チャレンジタッチ中学生。 スマイルゼミとチャレンジタッチを双子の小学生が実際に使って比較!【2020年】

チャレンジタッチとスマイルゼミ どっちがいい? 特徴、内容、受講費からタブレットまで徹底比較!おすすめポイントもご紹介

チャレンジタッチ中学生

進研ゼミ、ハイブリッドスタイル中学生の口コミや評判をチェック! まずは、実際にハイブリッドスタイルのチャレンジパッドを利用して中学生講座を受講しているお子さんや保護者の方の口コミをチェックしてみましょう。 良い口コミ 「わざわざ出かけずに自分の家で好きな時間に勉強できるので、部活との両立がしやすい」 「塾に通うよりも5教科で受講費が安くつくので助かります」 「期末テスト対策で9教科全てカバーできる。 テストに出やすいポイントがしっかりまとめられていて80点以上取れたんです」 「質問カードで毎月質問できるし、WEBでも質問できるので、わからない箇所があればすぐに解決できます」 「内容もわかりやすいようで、子ども自身が意欲的に取り組んでいるので継続していけそうだと感じています」 「間違ったところの説明が丁寧でわかりやすいから、理解しやすいんです」 「タブレットで、英語の発音が聞けるのがうれしい」 悪い口コミ 「払った受講費の分だけの勉強をきちんとやれるかは本人次第なので、効果がわかりづらい」 「教材をなかなか使いこなすことができず、たまりがちだった。 強い意思がないと無駄になりそう」 普通の口コミ 「教材はシンプルで普通です。 特別見やすいわけでもなく、見にくいわけでもない」 「塾と比べると安いとは思いますが、教材をやるかどうかは本人まかせだから手つかずになってしまっていることもある。 塾よりいいかと言えばどちらとも言えない」 タブレット/チャレンジパッドやタッチペンの口コミも! 「タブレットで電子書籍が無料でたくさん読める。 図書館や書店に行かなくてもいいのでとても便利です」 「学習専用タブレットなので、子どもが学習中に教材以外のアプリなどで遊んでしまうことがないので安心」 「思ったよりタッチペンがきちんと読み取ってもらえたのでストレスがなくてよかったです」 中学校での学習で、小学生時代と大きく異なるのが定期テストや部活動が大きな比重を占めてくるという点ですよね? 口コミを確認したところ、ハイブリッドスタイルはそのどちらにも効果がありそうだというイメージが持てそうですね。 中学講座のハイブリッドスタイルの料金は? 続いて中学校入学後のハイブリッドスタイルの受講費用を確認してみましょう。 中学講座では、専用タブレットを使った学習スタイルは 「ハイブリッドスタイル」という名称に変わり、その学び方も進化します。 対して、紙の教材での講座は 「オリジナルスタイル」と呼ばれます。 学び方は異なりますが、両者の受講料は同額に設定されているので、お子さんの生活スタイルやご希望にあった方を選ぶとよいですね。 以下に、2018年度と2019年度のチャレンジ中学生講座の受講費をまとめたので参考になさってください。 2018年7月現在の費用ですので、消費税率の変更などにより、今後の金額が変わる可能性があることをご了承ください。 年間一括払いや半年払いがお得! チャレンジ中学講座の費用を年度、学年、支払回数ごとにまとめた表が下記のものになります。 半年一括払いと比較すると、年間一括払いを選ぶ方が費用がお得になるのがわかりますね。 月々では数百円しか変わりませんが、年間で見ると支払額の差は数千円とかなり大きくなります。 ハイブリットスタイル中学講座 2018年度受講費(消費税8%込) 学年 支払額 毎月払い 中学1年生 1カ月の費用 6,853円 1年間の費用 82,236円 中学2年生 1カ月の費用 7,059円 1年間の費用 84,708円 中学3年生 1カ月の費用 7,835円 1年間の費用 94,020円 ハイブリッドスタイルの中学生講座の受講費について、毎月払いと年間一括払いとの支払総額を比較すると1年間で1万円以上の差があるんです。 3年間受講すると考えると、かなり支払額が違ってきますね! 年間一括払いは一度に用意するお金が高額になるというデメリットはありますが、年間支払額で考えると最もお得ですので、教育費を安くしたいというご家庭は年間一括払いをお選びになることをオススメします。 支払方法について 支払方法は4種類から選べます! 支払方法は「クレジットカード払い」「郵便窓口振込」「コンビニ振込」「口座引き落とし」の4種類から選べます。 それぞれ手数料がかかるので、下記の一覧表で確認してくださいね。 支払方法と手数料 ・上記手数料は2017年1月現在のものです。 今後、金額等が変わる可能性があります。 ・郵便振込は請求額に加えて、振込手数料がかかります。 ・郵便振込は、10万円を超える場合には郵便局で本人確認の証明書が必要となります。 ・コンビニ振込は、請求額に振込手数料が含まれています。 