ポニョ 山口 智子。 山口智子

崖の上のポニョ

ポニョ 山口 智子

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2019年5月) やまぐち ともこ 山口 智子 本名 唐澤 智子(からさわ ともこ) (旧姓:山口) [ ] 生年月日 1964-10-20 (55歳) 出生地 身長 170 血液型 職業 ・ ジャンル ・ 活動期間 - 配偶者 (1995年 - ) 事務所 公式サイト 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 映画 『』 『』 山口 智子(やまぐち ともこ、 - )は、のである。 戸籍名、 唐澤 智子(からさわ ともこ)。 旧姓:山口。 [ ] 出身。 夫は俳優の。 身長170cm。 来歴 時代には生徒会会長を務めた。 、家政学科卒業。 短大在学中は広告研究会に所属した。 幼少期より将来は家業の旅館を継いで女将にと言われ続け、「家族の期待に応えたい」一方で「本当にそれが自分の望む道なのか」と葛藤を抱えて育つ。 現場での修業を重視し大学受験は不要と考える親に対し、推薦入学での進学という方法を見出し、「2年たったら帰ってくるから」と東京の短期大学に進学。 家を出て女子学生寮で生活し、家業の旅館を継ぐ以外の可能性を模索する中、短大在学中に声をかけられモデルとして活動を開始する。 、でデビュー。 にはこの年からスタートしたのキャンペーンガールにも就任。 当時はに所属していた。 この頃、コマーシャル・モデルの仕事もしていて、グループのパンフレット(総合案内、結婚式用)のモデルを務めた。 23歳となり、所属事務所に届いた案内をたまたま目にして応募したのヒロインオーディションに合格し、度後期放送の『』でヒロインを務め デビュー、後に夫となると義弟役で共演する。 その後、や、など数々ののヒロイン級の役柄を担当し、一躍スターダムにのし上がる。 にはシリーズモノは別として枠のに異例とも言える3作品に主演した。 また、全盛期の山口智子出演ドラマは同世代の女性達から支持を集め、いずれも高視聴率が取れたため「連ドラクイーン」や「高視聴率の女王」とも呼ばれた。 目標を持たぬまま目前の仕事に取り組むうちに30歳を迎え、自分が何に関心があるのかを見つめ直し自分が納得することをしてみたいと、の『』出演を境に女優業から一旦遠ざかり、幼い頃より抱いていた「主婦になりたい」という夢を叶えるため当面の間主婦業に専念する。 に唐沢寿明と結婚してからは女優業を徐々に縮小し、を中心に仕事をシフトしている。 には世界中を旅して出会った多様なと文化を収録する映像シリーズ「LISTEN. 」 のプロデュースを開始し、自身のライフワークとしている。 の『』で『ロングバケーション』以来16年ぶりに連続ドラマに出演 、には『ロングバケーション』以来19年ぶりの連続ドラマのラブストーリーとなる『』に出演。 に出演した『』では、『ロングバケーション』で共演したとの22年ぶりの再共演で話題を呼んだ。 現在は単発的にTV出演などのタレント活動もしている。 には同年度前期放送のNHK連続テレビ小説『』で『純ちゃんの応援歌』以来31年ぶりに朝ドラに出演 、また7月期放送の『』で『ロングバケーション』以来23年ぶりにフジテレビへ出演した。 私生活では、1988年の『純ちゃんの応援歌』での共演で知り合った唐沢寿明と、2月に発生したを装った男性の自宅への侵入事件をきっかけに交際が発覚し、1995年12月に結婚した。 「気持ちさえあれば」と、新婚旅行も結婚式も指輪交換も行わなかった。 特殊な家庭環境で育ったことからを信用しておらず、「『親』というものになりたくない」と「子供のいる人生じゃない人生」を選択し、子供は設けていない。 人物 実家は栃木市内にかつて存在した創業120年のの「ホテル鯉保(こいやす)」で、業績不振と実父の死去に伴う後継者難により8月31日で廃業。 一人娘で家業を継ぎ女将となることが定められていたが 、旅館を一人で切り盛りする祖母の苦労を目にして家業のために自身を犠牲にする祖母の生き方に疑問を抱き、家や宿命に縛られることなく後悔しない人生を自身で選びたいと実家を離れた。 俳人を経済的にも支援した門弟の子孫にあたる。 に20代から10年間にわたって本格的に取り組み、15年のブランクを経て、本場のスペイン・の旅先で目にした日常生活の中で何気なく踊られる踊り手の人生が投影されたフラメンコに触発されて、2017年より再び練習を再開した。 元ダンサー役を演じるNHK連続テレビ小説『なつぞら』では、劇中でフラメンコのエッセンスを生かしたダンスを披露した。 (1988年10月3日 - 1989年4月1日)- 小野純子 役• (2019年4月1日 - 9月28日)- 岸川亜矢美 役• (1989年7月3日 - 9月25日、)- 沢口優子 役• (1989年10月19日 - 1990年3月22日、フジテレビ、)- 海棠千晶 役• 咲くや花嫁(1990年1月2日、NHK)• (1990年5月9日、日本テレビ)• (1990年4月3日、日本テレビ、、) - 高木和子 役• 普通の結婚式(1990年4月6日、)• 殺しのインターチェンジ(1990年5月14日、)• 「新婚」(1990年6月26日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場、) - 橋本安子 役• 1 耳を噛む犬(1990年7月17日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場、) - 栃尾彩子 役• 女動物医事件簿2 炎を吐いた猫(1991年3月12日)• 女動物医事件簿3 人見知りする犬(1991年12月17日)• おっと、あぶない!(1990年8月23日、)• おっと、あぶない!2(1991年1月16日)• おっと、あぶない!外伝(1993年2月18日)• 車椅子ごと抱きしめたい(1990年8月25日、日本テレビ、障害者福祉キャンペーンドラマ)• 愛犬が暴く完全犯罪! (1990年10月9日、、) - 篠原祥子 役• 隠し絵の女(1990年10月30日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場)• (1991年2月10日、TBS)• プサマカシ 若き助産婦のアフリカ熱中記(1991年2月19日、日本テレビ、)• どんでん夫婦(1991年3月21日、読売テレビ、)• (1991年4月11日 - 6月27日、フジテレビ)- 田代美幸 役• 五月の風(1991年5月22日、日本テレビ)• (1991年7月5日 - 9月20日、TBS、)- 鳥居忍 役• (1992年4月9日、読売テレビ、)• 六畳一間一家六人(1992年4月17日 - 6月26日、NHK)• (1992年4月18日 - 6月27日、日本テレビ、)- 伊藤すみれ 役• ジャック・アンド・ベティ物語(1992年8月10日 - 17日、TBS、月曜ドラマスペシャル)• (1992年10月14日 - 12月23日、日本テレビ)- 川島笑子 役• 天国に一番近いママ(1993年4月6日、日本テレビ)• (1993年4月16日 - 6月25日、TBS)- 花岡都 役• ダブル・キッチンお正月スペシャル 花岡家ハワイに行く 壮絶バトル! ハワイ産玉のれんと鼓初登場(1994年1月2日)• (1994年1月9日 - 3月27日、TBS、) - 井上若葉 役• (1994年10月20日 - 12月22日、フジテレビ、木曜劇場)- 矢吹典子 役• (1995年4月19日 - 7月5日、フジテレビ)- 磯野しずか 役• 「しばしのお別れ」(1996年3月27日、フジテレビ)- 二葉鳳翆 役• (1996年4月15日 - 6月24日、フジテレビ)- 葉山南 役• (2004年1月2日、TBS)- 役• (2012年10月9日 - 12月18日、関西テレビ)- 坪井沙江 役• (2014年3月22日・23日、TBS、ドラマ特別企画)- 愛知晴子 役• (2015年4月8日 - 6月10日、フジテレビ)- 鴨田静 役• (2017年7月14日 - 9月15日、TBS) - 風かほる 役• (2018年2月22日 - 3月1日、テレビ朝日) - 小田切仁美 役• 監察医 朝顔『特別編』(2019年9月30日、フジテレビ) 教養・ドキュメンタリー• Letters 彼女の旅の物語(2001-2003年、)• 山口智子の旅シリーズ 第1弾:ゴッホへの旅〜私は、日本人の眼を持ちたい〜(2005年11月22日、)• 山口智子の旅シリーズ 第2弾:北斎とドガ〜生きること、仕事をすること〜(2006年9月29日、BS日テレ)• エルミタージュと私〜山口智子 名画を語る〜(2006年10月19-22日、日本テレビ)• 史上最大の女帝エカテリーナ 愛のエルミタージュ物語(2006年10月23日、日本テレビ)• BS日テレ開局7周年特別番組 山口智子の旅:ロダンの浮世絵〜人間、花の中の花! 〜(2007年、BS日テレ)• -茶の湯 武者小路千家 初釜を楽しむ-(2008年1月7-28日、、全4回)• 山口智子の音楽遺産(2008年12月29-30日、WOWOW)• 天才ダ・ヴィンチ 伝説の巨大壁画発見! (2008年、日本テレビ)• 生誕200年記念特別番組 「山口智子の時を旅し時を奏でる」! okaeri 山口智子 美の巡礼 第1回「装飾は語る ハンガリー・アール・ヌーヴォーの来た道」 、• okaeri 山口智子 美の巡礼 第2回「文様が囁く〜クロアチア 黄金と巨石を運ぶ海の道」 、• BS朝日新春スペシャル 「向田邦子が教えてくれること〜山口智子と考える"絆"〜」 、 バラエティ• (日本テレビ)• (NHK)(1989年10月 - 1990年1月に週替わりで出演していた。)• (日本テレビ)(1989年6月 - 1990年1月に不定期出演していた。)• (TBS)(不定期出演)• 森田一義アワー 笑っていいとも! (1989年6月26日・1991年4月10日、フジテレビ)(テレフォンショッキングゲスト。 ) 映画• (1992年、東映)• (1993年、として参加) - キャシー野崎 役• (1994年、と共演:新人賞)• (1994年、ヘラルド・エース)• (1995年、東映)• (1996年)• (1996年)• (1996年)• (2008年、日本語吹き替え) - コールター夫人 役• (2008年、として参加) ラジオ• カラーオブライフ(2011年2月19日 - 3月12日、東京FM) CM• 『』(1990年・1991年)• (1989年- 1993年)• 『Simple 』(1993年)• 『ダイナミック』 「それがあなたのいいところ」篇(1993年・1994年)• 『シャルダン』(1993年 - 1996年)• 『』(1994年 - 1996年)• 『』(1995年)• 『UNTITLED(アンタイトル)』• 「京阪で近道」(1993年 - 1996年)• (1996年 - 2000年)• 「味の素ギフト」(1997年 - 1998年)• 『LOOK JTB』(2000年)• 『アスプリール』(2000年 - 2005年)• 『Miu』(2001年)• 『バースデー割引』(2001年 - 2002年)• (2001年 - 2003年)• 『ボトムス』(2002年)• 『うぶ茶』(2002年)• 『』(2003年 - 2006年)• 『スクラッチ』(2003年 - 2006年)• 『新炭濾過・純生』(2004年)• 「singing AEON」(2004年 - 2008年)• 『山笑う』(2007年)• 『アサヒ オフ』(2009年)• 『』 (2009年)• 『朝食プロバイオティクスヨーグルト』(2011年 - 2012年)• 『しゃべってコンシェル』(2012年)• 『オールフリー』(2013年 - )• (2015年 - )• アサヒビール アサヒもぎたて(2019年 - ) Web• okaeri 山口智子 美の巡礼 (2010年04月19日) 受賞歴 1995年• 第5回 助演女優賞(『』) 1996年• 第9回(『』)• 主演女優賞• ベストドレッサー賞 著書• 『手紙の行方:チリ』(ロッキンオン)• 『反省文:ハワイ』(ロッキンオン)• 『恋文 女帝エカテリーナ二世 発見された千百六十二通の手紙』(著)小野 理子、 山口智子(アーティストハウス)• 『楽しい和ー』(小学館)• 『名も知らぬ遠き島より』(筑摩書房)• 『掛けたくなる軸』(朝日新聞) DVD• 山口智子の旅シリーズ 山口智子 ゴッホへの旅 〜私は、日本人の眼を持ちたい〜 (2006)• 山口智子の旅シリーズ第2弾 山口智子 北斎とドガ「生きること、仕事をすること」(2007) その他• ・共同で展開するファッションブランド「山笑う」をプロデュース• が役で配役しようとしたが監督やら主要キャスト声優などの反対と本人の固辞で幻の出演予定作品。 脚注 [] 注釈• 110. インタビュアー:錦光山雅子. 朝日新聞 Dear Girls. 2019年7月5日閲覧。 インタビュー. 100. 2019年5月25日閲覧。 インタビュアー:FRaU編集部. 2019年5月24日閲覧。 Twin Planet Communications. 2019年7月5日閲覧。 インタビュアー:Miho Maeda. コンデナスト・ジャパン. 2019年7月5日閲覧。 2012年9月27日. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2012年9月27日. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2015年3月31日. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年2月18日. 2019年5月24日閲覧。 2019年2月12日. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年6月10日. 2019年10月6日閲覧。 online. 2019年7月4日. 2019年7月5日閲覧。 山口智子 2016年2月16日. インタビュアー:菊地陽子. 2019年7月5日閲覧。 2005年9月1日. の2005年12月17日時点におけるアーカイブ。 2019年5月24日閲覧。 2005年9月1日. 山口, 智子 2017年6月27日. インタビュアー:FRaU編集部. 2019年5月24日閲覧。 山口, 智子 2017年6月27日. インタビュアー:FRaU編集部. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年3月20日. 2019年5月24日閲覧。 2019年3月20日. 2019年5月24日閲覧。 まんたんウェブ 毎日新聞デジタル. 2018年2月18日. 2018年2月18日閲覧。 交通新聞社 : p. 1996年10月9日• デジタルブック・ジャパン 2010年4月19日. 2016年10月13日閲覧。 その姿を、BSフジにて4月24日22時より2時間番組として放送。 その番組の記者会見の模様を追いかけました。

次の

ポニョのそうすけの苗字や年齢や漢字は?父母や声優やその後も気になる!

