アズール レーン 北方 連合。 アズールレーン(陣営)とは (ジンエイトシテノアズールレーンとは) [単語記事]

【アズレン】北方連合陣営:ソビエツカヤ・ロシア 性能・スキル考察【アズールレーン】

アズール レーン 北方 連合

アズールレーン 陣営 とは、『』に登場する営・である。 作品としてのについては、を参照。 概要 突如として現れた人類に敵対する《 》に対抗するべく組織された連合。 時の4大であった「 」、王政「 」、「 」、「 」が中心となって設立された。 上では「 連合」とも呼ばれる。 当類の総、そしてたちのによりを人類の圏から退けることに成功するも、全な殲滅には至れず、その後の方針を巡る対ら「 」の脱退と彼らによる新勢《 》の設立を招いてしまう。 さらに「 」の方針に賛同した「 」もに替えする形で連合を脱退し、4大は全に二つの営に分かれてっ向から対立。 はにおける連合。 「 人類の技術とのによる人類の発展」を組織の題に揚げている。 所属国家 は4大のうち「 」と「 」の2を中心に構成されており、それに続く形で「 東煌」「 北方連合」「 」といった大小様々なが所属している。 しかし、「 」と「 」の脱退・離反後も組織内ではいろいろとゴタゴタが絶えていないようで、そのは必ず強固とはいえないのが現状。 特に組織の中枢である「 」と「 」自体が表向きは盟友という関係でありながらも 裏では双方がお互い的にあれやこれしており、それが両のたちの行動にも反映されてしまうことがある。 ユニオン 4大のひとつ。 とを重んじる。 表記は" "。 は" "。 を中心としたの体制の元、個人のや長所を尊重する文化を持っている。 のはこののから描かれており、同時にの格であるとのである 、 の所属でもある。 所属するは、が基本であるが、のお柄を反映したものかそのや露出度の具合は結構。 や肌の色なども豊かで、これはのの的多様さを表したものだろうか。 「 クッド」というがたちの装備の製造を行っている模様。 技術は技術を中心に発展させているようで、中でも クッド製の装備で手に入る装備はや対などがとなっている。 基本的に難というか、非常に扱いやすい装備が多い。 どれがいいか迷ったら、クッド製装備をつけておけば、大きく裏切られることはないだろう。 名のはド社だろうと思われる。 は時の。 ロイヤル 4大のひとつ。 劇界で最もとしてのが長く、同時に最も造船技術に秀でた王政。 表記は" NAVY"。 は" "。 の徴たる王のもとで、と議会によって統治が行われている。 のはこののから描かれており、下旬に行われた「 努、と計画」のものZ艦隊のから描かれている。 王政ゆえか所属するはを思わせる装や装飾品をしている者が多く、落ち着いた言動をしたいかにもな者も少なからず存在する。 実際に一部のはや王と同格の地位にあり、などの使用人を用いるなど、生活準においても同である。 中でも・はとしての間だけではなく、民の中でも絶大ながあり、的発言すら所持している。 装備の製造を行っているの名は「 ヴィー」。 「として最もが長い」というの設定を反映してか、 ヴィー製の装備でや対、、といったに必須となるりの装備は手に入れることができる。 反面、 入手できる装備の幅が広いため、狙っている種類の装備を入手らいという欠点がある。 また、ののことでよくられる「」の言葉通り、疑問を持たざるをえない装備も。 一見優秀なのようで史実は扱いであり、嬉々として装備したら透かしっ屁のような戦果にさせられることになる 「殺し」マーなどはその好例。 