入会金、再入会金は0円 中学講座のチャレンジタッチ/ハイブリッドスタイルでは、受講料の他に入会金や再入会金、退会金など入会や退会の際に特別な費用は一切かかりません。 教材の送料も離島や北海道、沖縄などの追加料金がないので、全国どこでも同じ受講料で学習できるんですよ。 ただし、支払手数料や提出課題の送料、インターネットの接続料などは別途必要です。 退会しても残金が返ってくる安心システム 半年、1年分と受講料を一括で前払いしたけれど、 ・教材が合わなくて途中解約したくなってしまったらどうしよう… ・一度支払ったお金が戻ってこないのなら一括払いはしたくない… そんな心配をする保護者の方もいらっしゃるでしょう。 ご安心ください! 中学講座ハイブリッドスタイルでは、受講月数に応じて残金が返金されます。 毎月の締切日までに連絡すれば所定の月号から途中退会できますし、無理な引き留めもありませんよ。 進研ゼミ中学講座のハイブリッドスタイルで成績は良くなるのか? 中学講座のハイブリッドスタイルでの受講に関して、お金の件に関する疑問は解消できたでしょうか? 続いて、肝心の成績アップの効果についてはどうなのか、気になる点を見ていきましょう。 ハイブリッドスタイル中学講座のメリット3つ 解説が動画でわかりやすい タブレット学習(チャレンジパッド2)の最大の特徴が動画を使った授業や解説です。 化学式など目に見えない単元をモデルで表現したり、立体をアニメーションで説明したりという授業になります。 イメージが難しい学習も考えやすくするので、理解やイメージをしやすくする大きな手助けとなるのです。 短時間でまとめられたレッスンを受講できる 通っている中学校の教科書と進度に合わせた教材が配信されるので、短い時間でも無駄なくピンポイントで学ぶことができます。 部活に習い事にと忙しくて、なかなか勉強時間がとれないというお子さんにもうれしいマイペースな学び方ができるんですね。 タブレットと紙のテキストの組み合わせで実力アップ! タブレット学習だけでなく、紙の教材「記述力UPドリル」や「赤ペン先生の添削問題」といった「書く学習方法」も組み合わせることで、学習の効果をグンと高めることができます。 進研ゼミ中学講座「ハイブリッドスタイル」なら、 デジタル学習とアナログ学習の双方でバランスよく力をつけることで成績アップが期待できるのです。 ハイブリッドスタイル中学講座のデメリットは? 教材に強制力がない 忙しくても、いつでもどこでも手軽に勉強できるのが強みの中学講座のハイブリッドスタイル。 コツコツと毎日の学習習慣をつけることで、基礎学力を身に付けることができ、定期テストでも高得点を狙うことができます。 しかし、教材自体に強制力がないのが通信教育の最大のデメリットです。 やってもやらなくても教材は毎月配信されてきます。 ついついサボってしまう、自分の意志の力では続けることが難しいというお子さんの場合は、学習にとりかかるのに親の関わりがしょっちゅう必要になってくるかもしれませんね。 以上、ご紹介したメリットとデメリットをふまえて、計画的にチャレンジタッチ中学講座の課題に取り組み、学校の予習や復習を行えば成績アップを目指すことができるでしょう。 中学生コースの努力賞とは? 進研ゼミでは 「努力賞」という、勉強を頑張ったご褒美がもらえるシステムがあります。 集めた「努力賞ポイント」の数に応じた努力賞プレゼントと交換できるんです。 いくつかのプレゼントから自分の好みのものを選べるので、勉強のモチベーションにもなりますよ。 努力賞プレゼントって何がもらえるの? ポイントに応じてもらえるプレゼントの一覧は4月号または入会時に送られてくるカタログやウェブ上で確認することができます。 文房具やバッグ、辞書、図書カードなどさまざまなプレゼントが用意されています。 好みに応じたものがきっと見つかる、幅広いアイテムがそろっているんです。 ポイント数が低いものをこまめに交換することもできますし、何年もためて音楽プレーヤーなど大物を狙うこともできますよ。 努力賞ポイントのため方 赤ペンやマークテストなど、毎月ある課題を提出することで1教科ごとに2ポイント努力賞をもらうことができます。 赤ペン先生の問題やテストの提出方法は郵送だけでなく、カメラで解答用紙を送って丸付けがネットで返ってくるというやり方もあります。 切手を用意して貼って投函するのが面倒という方でも、手軽に提出できますよ。 努力賞付与の対象となる提出課題は、以下の通りです。 ・赤ペン先生の問題 ・添削課題 ・マークテスト ・合格可能性判定模試 提出目標日を過ぎてしまっても努力賞ポイントは付与されるので、未提出の過去の課題がたまっていたとしても、諦めずに出そうというモチベーションにもつながりますね。 努力賞ポイント数の確認方法 集めた努力賞ポイントについては、会員ページから確認することができます。 現在のポイント数だけではなく、これまでの獲得数や交換プレゼント履歴なども見ることができます。 