厚木 へら 鮒 センター。 へら鮒

釣り場・釣り堀

厚木 へら 鮒 センター

陽射し暑いです。 風は冷たく晩秋の穏やかな釣日和。 来ました~春以来です。 厚木へら鮒センター。 新ベラ狙いではありません。 我が手中に収めた、中尺竿で底釣りしたかったんです! 竿袋はガッカリですが、メタリックブルーの洒落た軽量14尺です。 「株理論」出まくりの最高に楽しい竿です。 水深3.6m位の底から重量感ある新ベラがずしっり竿にぶら下がります。 やや先調子ですが、柔らかいので竿の中程で良く曲がります。 たまんねー。 中尺サイコー。 眩しい白い新べらです!重い魚です。 今日は一日底釣りです。 両ダンゴの底釣りです。 ブルーが美しい... 餌は色々ためしました。 小生の釣り座の後ろを振り返ると。。。。 えー~居ているやん!ご本人様がっ!ラッキーな一日。 釣果なんてどうでもよいです。 青空に真っ青な中尺が満月のごとく曲がります釣味最高です。 ・1時間目1尾 ハリス30、35cm 餌 夏ダンゴ1、粒戦1 約3.6mの水底に果たして新べら君が居るのか??底はちゃんと取れたか? 開始30分くらいでサワリが出ます。 スレ、すっぽ抜けが3尾くらい続いて、やっと初ヒット。 口先ギリギリ掛かっています。 どうもチクっ!て刻み良い消込でがでません。 浮トップ2節くらいがニューて鈍く消込ます。。 喰い気が弱いのか。 ・2時間目8尾 ハリス30、35cm 餌 同じ まぁまぁ釣れ始めました。 アタリの出方が小さく、鈍いです。。 釣味は最高。 へらF最高。 すっぽ抜けが多いのは浮の反応が鈍いのでアワセが遅くなっているかもしれません。 ・3時間目3尾 ハリス30、35cm 餌 同じ 釣果失速。 アタリサワリが激減。 浮が動きません。 ・4時間目2尾 ハリス30、35cm 餌 冬ダンゴ1、マッハ1 別に凄グル 寄せ不足か?マッハを混ぜた餌に変更。 グルテンが喰うと聞いたので片針にグルテンを付けてみました。 事態はダメダメです。 グルテンに喰ってくることはありませんでした。 ・5時間目3尾 ハリス30、35cm 餌 冬ダンゴ1、マッハ1 別に凄グル 低調を維持。 慣れない中竿の振り込み練習です。 これも楽しいですね。 ・6時間目7尾 ハリス30、35cm 餌 ぺれ底) 浮の感度鈍いのか2回り小さいモノに変更。 餌も別物に変更。 浮の動きは増えますがサワリは小さく少ないです。 アタリは大きくぴょこと消込ます。 いい泡付が浮いてくるのですが、浮は静止する時間が長いです。。 何故? 帰り時間も近づき、執念の上がりベラは。。。 リャンコ!ラッキーなENDです。 今日最初で最期のリャンコ。 ダブルで新べら。 いいねー 今日は、小さい浮が良かったです。 中尺を振り込みやすく練習できる錘背負う大きな浮 でした。 エアレーションで活性高めてます。 池の周りは良い風景です。 今日は実に楽しい一日でした。 満足満足。 週末はトムキャットvsイーグルの中尺バトル?ですね! 自分も日曜日は底13尺で束釣りに挑みま〜す。 先週、熊で18尺を使ってた方は良形クチボソの猛襲でしたよ。 沖目はクチボソゾーンだと思いました。 クチボソWも初めて見ましたし。 渡り桟橋中央部からなら、14尺で逆駆け上がりで戻りが早いかもしれません。 因に自分は底釣りの醍醐味?の馴染んで戻ってツンっは釣りにくいと思ってますのでやめました。。 やめてから釣果は格段に伸びました。 我が家のセカンドカーはチープな国産ワゴン。。 厚木は行ったことありません。 