ヘブンズドアー スタンド。 「ヘブンズドアー」スタンド能力詳細と発動条件の成長記録 【ジョジョの奇妙な冒険】

ジョジョの露伴のスタンド「ヘブンズドアー」って最強ですか?

ヘブンズドアー スタンド

目次一覧• 岸辺露伴 きしべろはん とは 歴代岸辺露伴。 今回のはアニメ5部のデザイン寄りな印象 — バカヤナギ ジョジョ アメコミ ゲーム 映画 bakayanagi2019 岸辺露伴とはジョジョの奇妙な冒険、第4部に登場するスタンド使いの1人。 1979年生まれの20歳。 血液型はB型。 職業は人気漫画『ピンクダークの少年』の漫画家で16歳のころから連載しています。 アシスタントを雇うことなく週刊少年ジャンプの連載漫画を1人で書き上げています。 アシスタントを雇わないのは、人間関係が嫌で気苦労をしたくなことが理由。 しかし、連載漫画は4~5日で完成させる仕事の早さ。 漫画に対する愛情と探求心はとても強く、リアリティを描くためには普通の人がしないことも平気でしてしまうほどです。 広瀬康一たちが岸辺露伴の家を訪ねたときは、クモの内臓を見るためにお腹を割ったり、生きているクモを味見していました。 また、漫画のためなら、自分がボコボコにされた体験もネタにしてしますほどの凄さ。 そんな性格は普段の生活にも影響しています。 自分以上にスゴイ人間はいないと思っていて、誰であろうと小馬鹿にしています。 普段の生活でも好奇心も旺盛で極度の負けず嫌い。 「じゃんけん小僧」や「東方仗助とのチンチロリン」の危険と分かっている勝負も受けていました。 登場当初は漫画のネタのためにスタンド能力で、広瀬康一の体験を盗み見るなど危険を感じさせる人物でした。 また、東方仗助にボコボコにされたことから、東方仗助との人間関係はすこし微妙な感じ。 ただ、岸辺露伴は広瀬康一の人間性を気に入っていて、一方的に慕っています。 しかし、広瀬康一は過去の経験から岸辺露伴のことを少し警戒している微妙な関係となっています。 そして、岸辺露伴はジョジョ4部のボスキャラである「吉良吉影」と幼少のころに関係がありました。 吉良吉影が15年前に殺害した杉本鈴美と家族付き合いがあり、杉本鈴美は幼い岸辺露伴を吉良吉影から救った命の恩人でもあります。 幽霊である杉本鈴美と再会、そして杜王町にいる殺人鬼(吉良吉影)の存在を聞かされ空条承太郎たちと事件解決に協力するようになりました。 スタンド:ヘブンズドアーの能力と強さ 『岸辺露伴は動かない』楽しみにがんばろ!!! — フーゴ814 de9b3e353b854e7 岸辺露伴のスタンド『ヘブンズドアー』 ヘブンズドアーの能力は 『人を本にする能力で、体験した記憶や能力を読んだり書き換えることができる』 というもの。 岸辺露伴の漫画の原稿や空間に描かれたキャラクターを見たものは、心を奪われる形で体が本のようになってしまう。 スタンドのスピードはいたって普通だが、原稿を見せたり、空間にキャラクターを描く岸辺露伴本体のスピードははすさまじく並みのスタンドよりも速い。 東方仗助のスタンドクレイジーダイヤモンドのスピードよりも速く、初見で岸辺露伴の能力を防ぐことはほぼ不可能と思われます。 