努力賞プレゼントの交換方法は? チャレンジパッドから努力賞プレゼントに交換はできないのでご注意ください。 Web上の努力賞ページに会員番号とパスワードでログインして、申込をすることができます。 申込から約2週間で登録した住所にプレゼントが郵送される予定ですが、交換申請が殺到した場合など、手元に届くまで時間がかかってしまうケースもあるようです。 また、2つ以上のプレゼント交換を同時に申込んだ場合は、別々に届く場合がありますので、ご注意くださいね。 中学生コースのおすすめポイント! オリジナルスタイルかハイブリッドスタイルから選択できる 進研ゼミ中学講座は、紙のテキストオンリーで学習を進める 「オリジナルスタイル」と、学習専用タブレット「チャレンジパッド」を用いた 「ハイブリッドスタイル」の2種類から、お好きな方を選ぶことができます。 受講費は同額なので、お子さんの生活スタイルや性格に合わせて選ぶとよいでしょう。 どちらが適しているのかは、公式サイトから診断できるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。 赤ペン先生による添削 赤ペン先生による添削サービスは、タブレット学習だけではどうしても身に付けにくい記述問題の力をつけるのに最適です。 選択式問題や穴埋め式問題は数をこなし、正答率を上げていくことができますが、記述問題などは添削による指導を受けないとなかなかできるようにはならないからです。 一人一人に詳しく添削してくれる赤ペン先生の存在は、大きなオススメポイントです。 塾に行くよりも遥かに値段が抑えられる 通塾する場合に比べて、かなり教育費を抑えることができるのが大きな魅力です。 学べる教科も主要教科だけでなく、副教科の定期テスト対策も含まれるので、コストパフォーマンスが高い教材だと言えるでしょう。 こんな人に向いています! 進研ゼミ中学講座を特にオススメしたいのは下記のような方々です。 教育費をなるべく抑えたい方 塾に通ったり家庭教師に来てもらったりするよりも、チャレンジタッチ中学講座の通信教育教材を受講する方がかなり費用が安くなります。 中学3年間での通塾費用が約90万円かかると言われているのに対し、進研ゼミでは3年で約22万円と約68万円もお得なんです。 長期休暇中の特別講習や、学年が上がるにつれて通塾回数が増えることによる月謝アップなど予想外の受講費用の発生を心配することなく、3年間の教育費がおおよそ計算できるのも進研ゼミ中学講座のメリットの一つですね。 好きな時間に学習したい方 部活や他の習い事などで忙しく、決まった曜日や時間に塾に通うのが難しい方や、近くによい塾がない、塾への送り迎えが難しいといったケースでも、チャレンジタッチならば好きな時に隙間時間で短時間でも効率よく学習することができます。 定期テスト対策を重視したい方 通っている中学校の教科書と実際の進度に合わせた教材が配信されます。 また、 定期テスト直前にはテストに特に出やすい要点をまとめたテキストも用意されるので、無駄なくばっちりテスト勉強を行って高得点を狙うことができるのです。 定期テストの9教科で確実に点数を伸ばしたい方にオススメです。 中学生講座は保護者向けサポートも充実! 進研ゼミ中学生講座のハイブリッドスタイルで学習する場合、保護者向けにはどのようなサポートがあるのかも気になりますよね。 通信教育は塾や学校と違って担任の先生と直接顔を合わせた面談などがないので、学習の状況が把握できないかもと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。 なくてはならない中学講座の保護者メールサービス そんな心配をされている保護者の方もご安心ください。 進研ゼミ中学生講座ハイブリッドスタイルでは、 保護者向けのサービスとしてメールアドレスを登録することで「取り組みお知らせメール」や「学習個別フォローメール」を受け取ることができるんです。 取組みお知らせメールとは 進研ゼミ中学講座のハイブリッドスタイル受講者のみを対象としたメールサービスです。 子どものハイブリッドスタイルでの学習取組み状況と、そこからの学習アドバイス、お子さまをサポートするためのヒントがメールで届きます。 デジタル教材の活用について悩みや取り組み方について、保護者がわかりやすく知ることができると安心ですね。 学習個別フォローメールとは 実力診断マークテスト(中一・中二)や合格可能性判定模試(中二・中三)を提出すると結果がメールで届きます。 提出した課題の特典や偏差値、全国と都道府県の平均点、順位などの詳細がわかります。 子どもの成績を判断できれば、今後の学習についての指針が立てられます。 他にも都道府県ごとの高校入試最新情報なども届くので、塾に通っていなくても最新の確かな情報をキャッチすることができるんです。 「保護者通信Web」でお役立ち情報をゲット! 