まだまだ行く事はありませんね〜 なんせ3人目の子供が来年産まれる予定なので 笑 投稿: 荒し屋 2014年11月 6日 木 07時13分 マサさん たぶん、熊なら釣座やセッティング次第で通年束は狙えると思います。 ウキは常に動きますからね。 風に強い?ウキはうどんウキの応用です。 一応、理論的なは考えはあります。 セッティング次第ですが。 てらおさん 土曜日ですかぁ 残念。。 三子目が出来て益々行けなくなりました。 土日のどちらに行くかとなると、やはりある意味日曜日が面白いです。 道路側は難易度が高いですからね。 自分もどこまでやれるか試してみたいとは思っておりますが、一人釣行だとやはり釣りやすく慣れた渡り桟橋に行ってしまうんですよね。 熊は意外と難しい釣場だと思いますね。 手前だと根掛かり多発。 長尺だと後木に引っ掛かりやすい〜 投稿: 荒し屋 2014年11月10日 月 16時38分 てらおさん つい最近までヤフーブログ非公開でやってましたが、あることからヤフーに不信感があり、id削除しました 笑 あと、嫁が自分のブログ見たり、前はめがみさんの投稿も見られた事があって、下手に投稿したら大変な事になりそうで。。 マサさん 今日は休みではありません。 嫁にはナイショ〜 ブログは徐々に洗練されていく事でしょう〜 本日は11時前に到着。 竿は本式三本。 コレが失敗… 先ずは13尺底。 自分は本式使うとハリス切れが多発する事が分かってたので、上下とも05でセッティング。 しかし、一時間も経たない内にハリ伸びが多発。 しかも高切れ〜 仕方無く、11尺に変更。 やはり同様にハリ伸び多発。 二時チョイに高切れ〜 戦意喪失… 家族で品川水族館へ行って来ました。 たぶん、今後は本式で底釣りはしません。 伊吹も同様… 自分には不向きな竿だと確信しました。 まだまだ両ダンゴは良かったですよ! 投稿: 荒し屋 2014年11月12日 水 18時16分 てらおさん 自分は荒し屋です! 笑 今度の日曜日も両ダンゴの底釣りします。 まだ今の時期ならセットやグルテンで待ち釣りに近い釣りより、両ダンゴで早いアタリを攻めた方が釣果は伸びるかなと。 自分の場合、最善のセッティングで、ただ馴染ませて戻ってツンって理想のアタリだけではカラになりやすいなと感じてます。 振り込み、ラインメンディング、テンションコントロール、心のリズムといったセッティング以外の人的技量が最大のキモだなと思う今日この頃であります。 先程、嫁と東京医療センター産婦人科へ行って、チョイと不安な診断結果で来週末まで心配な毎日をおくることに… 心配で釣果落ちるかも〜 投稿: 荒し屋 2014年11月13日 木 14時13分 嫁は苛立ってます 汗 一触即発 汗 自分の場合、ラインメンディングは主に振り切る振り込みで狙ったポイントへなるべく正確にラインメンディングにて誘導し、トップのメモリを確認しながらテンションをコントロールしてます。 基本、ラインテンションは張らず緩めずです。 常にニュートラルを意識しながら。 物理的には張り気味にはなりますね。 そうこうしているといろんな状況変化が表れますね。 底釣りが安定化するのに自分は季節にもよるでしょうが最低二時間は要します。 その間の釣果はオマケ。 仕掛けの安定化。 ヘラの安定化。 底状態の把握と安定化。 アタリの出方の監察等々。 しかし、全て上手くはなかなかいかないのが現実ですが、これらを意識しながら釣りを組み立てているつもりです。 最近は… 投稿: 荒し屋 2014年11月13日 木 18時20分.