逆に、では問題ありのとされていながら、上では有用なのような例もある。 名のはのヴィッス社のようである。 は時の だが、当代のは であることが作中られている(史実における時の王はの)。 東煌 のに存在する。 「 どんふぁん」と読むが、一部のに「う」と読む者がおり、でも「う」になっている。 表記は" RY"。 は" R"(所属艦:、、逸仙)、" P"(所属艦:山、撫順、長、太原)。 「 」と「 」の脱退・離反後に《 》に加入した「」であり、としては非常に日が浅く、保有戦もお世辞にも「良い」とは言い難い。 の中でも、としか登場していない。 に加入したのも的に対立していた隣「 」が《 》に替えしたからだとも言われている。 つまり、裏を返せば「 」が連合所属のままだった場合、《 》に参入していたか、どちらの営にも属さなかった可性がある。 の圏のように中節やを祝う習慣がある。 北方連合 その名の通り、のに位置する連合。 最高連合委員会での寡頭合議制が構成されており、最高連合席団席がの地位となっている。 表記は" AN M"。 は" "。 「 東煌」同様、「 」と「 」の脱退・離反後に《 》に加入した。 「 」とは的に緊状態が続いており、それが連合に加入する一因になったと言われている。 開始後の長い期間に渡って、「アヴ」が1隻登場しているのみであり、それも参加者しか保有していなかった。 しかし、に「再誕の」が始まり、任務をこなすことで入手が可になった。 そして、からの「 凍絶の」にて、所属艦が本格的に登場した。 ちなみに、は「 東煌」に所属している山級は、小さい頃は北連所属だったと明言しており、上記では北連時代の艦も登場している。 は時の ()。 アイリス の発表会にて明かされた新勢。 信仰心の篤いであるの伝統を継ぐ、エウロラ(でのか)に位置するである。 その時点では、計画艦ののみとなっていたが、から開催された「 と影の」にて所属艦が本格的に登場した。 とはメのことであり、そのにの深い紋章を使う あの、つまりである。 ただし、当時に一度降伏したに対して、として抗戦した「」にあたる。 となると、側として、今後に協した「」に因む勢が現れる可性も? と思われたが、やはり中立を謳いながらも実情は「 」に与している勢「 」が現れ、その軍を恐れたとに対峙することになる。 この状況を憂えたの枢機卿でもある、(上は未)の宣言により、《 》に味方する勢として「 自由アイリス教国」の立ち上げが中に知らされることになった。 上で「 」と言えば、「 自由アイリス教国」をすことになる。 表記は" THE LEY"。 は" "。 上述したとおり、「 ので人類の発展をす」方針ゆえに「 から得た技術も用いて人類のさらなる発展とをす」方針を掲げている《 》とは対立関係にあるが、双方ともに「 を殲滅し、人類のを守る」という点は共通している。 上記のような方針を掲げてはいるが、 およびそれを生み出す「」自体がによって創り出されたもの(のため)であるため、実際は。 下旬から行われた『 』のにおいて、 4大全ての背後にが関わっている可性が示唆されたため、やはり《》自体もこれまで以上にきな臭さが増すことになった(のため)。 関連動画 関連項目• フォローしておくと、発艦までの時間が速いため、攻撃にのあるでとにかく速く発進させたい場合。 用のがないので迎撃に不安があるに代用として装備する(皮にのほうが史実通りの使い方)場合。 これらの時は有用。 以上のようにキモさえ理解すれば結構便利な機体である。