上記のメールと合わせて、お役立ち情報ページである「保護者通信Web中学講座」をチェックすれば、学年に応じて役に立つ情報を得ることができますよ。 学習履歴状況や成績の確認に加えて、各種手続きや問い合わせもこちらのページから行うことができます。 お役立ちコンテンツや教材の活用方法や高校入試情報など、高校受験を親子で乗り切るためには必見のサイトです! 高校情報では私学の学費や倍率、偏差値などオフィシャルな情報に加えて先輩のリアルな高校生活体験談や大学合格実績など会員限定のコンテンツもあるので見逃せませんね。 まとめ 以上、進研ゼミの中学講座ハイブリッドスタイルについてまとめてみましたがいかがでしたか? 受講に関しての不安を取り除くことはできたでしょうか? 塾のように強制力がないので、きちんと取り組むためには家庭で学習環境を作るサポートが必要になるケースもあるかもしれません。 しかし、コツコツと学習する習慣が付けば本人の努力次第で成績アップを目指せる質の高い教材です。 レベルに合った教材を選んで、子どもと保護者向けのサービスもフル活用することで、非常にコスパの高い学び方ができますよ。

次の

小学生比較「チャレンジタッチ」「Z会タブレットコース」2020年度版

チャレンジタッチ中学生

チャレンジタッチ小学講座の特徴 専用タブレットを使用する チャレンジタッチを利用する際には、 専用タブレット(12か月継続利用で実質無料)を始めに購入します。 お勉強専用のタブレットを持つことになるので、ユーチューブなど触ってほしくない機能はなく安心です! しかも チャレンジタッチ解約後もタブレット端末として使用出来ます。 タブレットとペンの使い心地は? タブレットを使うなら、「動作がどのくらい早くてスムーズか?」や「ペンで書くときの反応の良さは?」などが気になるものです。 チャレンジタッチでは、 算数も国語もメモを書きたいときはノートに書くようにペンを使用できます。 例えば、算数で計算式を画面上に書いたり、図を書いたりできるんですね。 漢字を書くときも、 ペンの軌跡通りに滑らかに書くことができるほか、 書き順を間違えて書くとバツがつくという性能の良さもあります! 学習進捗を毎日把握できる その日に学習した項目や月間の勉強時間合計などを、登録アドレスへメールでお知らせしてくれます。 この点は、タブレット学習教材ならほぼすべての会社で提供している項目ですね。 チャレンジタッチでは、 学習の記録をリアルタイムで親にメールしてくれる機能も付いています。 メールやりとり機能 タブレット端末と登録したメールアドレスで、 メールのやり取りができる機能が付いています。 子供が初めてメールというITに触れる貴重な瞬間…! 思わずほっこりしちゃうメールが来たという人も多いですよ^^ アドレスを登録すれば、おじいちゃんおばあちゃんともメールのやり取りができます。 benesse. 小学校三年生くらいから学習に差が出てくるので、貴重な機能です。 お勉強以外にもお楽しみ講座がある タブレットオンライン学習教材ならではの、 お楽しみ講座。 夏休みなどの長期休暇には、 お勉強以外の講座も学ぶことができますよ。 本を借りることができる なんと タブレット上で本を借りることができます。 本のラインナップの中には名作もあるので、タブレットをきっかけに本好きになってくれたら…いいですね^^ お絵描きもできる これもタブレット・オンライン学習教材ならではの機能! 自由に絵を描いたりスタンプを押したりしてお絵描きができます。 付録が付く 進研ゼミチャレンジタッチでは、タブレットでの講座配信だけでなく 付録もつきます。 (毎月ではないです) 子供ってどうしても、付録大好きなので、うまいことモチベーションアップに活用できるといいですね。 教材も毎月ではないが届く 長期休暇の前などは、タブレットの講座配信だけではなく 紙の教材も届きます。 あの進研ゼミ独特のカラフルなテキストが久しぶりに届いたら、子供のやる気スイッチがオンになりそうです! うさぎキャラクターやチャレンジ編集部から応援される お子さんには、タブレット上でウサギのキャラクターこらしょから 応援メッセージが表示されたりします。 親御さんには、チャレンジタッチの学習状況などは細かくメールで知らせてくれるほか、「お子さん頑張ってますよ!」といった内容のメールも来ますので、「家庭学習頑張ろう!」と親のモチベーションまでもあげてくれますよ^^ 努力賞でプレゼントがもらえる お勉強を継続して頑張れば、 努力賞としてプレゼントがもらえます。 プレゼントは子供が自由に選ぶことができ、リアルな物品が届きますよ! チャレンジタッチのカバーや、ファッションのカバンなどいろいろな種類のものが用意されています。 料金追加でオンライン英会話講座もできる(チャレンジイングリッシュ) チャレンジタッチのタブレット端末「チャレンジパッド」を使って、 チャレンジイングリッシュができます。 (パソコン・タブレット端末でも受講可能)• 追加料金を払えば、そのまま英語もお勉強できます! フクちゃん 何度も問題を反復できるのがいい! オンライン・タブレット教材の良い点は、やはりなんと言っても【 反復して問題を解くことができる】点ですよね。 子供の学習は、これが一番の肝だと思います。 タブレット学習を始めてから、 何度でも問題を解くことができるのが良い!という口コミが目立ちました。 毎日の学習を習慣化できた! 楽しい音と音声で応援されながら、画面が動いて教えてくれながら、楽しく学習ができるチャレンジタッチ。 これなら子供もお勉強をするのに抵抗がなくなります^^ 少し声がけをすれば子供が進んで勉強するようになった、という声が多くありました。 忙しい小学生は時間の合間に学習できるのがいい! 最近の小学生って本当に忙しいですよね。 習い事にお勉強に…ってやることが毎日盛りだくさんです^^; チャレンジタッチを利用したことで、「 隙間時間にできるのが良い」という口コミが寄せられました。 テキストを広げる時間も問題を選ぶ時間も、短縮できる効率化ができます^^ 学習が効率的!暗記だってスイスイ! 社会の都道府県名を覚えるなどの暗記が多い科目で、 タブレットなら効率よく覚えられる!という声が多くありました。 わからない箇所があっても、カラフルで音声付きの解説があるので子供が自ら解き方を見ることができる点は大きいですよね。 カラーでうまくまとまっているので、暗記も効率的です。 やる気アップも簡単! 音楽を聴いたり、ランキングを競ったり、努力賞でプレゼントがもらえたり・・・ 自ら 学習させる仕 組み で 子供 のやる気につながった、という声がありました。 表彰機能や、努力した分だけ与えられるプレゼントの仕組みなど、お勉強を頑張ろうと思わせる仕組みが満載です! 苦手項目もわかりやすい! タブレット学習時の解答の正誤から、得意・苦手単元が割り出されるようになっている 点が復習の際に便利だという声がありました。 学習の記録が残るので、 どの項目が間違いが多かったかなどを確認することができます。 家事や下の子の面倒でなかなか子供のお勉強を見てあげることができない時も、 「ピンポン!」という丸つけの音を聞いてみてください。 間違いが続くと、「どんな問題を多く間違えているのかな?」と確認できますね^^ もちろん、タブレットの中にも記録されます。 子供の苦手項目を把握していれば、苦手問題を克服するための時間をとって教えることもできますよね。 フクちゃん お勉強よりも、お楽しみ項目やゲームに夢中… 勉強は少しだけして、あとはゲーム三昧・・・ 楽しい機能が満載ですが、 放っておくとお勉強以外のところに夢中になってしまうことも…^^; チャレンジタッチでは、 ゲームの時間制限をすることができません。 初めに子供と学習のルールを作ることが必要ですね。 姿勢が悪くてもできてしまう… タブレット一つでできてしまうので、 寝転んでいてもできてしまう、というのが心配だという声が。 理想は机に座って正しい姿勢で取り組むことですが、集中してやっているのならそっとしておくことも策だと思います^^; とりあえずタッチすれば学習したことになってしまう… わからない問題が出たら、とりあえずタッチタッチ!で進めてしまうのがモヤモヤする・・・という声がありました。 タブレット学習の中でも選択問題だと、 タッチするだけで問題は進めることができてしまうので、適当に回答して「はい、終わり〜!」もできちゃいますよね。 もしそう言ったさぼり癖があるお子さんの場合は、やはりお母さんが目を光らせておかなければいけません…。 学習の定着には定評があるが、個人差もある 長男は「やりなさい!」と言わなくても自ら進んで学習するのに、次男は言っても全然やらない・・・という声もありました。 「オンライン・タブレット学習教材だと子供の食いつきが違う」とはよく聞きますが、お子さんの中には、 それでも興味がわかないというケースもあるみたいです。 こういったケースは、お母さんが応援・介入してあげる必要がありますね^^; 1日の勉強時間が短いという不安も… チャレンジタッチの特徴として、 1日10分〜15分の勉強量を目安にして講座が配信されています。 そのため、 勉強量が少ないという口コミは多いです。 もし少ないと感じる場合は、 ハイブリットコースにしたり、 他の市販問題集と合わせて学習させるなど対策が必要になります。 紙はたまらないけどやってない講座は当然溜まる… 「月初に講座が更新されるから、今月分を早く終わらせなきゃ!」って焦るお子さんや親御さんもいます。 「紙教材と比べてテキストなどが溜まらない」って言いますけど、 学習をしていなければ当然やっていない講座は溜まっていくのです^^; 親が毎日学習を進めているかチェックする必要があるのは、紙の学習教材もオンラインタブレット学習教材も同じですね。 目に悪いんじゃないかしら…と心配の声も タブレットやパソコンで学習すること自体に抵抗がある親御さんも多いです。 でもこれからの時代、そうは言ってられないのかも?! ブルーライトカット保護シートを画面に貼って軽減するという方法もあります。 周りが塾などへ行きだしたら、タブレットだけだと不安になる… 小学生のお勉強としては、特に 小学校3年生から学習に差が出始めます。 中学受験をするお子さんなら、 塾に行き出す子もいるかもしれませんね。 そうなると、どうしてもタブレット学習教材で1日15分のお勉強だと不安に感じる親御さんも出てきますよね^^; やはり不安なら、他の学習方法と併用の選択肢も考えなければいけなくなります。