次の

営業案内 of 厚木へら鮒センター

厚木 へら 鮒 センター

釣行概要 【釣行日】 2020年6月24日 【釣行時間】 6:30-12:20 【場所】 【釣果】 へらぶな…108枚 タックル ・竿… ・ウキ…吉田作『深ダナパイプ』 ・道糸…1. 0号 ・ハリス…0. 6号 上 30cm 下 40cmからスタート ・ハリ… ・エサ…、、、 コメント 今回は10数年ぶりに厚木へら鮒センターさんへ行ってきました。 へら鮒と言ったら…千鮎先生でしょ! ご指導いただきました 笑 仕掛けは色々な名人から教わったものをミックスして、先生に作っていただきました~。 エサはちょっと試したいものがあったので自分で作ってみたしたよ。 昔々にへら鮒釣りをかなりやっていたときに爆釣したエサなんです。 大学生くらいのときに書いた秘伝の配合ノートが残っていたので、それを見ながら現行のエサでアレンジしました。 前日の夜に調理開始です 笑 まぁ~簡単に言うと…トロコンです。 最近はこんなエサを使う人は少ないんじゃないんですかね? さて…釣れたんでしょうか? 釣り座に着き準備開始…。 ウキ調整でオモリを切り過ぎたりと久しぶり過ぎて感覚が鈍ってます 笑 それがある意味、新鮮で楽しいんですけどね…。 7時すぎくらいからメーターの宙釣りを開始~! 2投目か3投目でいきなりいいアタリが…キター!! 早速1枚目をゲットしちゃいました 笑 ダブルヒット キレイなへらぶな~ きれいなへらぶな~ 千鮎先生の良型 その後はコンスタントに釣れていましたがウキがなじまなくなってきました。 千鮎先生からはへらが沸くよと言っていた通りに養殖場のように沸いてきます。 魚影の濃さはバツグンですね! そこで元エサにとろスイミーを一握り入れて少し比重を付けてみました。 さっきよりはなじむようになりましたがまだまだ沸いてきます。 そこでハリスを思いきって10cmずつ短くしてみたらバッチリ! アタリが取りやすくなりました。 なじみながらウキがドンと入り、大きいアタリをとりながら釣れ続きます。 しかも、何度もダブルでかかったりと楽しい~! ダブルを2連チャンとかもありしたよ 笑 毎投少しずつずらしながら投入して沸かないようにしていましたが魚影が濃すぎて、さらにウキのなじみが悪くなりました。 さらにハリスをもっと短く調整してみました。 とろスイミーを入れて重くすればなじむかと思ったんですけど…逆に重くなってもバラケ性が強くなり、へらを寄せてしまいそうだってのでハリスで様子をみました。 しっかりなじむようにはなりましたけど今までと同じアタリでスレになるようになってきました。 下バリの長さを15cmくらいまで短くしたのが原因でしょうね。 たぶん、20cmか25cmくらいにして追わせながらなじませて釣った方が釣りやすい感じがしましたけど、残り時間があまり無かったので試さずそのまま釣りをしちゃいましたけどね 笑 そんな感じでよく釣れましたよ~! お昼ご飯が待っていたので12時20分くらいに上がりベラを釣って終了~! 途中でペースが落ちましたけど…、 最終釣果は…108枚!! 美味しいお昼ご飯 厚木へら鮒センターさんのお昼ご飯はメチャクチャ美味しいです! コンビニ弁当を持っていくくらいならお昼を頼んでおきましょう! 受付の所にボードがあるので名前を書いておけばお昼時間に用意しておいてもらえます。 オススメです! 秘伝の配合のレシピ 笑 『極上とろろ』分包1袋を繊維を切らないように優しくほぐし、そこに水を400cc入れてよくなじませます。 ダマになっていないかを指で触ってチェックしてくださいね。 水は水道水を使わないようにしています。 カルキが入っていない水がオススメです。 へらだって塩素臭いエサは食べたくないでしょうから… 笑 次に水でヒタヒタになったとろろに『とろ選』300ccを入れて、折りたたむように混ぜます。 繊維をなるべく切らないように優しく混ぜるのがポイントです きれいに混ざったら『段差バラケ』300ccを入れて同じように優しく混ぜれば完成です。 これを2つくらいに小分けにして袋に入れてクーラーBOX等で冷して釣場へ 持っていきます。 なぜ釣り場で作らないかというと…とろろの中に入れた麩が水を中々吸わないんです。 水を吸わせる時間が必要なんです。 さらに熱い所に置いておくと繊維が切れたり弱くなっててバラケ性がUPしてしまいます。 クーラーBOX等に入れて冷して持っていきましょう。 小分けにして使えば常に繊維が強いエサが使えます。 ちょっとヌルヌルするのでエサが付けにくいかもしれませんけど、これからの時期の沸きすぎるへら対策に使ってみてはいかがですか? 両ダンゴエサよりもカラツンが少なく釣りやすいと思いますよ。 ちなみに今日の状況だったら比率を変えて、とろ選を400~500ccにして段差バラケを200~100ccの方がバッチリはまりそうな感じがしました。 沸きすぎるときは段差バラケを少なめにして、沸きにくいときは段差バラケを多めにした方がいいと思います。

