絆2リセットランプ。 バジリスク絆2の天井狙いは有利区間を知らないと青天井に…

バジリスク絆2の設定4・5・6で負ける確率は?機械割や勝率・安定性も調べてみた!

絆2リセットランプ

天井到達率が高めなので、天井狙いにはプラス要素ですね! ゾーン狙いはせず、スルー回数と併用した天井狙いで攻めていくのがいいでしょう。 狙い目 狙い目 0スルー 300G~ 1スルー 400G~ 2スルー 350G~ 3スルー 100G~ 4スルー以上 0G~ ゲーム数天井の狙い目はスルー回数に応じて変化させていく形がベストだと思います。 基本的にはスルー回数が少ないほどボーダーが高めになりますが、 0スルー時にゲーム数天井に到達すれば、AT確定+期待獲得枚数優遇という恩恵があるため、少し浅めから狙うことが出来ます。 4スルー以上していれば、ゲーム数不問でAT当選まで打ち切っていいでしょう。 ただし、前述しましたが、 スルー天井はG数天井からのBC当選でもリセットされるので、狙う際はスルー回数だけでなくBCの当選G数も要チェックです。 また、天井狙いの場合はデータカウンターではなく、 サブ液晶のゲーム数を参考にしてください。 プッシュボタンを押すとサブ液晶に現在のハマリゲーム数・BCスルー回数が表示されるので、必ずチェックしましょう。 ただし、即ヤメ厳禁のパターンがあるので、以下にまとめました。 また、も確認しておきましょう。 通常モードテーブル 通常時はモードA~Dの4種類のモードがあり、高モードほどBC当選時のAT突入率が優遇。 モードD滞在時はBC当選=AT確定となります。 このモードはテーブル1~16の16種類のテーブルで管理されていて、最大7回スルーで天井到達。 基本は6回スルーで天井となりますが、最大天井が選択された場合はAT複数ストックに期待できるようです。 である程度モードが推測できると思うので、そこから滞在テーブルを予測し、場合によってはBC後もAT当選まで打ち切ったほうがいいパターンもあるかもしれませんね。 朧BCの月 星空 流れ星 流星群 モードA 50. 月ならモードC以上確定• 赤満月ならモードD確定 となっているので、確認できた場合は次回当選まで追ったほうがいいですね。 モード判別をするためにも、BC当選時は朧を選択したほうが良さそうです。 絆ランプが点灯した場合はテーブル15or16確定となるので、次回AT当選まで打ち切ったほうがいいですね。 朧・弦之介ボイスは追えるかどうか際どいラインですが、個人的には即ヤメでいいかなと思います。 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112.

次の

バジリスク~甲賀忍法帖~絆2 解析、攻略など

絆2リセットランプ

もくじ• リセット・天井情報 リセット確認の方法 リセットの確認は有利区間ランプが「. リセットから有利区間移行時にレア役で、 「同色エピソードBC」へ当選する可能性があります。 レア役を引いた場合は前兆をフォローしてください。 天井情報• 有利区間開始から800G消化 BC消化G数をのぞく• 同有利区間内でBCを7回スルーした場合 2種類存在します、後者は前作のテーブルと同じような管理なので説明不要かと思いますが、 同有利区間内でという点に注意してください。 有利区間内のゲーム数とスルー回数を確認したい場合は、筐体右部の「PUSH」を押すと確認することができます。 800G同色BCスルー後 有利区間ランプ点灯まで• BT終了後セリフ示唆確認後 有利区間ランプ点灯まで BC短縮確定のセリフのみ次周期をフォローしましょう。 また、終了画面でレア役を引いた場合は即前兆の有無を確認してからやめましょう。 そこにテーブル要素に加えて状態にも依存するという複雑な台構造になっているのはみなさんもご存じだと思います。 0スルーのボーダーが浅い理由 0スルーに限っては非常に浅いボーダーに設定してあります。 その理由としては、非常に簡単で天井到達時は エピソードBCへ当選します。 この恩恵が非常に強力で、逆を言うと0スルーで天井を迎えた場合は必ずBTへ突入し、更に絆高確まで補償されます。 これにより0スルーの期待値は非常に高くなりますが、一方で1スルー以上が発生した場合一気に安くなる可能性が生まれるのも注意が必要です。 基本的にスルー回数以上に、現在ゲーム数のハマりが重要になる これは下に書いてますが、チャンス目からのモード昇格発生率が上昇するからです。 絆2のモードCが前作に比べて弱いのは明白ですが、A. B滞在時が辛すぎるので チャンス目昇格があるかないかで期待値に少なくない差が発生します。 1スルーが安くなる理由 この台の1スルーというのは実は非常に扱いが難しいです。 スルー回数天井があるので、ゲーム数に対してスルー回数が多ければ多いほど期待値はもちろん高く算出されます。 つまり、スルー回数による天井の期待値が下がるので天井に依存する形になります。 ほぼ800Gでの天井勝負となってしまうと安くなってしまうのは明白なので少しボーダーを持ち上げています。 AT終了時の次回モード示唆 セリフを確認するためにはBT終了画面で有利区間ランプが「. 」に変わったタイミングでサブ液晶をタッチするとセリフが発生します。 絆2のテーブル表 テーブル 0スルー 1スルー 2スルー 3スルー 4スルー 5スルー 6スルー 7スルー 1 B B A B A B D — 2 B A B A B A D — 3 B B A B B C D — 4 B A B A C B D — 5 A A A A A A C D 6 B B B C B C D — 7 B A C B C B D — 8 C C C C C C D — 9 C A C A C B D — 10 B C A B A B D — 11 C B B A B A D — 12 B C B C B C D — 13 C B C B C B D — 14 A C A D — — — — 15 A D — — — — — — 16 D — — — — — — — デフォルトパターン 下位テーブル示唆• 弦之助「出立の準備じゃ」• 朧「では、参りましょう」 テーブル表の1~7の下位テーブルへ移行示唆 上位テーブル示唆• 弦之助「怪しき気配じゃ」• 朧「何かが起こる気がします」 朧の場合は、8. 11〜16 弦之介の場合は、8. 13〜16 BC天井短縮示唆• 朧「旅の支度が整っております」 セリフ示唆時に上のランプ発光するので見逃しはないと思いますが、出現したら続行しましょう。 滞在モード モードA滞在時 モードB滞在時 モードC滞在時 以降先 奇数設定 偶数設定 奇数設定 偶数設定 奇数設定 偶数設定 モードA 50. また、設定6のみはずれからモード昇格抽選があります。 モードA滞在時/A:99. 2% B:0. モードB滞在時/B:99. 6% C:0. モードC滞在時/C:99. 6% D:0. 逆にBT中は前作を打ってるのとほぼ同じ感覚で打てるので非常に面白い…。 ハイエナとしての狙い方もゲーム数一本ではなくスルー回数も複雑に絡んでくるので実は安い台ばっかり触ってたなんてことも多々あります。 しかし、最近は0ゲームやめが主流になってきてなかなか拾いづらいという印象ですね。