次の

【公式】お手続き・お問い合わせ(ご受講中・ご購読中のかた)|ベネッセコーポレーション

チャレンジタッチ中学生

この記事の目次• チャレンジタッチを使う時のリスク ではチャレンジタッチの弱点といわれている部分についてみていきましょう! ボリュームが少なめ チャレンジタッチは 毎日の学習を想定して作られています。 一日の学習量は 1教科当たり約10分ほど。 小学1~2年生は国語と算数の2教科なので一日の学習時間の目安は20分という事になります。 小学5~6年生になると国語・算数・理科・社会・英語の5教科なので約50分というのがチャレンジタッチのおおよその学習時間という事になります。 とはいえこの数字はチャレンジタッチを配信している進研ゼミプラスが提示している目安の時間です。 苦手科目だったり、理解するのに特別苦戦しなければ、 10分かからないことの方が多いです。 もちろん学年が上がれば、難しくなるので時間がかかりがちになります。 ですが5~6年生でも5教科で早ければ30分、遅くても1時間強くらいがチャレンジタッチでの学習時間になることが多いです。 追加受講費は0円なので、ありがたいですね。 使える教材が増えたので、余力のある生徒さんにとっても満足度が高い教材に進化しているといえます。 進研ゼミプラスのチャレンジタッチは学校の学習と合わせて行う事が想定されているので、これくらいのボリュームに設定されています。 ボリュームに関しては意見が分かれるところです。 学校の授業の理解を深めたり、予習・復習目的、テスト勉強用などでチャレンジタッチを使っているご家庭にとっては適度なボリュームです。 とはいえ、1教科分くらいなら 何時間かはまってやれば2か月分の学習内容を1日で終わらせることも出来てしまいます。 【要注意!】選択問題なので当てずっぽで回答できてしまう チャレンジタッチだけでなく、タブレットやWEBで配信するタイプの教材はどうしても、回答を選択肢の中から選んで答えることが多くなります。 勉強のやる気がなければ あてずっぽで答えを選んで先に進むことが出来てしまいます。 また最も危険なのが、選択肢や回答の数字だけを覚えて答えるケースです。 「これを選ばないと先に進めないから」と全く理解していないまま、先に進むためだけに答えを覚えてしまうパターンが良くあります。 チャレンジタッチは、問題を間違えると丁寧な解説をしてくれるのですが、子供の心理としてどんどん先に進みたいという気持ちがあります。 間違えた後の解説は耳に入らず、次へ進むことばかりに気を取られてしまうので、実際にはほとんど理解せずにその日の学習を終えてしまうという危険性があります。 例えば… このように解説を読まなくても次に進めてしまうので、とりあえず「次へボタン」を連打しながら勉強を終えたことにできてしまいます。 その日のチャレンジタッチの学習の成績が100点でも、本当に理解しながら進んでいるかを 最終的に親がチェックする必要があります。 しかし、チャレンジタッチでは 2018年度から「新・とき直しシステム」という新機能が追加されました。 今では間違えた問題を1問1問しっかり解き直ししないと次の問題に進めないので、当てずっぽで回答して次の問題に進んだり、間違った問題をそのままにする心配はなくなったといえます。 また、 選択肢の並び順がシャッフルされる機能が追加されたので、回答を「イ」で覚えるようなことも出来ないようになりました。 繰り返し学習はほぼやらない チャレンジタッチやスタディサプリといった配信式の教材は、繰り返し学習が出来るところを売りにしていますね。 確かに、何度でも同じ単元を繰り返して学習することが出来るシステムで、復習できるのは魅力的です。 ですが… 現実的に考えて小学生の子供が同じところを 自分から何度も勉強するとは考えにくいですね。 進研ゼミプラスの紙教材よりも復習に優れている点は、「間違えた問題をやる」ボタンで過去に間違えた問題を自動で並べてくれるところです。 間違えた問題だけを解くことが出来るので、すべての問題に正解するまで勉強することは可能です。 机に向かう必要がない チャレンジタッチはタブレット型なので、寝転がったりくつろいだ体勢でも学習することが出来ます。 口コミや評判をみて賛否両論の部分ですね。 