次の

厚木へら鮒センター

厚木 へら 鮒 センター

陽射し暑いです。 風は冷たく晩秋の穏やかな釣日和。 来ました~春以来です。 厚木へら鮒センター。 新ベラ狙いではありません。 我が手中に収めた、中尺竿で底釣りしたかったんです! 竿袋はガッカリですが、メタリックブルーの洒落た軽量14尺です。 「株理論」出まくりの最高に楽しい竿です。 水深3.6m位の底から重量感ある新ベラがずしっり竿にぶら下がります。 やや先調子ですが、柔らかいので竿の中程で良く曲がります。 たまんねー。 中尺サイコー。 眩しい白い新べらです!重い魚です。 今日は一日底釣りです。 両ダンゴの底釣りです。 ブルーが美しい... 餌は色々ためしました。 小生の釣り座の後ろを振り返ると。。。。 えー~居ているやん!ご本人様がっ!ラッキーな一日。 釣果なんてどうでもよいです。 青空に真っ青な中尺が満月のごとく曲がります釣味最高です。 ・1時間目1尾 ハリス30、35cm 餌 夏ダンゴ1、粒戦1 約3.6mの水底に果たして新べら君が居るのか??底はちゃんと取れたか? 開始30分くらいでサワリが出ます。 スレ、すっぽ抜けが3尾くらい続いて、やっと初ヒット。 口先ギリギリ掛かっています。 どうもチクっ!て刻み良い消込でがでません。 浮トップ2節くらいがニューて鈍く消込ます。。 喰い気が弱いのか。 ・2時間目8尾 ハリス30、35cm 餌 同じ まぁまぁ釣れ始めました。 アタリの出方が小さく、鈍いです。。 釣味は最高。 へらF最高。 すっぽ抜けが多いのは浮の反応が鈍いのでアワセが遅くなっているかもしれません。 ・3時間目3尾 ハリス30、35cm 餌 同じ 釣果失速。 アタリサワリが激減。 浮が動きません。 ・4時間目2尾 ハリス30、35cm 餌 冬ダンゴ1、マッハ1 別に凄グル 寄せ不足か?マッハを混ぜた餌に変更。 グルテンが喰うと聞いたので片針にグルテンを付けてみました。 事態はダメダメです。 グルテンに喰ってくることはありませんでした。 ・5時間目3尾 ハリス30、35cm 餌 冬ダンゴ1、マッハ1 別に凄グル 低調を維持。 慣れない中竿の振り込み練習です。 これも楽しいですね。 ・6時間目7尾 ハリス30、35cm 餌 ぺれ底) 浮の感度鈍いのか2回り小さいモノに変更。 餌も別物に変更。 浮の動きは増えますがサワリは小さく少ないです。 アタリは大きくぴょこと消込ます。 いい泡付が浮いてくるのですが、浮は静止する時間が長いです。。 何故? 帰り時間も近づき、執念の上がりベラは。。。 リャンコ!ラッキーなENDです。 今日最初で最期のリャンコ。 ダブルで新べら。 いいねー 今日は、小さい浮が良かったです。 中尺を振り込みやすく練習できる錘背負う大きな浮 でした。 エアレーションで活性高めてます。 池の周りは良い風景です。 今日は実に楽しい一日でした。 満足満足。 週末はトムキャットvsイーグルの中尺バトル?ですね! 自分も日曜日は底13尺で束釣りに挑みま〜す。 先週、熊で18尺を使ってた方は良形クチボソの猛襲でしたよ。 沖目はクチボソゾーンだと思いました。 クチボソWも初めて見ましたし。 渡り桟橋中央部からなら、14尺で逆駆け上がりで戻りが早いかもしれません。 因に自分は底釣りの醍醐味?の馴染んで戻ってツンっは釣りにくいと思ってますのでやめました。。 やめてから釣果は格段に伸びました。 我が家のセカンドカーはチープな国産ワゴン。。 厚木は行ったことありません。 