次の

【アズレン】イベントストーリー考察:凍絶の北海

アズール レーン 北方 連合

地表の水という点からも地球をモデルにしていることが分かるものの、実際の地球と違う点は地理となっており、実際の地球の地理を左右反転したようなものとなっていることが家具の「世界地図」「鉄血世界地図」から分かる。 世界地図 鉄血世界地図 また真珠湾攻撃をモチーフにした通常海域「1章 トラ!トラ!トラ!」の「1-4 東より来たる敵」でも赤城や加賀が東の大洋を跨いで現れたというテキストが存在しているので第1章の舞台となった島々の東側に大洋が広がっていることが明らかになっている。 ただ、下記画像を見ても分かるように五大陸に関しては反転しているものの、ハワイ諸島といった島々やガダルカナル島といったものに関しては実際の地理と同じかゲーム内舞台の地理を反転させ、現実と同じ地理にしている可能性がある そこまで深く考えられていないのかもしれない。 陣営と勢力 陣営 陣営は現段階ではアズールレーンとレッドアクシズ、そしてセイレーンが存在している。 アズールレーン アズールレーンの世界に突如として現れた謎の勢力「セイレーン」の打倒及び脅威からの防衛を目的として設立された軍事同盟。 現在は「ユニオン」「ロイヤル」「東煌」「北方」が加入していることが明らかとなっている。 表向きはアズールレーンは人類の自然進化によって得た力のみで「セイレーン」を打倒することを目標に掲げているため、現在はアズールレーンより離反した「鉄血」「東桜」にて結成された組織「レッドアクシズ」とは敵対関係を取っている。 ゲーム内ではプレイヤーは「アズールレーン」視点で物語が進行する。 レッドアクシズ 軍事同盟「アズールレーン」より離反した「鉄血」と「重桜」によって結成された同盟。 「アズールレーン」とは異なり、人類の自然進化によって得られた力のみの利用ではなく、「セイレーン」の技術を利用しての世界革新を目的としている。 「セイレーン」の技術をどのようにして得たのかが不明な点や表向きは「アズールレーン」と同じく「セイレーン」殲滅を目標としているものの「セイレーン」との関わりを示唆するような内容も多く、現時点では明確に「アズールレーン」と敵対しているという点以外では不明な部分も多い。 セイレーン アズールレーンの舞台である水の惑星に突如出現した異形の存在。 軍事同盟「アズールレーン」はこの「セイレーン」の殲滅を目的とした同盟であり、一連のストーリーの発端。 現在は軍事同盟「アズールレーン」の活躍により、人類の生存圏から退けられてしまい「鏡面海域」と呼ばれる海域でのみ活動。 「アズールレーン」と「レッドアクシズ」の対立を「面白い」と発言した上で静観している。 勢力 ユニオン アメリカ合衆国をモデルにした勢力。 白鷹、EAGLEUNIONとも呼ばれる。 科学と自由を重んじた連邦制国家で航空技術に特化している。 現在は「アズールレーン」に所属しており、「セイレーン」と「レッドアクシズ」に所属している「鉄血」「重桜」とは敵対関係となっている。 ロイヤル イギリスをモデルにした勢力。 皇家、ROYALE NAVYとも呼ばれる。 アズールレーンの世界では最も造船の経験があるとされている王政国家で軍艦の性能はバランスが取れたものとされている。 現在は「アズールレーン」に所属しており、「セイレーン」と「レッドアクシズ」に所属している「鉄血」「重桜」とは敵対関係となっている。 鉄血 ドイツをモデルにした勢力。 METALBLOODとも呼ばれる。 「セイレーン」の技術を解析したことによって得られた技術を自軍の勢力に用いた独裁軍事国家。 以前は「アズールレーン」に所属していたものの「アズールレーン」の考えである人類の自然進化によって得た力でのみ「セイレーン」を打倒するという考えに賛同せず「セイレーン」の力を利用しての世界革新も目論んでいる。 現在は「アズールレーン」に所属している「ユニオン」「ロイヤル」「北方」「北煌」とは敵対関係にある。 重桜 日本をモデルにした勢力。 SAKURA EMPIREとも呼ばれる。 東方に存在している君主制国家で「ヤオヨロズノカミ」が信じられている。 「他国との交流を数百年極力避けていた」ということもあり謎が多い。 以前は「アズールレーン」に所属していたものの「アズールレーン」の考えに賛同せず、離反し「鉄血」と新たな勢力「レッドアクシズ」を結成している ゲーム内ストーリー開始直後はまだ「アズールレーン」に所属していた。 「セイレーン」の技術利用の仕方は「鉄血」とは異なり、「鉄血」は艤装にセイレーンの技術によるものと思われる変化が見られるが、「重桜」は「セイレーン」の力を直接体内に宿しているため獣耳や尻尾、ツノといった人外要素が体より直接生えている。 ストーリーにおいて敵艦として登場する艦は「あのお方」と呼ばれている存在の意向に従って動いている節があり、現在は「赤城」と「加賀」がその意向の遂行の中心となっている様子。 全ての重桜所属艦船少女がその意向に従っているというわけではなく「翔鶴」や「瑞鶴」等は別に動いている節もあるため一枚岩では無いと思われる。 東煌 中国をモデルにした勢力。 「ドンファン」と読む。 「鉄血」及び「重桜」が「アズールレーン」より離反した後に「アズールレーン」に加入した。 「重桜」とは緊張状態にあるとされている。 北方連合 ロシア 旧ソ連 をモデルにした勢力。 「鉄血」及び「重桜」が「アズールレーン」より離反した後に「アズールレーン」に加入した。 「鉄血」とは緊張状態にあるとされている。

次の

アズールレーンの世界観について(その1)