ポニョ 山口 智子

0億円 () 世界興行収入 2. 批評家と一般は単純平均 映画『崖の上のポニョ』あらすじや概要。 崖の上で暮らす5歳の少年の宗介は、家出した魚を助けてポニョと名付け仲良くなります。 魔法使いの父フジモトが連れ戻すが、ポニョは逃げ出し、世界は破滅へと導かれ…。 ポニョは人間になれるのか?その条件とは? 『崖の上のポニョ』ネタバレあらすじ この先は ネタバレありのあらすじです。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 海の中で、魔法使いのフジモト(声:所ジョージ)が魚や生物たちを増殖させてます。 少女の顔を持ち金魚のような赤い魚の1匹が、小さな妹たちから抜け出して、巨大クラゲに乗って海面まで浮上します。 ゴミあさり船に巻き込まれ、空きビンにハマり気絶して浜に流されます。 ポニョの正体は?ケガ治りが全ての始まり? (ネタバレあらすじ) 海沿いの崖の上に住む5歳の少年の宗介(そうすけ)(声:土井洋輝)はガラスびんを割り、金魚と思い家へ持ち帰ります。 バケツで元気になったので保育園に持って行きます。 魔法使いフジモトは波から話を聞き崖へ上がるが、宗介の母リサ(山口智子)に怪しまれます。 宗介は怪我が治ったことから、ポニョと名付けた魚を魔法使いだと思います。 母リサは、保育園の隣の老人介護施設(デイケアサービスセンター)「ひまわりの家」で働いてます。 ポニョはサンドイッチのハムだけ食べたり、悪口言う園児クミコに水鉄砲をかけ泣かせます。 騒ぎをおそれた宗介はポニョを「ひまわりの家」へ移すが「人面魚は津波を呼ぶ」と言った車椅子のトキに、ポニョは水鉄砲を吹き、宗介は海辺の岩場に隠れます。 宗介「ぼくが守ってあげる」に「ポニョ、そうすけ、すき」と話し出します。 そこへ フジモトが現れ、波でポニョを連れ去ります。 宗介は海へ追うが母に救われ放心します。 久々に父の耕一(長嶋一茂)の帰宅日だったが帰れなくなったと電話され、ごちそうを作ってた母リサはビールを飲んでいじけます。 夜、そばを通る内航貨物船「小金井丸」船長の耕一と宗介は、モールス信号で話します。 リサ「バカァ。 BAKA、BAKA…」。 耕一「すまない。 愛してる」。 宗介「航海の無事を祈る」。 小金井丸はカラフルに明滅します。 宗介はリサをはげまし「僕はポニョを守る」と決心します。 フジモトの計画とは?ポニョの母も登場? (ネタバレあらすじ) 海底でポニョは「ハム食べたい。 人間になりたい。 手足ほしい」とさわぐと手足が生えます。 フジモト「人間の血をなめたな」と、ポニョのパワーに負けそうなので、謎の薬を飲みポニョを抑えこみ眠らせて、ポニョの妹たちの水槽へ入れます。 珊瑚の塔に住む フジモトは、魔法で浄化した海水「生命の水」を井戸に貯め「満タン時には人間の時代は終わり、再びカンブリア紀のような海の時代がくる」と言います。 ポニョは脱出し、手足が生え人間の少女のようになり結界も破ります。 珊瑚の塔へ海水が流れこみ、 ポニョは井戸の「生命の水」をあび、願いどおりに半魚人から人間の少女に変身します。 妹たちも水魚の大波に変身し、ポニョを宗介のもとへ運びます。 人間の世界は暴風雨が発生し大混乱です。 保育園は終了し、宗介はひまわりの家へ行くが停電して暗いです。 宗介はトキに折り紙で折った小金井丸を渡すと「バッタみたい」と言われます。 大雨で避難命令の中、リサは宗介を乗せた車で強引に家へ向かいます。 宗介は、水魚の 大波の上を走る赤い服の人間の少女を見ます。 家へ着くと、大波からポニョが走って来て宗介に抱きつき、大波の妹たちも祝福します。 ポニョはハチミツ入り茶を気に入り、発電機を魔法でなおし、ハム入りチキンラーメンを食べると疲れて眠ります。 リサはひまわりの家を心配して出かけます。 その頃、父の耕一の小金井丸は、大量の船が集まる場所に流され「船の墓場だ」という者もいます。 勢いある巨大な女性姿の波で小金井丸も動き出し、船員は「観音様の御神渡りだ」と言います。 ポニョの結界や妹たちの妨害にあうフジモトの前に、 巨大な女性の波がきてポニョの母グランマンマーレ(天海祐希)が現れます。 フジモト「ポニョが人間の血と生命の水で魔法を使い放題で、月と地球が近づき人工衛星も落ち始め、世界が破滅する」。 母「古い魔法でポニョを人間にすれば魔法を失う」。 父「失敗すると泡になる」。 母「私達も泡から産まれたのよ」 ポニョが人間になれる条件とは? (ネタバレあらすじ) 翌朝、潮力バランスがくずれ、海面が崖の上の家まで上がってます。 おもちゃの船をポニョの魔法で巨大化させ、宗介らはリサを探しに海に出ると、デボン紀の古代魚があふれてて、避難する街の人達のボートとも出会います。 ポニョが疲れて眠ると宗介は船を押して道路まで運びます。 宗介はリサの放置された車を見つけて泣きそうになるが、ポニョがはげまし一緒にリサを探します。 トンネルを恐がるポニョは、宗介に手を握られ歩くが半魚人になって気絶します。 トンネル抜けて海水につけると魚に戻り、宗介は悲しみます。 フジモトが現れ「リサらの所へ行こう」と言うが、トキが「だまされちゃダメ。 みんな連れていかれた」と忠告します。 フジモトは落ちそうな月をさして「時間がない。 