まだまだ行く事はありませんね〜 なんせ3人目の子供が来年産まれる予定なので 笑 投稿: 荒し屋 2014年11月 6日 木 07時13分 マサさん たぶん、熊なら釣座やセッティング次第で通年束は狙えると思います。 ウキは常に動きますからね。 風に強い?ウキはうどんウキの応用です。 一応、理論的なは考えはあります。 セッティング次第ですが。 てらおさん 土曜日ですかぁ 残念。。 三子目が出来て益々行けなくなりました。 土日のどちらに行くかとなると、やはりある意味日曜日が面白いです。 道路側は難易度が高いですからね。 自分もどこまでやれるか試してみたいとは思っておりますが、一人釣行だとやはり釣りやすく慣れた渡り桟橋に行ってしまうんですよね。 熊は意外と難しい釣場だと思いますね。 手前だと根掛かり多発。 長尺だと後木に引っ掛かりやすい〜 投稿: 荒し屋 2014年11月10日 月 16時38分 てらおさん つい最近までヤフーブログ非公開でやってましたが、あることからヤフーに不信感があり、id削除しました 笑 あと、嫁が自分のブログ見たり、前はめがみさんの投稿も見られた事があって、下手に投稿したら大変な事になりそうで。。 マサさん 今日は休みではありません。 嫁にはナイショ〜 ブログは徐々に洗練されていく事でしょう〜 本日は11時前に到着。 竿は本式三本。 コレが失敗… 先ずは13尺底。 自分は本式使うとハリス切れが多発する事が分かってたので、上下とも05でセッティング。 しかし、一時間も経たない内にハリ伸びが多発。 しかも高切れ〜 仕方無く、11尺に変更。 やはり同様にハリ伸び多発。 二時チョイに高切れ〜 戦意喪失… 家族で品川水族館へ行って来ました。 たぶん、今後は本式で底釣りはしません。 伊吹も同様… 自分には不向きな竿だと確信しました。 まだまだ両ダンゴは良かったですよ! 投稿: 荒し屋 2014年11月12日 水 18時16分 てらおさん 自分は荒し屋です! 笑 今度の日曜日も両ダンゴの底釣りします。 まだ今の時期ならセットやグルテンで待ち釣りに近い釣りより、両ダンゴで早いアタリを攻めた方が釣果は伸びるかなと。 自分の場合、最善のセッティングで、ただ馴染ませて戻ってツンって理想のアタリだけではカラになりやすいなと感じてます。 振り込み、ラインメンディング、テンションコントロール、心のリズムといったセッティング以外の人的技量が最大のキモだなと思う今日この頃であります。 先程、嫁と東京医療センター産婦人科へ行って、チョイと不安な診断結果で来週末まで心配な毎日をおくることに… 心配で釣果落ちるかも〜 投稿: 荒し屋 2014年11月13日 木 14時13分 嫁は苛立ってます 汗 一触即発 汗 自分の場合、ラインメンディングは主に振り切る振り込みで狙ったポイントへなるべく正確にラインメンディングにて誘導し、トップのメモリを確認しながらテンションをコントロールしてます。 基本、ラインテンションは張らず緩めずです。 常にニュートラルを意識しながら。 物理的には張り気味にはなりますね。 そうこうしているといろんな状況変化が表れますね。 底釣りが安定化するのに自分は季節にもよるでしょうが最低二時間は要します。 その間の釣果はオマケ。 仕掛けの安定化。 ヘラの安定化。 底状態の把握と安定化。 アタリの出方の監察等々。 しかし、全て上手くはなかなかいかないのが現実ですが、これらを意識しながら釣りを組み立てているつもりです。 最近は… 投稿: 荒し屋 2014年11月13日 木 18時20分.

次の