるかもしれません。 それゆえに、カビが繁殖しやすい環境であるとも言えます。 トイレの換気扇をなるべく付けるようにする事や、水や尿が床に垂れてしまった場合にはその場ですぐにふき取る事を心がけるだけでも予防に繋がります。 冬場などは、結露によって便器周りに水滴が溜まる場合もあるため気が付いたらふき取るようにしましょう。 これも黒ずみ対策には効果的です。 しかし、注意したい点があります。 それは、 マットの交換頻度です。 トイレ用マットは最低でも2組、出来れば3組程度用意してなるべくこまめに交換する事で床の黒ずみ予防として効果を発揮します。 逆に、一つのトイレ用マットをずっと敷いたままにすると黒ずみを引き起こす原因となり逆効果なので注意しましょう。 最低でも週に1度ペースでマットを交換して、マットを敷いていた部分はしっかりと乾拭きしてから次のマットを敷くようにしましょう。 まとめ.

次の