君しか世界を救えない」とお願いするが、ポニョが妨害し宗介は逃げます。 少し前、リサと老人達は、フジモトとグランマンマーレに誘われて海底ドームへ行きました。 息もでき、めずらしい魚を間近に見れ、車椅子なしで走れます。 マンマーレはリサに、 ポニョの人間化には宗介の愛の力が必要と話し理解をえます。 地上でフジモトは、ポニョの妹らの大波で3人をさらい、海の底のドームへ入ります。 グランマンマーレ「ポニョは宗介の血をなめて魚から半魚人になった。 人間になるには半魚人でも好きでいられる男の子が必要。 いいですか?」。 宗介「どんなポニョも好き」。 グランマンマーレ「魔法は捨てることになるけどいい?」。 ポニョ「うんっ」 グランマンマーレは宗介に「地上でポニョの泡にキスすると、同じ5歳の女の子になる」。 宗介「ありがとう」。 グランマンマーレ「世界のほころびは閉じられます」。 皆が祝福します。 地上へ戻ると、おばあさん達は車椅子なしで坂を登れます。 フジモトも謝罪し、宗介と握手します。 宗介の父の耕一の小金井丸も戻ってきます。 ポニョの泡は高く舞い上がり、宗介の口に落ちてキスする形になり、人間の少女に生まれ変わります。 エンドクレジットはおなじみの「ポーニョ、ポニョポニョ、さかなの子〜」という曲とともに短いアニメ画が流れます。 ネタバレ感想『崖の上のポニョ』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 少年少女が主人公になることが多いジブリ作品ですが『崖の上のポニョ』は最年少です。 その 大ヒットの主な要因は、藤岡藤巻と当時8歳の大橋のぞみ(無期限休業中)によるテーマ曲「崖の上のポニョ」です。 TVでの番宣効果もあり曲もヒットして、紅白歌合戦などにも出場し社会現象のようになりました。 ちなみに、 大橋のぞみは保育園「ひまわり園」の物静かな園児カレンの声優もつとめています。 テーマは「魔法をこえる愛や人魚伝説」? 海で暮らす魚がなぜか地上へ出たくなり、そこで知り合った男の子の血を飲んで半魚人となり、強力な魔法もえて偶然に世界を破滅に導くが 「人間になりたい」思いを、海の神のような母の魔法と男の子の愛によりかなえ世界も救われます。 キス(愛)により人魚が人間になったりし 「人魚伝説」を題材にしてるのは明らかです。 ただし愛といっても8歳児なので、あまり恋愛やラブストーリーとは感じません。 せめて15歳とかの方がよかったけど恋愛感を出したくなかったのかも? そんな宗介とポニョの「 友情に近い愛」だけでなく、宗介の母リサとめったに帰宅できない父の耕一との「 遠距離な夫婦愛」、人間のフジモトと海の女神グランマンマーレの「 異人種愛」、それぞれの家族の「 親子愛」なども描かれています。 都市伝説や裏設定は?大災害を連想? 『崖の上のポニョ』だけでなくジブリ作品には深読みされたような裏テーマや、都市伝説のような裏設定などがよくささやかれます。 本作も「 津波で死の世界へ行った人達が、この世に戻る物語」と考えるとつじつまがあうけど怖い話ですね。 宮﨑駿監督らはそれらを否定してます。 裏設定として 「人魚姫」をもとにしたことや、フジモトが実は「海底2万マイル」(ジュール・ベルヌの小説)の潜水艦ノーチラス号のアジア少年だったことや、グランマンマーレは「オフィーリア」がもとであったことは語ったようです。 また、人工衛星・月の落下や津波や暴風雨や海面上昇など、 大災害を連想させるので、東日本大震災後はしばらくTV放送されませんでした。 フジモトがカンブリア紀に戻そうとする理由は不明ですが、地球の環境問題も連想させます。 フジモト計画とは?ツッコミどころ多数? ポニョの父フジモトは元人間の魔法使いですが、なぜか 人間世界を終わらせてカンブリア紀の海の世界にしようとたくらんでいます。 その理由や彼の過去は不明のままなので説明がほしかったです。 グランマンマーレの賛否もわかりません。 ポニョが家出した理由、人間になりたい理由も不明ですが、子どもの好奇心と考えることもできそうです。 ポニョが人間の血と生命の水で得た魔力は、グランマンマーレも止められないほど強力でしたが、 血統によるものだったのでしょうか。 ポニョと宗介がボートで出会った、赤ちゃんのいる夫婦や街の人達は何かの伏線かと思いましたが全くからんでこなくて拍子抜けしました。 この部分をばっさりカットして、フジモトとグランマンマーレの話をもっと盛りこんでほしかったです。 『崖の上のポニョ』私の評価 私が大好きな『』を含めてのジブリ全盛期の勢いは失ってる気がしますが、ポニョやフジモトやグランマンマーレ等、 一度見ると忘れられないキャラクターたちが物語を引っ張ってくれてます。 世界観は複雑だし世界滅亡まで起こりうる「セカイ系」みたいな設定ですが、あまり生かせておらずメインストーリーはシンプルどころが物足りないです。 演出しだいで面白くできそうですが、ポニョと宗介がかわいい以外は印象に残りません。 ただし、そのシンプルストーリーと、藤岡藤巻と大橋のぞみが歌う耳になじむ テーマ曲「崖の上のポニョ」と、大津波を勢いよく走るシーンによって、子どもには受けてたようです。 危なげない物語なので、家族で一緒に観るのもおすすめです!.