確かに学習習慣や集中力をきちんとつけたいという親御さんにとっては、寝転がって勉強するのはあまり良い気分はしないかもしれませんね。 ですが、チャレンジタッチのようなタブレット学習で机に向かう 集中力が無くなったり、文字をかけなくなる心配は無いと考えてよいです。 学校の勉強や宿題は、今でも机に向かってやらなければなりませんし、学校でも毎日机に向かって勉強しています。 家庭学習の数時間がタブレット教材になったからと言って机に向かって勉強する集中力が無くなるというのは考えすぎでしょう。 それより 問題なのは勉強しているかどうかが把握しにくいという点です。 紙の教材なら机に向かっている時間は勉強しているとわかりますが、チャレンジタッチは一見ゴロゴロしているだけなのか、勉強しているのかが分かりにくいです。 チャレンジタッチはその対策として、1回分の学習が終了すると「取り組みメール」が親の携帯やパソコンに送信される仕組みになっています。 監視しなくても学習内容がメールで通知されるこのシステムは 非常に評判が良いです。 1台のタブレットを最長6年間使わないといけない チャレンジタッチで良くあるトラブルが タブレットの破損です。 大人が使っても落としたり、踏んだりして壊してしまいがちなタブレット。 子供が使うとなれば壊さずに使うのはそう簡単ではないですね。 チャレンジタッチのタブレット代は14,364円(税込)です。 タブレットはチャレンジタッチを6カ月以上受講すると無料になりますが、一人一台です。 一年以内に自然に壊れてしまった場合は無料で交換できます。 ですが1年以上たっている場合や、壊してしまった場合は14,364円(税込)を支払って新しいものを購入しなければなりません。 年間1836円(税込)のチャレンジパッドサポートサービスという保険があり、加入しておくと3240円でタブレットの交換が出来ます。 チャレンジタッチをやる場合は 必ず入っておくようにしましょう。 遊びに夢中になってしまう チャレンジタッチはご褒美アプリ(学習に関係するゲーム)がダウンロードできる仕組みになっています。 評判や口コミで多いのが、 ご褒美アプリのゲームばかりやっているというものです。 チャレンジタッチはタブレットに制限が設定されていて、長時間ゲームだけをやることはできない、WEBサイトや関係のないアプリは入れられない作りになっています。 ですが1か月分の学習内容をやってしまうと、次の単元がダウンロードされるまで やることが無くなってしまいます。 その月の勉強を一通り終えた後はご褒美アプリしかしなくなるという状態になるので、不満だという意見があります。 ゲームだけでなくカメラやメールなどもついているので、勉強以外に夢中になってしまうケースもあります。 ゲームやカメラ機能があることよりも、勉強のボリュームが少ないことが原因であることが多いので、内容が物足りなさが不安だという方はチャレンジタッチと紙教材の進研ゼミプラスハイブリッドコースか紙教材だけのコースを選ぶ方が無難かもしれません。 2年以上前の教材の利用が出来ない この点は少し残念なポイントです。 受講していた教材も 2学年以上さかのぼって復習することはできません。 復習に使えるのは前学年の物だけなので、定期的にさかのぼって復習するのに使いたかった方にとっては少し期待はずれでしょう。 中学になった時も 一定期限で消えてします。 赤ペン先生の問題は年3回まで チャレンジタッチでは、タブレット学習だけでなく赤ペン先生の添削課題がついています。 進研ゼミプラスの紙教材のコースと同じように赤ペン先生の問題が送られてくるのはありがたいです。 ただ毎月の復習はチャレンジタッチ内のテストやまとめで行うため、赤ペン先生の問題は 年に3回になってしまいます。 赤ペン先生が担任制ではなくなる• 赤ペン先生問題の返却がネット返却のみとなる。 努力シール(景品と交換できる)のたまりが遅い この辺りが進研ゼミプラスの 紙教材のコースに比べて大きく劣る点になります。 リスクを改善!2018年度からの新機能 チャレンジタッチのリスクについて今までお話してきましたが、 リスクを改善する新機能が2018年度から追加されたのでご紹介していきますね。 間違えた問題をそのままにしない「新・とき直しシステム」 「間違った問題の解き直しをしなくても次に進める」というのがチャレンジタッチの大きなデメリットでした。 解き直しをせずにそのままにしている生徒さんが多かったのも事実です。 しかし「新・とき直しシステム」では、間違った問題を解き直さなければいけないので、正しい考え方が定着して解けるようになるまで次に進むことができなくなったんですね。 英語・プログラミングが無料で受けられる チャレンジタッチは、テキストのボリュームがもともと少なめな印象でした。 英語もプログラミングも 受講費0円で学習できるので、余力がある生徒さんは新学習指導要領が施行される2020年に向けて学習を始めることができます。 