次の

沖ドキ2 有利区間ランプ 天国準備 チャンスモード 天井狙い 設定変更判別 | パチスロ ジゴク耳

絆2リセットランプ

数多のプレイヤーを魅了した5号機のレジェンドマシンである『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の2作目が遂に登場!! 本機『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』はバジリスクチャンス BC からバジリスクタイム AT への突入を目指すという通常時のフローを6号機で実現。 さらに「月下閃滅」と呼ばれるストック上乗せ特化ゾーンも新たに搭載されている。 ATは1セットあたり約40G継続で、1Gあたりの純増枚数は約2. 各セットの継続率は複数のシナリオによって管理され、多くのプレイヤーから支持を得た「絆高確」はもちろん、今作も健在だ。 さらに、BCのスルー回数狙いや設定推測要素などは前作の知識を活かすことができるようなので、導入日から積極的に狙っていきたい1台と言えよう。 内部状態を完璧に見極めるのは難しいが 高確35Gに関しては 偶数設定で選択されやすいため、チャンス役を引いていないにもかかわらず高確挙動が30G以上続いている場合は 偶数設定or モードC滞在時の非チャンス役で(超)高確ゲーム数獲得のいずれかに期待できる。 なお、BCorAT後はレバーON時にステージが決定するが、このタイミングで自力で超高確へ移行させた場合は吉田宿スタートになることがあり、その場合は設定5以上確定とはならない(移行契機を完璧に見極めるのは不可能)。 BC当選時のAT当選率に影響を及ぼす通常時のモードは A~Dの 全4段階が存在し、 モードD滞在中のBCはAT確定。 前作同様、 AT非当選のBC終了時に現在滞在中のモードテーブル(全16種)を参照してモードが移行していく仕組みだ。 なお、各テーブルの最後には通常Dがセットされているため、スルー回数天井に到達することができればAT当選確定となる。 前作同様、通常時はBC間にもモード昇格抽選が行われており、抽選のメイン役はチャンス目(昇格率は調査中)。 上記の通り、メインリールと液晶出目を注視していれば成立を察知できる。 今作のモードDは前作とやや異なり、滞在中のBCはAT当選だけでなくいずれかの絆高確発動も確定。 ゆえに1セット目の争忍で絆高確が発動しなかった場合はモードC以下に滞在していたことが確定する。 通常時のモードテーブル詳細 チャンス目成立時のモード昇格率は 偶数設定優遇 通常時のモード昇格抽選は チャンス目成立時に行われ、現在の滞在モードと設定の偶奇を参照して昇格率が変動。 なお、 設定6のみハズレ時にもモード昇格抽選が行われる。 1 ここから設定推測するのは難しい!! チャンス目確率とハズレ確率を加味した通常時における1Gあたりのモード昇格率は上表の通り。 ハズレでのモードアップ抽選が行われるのは設定6のみだが、影響はそれほど大きくはない。 なお、前作はモード昇格率が常に一定だったため設定推測材料として有用な要素であったが、今作では滞在モードによって昇格率が大きく変動するため、設定推測においては重視すべき要素ではなくなっている。 朧台詞C発生時はBC2回以内にAT当選!! 台詞Bが発生した場合はテーブル8以上(=2回目のBCまでにCorDスタートがあるテーブル)確定かつ、選択率が全設定共通のテーブル10滞在を否定。 テーブル8以上は偶数設定で選択されやすいため、AT後に台詞Bを頻繁に確認できれば偶数設定の可能性が高まる。

次の