アズール レーン 北方 連合

地表の水という点からも地球をモデルにしていることが分かるものの、実際の地球と違う点は地理となっており、実際の地球の地理を左右反転したようなものとなっていることが家具の「世界地図」「鉄血世界地図」から分かる。 世界地図 鉄血世界地図 また真珠湾攻撃をモチーフにした通常海域「1章 トラ!トラ!トラ!」の「1-4 東より来たる敵」でも赤城や加賀が東の大洋を跨いで現れたというテキストが存在しているので第1章の舞台となった島々の東側に大洋が広がっていることが明らかになっている。 ただ、下記画像を見ても分かるように五大陸に関しては反転しているものの、ハワイ諸島といった島々やガダルカナル島といったものに関しては実際の地理と同じかゲーム内舞台の地理を反転させ、現実と同じ地理にしている可能性がある そこまで深く考えられていないのかもしれない。 陣営と勢力 陣営 陣営は現段階ではアズールレーンとレッドアクシズ、そしてセイレーンが存在している。 アズールレーン アズールレーンの世界に突如として現れた謎の勢力「セイレーン」の打倒及び脅威からの防衛を目的として設立された軍事同盟。 現在は「ユニオン」「ロイヤル」「東煌」「北方」が加入していることが明らかとなっている。 表向きはアズールレーンは人類の自然進化によって得た力のみで「セイレーン」を打倒することを目標に掲げているため、現在はアズールレーンより離反した「鉄血」「東桜」にて結成された組織「レッドアクシズ」とは敵対関係を取っている。 ゲーム内ではプレイヤーは「アズールレーン」視点で物語が進行する。 レッドアクシズ 軍事同盟「アズールレーン」より離反した「鉄血」と「重桜」によって結成された同盟。 「アズールレーン」とは異なり、人類の自然進化によって得られた力のみの利用ではなく、「セイレーン」の技術を利用しての世界革新を目的としている。 「セイレーン」の技術をどのようにして得たのかが不明な点や表向きは「アズールレーン」と同じく「セイレーン」殲滅を目標としているものの「セイレーン」との関わりを示唆するような内容も多く、現時点では明確に「アズールレーン」と敵対しているという点以外では不明な部分も多い。 セイレーン アズールレーンの舞台である水の惑星に突如出現した異形の存在。 軍事同盟「アズールレーン」はこの「セイレーン」の殲滅を目的とした同盟であり、一連のストーリーの発端。 現在は軍事同盟「アズールレーン」の活躍により、人類の生存圏から退けられてしまい「鏡面海域」と呼ばれる海域でのみ活動。 「アズールレーン」と「レッドアクシズ」の対立を「面白い」と発言した上で静観している。 勢力 ユニオン アメリカ合衆国をモデルにした勢力。 白鷹、EAGLEUNIONとも呼ばれる。 科学と自由を重んじた連邦制国家で航空技術に特化している。 現在は「アズールレーン」に所属しており、「セイレーン」と「レッドアクシズ」に所属している「鉄血」「重桜」とは敵対関係となっている。 ロイヤル イギリスをモデルにした勢力。 皇家、ROYALE NAVYとも呼ばれる。 アズールレーンの世界では最も造船の経験があるとされている王政国家で軍艦の性能はバランスが取れたものとされている。 現在は「アズールレーン」に所属しており、「セイレーン」と「レッドアクシズ」に所属している「鉄血」「重桜」とは敵対関係となっている。 鉄血 ドイツをモデルにした勢力。 METALBLOODとも呼ばれる。 「セイレーン」の技術を解析したことによって得られた技術を自軍の勢力に用いた独裁軍事国家。 以前は「アズールレーン」に所属していたものの「アズールレーン」の考えである人類の自然進化によって得た力でのみ「セイレーン」を打倒するという考えに賛同せず「セイレーン」の力を利用しての世界革新も目論んでいる。 現在は「アズールレーン」に所属している「ユニオン」「ロイヤル」「北方」「北煌」とは敵対関係にある。 重桜 日本をモデルにした勢力。 SAKURA EMPIREとも呼ばれる。 東方に存在している君主制国家で「ヤオヨロズノカミ」が信じられている。 「他国との交流を数百年極力避けていた」ということもあり謎が多い。 以前は「アズールレーン」に所属していたものの「アズールレーン」の考えに賛同せず、離反し「鉄血」と新たな勢力「レッドアクシズ」を結成している ゲーム内ストーリー開始直後はまだ「アズールレーン」に所属していた。 「セイレーン」の技術利用の仕方は「鉄血」とは異なり、「鉄血」は艤装にセイレーンの技術によるものと思われる変化が見られるが、「重桜」は「セイレーン」の力を直接体内に宿しているため獣耳や尻尾、ツノといった人外要素が体より直接生えている。 ストーリーにおいて敵艦として登場する艦は「あのお方」と呼ばれている存在の意向に従って動いている節があり、現在は「赤城」と「加賀」がその意向の遂行の中心となっている様子。 全ての重桜所属艦船少女がその意向に従っているというわけではなく「翔鶴」や「瑞鶴」等は別に動いている節もあるため一枚岩では無いと思われる。 東煌 中国をモデルにした勢力。 「ドンファン」と読む。 「鉄血」及び「重桜」が「アズールレーン」より離反した後に「アズールレーン」に加入した。 「重桜」とは緊張状態にあるとされている。 北方連合 ロシア 旧ソ連 をモデルにした勢力。 「鉄血」及び「重桜」が「アズールレーン」より離反した後に「アズールレーン」に加入した。 「鉄血」とは緊張状態にあるとされている。

次の