また、本にした相手の体の自由を奪ったり、記憶を読み取る、能力を書き換えるなどかなりチートな能力です。 「10m吹っ飛ぶ。 」「英語が話せるようになる。 」など、書き込むことでたいていのことは実現可能。 幽霊などの生きていないもの、目の見えない人には本にする能力は無効。 周りが見えなくなるほどキレた東方仗助には、岸辺露伴の原稿は全く見えておらずヘブンズドアーの能力は発動しませんでした。 ヘブンズドアーは成長していて岸辺露伴が原稿や空間に描く残像を見せなくても、スタンドが相手に触れることで本にする能力が発動するようになりました。 スタンド自体での物理的な攻撃シーンは少なく、「本にする」という特殊な能力に特化したスタンドとなっています。 4部のキャラで最強の能力なのか考察 岸辺露伴のスタンド『ヘブンズドアー』 対象人物を本の状態にしてしまえば「勝ち」というかなりチートな能力ですね。 作中では本の状態になると、スタンド能力者はスタンドが発動しない様子でした。 また、書き込んだことが実現するということも、他のスタンドに比べてもかなり尖った能力ですね。 もし「自分に対して攻撃できない」と書き込めば 、たとえ空条承太郎であっても敵うことはありませんね。 岸辺露伴が登場したジョジョ4部の中では最強といっても過言はないでしょう。 ただ、ヘブンズドアーの能力がバレていないことが条件です。 岸辺露伴を知らない定、奇襲攻撃にはもってこいのスタンド能力じゃないでしょうか。 使い手の岸辺露伴の精神力も強く、大抵のスタンド使いなら本にされてしまうのがオチでしょう。 もしかすると、あのディオにも勝つことができたかもしれませんね、 ただ、岸辺露伴がディオを目の前にしてヘブンズドアーを発動できるかどうかは不明です。 ディオの圧倒的な存在感は恐怖そのもの、岸辺露伴の精神力がその恐怖に打ち勝つことができればディオが相手でも勝つことはできるでしょう。 弱いという意見について 『岸辺露伴のヘブンズドアーは弱い。 』とう意見もあるようです。 確かにスタンド自体は攻撃力がほとんどなく、近距離タイプのスタンドと殴り合いといった戦いは不向きなスタンドです。 また、能力の発動条件がバレてしまうと対処される可能性が高い能力ですね。 能力の発動条件が整わなければ、他のスタンドには力及ばないスタンドなのです。 しかし、真正面からの戦いでヘブンズドアーの能力を防ぐことはかなり難しいんじゃないでしょうか? 能力の発動条件も、「漫画の原稿を見せる、空間に描いたキャラクターの残像を見せる」とタイムラグがあったものから、 「スタンドで触れる」と成長しています。 成長性を考えてもヘブンズドアーが弱いという意見には少し疑問が残るところです。 まとめ ・岸辺露伴とはジョジョの奇妙な冒険、第4部に登場するスタンド使いで、人気漫画家で『ピンクダークの少年』の作者。 ・ヘブンズドアーの能力は『人を本にする能力で、体験した記憶や能力を読んだり書き換えることができる』というもの。 ・岸辺露伴のスタンド、ヘブンズドアーの能力はジョジョ4部の中では最強といっても過言はない。 ・能力がバレている相手、能力が発動しないと弱いという意見もあるが、ヘブンズドアーの能力を防ぐことは難しいと考えられる。