次の

楽天ブックス: 崖の上のポニョ ブルーレイディスク 特別保存版【Blu

ポニョ 山口 智子

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2019年5月) やまぐち ともこ 山口 智子 本名 唐澤 智子(からさわ ともこ) (旧姓:山口) [ ] 生年月日 1964-10-20 (55歳) 出生地 身長 170 血液型 職業 ・ ジャンル ・ 活動期間 - 配偶者 (1995年 - ) 事務所 公式サイト 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 映画 『』 『』 山口 智子(やまぐち ともこ、 - )は、のである。 戸籍名、 唐澤 智子(からさわ ともこ)。 旧姓:山口。 [ ] 出身。 夫は俳優の。 身長170cm。 来歴 時代には生徒会会長を務めた。 、家政学科卒業。 短大在学中は広告研究会に所属した。 幼少期より将来は家業の旅館を継いで女将にと言われ続け、「家族の期待に応えたい」一方で「本当にそれが自分の望む道なのか」と葛藤を抱えて育つ。 現場での修業を重視し大学受験は不要と考える親に対し、推薦入学での進学という方法を見出し、「2年たったら帰ってくるから」と東京の短期大学に進学。 家を出て女子学生寮で生活し、家業の旅館を継ぐ以外の可能性を模索する中、短大在学中に声をかけられモデルとして活動を開始する。 、でデビュー。 にはこの年からスタートしたのキャンペーンガールにも就任。 当時はに所属していた。 この頃、コマーシャル・モデルの仕事もしていて、グループのパンフレット(総合案内、結婚式用)のモデルを務めた。 23歳となり、所属事務所に届いた案内をたまたま目にして応募したのヒロインオーディションに合格し、度後期放送の『』でヒロインを務め デビュー、後に夫となると義弟役で共演する。 その後、や、など数々ののヒロイン級の役柄を担当し、一躍スターダムにのし上がる。 にはシリーズモノは別として枠のに異例とも言える3作品に主演した。 また、全盛期の山口智子出演ドラマは同世代の女性達から支持を集め、いずれも高視聴率が取れたため「連ドラクイーン」や「高視聴率の女王」とも呼ばれた。 目標を持たぬまま目前の仕事に取り組むうちに30歳を迎え、自分が何に関心があるのかを見つめ直し自分が納得することをしてみたいと、の『』出演を境に女優業から一旦遠ざかり、幼い頃より抱いていた「主婦になりたい」という夢を叶えるため当面の間主婦業に専念する。 に唐沢寿明と結婚してからは女優業を徐々に縮小し、を中心に仕事をシフトしている。 には世界中を旅して出会った多様なと文化を収録する映像シリーズ「LISTEN. 」 のプロデュースを開始し、自身のライフワークとしている。 の『』で『ロングバケーション』以来16年ぶりに連続ドラマに出演 、には『ロングバケーション』以来19年ぶりの連続ドラマのラブストーリーとなる『』に出演。 に出演した『』では、『ロングバケーション』で共演したとの22年ぶりの再共演で話題を呼んだ。 現在は単発的にTV出演などのタレント活動もしている。 には同年度前期放送のNHK連続テレビ小説『』で『純ちゃんの応援歌』以来31年ぶりに朝ドラに出演 、また7月期放送の『』で『ロングバケーション』以来23年ぶりにフジテレビへ出演した。 私生活では、1988年の『純ちゃんの応援歌』での共演で知り合った唐沢寿明と、2月に発生したを装った男性の自宅への侵入事件をきっかけに交際が発覚し、1995年12月に結婚した。 「気持ちさえあれば」と、新婚旅行も結婚式も指輪交換も行わなかった。 特殊な家庭環境で育ったことからを信用しておらず、「『親』というものになりたくない」と「子供のいる人生じゃない人生」を選択し、子供は設けていない。 人物 実家は栃木市内にかつて存在した創業120年のの「ホテル鯉保(こいやす)」で、業績不振と実父の死去に伴う後継者難により8月31日で廃業。 一人娘で家業を継ぎ女将となることが定められていたが 、旅館を一人で切り盛りする祖母の苦労を目にして家業のために自身を犠牲にする祖母の生き方に疑問を抱き、家や宿命に縛られることなく後悔しない人生を自身で選びたいと実家を離れた。 俳人を経済的にも支援した門弟の子孫にあたる。 に20代から10年間にわたって本格的に取り組み、15年のブランクを経て、本場のスペイン・の旅先で目にした日常生活の中で何気なく踊られる踊り手の人生が投影されたフラメンコに触発されて、2017年より再び練習を再開した。 元ダンサー役を演じるNHK連続テレビ小説『なつぞら』では、劇中でフラメンコのエッセンスを生かしたダンスを披露した。 (1988年10月3日 - 1989年4月1日)- 小野純子 役• (2019年4月1日 - 9月28日)- 岸川亜矢美 役• (1989年7月3日 - 9月25日、)- 沢口優子 役• (1989年10月19日 - 1990年3月22日、フジテレビ、)- 海棠千晶 役• 咲くや花嫁(1990年1月2日、NHK)• (1990年5月9日、日本テレビ)• (1990年4月3日、日本テレビ、、) - 高木和子 役• 普通の結婚式(1990年4月6日、)• 殺しのインターチェンジ(1990年5月14日、)• 「新婚」(1990年6月26日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場、) - 橋本安子 役• 1 耳を噛む犬(1990年7月17日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場、) - 栃尾彩子 役• 女動物医事件簿2 炎を吐いた猫(1991年3月12日)• 女動物医事件簿3 人見知りする犬(1991年12月17日)• おっと、あぶない!(1990年8月23日、)• おっと、あぶない!2(1991年1月16日)• おっと、あぶない!外伝(1993年2月18日)• 車椅子ごと抱きしめたい(1990年8月25日、日本テレビ、障害者福祉キャンペーンドラマ)• 愛犬が暴く完全犯罪! (1990年10月9日、、) - 篠原祥子 役• 隠し絵の女(1990年10月30日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場)• (1991年2月10日、TBS)• プサマカシ 若き助産婦のアフリカ熱中記(1991年2月19日、日本テレビ、)• どんでん夫婦(1991年3月21日、読売テレビ、)• (1991年4月11日 - 6月27日、フジテレビ)- 田代美幸 役• 五月の風(1991年5月22日、日本テレビ)• (1991年7月5日 - 9月20日、TBS、)- 鳥居忍 役• (1992年4月9日、読売テレビ、)• 六畳一間一家六人(1992年4月17日 - 6月26日、NHK)• (1992年4月18日 - 6月27日、日本テレビ、)- 伊藤すみれ 役• ジャック・アンド・ベティ物語(1992年8月10日 - 17日、TBS、月曜ドラマスペシャル)• (1992年10月14日 - 12月23日、日本テレビ)- 川島笑子 役• 天国に一番近いママ(1993年4月6日、日本テレビ)• (1993年4月16日 - 6月25日、TBS)- 花岡都 役• ダブル・キッチンお正月スペシャル 花岡家ハワイに行く 壮絶バトル! ハワイ産玉のれんと鼓初登場(1994年1月2日)• (1994年1月9日 - 3月27日、TBS、) - 井上若葉 役• (1994年10月20日 - 12月22日、フジテレビ、木曜劇場)- 矢吹典子 役• (1995年4月19日 - 7月5日、フジテレビ)- 磯野しずか 役• 「しばしのお別れ」(1996年3月27日、フジテレビ)- 二葉鳳翆 役• (1996年4月15日 - 6月24日、フジテレビ)- 葉山南 役• (2004年1月2日、TBS)- 役• (2012年10月9日 - 12月18日、関西テレビ)- 坪井沙江 役• (2014年3月22日・23日、TBS、ドラマ特別企画)- 愛知晴子 役• (2015年4月8日 - 6月10日、フジテレビ)- 鴨田静 役• (2017年7月14日 - 9月15日、TBS) - 風かほる 役• (2018年2月22日 - 3月1日、テレビ朝日) - 小田切仁美 役• 監察医 朝顔『特別編』(2019年9月30日、フジテレビ) 教養・ドキュメンタリー• Letters 彼女の旅の物語(2001-2003年、)• 山口智子の旅シリーズ 第1弾:ゴッホへの旅〜私は、日本人の眼を持ちたい〜(2005年11月22日、)• 山口智子の旅シリーズ 第2弾:北斎とドガ〜生きること、仕事をすること〜(2006年9月29日、BS日テレ)• エルミタージュと私〜山口智子 名画を語る〜(2006年10月19-22日、日本テレビ)• 史上最大の女帝エカテリーナ 愛のエルミタージュ物語(2006年10月23日、日本テレビ)• BS日テレ開局7周年特別番組 山口智子の旅:ロダンの浮世絵〜人間、花の中の花! 〜(2007年、BS日テレ)• -茶の湯 武者小路千家 初釜を楽しむ-(2008年1月7-28日、、全4回)• 山口智子の音楽遺産(2008年12月29-30日、WOWOW)• 天才ダ・ヴィンチ 伝説の巨大壁画発見! (2008年、日本テレビ)• 生誕200年記念特別番組 「山口智子の時を旅し時を奏でる」! okaeri 山口智子 美の巡礼 第1回「装飾は語る ハンガリー・アール・ヌーヴォーの来た道」 、• okaeri 山口智子 美の巡礼 第2回「文様が囁く〜クロアチア 黄金と巨石を運ぶ海の道」 、• BS朝日新春スペシャル 「向田邦子が教えてくれること〜山口智子と考える"絆"〜」 、 バラエティ• (日本テレビ)• (NHK)(1989年10月 - 1990年1月に週替わりで出演していた。)• (日本テレビ)(1989年6月 - 1990年1月に不定期出演していた。)• (TBS)(不定期出演)• 森田一義アワー 笑っていいとも! (1989年6月26日・1991年4月10日、フジテレビ)(テレフォンショッキングゲスト。 ) 映画• (1992年、東映)• (1993年、として参加) - キャシー野崎 役• (1994年、と共演:新人賞)• (1994年、ヘラルド・エース)• (1995年、東映)• (1996年)• (1996年)• (1996年)• (2008年、日本語吹き替え) - コールター夫人 役• (2008年、として参加) ラジオ• カラーオブライフ(2011年2月19日 - 3月12日、東京FM) CM• 『』(1990年・1991年)• (1989年- 1993年)• 『Simple 』(1993年)• 『ダイナミック』 「それがあなたのいいところ」篇(1993年・1994年)• 『シャルダン』(1993年 - 1996年)• 『』(1994年 - 1996年)• 『』(1995年)• 『UNTITLED(アンタイトル)』• 「京阪で近道」(1993年 - 1996年)• (1996年 - 2000年)• 「味の素ギフト」(1997年 - 1998年)• 『LOOK JTB』(2000年)• 『アスプリール』(2000年 - 2005年)• 『Miu』(2001年)• 『バースデー割引』(2001年 - 2002年)• (2001年 - 2003年)• 『ボトムス』(2002年)• 『うぶ茶』(2002年)• 『』(2003年 - 2006年)• 『スクラッチ』(2003年 - 2006年)• 『新炭濾過・純生』(2004年)• 「singing AEON」(2004年 - 2008年)• 『山笑う』(2007年)• 『アサヒ オフ』(2009年)• 『』 (2009年)• 『朝食プロバイオティクスヨーグルト』(2011年 - 2012年)• 『しゃべってコンシェル』(2012年)• 『オールフリー』(2013年 - )• (2015年 - )• アサヒビール アサヒもぎたて(2019年 - ) Web• okaeri 山口智子 美の巡礼 (2010年04月19日) 受賞歴 1995年• 第5回 助演女優賞(『』) 1996年• 第9回(『』)• 主演女優賞• ベストドレッサー賞 著書• 『手紙の行方:チリ』(ロッキンオン)• 『反省文:ハワイ』(ロッキンオン)• 『恋文 女帝エカテリーナ二世 発見された千百六十二通の手紙』(著)小野 理子、 山口智子(アーティストハウス)• 『楽しい和ー』(小学館)• 『名も知らぬ遠き島より』(筑摩書房)• 『掛けたくなる軸』(朝日新聞) DVD• 山口智子の旅シリーズ 山口智子 ゴッホへの旅 〜私は、日本人の眼を持ちたい〜 (2006)• 山口智子の旅シリーズ第2弾 山口智子 北斎とドガ「生きること、仕事をすること」(2007) その他• ・共同で展開するファッションブランド「山笑う」をプロデュース• が役で配役しようとしたが監督やら主要キャスト声優などの反対と本人の固辞で幻の出演予定作品。 脚注 [] 注釈• 110. インタビュアー:錦光山雅子. 朝日新聞 Dear Girls. 2019年7月5日閲覧。 インタビュー. 100. 2019年5月25日閲覧。 インタビュアー:FRaU編集部. 2019年5月24日閲覧。 Twin Planet Communications. 2019年7月5日閲覧。 インタビュアー:Miho Maeda. コンデナスト・ジャパン. 2019年7月5日閲覧。 2012年9月27日. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2012年9月27日. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2015年3月31日. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年2月18日. 2019年5月24日閲覧。 2019年2月12日. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年6月10日. 2019年10月6日閲覧。 online. 2019年7月4日. 2019年7月5日閲覧。 山口智子 2016年2月16日. インタビュアー:菊地陽子. 2019年7月5日閲覧。 2005年9月1日. の2005年12月17日時点におけるアーカイブ。 2019年5月24日閲覧。 2005年9月1日. 山口, 智子 2017年6月27日. インタビュアー:FRaU編集部. 2019年5月24日閲覧。 山口, 智子 2017年6月27日. インタビュアー:FRaU編集部. 2019年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年3月20日. 2019年5月24日閲覧。 2019年3月20日. 2019年5月24日閲覧。 まんたんウェブ 毎日新聞デジタル. 2018年2月18日. 2018年2月18日閲覧。 交通新聞社 : p. 1996年10月9日• デジタルブック・ジャパン 2010年4月19日. 2016年10月13日閲覧。 その姿を、BSフジにて4月24日22時より2時間番組として放送。 その番組の記者会見の模様を追いかけました。

次の