お子さまの理解度に合わせたオリジナル問題が追加 中学入試レベルの問題に対応できる実力アップレッスンも無料 どの生徒さんも教科書で習う範囲の基礎固めがメインコースですが、 追加受講費0円で発展問題や中学入試問題の教材を追加でもらうことができます。 教科ごとに保護者のかたがオーダーできるので、生徒さんのレベルに合わせてたくさん演習をできるようになりました。 そのほかのコンテンツも充実してます 2018年度に追加された新機能・新コンテンツについてお話ししてきましたが、ここでは以前からある役立つコンテンツを紹介いたします。 定期的な実力診断テスト• 赤ペン先生による添削指導• 教科だけじゃなく、知的好奇心を育む教具• 電子書籍も1000冊読み放題。 まとめ:学習意欲を維持させる工夫が大切 チャレンジタッチが良くなかったというもので多いのは2点です。 意欲が落ちると遊びに使ってしまうこと• ボリューム 最後にこの2点について簡単に解説しておきましょう。 意欲が落ちると遊びに使ってしまう これはチャレンジタッチというより、通信教材全体にいえるデメリットと言えます。 どうしてもお子さんが使うものなので、放置していると学習意欲が落ちてしまうケースがでてきます。 もとから学習に対する意欲が高いお子さんは問題ありませんが、そうでない場合は親御さんがモチベーションを維持させる工夫が大切です。 定期的に学習内容を確認する• 1日1単元は進めるようにする このような管理や、ルール決めをすることが大切です。 チャレンジタッチの教材の質は非常に高く評判なので、続ける工夫さえできれば学力の向上に繋がる教材であることは間違いありません。 継続させるためのルールや指導を定期的に行うことがチャレンジタッチを使いこなすコツとなります。 ボリューム ボリュームに対する満足度は個人差があるので、満足している方もいれば、足りないと感じる方もいます。 しかし2018年度に追加された新しい教材が追加されてボリュームも増えましたので、満足度は昨年よりも確実に上がっているでしょう。 一度チャレンジタッチを試してみて、それでもボリュームを増やしたいという方は紙のテキストと併用して学習することができる「ハイブリッドコース」を使うのが良いでしょう。 これは後から変更することもできるので、最初はチャレンジタッチを使ってみて、あとから紙教材を追加するという方法も一つの手です。 進研ゼミは、本格的にスタートした1969年からずっと業界の最大手で、 いまだに小学生利用者数No. 1で質の高さには今でも定評があります。 ボリュームに関しては結局のところ使ってみなければなんとも言えない部分があるので、足りなかったら紙教材や応用コースを追加するというイメージで、最初はチャレンジタッチを使ってみるという方法で良いでしょう。 実際の教材の内容やテキストの分量などは、進研ゼミが無料で配布しているパンフレットで確認できます。 ネットではわからないチャレンジタッチ、紙教材の細かい学習の流れなどを把握することができるので、迷っている方は資料を確認して判断することをおすすめします。 資料請求は無料なので、公式サイトから請求してみてくださいね! 【進研ゼミ公式サイト】 もっと安い教材や他のタブレット型教材をお探しの方は、下の記事を参考にしてみてくださいね!通信教材を徹底比較しています! 忙しい親御さんは、スマイルゼミ の方がGOOD チャレンジタッチも非常におすすめの通信教材ですが、遊び要素も強いため、ある程度「親御さんの監視力」が重要になって来ます。 逆に言うとお子様が一人で学べるような作りになっていないため、「お子様をある程度見ていられる」という余裕のある親御さんでない限り、不向きとなります。 本気で自発的に学習する習慣をつけたい• 忙しくてつきっきりで教える時間はない という方は、• 「自動で学習計画をたて、その日にやるべき内容を表示してくれる」• 「採点〜解説まで自動で行ってくれる」 という優れた特徴を持つスマイルゼミ の方が断然おすすめです。 スマイルゼミ 小学生コースは進研ゼミを含む全ての学習教材の中で、小学生向け教材No. 1の実績があり、最重要な教材です。 他社と違い、「学校での成績」「受験」「内申点」の3つにコミットした内容で、 使うかどうか別として、ご存知がない親御さんは絶対に知っておくべき教材です。 スマイルゼミ について詳しく知りたい方は、下記の記事で徹底的に解説していますので、チャレンジタッチを使う前に一度チェックしてみることをお勧めします! 通信教材や学習塾は、各ご家庭の忙しさと、性格などを考慮した上で選ばないと、「お金だけ払って全く意味がない」…という状況になりがちです。 どちらがあなたの時間、お子様の性格などと合っているかを考えた上で、最適な教材を選んでくださいね。 \ SNSでシェアしよう! / 教育Q|目標達成のための学習塾・教材選びのお役立ち情報の 注目記事を受け取ろう•

次の