次の

海外の反応 「ジョジョで一番好きなスタンド」【ネタバレ】

ヘブンズドアー スタンド

本編の始まる3ヶ月程前にスタンド能力を引き出す矢によって発現した 射ったのは。 スタンド名の元ネタはのフォークシンガーの「Knockin' On Heaven's Door」。 能力 人の記憶や能力を本 辞書 にして読んだり書き換えることが出来る能力。 基本的には、身体のどこかの部位が薄く剥がれるような形で「本」のページになる。 「本」には対象の肉体や精神が記憶している「人生の体験」が記されており、記述を読むことで相手や相手の知っている情報を知ったり、ページに書き込むことで相手の行動・記憶を露伴の思うとおりに制御することも可能となる。 「本」状態にする事は程度によっては物理的な影響を持つ。 皮膚の表面を多少めくる程度であれば影響はほぼ無いが、腕を一本まるごと巻物のように展開してしまうなどするとその部分には力が入らなくなる。 全身をそうされるとまともに動く事すらできなくなる。 またページは破り取り、物理的に保管できる。 だがその相手はページの質量分だけ体重が激減してしまう。 ある程度知能を持った動物や幽霊、また露伴自身にも能力は使用することができる。 能力をかけられた相手はヘブンズ・ドアーに本化によって物理的に逆らう事も、記述を読まれるため嘘をつくこともできず、命令を書き込めば相手の行動を完全に支配下に置ける。 それゆえに作中では「無敵」と称されることがあるが、相手によってはこの能力が逆効果になることもあるため一概に強いとは言えない。 具体的には、本人も知らないうちにスタンド能力を身につけていたような相手に対してヘブンズ・ドアーを使って記憶を読んでも、自覚のない相手の記憶の中にはスタンドの記述がないため、「こいつはスタンド使いではない」と思い込んで、警戒心を解いてしまう・スタンド等の情報を読むより先に、相手が始末した者とその動機についての文章が、相手の危険性を仄めかす印つきで明かされ、能力の特性を把握するどころではなくなるなど。 また、記憶などを読む能力は生きている相手にしか効果が無い。 死に瀕している人物をめくると徐々に内容が消えていく様が見られ、完全に死亡すると内容は全て消え、代わりに「死」の文字で埋め尽くされてしまう。 ・・・のだが、後日にそもそも生物でないものまで本にしだした(後述)。 通常であればあり得ないことだが、同様のスタンド能力を持つ相手だと、書き込んだ命令を上書きされて消されてしまう。 最初は自分で描いた漫画を相手に見せ、なおかつ相手と波長が合わないと発動できなかったが、後に空中に絵を描くだけでも能力を発動できるようになり、最終的にはスタンド像が確立され絵を見せなくても相手に触れることで本にすることも可能となった。 相手に命令や記憶を書き込む場合も、ペンなどを使わずに直接書ける様になる。 もちろん、遠隔操作型スタンドか、それ以下程度のパワーしかないが、など、全く力が無い程度のスタンドなら、喉元を掴み、能力を行使できるらしく、人間よりも弱い程度の力はあるようになった。 終盤でを攻撃した際はのような拳ラッシュを見舞っているが、不発に終わっている。 しかし、、、のバイツァ・ダストなど、第四部後半で露伴の前に現れた敵は、ヘブンズ・ドアーの真価を発揮できない相手が主であった。 相手への攻撃以外でも様々な応用が聞く能力で、 物理的にあり得ないことでもある程度実現可能。 「今すぐ後ろ向きに10m吹っ飛ぶ」と書くと物理法則を無視してその通りに吹っ飛ぶので緊急回避などに応用が効くし、「ネイティブ並にイタリア語を流暢に話せる」と書けば本人にイタリア語の知識が全く無くてもその通りに話せるようになるので、実社会でも優秀すぎる能力。 さらに(あるのかはわからないが)『 地獄に行く』と書き込むこともできる。 ただし、露伴自身のは読むことが出来ない。 また、あくまである程度なので、人によって定義がまちまちな 普通の人間にすることはできるかどうか怪しいとのこと。 容姿 露伴が描く「ピンクダークの少年」の主人公と同じ姿をしている。 基本ファンから白ベースに黄色淵で塗られていることが多い。 少年のような容姿だが本編以外ではロボットぽくなっていたりする。 もしかしたら「ピンクダークの少年」に合わせて変化しているのかもしれない。 こいつ、どこまで成長するんだ? 【溜池Now! 世界一受けたい「ジョジョの奇妙な」授業】内にて、原作者の荒木飛呂彦氏が使ってみたいスタンドに挙げられた。 曰く 『人の心の中を覗いてみて、その人の謎を見て見たい!』とのこと 関連イラスト.

次の

ジョジョの奇妙な元ネタ紹介! その⑪ 「ヘブンズ・ドアー」

ヘブンズドアー スタンド

スポンサードリンク 来週のジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない、漫画家の家に遊びに行こう その1 です。 岸辺露伴という漫画家、彼のスタンド 天国の扉ベブンズ・ドア です。 相手の記憶をページをめくる能力!お楽しみに! — よろずや鈴ちゃん suzuchan0324 ヘブンズ・ドアー(岸辺露伴):破DスB射 十数m持B精C成A:本体は漫画家。 自作の漫画を見た相手を「本」に変える。 「本」にはこれまでの人生の全てが記録されており、本体はそれを自由に読むことができる。 また余白に命令を書き込むことで、それを強制させる。 でもチープトリックに苦戦した。 結局最強なのはどのスタンドなんだろう?とか考えると夜も眠れないです。 — 曹洪の三国志『三国志漫画劉備くん』 soukou2314 私は長年ヘブンズドアー最強説を唱えていたんですが露伴がアワビに殺されかけてるのを見て考えを変えたくちです。 やっぱりキンクリが最強です。 でもチープトリックに苦戦した。 結局最強なのはどのスタンドなんだろう?とか考えると夜も眠れないです。 — 曹洪の三国志『三国志漫画劉備くん』 soukou2314 発動さえしてしまえばヘブンズドアーは最強でしょ — つきひま tukihima 億泰にヘブンズドアー使ってめちゃくちゃ頭良くしたら途端に最強キャラになるよな — 38、神バラ、大西ライオン、ザザ虫、 00380316 スポンサードリンク ヘブンズドアーは自分にも書き込める ソース:岸辺露伴ルーブルへ行く ので、とりあえず自分に書き込みまくって最強マンになる。

次の